あいかわらず安定の塩辛さが嬉しくなる博多区住吉の庶民中華料理「シャン」

博多区の住吉って、キャナルシティがあって住吉神社があってとニギヤカな印象かもしれないが、住吉通りを越えて美野島方面へ向かう辺りも住吉なのであり、そちらは地味な印象だと思う。
ニギヤカな住吉は1丁目から3丁目で、地味な住吉は4丁目と5丁目だ。
地味なほうの住吉を、俺は心の中で“日陰の住吉”と呼んでいた。
その“日陰の住吉”は、俺にはとても思い入れのある処だ。

住吉4丁目にある「シャン」という中華料理屋さん。
すごく久しぶりだなぁ。

シャン:外観

この店、なかなか想い出深い店なのよ。
さぁこれから働くぞって夕方の時間帯に、しばしばこの店で腹ごしらえしていた時期がある。
仕事する活力を得るためのメシを、「シャン」で食らう。
そういう位置づけの店だったんだよねー。

シャン:外観

しばしば利用してたのは、働く場所に近かったからというのもある。
安いし速い、というのもある。
それに加えて、味だ。

中華料理の店だが、四川風なんちゃらとか広東風本格ほにゃららとか中国四千年の歴史うんたらでは、まったくない。
日本の、庶民の大衆的な味……もっとありていに言えば、粗にして野だし下品な味だ。

厨房担当の大将と、フロアと電話担当の女の子と、配達専任と思われるオニーチャンの3人で運営しているようだ。
ひっきりなしに、出前の電話がかかってくる。
店舗に来る客より出前のほうが多いんじゃないかな。

シャン:店内

カウンターとテーブル席があって、小上がりもあるからキャパは結構ある。
実際に、店舗を利用する客もそれなりに見かける。
テレビがあってマンガもいっぱいあるから、ゆっくり長居もできそうだ。
しかし、のんびり長居なんかしちゃいけないんじゃないかと思っちゃうほど出前の電話がひっきりなしで慌ただしそうな空気がある。
女の子が電話を受けてオーダーを大将に伝えるのが聞こえるのだが、だいたい1オーダーにつき5品ほどの注文があるようで、こりゃどんどん料理しないとオーダーをさばけないんじゃと心配になるほどだが、大将はテンパる様子はまったくなくマイペースなので、よっぽど処理能力が高いんだろうなと思わせる。

シャン:メニューシャン:メニュー

麺類、飯類、定食とかってメニュー構成で、その日の日替わりも何種類か用意される。
トンカツとかあって、そんなに中華料理オンリーなイメージはない。

俺はだいたい、ラーメンと150円で焼めしプラスして注文していたな。

シャン:料理

仕事の前のメシだから、がっつり炭水化物摂取メニューというわけです。
焼めしは150円のオプションにしては、ちゃんとした量があるのだ。

シャン:料理シャン:料理

で、ラーメンも、焼めしも、塩辛いんだなこれがまた。
俺ぁよぉー、身体動かす仕事してっからよぉー、こんぐらい塩分摂らなきゃいかんのよガーッハッハ!
という感じに、塩っぱいのだ。
まぁ俺は肉体労働をしてたわけじゃないんで、そんなに塩分は要らなかったわけなんだけどさ。
しかし、塩分ってのは、摂取するとガッツを注入された気分になるんだよ。
よーし働くぜ、って気持ちになる。
だから、この店が好きで利用してたんだよ。

“塩と油”が、ヒトが旨味を感じるのに重要なファクターだと思っている。
それが「シャン」の魅力だと思っている。
ラーメンは、そのスープでメシが食えるくらい塩っぱい。
そして焼めしは、油ぎって、塩の結晶が目に見えるくらいに塩っぱい。
塩と油がドカンと身体に響き、下品だがウメぇと感じ、パワーもみなぎる。

シャン:店内

あ、各席には冷たい麦茶のポットが用意されるから、塩辛くて喉が渇いても大丈夫です。

出前の電話を受けた女の子がオーダーを大将に伝えるとき、配達先も一緒に伝える。
聞くではなく耳に入るのだが、どうやら中洲の南新地の、特殊浴場からの依頼が多いみたいなのよね。
うむ、ハードな業務だし塩と油を欲すると思う。
「シャン」は南新地から遠くはないがそれほど近くもないのに、出前の依頼が多いってのは、それだけ熱く支持されてるってことなんだろうね。
俺も、濃くて塩っぱい味を支持していたし、今でも好きだ。

