オサレなカフェ「CAFE de 水道町」でオッサンが独り昼酒してオサレな人たちスマン

ボロかったり怪しかったりする飲み屋に入るのは平気なんだがオサレな店に入るのはとても勇気の要る俺ですよ若い娘さん、こんにちは。

が、知らずに入っちゃったんだよ…。

水道町交差点から3号線沿いに浄行寺方面へ少し行った辺りに、ちょっと惹かれる看板を見かけて。

CAFE de 水道町:看板

ドリンクメニューにアルコールが列記されてるじゃない、飲めるんかこれは、と。
フードも、食事ってより、なんかバルみたいだなぁと思って。
でも、ディナーメニューとも書いてあってディナー17:00〜とも書いてある。
なんだ開いてないのかよ、と思った平日の15時台。
が、もうひとつ看板が出てて、そちらにはグランドメニュー(カフェタイム)11:00〜23:00との記載があるから、じゃあ飲めるのかと。

CAFE de 水道町:看板

ならば飲むぞと、入ってみることにしたのです。
が、その看板を出してる店の建物を観察すると…なんかよくわからん。

CAFE de 水道町:店先

酒屋? 不動産? ん、持ちビル?
ま、よくわからんが酒屋の角打ちスタイルかなと想像したのね、間口が狭いんで立ち飲みかもとか。
で、ドアを開けたら酒屋でした…角打ちカウンタとかない、酒の陳列しかしてない。
ああん? と店の人に“ここって…酒屋ですか?”と訊くと奥へと続く扉を指し示される。
おお、酒屋と独立した空間で飲食スペースがあるのかと奥へ進むと、たじろぐ感じのオサレ店でした。

CAFE de 水道町:店内

ちょw、俺こうゆーの苦手なんすよwww と思うも引き返すのもアレだしカウンターの隅でひっそり、と思ったがカウンターもオサレ感だしカウンター内で働くスタッフもオサレなので、もし話しかけられでもしたらヤバいと思いました(なにがヤバいのか)。

CAFE de 水道町:カウンター

そんなわけで、時間帯のおかげかフロアは空いていたのでテーブル席に落ち着く。
オサレ感に気圧されないよう一心不乱にメニューを見ました。

CAFE de 水道町:メニュー
CAFE de 水道町:メニュー

おー、ハイボール安いじゃーん。
つーかカフェの割にウイスキーけっこう置いてあるな、そんで安いなぁー。
こりゃイイわ。
少し気持ちがほぐれて、角ハイボール濃いめ330円也をオーダー。

CAFE de 水道町:ハイボール

330円なのに普通のサイズの来たよ。
グラスで出てくるんじゃないかと予想してたのに。
こりゃイイわ。

CAFE de 水道町:ハイボール

そんで、マジで濃いめです、つーか“濃いめ”じゃなく“濃い”です。
ひょっとしてウイスキー2オンス入れてるのかしらってくらい濃い。
こりゃイイわ。

もう俺は、すっかり気をよくしたね。
ここって知らなかったが、オサレだが、実は昼酒パラダイスなんじゃね?
1,000円でベロベロになれるセンベロカフェじゃね?

そう思いつつも、やっぱオサレな店にオッサン独りってアレかな、これで調子にのって何杯もおかわりしたらマズいかな、という気持ちもありました。
あとまぁ、この日もう昼酒1軒目でポン酒いってるんで、もうそこまで酔いは求めていなかった。
そんなこんなで、スイーツを注文することにしました。
だってカフェだし(カフェはアレだろスイーツとか注文すんだろ? というオッサンの認識)。

CAFE de 水道町:モンブラン
CAFE de 水道町:モンブラン

どうですか若い娘さん、モンブランです。
俺は酒好きだが甘いものも好きでケーキではモンブランが大変好きです。

いいねぇ、カワイイひと皿だねぇ、ちょっと雪の降った庭みたいだねぇ。
作って冷蔵してあるのか、ヒンヤリしていて酔った舌に心地よい。
ベースはタルトでクリーム盛ってあって、小さいクラッカーとフレッシュミントが添えてあって。

