また「ヒライ」に新たなおにぎりが登場したのですが

また「ヒライ」ネタかよ、そう思われるかもしれんけども。

新たなおにぎりが陳列されていて、目にとまった。
良い意味でじゃなくて“なんじゃこりゃ!”って感じで目にとまった。

ヒライ福岡爆弾

まず見た目が……なんだか生々しい赤いモノはなんだ!? という小さな衝撃があった。
それが明太子だと理解するまで10秒くらいかかった。
そして理解して、うわぁぁこれはちょっと……と思った。

明太子が苦手なんだよ、俺。

でもまぁ、明太子が好きな人には嬉しいかもしれんなぁ。
でも、なんかここまで生々しくデカいと、好きな人でもどうかなぁ?
ぜひ明太子好きの人は食べてみて、感想を聞かせて欲しいわ。

ヒライ福岡爆弾

それはそうと、ネーミングもちょっとアレだね。
「福岡爆弾」てさ。
いやまぁ福岡らしい食材、辛子明太子と高菜漬けを使った“ばくだん”おにぎりってことだけどさぁ。
“ばくだん”を漢字にしちゃうのは、確信犯か。
ネットでは“修羅の国”とか揶揄されてるのを知って狙ってか。

ちょっとキワもの的に面白いとは、思うよ。
このキワもの的な部分が「片手でカツカレー」にあれば良かったのにねー。

関連記事

「ヒライ」のガッツリ系おにぎり“○○しながら…”な「片手で」シリーズ新商品投入キター!

キタよー、新商品キター!(・∀・)

ファミマの「サンドおにぎり」に先んじてるしクオリティ(とイロモノ感)も負けてない「小さなのり弁」をリリースしてる「ヒライ」さん新商品を投入すればいいのにってエントリーを書いて間もないタイミングで、キタよ。

ヒライ片手でカツカレー

気合いを感じる大量陳列のそれは「片手でカツカレー」でございます。
カツカレー、そうきたか!

ヒライ片手でカツカレーヒライ片手でカツカレー

さっそく食ってみた。

ヒライ片手でカツカレー

とりあえず、カツのボリュームはなかなかのものだ。
が、トンカツではなく、裏ラベルに記載があるがササミカツなんですけどね。

ヒライ片手でカツカレー

いやササミは好きなんだけどね、でもただ単にカツカレーって言われたらブタかなって思うじゃない?

ま、それはそれとして。
カレーソースが、物足りない。
味の面で、さほどスパイシーじゃないし。
量の面で、タップリじゃないし。

そして総合的にも、物足りない。
「小さなのり弁」にあったイロモノ感が足りない。
いろんな具材をブチ込んで弁当を再現しちゃうっていう、なんでもアリ感がない。
そりゃまぁモチーフになるものが「のり弁」と「カツカレー」という違いがあって、再現度という面から見ればカツとカレーソースとゴハンで十分にカツカレーは表現できている、と言えるんだけどもね。
そこをひとつ超えて、たとえば福神漬けもブチ込んでみるとか、ラベル写真には野菜が添えられてるからコールスローをブチ込んでみるとか、なんなら茹でタマゴとかケチャップ味スパゲティとか発想の翼を広げて欲しかった。
言うならば“地に足の着いてない”商品開発をして欲しかったなぁ。
勝手な言い草だけどさ。

これは、当たり前に真面目過ぎる。
「小さなのり弁」にあった、センス・オブ・ワンダーがない。
食いものにセンス・オブ・ワンダーが要るのかって? あったほうが面白いじゃん!

ただカツカレーを再現した惣菜パンとかは、既にある。
「小さなのり弁」と同カテゴリの“○○しながら…”な「片手で」シリーズである以上は、先行商品と同様のテイストを求められるんじゃないかな?

というようなわけで、店頭で発見したときは喜んだが食ってみたら支持できないなぁという感想を抱いてしまった。
次に期待したい。

つーか、ラベルのデザインが、あまりにもアレだなぁ。
俺にデザイン発注してくんねぇかなぁ……。

関連記事

久留米の角打ちができる酒屋探索における空振り報告

ネットで拾った断片的な情報をもとに角打ちできる酒屋を巡っている夢の狩人な俺ですよ、こんにちは若奥さん。

断片的だったり情報が古かったり、憶測の域を出なかったりしても一縷の希望を見いだして行動するわけですが、空振りすることもあるんだなこれがまた。
ま、しかたねーな。
それはそれとして、同好の士も俺と同じように情報を拾って空振りで無駄骨になるとしたら、それは忍びないと思う。
そんなわけで、空振り情報を書き留めておくので参考になれば幸いです。