ところでここのラーメンって、もっと豚細切れみたいな肉だったし、キクラゲは普通に細切りだった記憶があるのだが。
具材がグレードアップしたのかな、値上がりはしてないようだが。

「シャン」の近くが仕事場だったのは3年半ほどで、今はもう違うからすっかりご無沙汰だが、今でもたまに塩辛い味が恋しくなるよ。
好きだぜ、「シャン」。

↓「食べログ」での店舗情報

中華料理シャン中華料理 / 渡辺通駅博多駅

関連記事

福岡市中央区大名の「小谷酒舗」はクールに角打ちできるオサレな酒屋って感じか

福岡市の中央区、大名にはすっかり足を運ぶことがなくなっている。
以前ほどオサレなエリアでもなくなってる気がしないでもないが、それでもオサレなセレクトショップなんかが何軒もあって、そういうオサレ関係には俺は用が無いから足を運ばないのだ。
が、知らなかったんだけど大名に角打ちできる酒屋があるって情報をネットで拾ったので、行ってみたのです。
俺の行動原理の、わかりやすいことよ。

小谷酒舗:外観

なんだか外観がオサレな「小谷酒舗」でございます。
店内は中央に広く立ち飲みフロアが確保され、オサレな木製天板の丸テーブルが。
そして壁沿いに売り物の酒類が陳列されているレイアウト。

小谷酒舗:店内小谷酒舗:店内

先客で、店内に背を向けてヘッドフォンで音楽を聴きながら一人で飲んでいるオサレな白いシャツの男子がいました。
俺は、ガラス越しに外から見えたりフロア中央だったりという陽の当たる場所は苦手なので、店の奥の方で壁に向かった立ちカウンターに居場所を求めました。

小谷酒舗:メニュー小谷酒舗:メニュー

壁にはメニューが貼ってあり、なかなかポン酒が充実してるしアテもいろいろあるなとわかる。
酒屋の角打ちだが、調理するメニューも結構あるっぽい。

小谷酒舗:メニュー

ポン酒もいいが、まだ正午過ぎでこのあと何軒か酒屋を巡るつもりだったので、あんまり酔うとアレだからビール。

小谷酒舗:酒

赤星、いいよねぇ。
赤星を飲むとなんだか大衆酒場的なアテが欲しくなり、牛すじ煮込390円也を注文してみた。

小谷酒舗:料理

大衆酒場的でない、オサレな皿で出てきたよ。
このツユのシャバシャバ感、コンニャクの規則正しいカットされ具合は、これ推定レトルトのレンチンかな。
逆にレンチンでこそ角打ち的に正しいのよね。

それはそうと店内のBGMはエアサプライみたいな毒にも薬にもならない爽やかロックだったんだけど。
どうせならもっとオサレな選曲にしてはどうだろうか。
まぁクソみたいなJ-POP聴かされるよりいいんだけどさ。

店の人は、基本的に奥に引っ込んでいて能動的接客は行わない様子。
良い意味で放っておかれるので、それはそれで心地良い。
場末感は楽しめないが、酒が安く正しく角打ち価格だよ、赤星大瓶390円だしね。
ちなみに支払はキャッシュオンです。
フラっと寄って、クールに飲んでサッと去るっていう利用に適しているだろう。
俺はもっとオサレじゃない酒屋のほうが好みだけどね。

【広告】Advertisement


↓「食べログ」での店舗情報

小谷酒舗立ち飲み居酒屋・バー / 赤坂駅西鉄福岡駅(天神)天神駅

関連記事

博多区のカプセルホテル「キャビナス福岡」の24時間営業レストランで朝酒なのだが

24時間営業のレストラン、そんなのもあるのかと戯れにカプセルホテルに泊まってみたのです。
カプセルって苦手なんだけどねぇ。

博多駅前2丁目、JR博多駅から徒歩5分くらいの「ホテルキャビナス福岡」

キャビナス福岡:外観キャビナス福岡:外観

なかなかゴージャスな外観とロビー。
ま、カプセルはフツーに狭いカプセルですけど。
しかしカプセルの並ぶエリアのすぐそばに喫煙室があるのが助かったし、利用しなかったけどトレーニングルームがあったり、洗面室のアメニティが充実してたりと、そこそこ良いんじゃないかなーとか思ったが。
それより24時間レストランってのに惹かれたわけなのよ。