CAFE de 水道町:モンブラン

で、ベリーの酸味がウイスキーに合うと思ったわ。
ウイスキーとケーキってイイよなぁ、酒好きで甘いもの好きな者にだけ楽しめる組み合わせだよという優越感を感じちゃったよ。

あまりにも入り口と中の乖離が激しくて店内に踏み込んでビビったけど、良い店じゃん。
つーか、どうやらビル内が回廊ぽくなってて、そっち側から入るのが正解な感じっぽいね、大きな通りに面してるほうがむしろ勝手口的な。

ランチタイムとディナータイムという区切りはあるようだが、その狭間もグランドメニューの時間帯として包括されていて、要はアイドルタイムがないので昼酒にピッタリな店だな。
酒は揃ってるし(ポン酒もある)安いし、こりゃイイわ。

CAFE de 水道町:メニュー

きっとまた利用と思いました。
オサレな人たちにはスマンが、ここは昼酒スポットだと俺は認識したぜ!

↓「食べログ」での店舗情報

カフェ ド スイドウチョウカフェ / 水道町駅通町筋駅九品寺交差点駅

関連記事

いなば+サンヨー食品コラボ「サッポロ一番 チキンとタイカレー味 イエローカレーヌードル」を食べたよ

サッポロ一番のサンヨー食品が、いなば食品の監修による新商品「サッポロ一番 チキンとタイカレー味 イエローカレーヌードル」と「サッポロ一番 チキンとタイカレー味 グリーンカレーヌードル」を2014年11月から売したわけですよ。

さっそくグリーンカレーヌードルを食べてみたわけですよ。
そんで今度はイエローカレーヌードルです。

サッポロ一番 チキンとタイカレー味 イエローカレーヌードル

アピールポイントが、グリーンカレーとは違いますね。

サッポロ一番 チキンとタイカレー味 イエローカレーヌードル

グリーンはココナッツミルク、香辛料についてまず言及していたが、イエローのほうはチキンのうまみ。
差別化されてるね。

サッポロ一番 チキンとタイカレー味 イエローカレーヌードル

開封すると同時にグリーンはココナッツミルクやレモングラスっぽい香りがフワっときたが、イエローはそうでもないです。
その点、エスニックな期待感は控えめとなりますわ。

熱湯3分できあがり。

サッポロ一番 チキンとタイカレー味 イエローカレーヌードル

熱を加えられ、スパイスが香ります。
さて味は、味は、えーっと…割とフツーです。

確かにココナッツミルクやスパイスを感じるけど、ちょっとしたアクセントという感じ。
ちょっとタイカレーっぽい、普通のカレーヌードル。
そのような感想をもちました。
フツーに食べやすい、辛いのや独特のスパイスが苦手な方にも食べていただけるカレーヌードルです。
逆にいうと、ぶっちゃけ物足りないというのは否めない。
あの本格タイカレーのヌードルだぜ?! と、鼻息も荒くタイ方面に期待値を高めていると、肩すかし。

うん、2種同時発売じゃないですか、どちらか一方だけを選ぶとするなら、俺はグリーンカレーヌードルのほうをオススメするなぁ。
別にイエローがマズいってわけじゃないよ。

甘くて辛くてスパイス香るってのが好きなら、ここはグリーンで。
つーか、なんでレッドはないのん?

【広告】Advertisement

サッポロ一番 いなば食品監修 チキンとタイカレー味イエローカレーヌードル 1ケース(12食入り)

関連記事

いなば終わってないよ新規投入「じゃがいも・豆のタイカレー マッサマン」

タイカレーシリーズでカレー界での地位を確立した感のあるが、一時期のブームは落ち着いた感はあるね、いなば食品株式会社
カレー界っていうか、缶詰カレー界?
いやいやレトルトとか缶とかって垣根を超えて、いなばは高いポジションに居るでしょう。
そっちより安いし量も多いよとトマトコーポレーションのマイルドタイカレーに迫られてる感じもあるんだが、まだまだ終わってないよ、いなば。