●東町481-18「森酒店」
住所を頼りに行ってみたけど、なんの気配も痕跡も見たらなかったのです……。

●東町489-20「亀屋酒店」
あー、廃業したんだなぁという形跡が確認できました。
いい感じだったっぽいのに、惜しいなぁ。

亀屋酒店跡

●六ツ門2-16「大黒屋酒店」
夕方から営業の串揚げ屋になっちゃってましたわ。
確かに以前は酒屋だったんだなという痕跡は確認できました。

六ツ門大黒屋六ツ門大黒屋跡

●原古賀20-8「大黒屋酒店」
あー、廃業したんだなぁ。
窓から中を覗いてみたら完全撤収済みで、もぬけの殻。

原古賀大黒屋跡

とまぁ、こんな感じで空振りました。
ネットで情報を拾っても、検証してみると徒労に終わることもあるわけよ。

でも俺は、諦めずに酒屋を巡り続けたい。
心が折れそうになっても、また立ち上がるよ。

全国の若奥さん、妙齢の女性、ギャルからの励ましのお便りをお待ちしてます!

関連記事

これぞ大衆酒場だろっていう久留米のオオバコ「古賀久」で昼酒を楽しむ

午前中に久留米へ、拾った情報を元に角打ちできる酒屋を巡ったのだが。
もう閉店してたり業態を変えてたりで、空振り。
この失意を埋め合わせてくれるのは、「古賀久」か「松竹」ってことになる。
どちらも昼から酒が飲める酒場だ。

古賀久:外観

平日の15時台、アイドルタイムで閉めてる飲食店が多い時間帯にも開いてる安定の「古賀久」へ。
こういう時間帯って、ほんと困るんだよ酒が飲める店を探すのに苦労して。
だが「古賀久」ならいつでもオールライトでゴキゲンだぜ。

先客はオッサンが一人、そこそこ広い店内でポツンと酒を飲んでいた。
俺も、お一人様用のカウンターにポツリと陣取った。
この日は激しい雨だったり一転して炎天下だったりってクレイジーな天候で、そんななか歩き回っていて疲労困憊だし汗ダラダラで喉も渇きまくり。
そうなるとビールだ。

古賀久:酒

この店は工場直送の生ビールが飲めるのも“売り”なんだよ。
もっとも俺が好きじゃない銘柄なんだが、暑かったわ渇いてるわで生ビールいっちゃいました。

古賀久:店内古賀久:店内

冷やされたアテも揃って、見てるだけで涼しげで癒されるわ。
嬉しいねぇ、良い店だねぇ「古賀久」いつも開いてて安心の酒場。
「古賀久」は久留米の誇るべき酒場だね。

<初回投稿2015年02月07日>
昼間からがっつり酒を飲める店があって、久留米が羨ましい。
そう思わせる2軒の店が、西鉄久留米駅に近い「松竹」と、こちら「古賀久」だ。
「古賀久」はどっちかっつーとJR久留米駅のほうに近いな。

古賀久:外観

外観は、モダーンでセンスあんまり良くないなっていうビルみたいな建物。
入り口にメニューが掲示してあるから、入り易い店だと思う。

古賀久:入り口

中は、いい感じに雑然とした大衆酒場の雰囲気。
雑然とはいえ汚いわけじゃないよ、なんていうかキレイにしてはあるがゴチャっとした空間。
あちこちに品書きが貼りまくられてて、商品が並ぶ冷蔵ケースもいくつかあって、遊園地的な賑やかさがあって眺めてるだけでも楽しい飲み屋空間だ。

古賀久:店内古賀久:店内

そこそこオオバコで、テーブル席やら個室っぽい区画やら、独り飲み用の長いテーブル席などがある。

古賀久:店内

中庭の鑑賞もお楽しみいただけます。

古賀久:中庭

メニューは豊富で、把握しきれないほどにいろんなものがある。
注文したり、冷蔵ケースに陳列されてるのを物色したり。
焼き、揚げ、煮、さまざまに好みのものを楽しめる。

古賀久:刺身

ただ、まぁ刺身はあんまりオススメではないです正直なところ。
おでん大きくて満足感あるよ。

古賀久:伝票

なにか注文する毎に伝票にチェックされていき、明朗会計。

工場直送の生ビールが売りでもあるが、俺の好きな銘柄ではないのでスルー。
安いポン酒やハイボールを楽しみます。

夕方から盛況で、席が見つからないようなときもあるが、昼はユルい感じです。
ぜひ昼酒を楽しんで欲しい、せっかく昼間っから営業してるんだからね。
昼でも酒盛りしてる客がいて、楽しいよ。

