「ヒライ」のメニューを魔改造してカレーカツ丼を錬成

深夜に仕事をしていて、明け方に空腹を覚える。
座ってする仕事なのだが、あーでもないこーでもないと考えるのって意外とカロリー消費してると思うのよ。
なので、明け方にガッツリなものを食いたくなるんだよ。

カツ丼にカレーがかかったものを食いたい。
そのようなビジョンが、脳裏に浮かびました。

そんな妙なものが妙な時間帯に食えるのは「ヒライ」だなと、夜明け前の「ヒライ」に向かいました。
24時間営業、ありがたいぜ。

まずカツ丼を求めます。

ヒライ:カツ丼

「ヒライ」のイートインメニューにはカツ丼が二つある。

ヒライ:カツ丼ヒライ:カツ丼

「大江戸カツ丼」ってのは揚げたカツを煮込まず、「ザ・カツ丼」のほうは煮込んであるという違いだ。
「ザ」のほうを選んで食券を買い、厨房カウンターのオバチャンに渡す。

それから惣菜量り売りコーナーへ。

ヒライ:カレー

カレーソースが売ってあるんだよ、イートインメニューにもカレーはあるが、それとは別に100g115円(+Tax)で好きな量だけ買えるのだ。

レードルに軽く一杯、ハカリが用意されてるのでざっくり計ったら150g前後かな。
レジで会計したら154gで税込192円でした。

ヒライ:レシート

さて、ほどなくカツ丼もできあがり、錬成の準備ができた。

ヒライ:カレーヒライ:カツ丼

ここにカレーがあるじゃろ?

( ^ω^)
⊃カレー⊂

ここにカツ丼もあるじゃろ?

( ^ω^)
⊃カツ丼⊂

これをこうして

( ^ω^)
≡⊃⊂≡

こうじゃ!

( ^ω^)
⊃カレーカツ丼⊂

ヒライ:カレーカツ丼

こうして、カレーカツ丼が降臨したのです。

ネーミング的には、カツカレー丼では単にカツカレーが丼に盛られている感じなんで、やっぱカレーカツ丼かね。
“カツ丼 featuring カレー”とか“カツ丼 with カレー”とか、いっそ“カツ・ゴハン&カレー”だとベック・ボガート&アピスみたいでイイかもしれんし、なんなら“カツ、卵とじ、ゴハン&カレー”だとクロスビー、スティルス、ナッシュ&ヤングみたいだよな。
いやそんなことはどうでもいい。

カツ丼とカレーで合計692円で夜明け前にガッツリ満足できました。
ありがとう、メニューに手を加えられる「ヒライ」好きだぜ。

ま、魔改造ってほどじゃなかったかもしれんけど、こういうことが気軽にできるのは「ヒライ」ならでは。
思えば俺が「ヒライ」を好きになったのは、九州じゃコロッケそば食える店が見当たらねぇなっていうフラストレーションを解消してくれたから、っていうのがある。
かけそば注文して惣菜のコロッケを乗せるわけだが、これでだいぶ俺の魂は救済された。
魂の救済って言うと大袈裟かもしれんが、食いたいものが食えないってのは重大なストレスであり、そのソリューションは救済なのだよ。

というわけで、こういうものが食いたい、けど食える店がないと悩んだら「ヒライ」に行くと救われるかもだぜ?