いくつか新規に投入されている商品があり、そんなに最近のニューカマーでもないが今回は「じゃがいも・豆のタイカレー マッサマン」を食べてみたよ。

デザインのフォーマット的には従来のタイカレーシリーズを踏襲しているが、ちょっと上級品っぽい感じがありますな。

じゃがいも・豆のタイカレー マッサマン:缶

ネーミングからして野菜系具沢山をアピールしてる感じなわけですが、商品名には入ってない鶏肉が原材料表記の一番目に書いてあるね。
あ、こぶみかんの皮って表記があるね、カフィルライムだね知ってるよ俺(得意げ…サッポロ一番 チキンとタイカレー味 グリーンカレーヌードルを食べたときに初めて知ったくせに)。

じゃがいも・豆のタイカレー マッサマン:内容

缶を開けて、湯煎で温める。

じゃがいも・豆のタイカレー マッサマン:開けたとこ

ボコボコ沸騰した湯が缶に入らないよう注意。
鍋から取り出すとき火傷に注意。

ゴハンにかけて、いただきます。

じゃがいも・豆のタイカレー マッサマン:できたとこ

うむ、ゴロゴロしてるね、具が。
主に鶏肉がゴロゴロしてて、じゃがいも大きくて存在感あるけど一個だけ。
パッと見は目立たないけど、食べると豆も存在感ありますよ。
で、じゃがいも、豆がフィーチャーされてるんで辛さ控えめの素朴な味かしらんと予想してたんだけど、結構そこそこ辛いです。
額に汗がにじむ程度には辛く、じゃがいもと豆が小休止的に…いや、じゃがいもと豆を美味しく食べるために辛いのかも?
で、マッサマンってのがピンときてないんだけど、うん旨味もなかなかです。

やや話は逸れるが、世界で一番美味しいと評価されたとかいうマッサマンの実態が、俺にはよく判ってないんですけども。
ニッスイの「タイカレー ツナ入りマッサマン」ってのが出たとき食ってみたんだけど、ピンとこなかったんだよねサツマイモが入ってて優しい味かなぁって程度で。

【広告】Advertisement


ま、この「じゃがいも・豆のタイカレー マッサマン」はマッサマンは於いといて、美味しいですよ。
鶏肉ゴロゴロでボリューム的にも満足できる、ただパサパサしてる感は否めないけど。

いなば、「チキンとインドカレー バターチキン」を食べて“あれ? フツーに日本のカレーに近くない?”と思っちゃってから新商品を追いかける熱意が冷めてたんだけど、いやいや終わってはいないよね。
スイーツのシリーズをリリースしたり、サッポロ一番とコラボしたり、攻勢の手をゆるめてないね。
これからも動向に注目するぜぃ。

【広告】Advertisement
関連記事

いなば+サンヨー食品の合体技「サッポロ一番 いなば食品監修 チキンとタイカレー味グリーンカレーヌードル」を食べたよ

電撃的ブームとなり缶詰カレーというジャンルを確立した感のある、いなば食品株式会社のタイシリーズ。
あれから他社の缶詰カレーも市場に出てきたって印象があるが、パイオニアだよね、いなば。
でもタイカレー缶詰ムーブメントも、落ち着いたっていうかブーム終息かなって感じもある…いやブームは終息としても定着したって気もするが。

そこに、またタイカレーシリーズの盛り上がりを再燃させるかもしれない燃料が投下されたよ。
サッポロ一番でお馴染み、サンヨー食品株式会社(カップスターもあるでよ)が、いなば監修のもと「サッポロ一番 チキンとタイカレー味 イエローカレーヌードル/グリーンカレーヌードル」を発売したのだ。

ちょっとニュースリリースを引用してみる。

サンヨー食品は、いなば食品監修による新商品『サッポロ一番 チキンとタイカレー味 イエローカレーヌードル/グリーンカレーヌードル』を、2014年11月より発売すると発表した。