すごく料理が美味しいとかじゃないけど、低価格明朗会計。
そして大衆酒場の雰囲気が満喫できると思う。
この店の存在自体を楽しむ、っていうのを推奨したい。

久留米の人間は、この店を誇っていいと思うぜ。

福岡県久留米市六ツ門町2-36
11:30〜22:00金土〜23:00無休

関連記事

変わらない久留米ラーメンのオールドスクール「沖食堂」イズ・ヒア・トゥ・ステイ

角打ちできる酒屋を求めて午前中から久留米へ行ったのですが3軒の空振りをくらったのです。
だいぶ歩き回ったし昼どきもとっくに過ぎた14時台、かなり腹も減ったのです。

よし、久留米に来てるしラーメンを食おう。
この時間帯ならい行けるだろうと、急ぎ足で「沖食堂」へ向かった。

沖食堂:外観

久留米で人気の食堂っていうかラーメン屋で、俺も好きだがなかなか行けずにいて数年ぶりだわ。
15時頃に閉店という営業時間の短さと西鉄久留米駅や六ツ門辺りからちょっと遠いというロケーションで、俺には行き易い店ではないんだよね。
逆にJR久留米駅からは近いんだけど、酒を飲む目的で久留米に行くのなら西鉄でアクセスしたほうが便利なのよね。

かなーり久しぶりなわけだが、外観とか店内の様子とか変わってないな。
席につくなりラーメン注文。

沖食堂:料理

オールドスクールなラーメン440円。
麺は、ニュルンと表現したいような柔さと食感。
スープは、あっさりでシンプル。

このアップデートしてなさが、好きだ。
うん、ノスタルジー補正で好きなだけかもしれないってのは認める。
しかしまぁ、何年かぶりに食ってみて、ああ変わってないねとホッとさせてくれる食いものってのも、良いもんだよ。

いや、正直に言うと沖食堂ではラーメンよりも焼き飯のほうが美味しいと思っていた。
できればラーメンと焼き飯と、両方とも注文して食ってこそ満足できるんだよなって。
でも、メニューから焼き飯が消えてるんだよなぁ、どういう事情か知らないが。
ま、焼き飯があっても、もうずいぶんなオッサンになってる俺にはラーメンも焼き飯もって食えないけどね。

ちなみに親戚筋の「ひろせ食堂」のほうもラーメンと焼き飯どちらも食ってこそだと思っている。
「ひろせ食堂」のほうは、まだメニューに焼き飯があると思う。

「沖食堂」のラーメンを何年かぶりに楽しめて良かった。
いつかまた、焼き飯も復活しないかな。
そしたら、腹がはち切れそうになりながら頑張ってラーメンも焼き飯も両方とも食うよ。

↓「食べログ」での店舗情報

沖食堂ラーメン / 久留米駅

関連記事

最近書いた記事


カテゴリ


プロフィール

どうも、割った鍋です。
食べたり飲んだり、飲んだり。
九州在住、大阪常駐。

大衆酒場、立ち飲み屋、酒屋の角打ちが好きです。

重度の喫煙者であり、昼酒を好むという、社会的にちょっとアレなオッサン。

2014年9月24日開設


割った鍋へのメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索


リンク

各地の飲み屋情報を発信しているサイトをリンクさせてもらってます

<全国>
「立ち呑み@酒店」
全国の酒屋の角打ち、立ち飲み屋についての情報がエリア別に掲載されている
「激渋食堂メモ」
日本あちこちに今も残る、渋くて味わい深い大衆食堂を地域別に紹介しているサイト

<関東>
「居酒屋礼賛」
東京の情報には限らないのだが都内の味のある酒場の情報が豊富で魅惑的かつ地域別インデックス便利
「酔(すい)のどうでしょう?」
東京都内の居酒屋・大衆酒場・古典酒場・立ち飲み・センベロ酒場を飲み巡るブログ

<東海>
立飲み人生劇場
更新が停止していて残念だけど名古屋の魅力的な立ち飲み、角打ちできる酒屋の情報が

<関西>
「日本全国B級グルメぐるぐる紀行」
関西各地の味のある酒場を詳しく紹介してくれる指針になる情報量
「関西女のプチ日記」
他のどこにも載ってないような素敵なディープ飲み屋情報満載の関西酒場ガイダンス
「やまでらのぶらりグルメ&ぶらり日記」
行きたくなる飲み屋がたくさん紹介されてる関西飲み屋巡りの強い味方
「カンクロが行く」
大阪府のローカルなとこまで行く。日記のような数行のセンテンスに静逸なセンスを感じる
「関西安酒場」
更新が止まっているようで残念。バス路線沿いの酒屋などまで簡潔ながら貴重な情報

<九州>
「黒崎~小倉@北九州の居酒屋&BARを制覇せよ!」
ネット上に情報の少ない北九州の酒場を紹介してくれる有り難いサイト

このブログをリンクに追加する
リンクフリーでございます(^ヮ^)

【広告】Advertisement