立ち飲み屋……ってゆーか立ち飲み場所だね有楽町「食安商店」楽しい底辺感

懐メロで「有楽町で逢いましょう」ってのがあってオッサンとオバサンが色気ムンムンでランデヴーする街だろってイメージで若いときには興味を抱かず、自分がオッサンになってからもオフィス街だろって興味を抱かず。
そんな有楽町に初めて来てみましたよ。

なぜ有楽町に足を運ぼうと思ったかっつーと、俺の中での有楽町のイメージとは違って高架下に面白い店があるのだと知ったからです。
はい、こちら。

食安商店:外観

高架越しに見える高層ビルとは全く異なる色褪せてボロボロの庇がインパクトある「食安商店」。
商店とあるが、まぁ昔は商店だったのかなって想像はできるが、今はそうではなくって。

食安商店:商品食安商店:商品

自動販売機が並んでる空間なんだよねぇ。
ひたすら自動販売機が並んでるんだよ。

食安商店:商品食安商店:商品

そんで清涼飲料水よりもアルコール類が充実してるんだよ。
だから、ちょっと立ち寄って自販機で酒を買ってその場で飲むっていう、お立ち寄り立ち飲みスポットになってるんだよ。
で、なかなかに利用者が多いんだよこれがまた。
月曜の13時台、入れ替わり立ち替わり、常に6、7人の利用者が立って無言で飲んでるんだよ。

立ち飲み屋とか酒屋の角打ちって大好きな俺も、さすがにこんなとこで飲まんでもいいんじゃないかと思った。
ただ単に酒の自販機が並んでるだけのスペースでアルコール摂取しなけりゃいかんほど切羽詰まっているのか、こういう飲み方するのはさすがに社会の底辺じゃないのか、という背徳感と落伍感があるねぇ。

食安商店:商品

ま、俺も飲むわけだが。
白角水割を飲んだが、あんまり美味しくなくて失敗したと思った。

自販機しかないと書いたが、ちょっとした台と灰皿はある。
もちろん空き缶を捨てるゴミ箱もあるよ。

なんだろね、この界隈には昼からやってる立ち飲み屋とか、そういうのはないのかね。
しかたなく自販機コーナーで飲んでるのかね。
ここでサクっとアルコール投入して、またビジネスに戻るんかね。
緊急避難的にアルコールを摂取しないと日常生活もままならない重度のアル中が利用してるのかね。
なんかもういろいろな想いが胸に去来するね。

しかし、面白いな。
この社会の落伍者感、底辺感は面白いなと思ったよ。
チョイ飲み♪ とかサク飲み♪っていうカジュアルで甘っちょろいものじゃなく、もっと真摯でハードボイルドななにかを感じたよ。

↓「食べログ」での店舗情報

食安商店立ち飲み居酒屋・バー / 日比谷駅有楽町駅銀座駅

関連記事

暖簾に染め抜かれた文句に偽りなし大衆の割烹「三州屋」神田本店

素敵な店だなぁ「三州屋」。

三州屋:外観

店先の紺の暖簾に“割烹の味 大衆の値”と白く染め抜かれている、その文句の通りの店。
大衆食堂のような雰囲気と値段で、美味しいものが楽しめる。
そしてもちろん酒だって楽しめるんだよ。
素晴らしいね。

平日の昼どき、昼メシを食う客でいい感じに盛況だった。
混雑しているというほどではなく、カウンターにゆったりと場所を確保できた。
ビジネスマンがせわしなくメシを搔き込んでるという空気ではないから、気兼ねなく酒を飲むぜ。

三州屋:お通し

酒はなぁ、なんか地酒とか有名な銘柄とかじゃないんだぜ白鶴だよ。
俺も注文するとき酒を常温で、としか言ってないし。
なんだか、辛口純米どうのこうのと好みうるさく注文するんじゃなく、ただ酒であればそれでいいってな気持ち。
そういう気持ちになるね、この店は。

どうでもいい店って意味じゃないよ、なんだかここで少しの時間を過ごす事自体が楽しいから、細かいことはいいじゃないのって、おおらかな気持ちになる。
てなことを、まだ酒に手をつける前に思った。

店の佇まい、店の人や客が醸す空気、注文する声と承る声、カウンターの造り、徳利と猪口、お通しの南蛮漬け、それらが視覚や聴覚や臭覚や触覚などで感じさせるんだな、寛ぎを。
そして寛ぎながらも、ちょっと良いとこに飲み食いに来たっていう背筋の伸びる満足感も。

などと、味覚ではまだなにも感じてないまま、もうけっこう多幸感に浸った俺。
さっさと酒とアテを楽しめってーの。

酒をチビリとやりながら、お通しだけでも酒が飲めるが安いアテがいっぱいあって楽しいから、なにか注文しようとメニューを眺めて考えた。
このチビリとやりながら思案する時間もまた楽しい。
出汁巻と板わさを注文した。