同商品には、スープとの絡みを良くするために味付けされた麺を使用しているという。スープは、チキンベースのスープにココナッツミルクを合わせ、レモングラスやカフィルライムをきかせたスパイシーなタイ風イエローカレースープと、青唐辛子で仕上げたタイ風グリーンカレースープとなっている。

内容量69g、希望小売価格は共に170円。なお、コンビニエンスストア限定商品として、内容量96gの『チキンとタイカレー味 イエローカレーヌードル タテビッグ』も発売。希望小売価格は200円。価格は全て税別。


さっそく買ってきたよ。

サッポロ一番 チキンとタイカレー味 グリーンカレーヌードル

まず、グリーンカレーヌードル。
缶詰とデザイン合わせてあって、コラボ感ありあり。

サッポロ一番 チキンとタイカレー味 グリーンカレーヌードル

商品をアピールするコピーを読んでみると、ニュースリリースにあったカフィルライムが、ここでもフィーチャーされてますが。
俺なぁ、無知なんでカフィルライム知らないんだけど。
調べてみたら、東南アジア原産の柑橘類なのね、こぶみかん、とも呼ばれるようで画像を検索したらこぶこぶしてた。
その果実の皮や葉っぱを、生か感想させて料理に使うそうな。
葉っぱはレモンに似た爽やかな香りで、タイやインドネシアで肉料理や魚料理に使うんだと。
ふむ、ひとつ利口になった。

サッポロ一番 チキンとタイカレー味 グリーンカレーヌードル

そんなこんなで、開封するとエスニックな香りが漂いますよ。
カフィルライムが仕事をしているようだ。
見た目は、あー肉とか入ってなさそう、という残念っぽいものだが。

では、お湯をいれよう。

サッポロ一番 チキンとタイカレー味 グリーンカレーヌードル

そして、できました。
香りが、熱をくわえてさらに香る、あータイカレーの香り。
そんで、ちゃんと肉とかはいってる。

食べてみると、ココナッツミルクの甘さは抑えてあって、そして鮮烈な辛さは、ない。
だいぶ辛さ控えめだなー、その点は、あんまりグリーンカレーっぽくないかも。
いやでも、そうねヌードル的には、こんな感じが良いのかなとも思う。
グリーンカレーテイストの、ヌードルですよという立ち位置か。

で、麺ですが、フツーにカップ麺の麺ね。
いや、なんかセンミーとかバミーとかフォー(それはベトナムだ)とか、そういう感じのエスニックな麺っぽかったりするのかな、と少し期待してたんだけどね。
そこはフツーでした。

全体的に、これはアリだなと思うカップ麺ですよ。
そこまで本格的グリーンカレーではなくても、グリーンカレー風味のカップ麺として楽しめる。
辛すぎないから気軽に、それでいて味わいは複雑で甘さ辛さ旨味が楽しめるしね。

サッポロ一番 チキンとタイカレー味 グリーンカレーヌードル

内容量69gめん50g、日清のスープカレーヌードル相当の量だよね。
メーカー希望小売価格170円+Taxなので、ちょっと割高感はあるかな。
しかし、食べてみたくなるよね、こういう商品。
何軒かのスーパーで探したが見当たらず、ファミマで発見しました、参考まで。

イエローも食べてみたよ。

【広告】Advertisement

サッポロ一番 いなば食品監修 チキンとタイカレー味グリーンカレーヌードル 1ケース(12食入り)

関連記事

なにっ、ザクのケーキだって!?(アムロの声で)

zaku_cake.jpg

ああ、ぼちぼちクリスマスシーズンよねぇ…などと、今ごろ思っているようでは危機感が足りないと言わざるをえませんな。
全国の子供がいるオトーサンオカーサンは、焦ってるかもしれん。
世の中は自分が思うよりも先に動いていたのかと。

大人気の「妖怪ウォッチ」のキャラデコは、今ごろ予約しようとしても遅いんですよ奥さん。
最後の抽選販売のチャンスも終わったんですよ奥さん。
数ヶ月前から情報戦を開始し戦略をたてねば、望むものは入手できないのですよ。

だが、今からでも入手できるものがある。
それがザクケーキだ!
あの「機動戦士ガンダム」の、ザクだ!
近頃はヲタクじゃなくてもザクくらい知ってるってほど有名になったザク。
その頭部を再現したケーキがザクケーキだ!