キャビナス福岡:外観キャビナス福岡:外観

レストラン入り口にはメニューのサンプルが飾られ楽しい感じ。
しかしまぁ、メシは食わないよ。
酒を飲むのさ。
で、せっかく24時間営業なんだから妙な時間帯に利用するのが楽しいと思った。
でも夜とか深夜は、外で飲むわけさ。
外にはいろんな楽しい飲み屋があるんだから、なにが悲しくてホテル内で飲まなきゃいけないんだってハナシでね。
だから、早朝に利用するのが楽しいよねって結論に至るわけさ。

そんなわけで、07:49にレストランへ行ってみたよ(そんなに早朝でもないな……)。

キャビナス福岡:外観

ふむ、宗政酒造祭りか、うむ、ホッピーもあるのか。
けっこうアルコールメニューは充実してると思われ。

キャビナス福岡:店内

店内は割と広く、店員さんに喫煙可の席はあるか訊くと小上がりはOKとのことで、そちらへ。
まずは飲みものメニューをチェックし、瓶ビールを注文する。

キャビナス福岡:酒

メニューにはキリンラガーが載ってたが今は秋味になりますとのこと、了承。
さあ、アテは何にしようかな。

キャビナス福岡:メニュー

なかなか酒に合うものが揃うじゃないか、だし巻きあるしビールのあとはポン酒いっちゃおうか、とか思ったが。
なんと残念ながら、朝の時間帯は朝食メニューしかオーダーできないとの無慈悲な宣告をくらった。
なんてこった……いやでもビールは普通に注文できたのだが?
調理スタッフのシフトの関係で居酒屋メニューっぽいのはできないって内情かしら。

しかしさて困った。
困ったが、朝食メニューには本体とは別に有料オプションの小鉢があることに気づいた。

キャビナス福岡:料理

小鉢の冷奴だけ注文しました。
店員さんは“小鉢だけかよ!?”と内心で思ったかもしれないが、快くオーダーを受けてくれました。
冷奴、100円(+Tax)。

いやー、でもやっぱ深夜に利用するのが正解だったのかね。
朝の時間帯はメニューが限定されるというのも、そういう予想が不可能だったわけでもないわな今になって思えば。
だから外で飲んでホテルに戻り、大浴場でひとっ風呂、そんでレストランで飲み直すってのがベストな楽しみ方だったのかも。

ところでビールは中瓶で、冷奴ひとつだけではアテが不十分であった。
なので、結局のところ朝食もオーダーしたのです。

キャビナス福岡:料理

鯖と味付け海苔でビールが進みました。
味噌汁と漬け物でゴハンも食べました。
最初っから朝食を注文しときゃ良かったかも。

このホテルは宿泊客にナンバーが割り振られ、会計はナンバーに紐付けされてチェックアウト時に清算するシステム。
だから財布を持たず館内着で手ぶらでレストランを利用できる利便性の高さがある。
しかし俺は手ぶらってわけにはいかないんだよ、タバコとライターとiPhoneは所持しなきゃなんだが、館内着にはポケットがないのでタバコとライターとiPhoneは手に持つことになり、わずらわしい。
ポケットを付けてください。

↓「食べログ」での店舗情報

キャビナス福岡レストラン和食(その他) / 博多駅祇園駅呉服町駅

関連記事

タバコ屋だと思っていたが角打ちできる酒屋だったよ上川端商店街「山崎酒店」

あの角のタバコ屋、として俺の中でお馴染みの店だったのです。
それはもう、たぶん20数年間くらいタバコ屋だと思い込んでいたな、俺。

山崎酒店:外観

上川端商店街の「山崎酒店」。
地下がちょっとした飲食街の様相を呈している新川端グレイスマンションビルのある角に位置する。
グレイスマンション地下の韓国料理屋「民俗村」も何度か行ったし、それよりも「アンドロイド」ってバーに、よく行ったなぁ若い頃に。
俺の“若い頃”っていうのは、もう四半世紀ほど以前のことだ。
それくらい前から、ずっとタバコ屋だと思い込んでいたのだ。