【広告】Advertisement


関連記事

トーブシュハン“「中秋の名月」月見で一杯!日本酒ナイト”にお邪魔した

熊本市東区にある「トーブシュハン」は、ポン酒のセレクトに矜持があり、また角打ちができる酒屋であるので応援したい店なのです。
昔からやってる酒屋の角打ちではないんだけど、むしろ逆に今、角打ちという文化を根づかせようという姿勢を応援したいんだよね。

で、その「トーブシュハン」で過日2015年9月26日に『「中秋の名月」月見で一杯!日本酒ナイト』ってイベントが催されたので、お邪魔してきた。

トーブシュハン:月見

いつも角打ちは、そのための広くはないスペースで立ち飲みなわけだが、このイベントの日は店内の広いフロアにテーブルと椅子が用意され、15名ほどの参加者が集っておりました。
まー、ススキなんぞ飾られてて、良いね。

トーブシュハン:月見

ウサギのかたちの菓子も、月見な気分だね。

そして、隣接している魚屋さん「魚勢」にて用意された刺身の桶が豪華だったわ。

トーブシュハン:月見

刺身をつまみつつ、まずビールで喉を潤したのちセレクトされたポン酒を楽しみました。

杉錦 純米吟醸(静岡)
上喜元 ひやおろし特別純米 きもと造り(山形)
繁桝 特別純米クラシックひやおろし(福岡)
天吹 雄町純米ひやおろし(佐賀)
炭屋弥兵衛 純米吟醸(岡山)

上記の5種が順に一杯ずつ出され、そのあと気に入ったものをおかわり。
この時期だからね、ひやおろし何種類か飲めて良かったわ。
常温と、燗もつけてくれた。

20時から2時間ちょい、店主のホスピタリティを感じつつポン酒を楽しんだよ。
この店が角打ちできるってことが、まだそれほど浸透してないと思ったから、参加者は店主の友人知人ばかりかもしれない、そうじゃない俺は部外者として居心地が悪いかもなと少しだけ不安もあったが、それは杞憂だったよ。
とても和やかに、にぎやかに過ごせた。

だからつまり、このブログを読んでくれていて「トーブシュハン」に興味をもったアナタも、また次にこういうイベントが催される機会には参加してみて欲しい。
きっとまたイベントがあるだろう。
情報のチェックは、以下のFacebookページにて。

https://www.facebook.com/sake1800ml

ま、イベントじゃなくても、熊本では珍しい角打ちができる酒屋だから、ふらっと立ち寄ってみて欲しいね。
角打ちというものを知らない、経験したことのない人もいるだろう、お試しで、どうぞ。

「トーブシュハン」熊本市東区花立2-3-11 10:00〜20:00 角打ちは16時から 水曜たまに休み

関連記事

トイレが遠いし迷ったぜ「ドトールコーヒーショップ博多呉服町店」

地下鉄の呉服町駅んとこな、大博通りの大きな交差点んとこにな、なんか立派なビルがあるんやけどな呉服町ビジネスセンターっちゅうの、西友のサニーが入ってたりするんやけどな。
そこの1階にドトールが入っててな、酒屋巡りの途中に休憩で寄らせてもらたんやけどな。

ドトールコーヒーショップ 博多呉服町店

トイレが店内にない。

まぁ、たまにそういう店舗もあるわな。
しかしこのトイレが遠いんだなこれがまた。

ドトールコーヒーショップ 博多呉服町店

店舗を出てビルのエントランスを抜けてよくわからんオサレな空間とかエレベータホールを抜けて、っていう。
遠いし、なんか迷ったわ。
で、トイレに辿り着くまでと店舗に戻るまでにビルに入居してる企業のオサレなビジネスマンと何度もすれ違って、なんかオフィスビルにビジネスの用事もないのにトイレ目的で忍び込んでる変なオッサンだと思われてるんじゃないだろうかと妙に肩身の狭い想いをしたわ。
そういう肩身の狭さ気まずさが判断力を鈍らせたから、迷ったのだろう。