どうでしょう奥さん、ジバニャンのケーキが食べられないと知って泣いて暴れるお子さんに、ザクケーキ。
ザクだって見方によっては妖怪に見えなくもなくもないですよ?

ダメですか?

だよねぇ。
こりゃ奥さん向けじゃないな、若いオネーサン向けかもしれないね。
どうでしょうオネーサン、アニメばっかり見てプラモデルばっかり作ってる彼氏へのクリスマスプレゼントに、ザクケーキ。
2人で甘い聖夜を過ごすためにも、ザクケーキ。
ビームサーベルも付いてますよ?

ダメですか?
つーか、アニメばっかり見てプラモデルばっかり作ってる野郎に彼女なんかいるわけないよな(偏見)。

じゃ、もうアレだな。
そこのヲタクの君、そう君!
独りぼっちのクリスマスを楽しく過ごすために、ザクケーキを自分で自分にプレゼントしないかい?!
マニアだったら3個は買わなきゃね、モビルスーツ3機で一個小隊だよね?
量産型ザクは、数を揃えなくちゃね!

頭部は抹茶風味のスポンジケーキ、その中身はコーヒームース。
口とパイプはチョコレート、ピンクのモノアイもチョコレートだって。
ビームサーベル(串)にザクの活躍シーンがプリントされた絵皿と、オマケ充実。
いやビームサーベルはガンダムの武器であってザクは使わないから…つまりビームサーベルでぶった切れと?!
ザク逃げて〜(><)

いやぁ、ネタ的な意味だけじゃなく、これザク好きなら欲しいんじゃねーの。

よし今年のクリスマスは通常の3倍のザクケーキで決まりだ!(シャアの声で)

関連記事

最近書いた記事


カテゴリ


プロフィール

どうも、割った鍋です。
食べたり飲んだり、飲んだり。
九州在住、大阪常駐。

大衆酒場、立ち飲み屋、酒屋の角打ちが好きです。

重度の喫煙者であり、昼酒を好むという、社会的にちょっとアレなオッサン。

2014年9月24日開設


割った鍋へのメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索


リンク

各地の飲み屋情報を発信しているサイトをリンクさせてもらってます

<全国>
「立ち呑み@酒店」
全国の酒屋の角打ち、立ち飲み屋についての情報がエリア別に掲載されている
「激渋食堂メモ」
日本あちこちに今も残る、渋くて味わい深い大衆食堂を地域別に紹介しているサイト

<関東>
「居酒屋礼賛」
東京の情報には限らないのだが都内の味のある酒場の情報が豊富で魅惑的かつ地域別インデックス便利
「酔(すい)のどうでしょう?」
東京都内の居酒屋・大衆酒場・古典酒場・立ち飲み・センベロ酒場を飲み巡るブログ

<東海>
立飲み人生劇場
更新が停止していて残念だけど名古屋の魅力的な立ち飲み、角打ちできる酒屋の情報が

<関西>
「日本全国B級グルメぐるぐる紀行」
関西各地の味のある酒場を詳しく紹介してくれる指針になる情報量
「関西女のプチ日記」
他のどこにも載ってないような素敵なディープ飲み屋情報満載の関西酒場ガイダンス
「やまでらのぶらりグルメ&ぶらり日記」
行きたくなる飲み屋がたくさん紹介されてる関西飲み屋巡りの強い味方
「カンクロが行く」
大阪府のローカルなとこまで行く。日記のような数行のセンテンスに静逸なセンスを感じる
「関西安酒場」
更新が止まっているようで残念。バス路線沿いの酒屋などまで簡潔ながら貴重な情報

<九州>
「黒崎~小倉@北九州の居酒屋&BARを制覇せよ!」
ネット上に情報の少ない北九州の酒場を紹介してくれる有り難いサイト

このブログをリンクに追加する
リンクフリーでございます(^ヮ^)

【広告】Advertisement