三州屋:料理

ふたつが一つの皿に盛られてきた。
こういうの俺、好きだな。
皿の上が賑やかになって楽しいし、カウンター席の自分の専有スペースはそんなに広くはないから、むやみに皿で埋め尽くされずに済むのも精神衛生上、良い。

さて俺の他には食事をなさる客のほうが、やや多いかな。
近い席にいた方が定食の注文をしていたら、味噌汁はどうするかと店のオバチャンに訊かれているのを小耳に。
ほう、選べるのか味噌汁を。
ちょっと俺も味噌汁が欲しくなったな、東京での4日目、連日朝から夜まで飲み歩いていて、なんだか身体のために味噌汁など飲んだほうが良いような気もした。

三州屋:料理

豆腐の味噌汁を注文した。
赤だしで、豆腐と三つ葉、これはたまらん超うまい。
俺は九州育ちだが九州の味噌が好きじゃなく、赤だしが大好きなんよ。
アルコール分解の激務に追われる内臓が癒されるような気がするぜ。
ああ、味噌汁って良いものですね。

そんなこんなで、風情も良し味も良し、そして大衆の値という素晴らしい店だったわ。
とても満足した。

↓「食べログ」での店舗情報

三州屋 神田本店割烹・小料理 / 神田駅淡路町駅小川町駅

関連記事

九州が誇るファミレス「ジョイフル」のメニューが新しくなったわよ〜

主に九州に展開しているファミレス「ジョイフル」、俺は好きでよく利用している。
ちょっと久しぶりに、2015年5月26日にグランドメニューが改訂されたよ。
前回が2014年12月2日だったから少し間があいた印象、割と頻繁にメニューを書き換えるイメージの「ジョイフル」だったからね。
ま、リニュアルまでの間に季節メニューとかは投入されていたけどね。

さて、まずビールを飲んで新しいメニューをチェックしよう。

ジョイフル:ビール

今回のリニュアルの方向性のひとつとして、中華風メニューが加わった。
ハンバーグを筆頭として洋食メニューがメインで和風もあるよって構成だったところに、新たに中華が。
彩り野菜と若鶏の黒酢あんかけ定食、ホイコーロー定食、鉄鍋マーボー定食その他が加わったのだが、俺はだいたい酒を飲むために「ジョイフル」を利用するので、注目したのはユーリンチーだ。

ジョイフル:新メニュー

おつまみメニューのカテゴリで新登場したユーリンチー290円(+Tax)、どれほど酒のアテになるのか注文してみましたよ。

ジョイフル:新メニュー

ふむ、油淋鶏らしい酸っぱ甘塩っぱいタレだが、もうちょい焦がしネギ的な風味が欲しいかも。
とはいえ、ビールに合うね。
冬、2014年12月2日に投入された若鶏唐揚げのおろし煮のテイストを変えたリメイクに過ぎず期待できないかもと思っていたが、なかなか良いですよ。
若鶏唐揚げのおろし煮は、ちょっとダメだったんだよなぁ。

今回のメニュー改訂では、全体的なメニューの構成が変わっていた。
従来ではメニューを開くと、まず筆頭メニューのハンバーグが目に入るページ構成だった。
それが変わって、まず冒頭に春頃にバージョンアップされたチキンと新規投入の中華メニューを紹介し、続くページではサラダが紹介されている。

ジョイフル:新メニュージョイフル:新メニュー

かなりイメージを、方向性を変えてきたなぁ「ジョイフル」、という印象だ。
子供っぽく思われるハンバーグを大きくフィーチャーしていた方向性を修正し、新たな客層を獲得しようという戦略なのかしらん?

それはそうと「ジョイフル」を酒を飲むために使う俺だから、おつまみメニューの充実に期待していた。
ユーリンチーの他にはソースチキンカツが新たに加わった。
それもビールに合うよねぇと思ったが、390円(+Tax)ちょっとお高いね。

そこで他になにか酒のアテになるものはないか全メニューをチェック。
今まで注目していなかったが、サイドメニューの小鉢に注目してみた。

ジョイフル:サイドメニュー

定食などにプラスするための小鉢だが、これもアテになるんじゃないかと。
しかし定食とかを注文せずに小鉢だけを注文していいものかと躊躇したが、店員さんに訊くと快く注文を受け付けてくれました。

ジョイフル:サイドメニュー

そんなわけで、燗酒190円(+Tax)と、納豆と半熟玉子それぞれ40円(+Tax)を注文。
燗酒は常温でもらい、納豆にはタレが付いてきて醤油も持ってきてくれた。
商品名としては半熟玉子であるが、実体は冷えた温泉玉子といった品物です。
納豆と玉子で酒が飲めるぜぃー。
醤油をかけて混ぜた納豆に半熟玉子をダヴァーと投入して食うと、めちゃウマいぜぃー。
この組み合わせは安くてポン酒がすすむぜぃー。