さて、上の画像にも写っているタバコを売るカウンターの、画像左手にビールとかはいってる冷蔵ショーケースがあるのですよ。
さらにその奥に、酒を陳列している棚があり、“お酒コーナー”という表示があるんだよねー。
その辺りを観察してりゃ、酒を売ってて店内で立ち飲みできるのかもと気づけるんだよねー。
まったく気づいてなかったんだよねー、ずいぶん長いこと。
俺ってアホかも。

それはそうと、その酒を陳列した棚の辺りで飲めるわけではないのです、飲めるのかと思ったけども。
店の人に飲めますかと訊くと、別に入り口があるのでそちらから、とのこと。
いったん店の外に出て、タバコ小売りカウンターより少し那珂川の方に、目立たない地味な入り口があったのだ。

山崎酒店:外観

ここが、角打ちエリアの入り口なんだねぇ。
間口も広くないが、さらにビールケースが置いてあるもんだから開口部はだいぶ狭い。
そして、中はどうやら混んでいるようだ。
混んでる酒場ってのは苦手なんだけども、このちょっと秘密(ではない)の入り口の奥の世界には飛び込んでみたい誘惑は強かった。
ガラッと店内に入ると、

山崎酒店:店内

まぁー、狭い狭い。
体感四畳半くらいの空間で、カウンターの内側のスペースも差し引いたら客のためのスペースって体感三畳くらいかしら、そこに何人もの勤め人のオッサンがひしめいて立っている。

しかしまぁ、皆さん常連で飲み慣れたオッサンたちばかりなのだろう。
ただでさえ狭いところに見知らぬ一見が入ってきたのに、排除の気配など一切なく譲り合って空間を作ってくれた。
だから、なんとか俺も立ち場所を確保できた。
皆さん真っ当に勤め人のオッサンたちと見受けられたが、勤め人でない妙なオッサンである俺にもウェルカムだった。
あまりの人口密度に店の人とコミュニケーションがうまくできず注文システムなど訊く余地がなかったが、オッサンたちが親切に教えてくれた。
なんだったかわかんないんだが銘柄は、純米酒を冷やで一杯いただいた。

山崎酒店:酒

すごい人口密度で常連ばかりでという空間だが、居心地はまったく悪くないのだ。
売り場とはまた違う空間である点で、正統角打ちの風情ではないのだが、此処は良いな。
常連だらけのようであって、此処では誰もが酒が好きな只のオッサンでいられる、という空間だと思った。

ところで、混雑のなか飲んでいて、どうも既視感を覚えた。
前にも来て、飲んだような気がしないでもないなー。
そりゃ長いこと店舗の存在は認識してるから一度くらい気まぐれに入ってみたことがあるかもしないねー。
うーん次は、来たことがあると記憶がしっかりしているスパンで再訪したいなと思う。

上川端10-15 ローズマンション川端1F「山崎酒店」角打ちは18:00から
関連記事

本当にひっそりと営業している博多区下呉服町「宮本酒店」で角打ち

屋号と住所と、角打ちができるようだ、という断片情報だけを頼りに下呉服町の酒屋を訪ねた。

宮本酒店:外観

住所の場所へ行ってみたら、確かに酒屋があった「宮本酒店」。
しかしシャッターは閉ざされ、営業している様子ではなかった。

営業時間や店休日といった情報を拾えずに酒屋巡りをすると、行ってみたら開いてないってのはよくあることだ。
またさらに、もう廃業してらっしゃったということもある。
そうやってまた、空振り酒屋巡りしちゃったかなと思いつつ店先に近づいて観察すると……

宮本酒店:外観

おお、“5時開店”との張り紙が。
この張り紙さえ昔に貼られたまま放置され既に廃業しているという可能性もないではないが、一縷の希望と捉えるポジティブシンキング。
このとき16:34、他所の酒屋を巡ってみて17時過ぎに出直すこととした。