ドトールコーヒーショップ 博多呉服町店

それはそうと、ドトールのコーヒーあんまり美味しくないな。
同価格帯ではベローチェのほうが好きだな。

↓「食べログ」での店舗情報

ドトールコーヒーショップ 博多呉服町店カフェ / 呉服町駅中洲川端駅千代県庁口駅

関連記事

福岡競艇の前に今も残る立ち飲み屋「酒処ひろ」にて自販機で酒を買う

公営ギャンブル場の近くには昼から飲める店がある。
それは日本各地で言えることだと思うが、福岡でもやはりそうなのです。

酒処ひろ:外観

福岡市中央区那の津には競艇場があり、その正面入り口前に「酒処ひろ」という立ち飲み屋があるのだ。
那の津は、西鉄福岡(天神)駅から徒歩10分ちょい。
福岡市民には、福岡市唯一のミニシアターとなってしまった「KBCシネマ」のちょっと先と言えばわかるかな。

酒処ひろ:外観

俺はギャンブルやんないんで競艇場に用はないんだが、この「ひろ」には昼酒をするために何度か行っている。
そこそこ広い店内には数人が立ち飲めるテーブルがいくつも島のように配列され、数カ所の壁や柱にモニターが設置されている。
そのモニターでは競艇の模様が映し出されているってわけよ。

酒処ひろ:店内酒処ひろ:店内

客層は、舟券を買ってるオッチャンが主で、酒を飲むことよりレースの行方のほうに夢中な様子。
たまにオッチャンの嬌声や怒号があがり、それをBGMに俺は我関せずと酒を飲むわけだ。
この空気、集団の中で俺は部外者で関係ない存在であるというストレンジャー感がなんだか好きで、ここで酒を飲むのが好きなんだよね。

いやまぁ、それもあるけど酒もアテも安くて昼から開いてるってのが大きなベネフィットでもあるんだけども。

酒処ひろ:店内

店に入って右手に注文カウンターがあって、そこでまず酒やアテをキャッシュオンでたのむ。

酒処ひろ:酒酒処ひろ:料理

酒の選択肢はけっこうあり、アテも豊富に用意されている。
作り置きの惣菜類は、一部を除いて150円という安さ。
まずカウンターのオッチャンに瓶ビールを注文した。

酒処ひろ:酒酒処ひろ:料理

キリンラガー瓶があって嬉しい。
中瓶500円也と一緒に、厚揚げを煮たのと刺身をもらった。
刺身はブリで、小皿なんて気の効いたものは出てこないんで卓上の醤油を刺身に直に垂らすことになる。
それにはちょっと抵抗があるんだが150円だから文句を言う気にはならないし、値段以上に美味しい刺身だった。

さて、そうやってカウンターで注文するだけじゃなく、入り口脇にはビールの自販機が設置してあるからそれを利用してもいいし、それよりも楽しいのが店内にある酒の自販機だ。

酒処ひろ:店内

金を入れたら一杯分の酒を買える自販機が、数台設置されてるんだよ。
自販機は何種類もあって、たとえば焼酎なら何種類か銘柄別に自販機があるのだ。
これがね、楽しいんだわ。

酒処ひろ:店内

そんなわけで俺も自販機で酒を買ったぜ、福徳長ひや一杯200円也。
自販機の脇にはワンカップの空き瓶が綺麗に洗って用意されているから、それを注ぎ口に置いて金を入れる。

酒処ひろ:酒酒処ひろ:酒

ちゃんとたっぷり注がれるよ、上の画像はちょっと一口飲んじゃった状態。
なんかねぇ、自販機で買うと余計に美味しい気がするわ、ほんとに“気がする”だけなんだけど。
注文カウンターのオッチャンもオネーサンもフレンドリーなんでそちらで注文してもいいし、そのほうがいろんな種類の酒を選べるんだが、自販機で買うのが楽しいんだよね。

ところでこの飲み屋、いつも開いてるわけじゃないのよね。
実は俺も、この数ヶ月で二回ほど空振りをくらっている。
まず、競艇が開催されてないと店が開いてないから開催情報を事前にチェックしておかないと空振りってことになる。
そしてまた開催をチェックしていても悪天候でレースが急遽中止になることもあるから要注意だ。