アルコールメニューには変化は見られなかった。
値上げとか、消えたメニューがなくて良かった。

おつまみメニューからは、強力にポン酒がすすむピリ辛塩鍋が姿を消したが、まぁ夏に向けて注文が減るからという判断であり冬にはまた登場してくれるだろうと思っている。

全体的な方向性の変化が見てとれた今回のメニュー改訂だが、支持しますよ。
好きだぜ「ジョイフル」。

関連記事

なにもない印象のJR熊本駅界隈だから貴重な飲食店かもしれない「心彩彩酒 彡」

お寒い状況のJR熊本駅周辺。
なにしろ店がない。
飲み屋、メシ屋が僅かにしか見当たらないから、新幹線で熊本へ来た県外からの来訪者は、駅を出て驚くだろう。
うわっ、なにもない?! ってね。
(ここまでの文言、使い回し)

そんな熊本駅周辺に、ちらほら散在する店のうちのひとつ、ちょっとオサレな外観の「心彩彩酒 彡」というダイニングバーかな、へ入ってみた。

心彩彩酒 彡:外観

屋号なんて読むんだよ、わかんねーよ。

心彩彩酒 彡:外観

ああ、“しんさいさいしゅ さん”と読むのか。
わかんねーよ。

何組かの客がテーブル席で飲み食いしていたので、それなりに人気があるようだ。
俺は独りなのでカウンターへ。
若いフロアスタッフが注文を取りにきてくれた。
しかしこの若い男性、あんまり話が通じない。
店先に晩酌セットみたいなものが掲示してあったが、それを、と注文しようにもうまく意思の疎通ができない。
俺の日本語の発音が下手なのだろうか。

心彩彩酒 彡:メニュー心彩彩酒 彡:メニュー

俺が注文したかったのはBセット980円也というものであった。
生ビール・串揚げ1本・塩ゆで落花生・刺身3点盛という構成で、お得感あるなと感じた。
串揚げ1本だけってなんだかな、とも思ったがメニューから好きなものを選択できるのは良いなと思った。

まずビールがきましたよ。

心彩彩酒 彡:料理

それから刺身と茹で落花生がきましたよ。

心彩彩酒 彡:料理

って、刺身の置き方、それ逆だから。
うーん若いフロアスタッフ男子、せっかく飲食店で働いてるんだから刺身の向きくらい学ぼう。
人生の先輩であるところのオッサンである俺が、さりげなく指摘しても良かったんだが側のテーブル席に何組かいる客に指摘しているのが聞こえてしまったら若いフロアスタッフ男子が恥をかくかもと思ってやめた。
さりげなくカウンターの向こう側にいる先輩スタッフとか店主に指摘しようかとも思ったが、カウンターには焼酎とかのボトルが並んでいてコミュニケーションは遮られているので、声をかけるのもメンドくさくてやめた。
若者よ、自分で学べ。

そっと刺身の向きを変える。

心彩彩酒 彡:料理

で、ようやく串揚げがきましたよ。

心彩彩酒 彡:料理

もうとっくにビールを飲み干そうとしている。
セットの串揚げが1本だけなのは、それをきっかけに追加オーダーをという思惑であろう。
実際、1本食べてみて美味しかったら追加しようと思ってもいたんだが……提供が遅くて、また待たされるのかもしれんと思って、やめた。

茹で落花生が量が多かったから、ハイボールを注文して落花生をアテに飲む。

心彩彩酒 彡:料理

店内にはエグザイルだかその類似品だかよくわかんないクソみたいなBGMが流れていた。
今時の若者には心地良いのかもしれない。

俺はきっともう行かないが、クソ寂しい熊本駅周辺では貴重な飲食店だと思うので頑張ってほしい。

↓「食べログ」での店舗情報

心彩彩酒 彡居酒屋 / 二本木口駅田崎橋駅熊本駅

関連記事

熊本駅から徒歩少し川沿いの人参色の「にんじん」は集いの酒場なのか

お寒い状況のJR熊本駅周辺。
なにしろ店がない。
飲み屋、メシ屋が僅かにしか見当たらないから、新幹線で熊本へ来た県外からの来訪者は、駅を出て驚くだろう。
うわっ、なにもない?! ってね。