宮本酒店:外観

17:43に再訪。
おや……やはりシャッターは降りていて、営業している気配を感じない。
“5時開店”の張り紙があった、上の画像でいうと青い自販機の左の引き戸のドアは施錠されておらず、動いた。
ああ開いてる? と中に入ってみた。

宮本酒店:店内宮本酒店:店内

店内は狭い。
引き戸の幅そのままみたいな横幅と、少しの奥行き。
カップ酒と、魚肉ソーセージやスナック類が陳列されていた。
片側の壁に沿って、詰めれば5人は立てるかなというストレートのカウンターがひとつ。
オバアサンが店番をしていて、カップ酒をひとつ買って立って飲む。

宮本酒店:酒

壁にはいろんな風景写真が飾ってあって、古くて色褪せた航空写真を眺めると昔の福岡の光景だった。

宮本酒店:店内

これサンセルコだよなぁーなどと、写真の中の町並みを眺めて飲むのも楽しい。
オバアサンは、話しかければ応えてくれるが、とくに接客トークをするでもない。
外観でシャッターが降りてる部分は事務所か倉庫になっているのだろうか、壁の向こうになるのだが、そちらからオニーサンも顔を出した。

ひっそりと、営業してる店なんだなぁ。
この日は木曜だったが、週末は常連が集ったりするんだろうか、常連さえ訪れるのは稀なのかもしれないと想像してしまう雰囲気があった。
が、いつ客が来てもいいように開けなきゃと、オバアサンが頑張って開け続けてるのかもしれないなーと、なんだか勝手にドラマを想像してしまうような趣きがあった。

こういう酒屋が、消え往くようで無くならずに残る角打ち文化ってものを、地味に支えているような気がするなー、なんてことを思った。

「宮本酒店」下呉服町6-31 17:00〜たぶん19:00頃には閉まりそう

【広告】Advertisement


関連記事

最近書いた記事


カテゴリ


プロフィール

どうも、割った鍋です。
食べたり飲んだり、飲んだり。
九州在住、大阪常駐。

大衆酒場、立ち飲み屋、酒屋の角打ちが好きです。

重度の喫煙者であり、昼酒を好むという、社会的にちょっとアレなオッサン。

2014年9月24日開設


割った鍋へのメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索


リンク

各地の飲み屋情報を発信しているサイトをリンクさせてもらってます

<全国>
「立ち呑み@酒店」
全国の酒屋の角打ち、立ち飲み屋についての情報がエリア別に掲載されている
「激渋食堂メモ」
日本あちこちに今も残る、渋くて味わい深い大衆食堂を地域別に紹介しているサイト

<関東>
「居酒屋礼賛」
東京の情報には限らないのだが都内の味のある酒場の情報が豊富で魅惑的かつ地域別インデックス便利
「酔(すい)のどうでしょう?」
東京都内の居酒屋・大衆酒場・古典酒場・立ち飲み・センベロ酒場を飲み巡るブログ

<東海>
立飲み人生劇場
更新が停止していて残念だけど名古屋の魅力的な立ち飲み、角打ちできる酒屋の情報が

<関西>
「日本全国B級グルメぐるぐる紀行」
関西各地の味のある酒場を詳しく紹介してくれる指針になる情報量
「関西女のプチ日記」
他のどこにも載ってないような素敵なディープ飲み屋情報満載の関西酒場ガイダンス
「やまでらのぶらりグルメ&ぶらり日記」
行きたくなる飲み屋がたくさん紹介されてる関西飲み屋巡りの強い味方
「カンクロが行く」
大阪府のローカルなとこまで行く。日記のような数行のセンテンスに静逸なセンスを感じる
「関西安酒場」
更新が止まっているようで残念。バス路線沿いの酒屋などまで簡潔ながら貴重な情報

<九州>
「黒崎~小倉@北九州の居酒屋&BARを制覇せよ!」
ネット上に情報の少ない北九州の酒場を紹介してくれる有り難いサイト

このブログをリンクに追加する
リンクフリーでございます(^ヮ^)

【広告】Advertisement