この日は、そんなに混んでなかったな、よく知らんけどそんなに大きなレースじゃなかったからだろうか。
だから店のオイチャンもそんなに忙しそうじゃなかったんで、ちょっと話しかけてみた。
昔はこの「ひろ」以外にも競艇場前に何軒かの立ち飲み屋があった記憶で、そのことを訊くと確かに以前は店が並んでたが今ではうちだけになりました、とのこと。
ついでに、昔は自販機の数がもっと多くてウイスキーの自販機もあったでしょと訊くと、確かにあったとのこと。
だよねー、ウイスキー買ったことあるもんニッカだったか。
それとレース実況のモニターも、もっと多かったような気もして、すごく殺伐とモニターを睨みつけてるオッサンがいっぱいいた気がするよ。
競艇ファンってのも、減ってきてるのかね。

競艇は正直どうでもいいんだが、この店は存続して欲しいなぁ……そのためには競艇は不可欠だけどな。
そんなわけで、競艇ガンバレ。

【広告】Advertisement
  

↓「食べログ」での店舗情報

酒処ひろ立ち飲み居酒屋・バー / 天神駅中洲川端駅

関連記事

リアルタイム更新:博多駅そばカプセルホテルの展望レストランなう。

展望レストラン24時間営業かーつって、朝からビールなど飲むかーつって訪れてみたのです。

20150925081506cd9.jpg

ほほぅ、いろんなメニューがあるな。
ふむふむ。

20150925081506395.jpg

と思っていたら。
この時間帯は朝食メニューしかできません、と。

あいたたた。

20150925081452ddd.jpg

とにかくビールは注文できた。

2015092508150111f.jpg

そして朝食のアディショナルメニューである小鉢だけを注文するという蛮行。

ダメ人間として立派な朝を迎えている俺の、あしたはどっちだ⁉︎

関連記事

最近書いた記事


カテゴリ


プロフィール

どうも、割った鍋です。
食べたり飲んだり、飲んだり。
九州在住、大阪常駐。

大衆酒場、立ち飲み屋、酒屋の角打ちが好きです。

重度の喫煙者であり、昼酒を好むという、社会的にちょっとアレなオッサン。

2014年9月24日開設


割った鍋へのメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索


リンク

各地の飲み屋情報を発信しているサイトをリンクさせてもらってます

<全国>
「立ち呑み@酒店」
全国の酒屋の角打ち、立ち飲み屋についての情報がエリア別に掲載されている
「激渋食堂メモ」
日本あちこちに今も残る、渋くて味わい深い大衆食堂を地域別に紹介しているサイト

<関東>
「居酒屋礼賛」
東京の情報には限らないのだが都内の味のある酒場の情報が豊富で魅惑的かつ地域別インデックス便利
「酔(すい)のどうでしょう?」
東京都内の居酒屋・大衆酒場・古典酒場・立ち飲み・センベロ酒場を飲み巡るブログ

<東海>
立飲み人生劇場
更新が停止していて残念だけど名古屋の魅力的な立ち飲み、角打ちできる酒屋の情報が

<関西>
「日本全国B級グルメぐるぐる紀行」
関西各地の味のある酒場を詳しく紹介してくれる指針になる情報量
「関西女のプチ日記」
他のどこにも載ってないような素敵なディープ飲み屋情報満載の関西酒場ガイダンス
「やまでらのぶらりグルメ&ぶらり日記」
行きたくなる飲み屋がたくさん紹介されてる関西飲み屋巡りの強い味方
「カンクロが行く」
大阪府のローカルなとこまで行く。日記のような数行のセンテンスに静逸なセンスを感じる
「関西安酒場」
更新が止まっているようで残念。バス路線沿いの酒屋などまで簡潔ながら貴重な情報

<九州>
「黒崎~小倉@北九州の居酒屋&BARを制覇せよ!」
ネット上に情報の少ない北九州の酒場を紹介してくれる有り難いサイト

このブログをリンクに追加する
リンクフリーでございます(^ヮ^)

【広告】Advertisement