そんな熊本駅周辺に、ちらほら散在する店のうちのひとつ、オレンジの建物「にんじん」へ入ってみた。
川べりにポツンと建っている印象の店だ。

にんじん:外観にんじん:外観

ラーメン屋「黒龍紅」の系列のようだ。
看板などに“集いの酒場”とか“女性に人気”とか書いてあって、そういうことを自ら標榜するのかと、やや不安に。

にんじん:店内

川に平行に細長い店内は手作り感があり、窓際のテーブルから川を眺められる。
あちこちに泉谷しげるライブかなにかのチラシが貼ってあり、それは女性に受けるのかと疑問。

俺は窓とは反対側のカウンターに、カウンターの向こうは厨房。
女性2人、親娘なのかな、で切り盛りしているようだ……いや3人いるようでもあるがスタッフなのか関係者なのかよくわからない。

にんじん:メニューにんじん:メニュー

野菜をフィーチャーしての蒸し料理を推しているようで、なるほどヘルシーで女性に人気って路線か。
それはスルーして、まずはビールだ。

にんじん:料理

キリンラガー瓶があって嬉しい。
ビールと同時に、お通しがでた。

それと、冷奴を注文してみた。

にんじん:料理

ま、なんつーか飲み屋として使うには、可もなく不可もない……つーか良いところは特にない。
悪いところはある。
夕方の早い時間で、俺の他に客はない……と思っていたら、いつのまにかビールを注文する者があった。
スタッフなのか関係者なのかよくわからないババァが、カウンター席に座っていた。
この店の近所に「大手門」という飲食店が新たにオープンしていて、それを話題にしていて“大手門て大阪にあるもんね、市場が”とか声高に喋っていた。
あた泉谷しげるのことも話題にしていて“泉……ほら泉……あん人は喧嘩ばっかするもんね!”などと声高に。
無教養で無知なババァだなと思ったのだが、極めつけはビールを注文する時に吐いた台詞だ。
“ビール! ドライちょうだい! キリンは駄目だもんね!”だと。
うん、まぁババァがスーパードライを好むのは勝手だが。
客である俺が、キリンラガーをと銘柄を指定してビールを注文しているのである。
それを否定するような発言を、スタッフだか関係者だかわかんないババァがするべきではないなぁ。

まったく店と関係がない客が言うのは、ぜんぜん問題ない。
だが、店の関係者かなと、または極めて店側と親密であろうと思われる者が客の注文をdisるってのはね。
店にとって、マイナスだ。

飲食店は、あまりオーナーの友人や知人を店に寄り付かせないほうが良い。
多くの場合、悪い印象しか客に与えない。
その友人や知人が無教養で無思慮な人間であれば、なおさらだ。

この店は、女性に人気の集いの酒場になれるのだろうか。

↓「食べログ」での店舗情報

にんじん野菜料理 / 二本木口駅田崎橋駅熊本駅前駅

関連記事

最近書いた記事


カテゴリ


プロフィール

どうも、割った鍋です。
食べたり飲んだり、飲んだり。
九州在住、大阪常駐。

大衆酒場、立ち飲み屋、酒屋の角打ちが好きです。

重度の喫煙者であり、昼酒を好むという、社会的にちょっとアレなオッサン。

2014年9月24日開設


割った鍋へのメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索


リンク

各地の飲み屋情報を発信しているサイトをリンクさせてもらってます

<全国>
「立ち呑み@酒店」
全国の酒屋の角打ち、立ち飲み屋についての情報がエリア別に掲載されている
「激渋食堂メモ」
日本あちこちに今も残る、渋くて味わい深い大衆食堂を地域別に紹介しているサイト

<関東>
「居酒屋礼賛」
東京の情報には限らないのだが都内の味のある酒場の情報が豊富で魅惑的かつ地域別インデックス便利
「酔(すい)のどうでしょう?」
東京都内の居酒屋・大衆酒場・古典酒場・立ち飲み・センベロ酒場を飲み巡るブログ

<東海>
立飲み人生劇場
更新が停止していて残念だけど名古屋の魅力的な立ち飲み、角打ちできる酒屋の情報が

<関西>
「日本全国B級グルメぐるぐる紀行」
関西各地の味のある酒場を詳しく紹介してくれる指針になる情報量
「関西女のプチ日記」
他のどこにも載ってないような素敵なディープ飲み屋情報満載の関西酒場ガイダンス
「やまでらのぶらりグルメ&ぶらり日記」
行きたくなる飲み屋がたくさん紹介されてる関西飲み屋巡りの強い味方
「カンクロが行く」
大阪府のローカルなとこまで行く。日記のような数行のセンテンスに静逸なセンスを感じる
「関西安酒場」
更新が止まっているようで残念。バス路線沿いの酒屋などまで簡潔ながら貴重な情報

<九州>
「黒崎~小倉@北九州の居酒屋&BARを制覇せよ!」
ネット上に情報の少ない北九州の酒場を紹介してくれる有り難いサイト

このブログをリンクに追加する
リンクフリーでございます(^ヮ^)

【広告】Advertisement