さて晩酌:なにとは言えないメニュー

晩酌を嗜んでおります。
嗜む、というにはしばしば飲み過ぎなのだが。

晩酌の肴は自分で用意しています、料理は好きです。
好きですが、まぁシロート料理なもんで“なにとは言えない”ものができるのです。
“ほうれん草のおひたし”とか“筑前煮”とか、“鰆の西京焼き”とか“季節の野菜たち〜お花畑のカーニバル見習い魔法使いの素敵なハプニング・秋空に想いを馳せて”とか、ちゃんとメニューの名前の無い“なにとは言えない”ものができあがるのです。
手元にあって使わなきゃいけない食材とか、不足してる気がするから摂取すべき栄養素とかを考慮して、あとメンドくさいからっていう事情があったりして“なにとは言えない”ものができるのです。

2014年9月30日の晩酌は、このようなものです。

晩酌20140930

おわかりいただけただろうか。
画像の上段センターに位置するメインとなるものは、湯豆腐にしては具材が多く、鍋ものにしては貧相な“なにとは言えない”ものなのである。
んー、気持ち的には、やや湯豆腐寄り?
鶏ムネ肉と大根と人参とキャベツを茹でて鶏まるがらスープと麺ツユで薄く味付けしたものである。
鍋ものっぽくポン酢で食してもイイのだが、薄味のまま、いただく。

紅白なます(自作)と、キュウリとカニかま酢のもの(自作)と、キュウリちくわ(そんな品名か? …自作)で酒が進むので、“なにとは言えない”ものは薄味で大丈夫だ。
“なにとは言えない”ものは主に、摂取すべき栄養を補うために用意したような立ち位置である。
主食のようなものだ。なのか?

と、まぁこんな感じで晩酌のことを綴っていきますよ。

関連記事

ゼンショー、すき家店舗の6割にあたる1,167店舗で深夜営業やめるってよ

ま、いいんじゃないの。
あんだけ労働環境についていろいろ指摘されてたんだから。
ワンオペを解消するため増員、が採算的にできないのなら、こういう解決策もアリなんだろう。

ま、個人的には深夜に開いてないのは残念な気もする。
さんざん酒飲んでベロベロに酔って、変な深夜に食べたい…それがジャンクな楽しみ方だ、って気もする。
あんまり健全な時間帯に食べるもんでもないでしょ、って感じなわけよ。
しかしまぁ、頻繁に深夜に食べてるわけでもないので、やめてもらってかまいませんよ。

すき家って、他の牛丼チェーンよりジャンクっつーかワカりやすい味で、そこが好きではあった。
あと、たまに妙なメニューを投入するのも好きでもある。
なんじゃこりゃ…?! 的なメニューね。

すき家:お好み牛玉丼

画像は2013年8月に売ってた「お好み牛玉丼」でございます。
ネーミングや見た目の奇抜さはあるが、期待したよりフツーな味だったんだけどね。

関連記事

コロッケそば、その愛。

コロッケそば、作った。

コロッケそば

とは言え、コロッケはスーパーの総菜を買ってきたのだが。
で、乾麺そば茹でてっていう、料理というほどのものではない。

コロッケそば大好きなんだが、九州では認知されてなくて寂しい。
いやマジで、友人知人に高確率で“なにそれ?”って言われるのよ、コロッケそば。

ま、九州は“うどん文化圏”なんだよね、九州っつーか西日本?
博多ラーメンが有名な福岡だって、実は意外に“うどん県”だしね。
だから、そば自体が身近ではないし、ましてコロッケそばがメニューにある店は少ない。
そんなわけで、自分で作るのである。

コロッケそばを食べられる希少な店としては、熊本に本社のある株式会社ヒライが展開する「べんとうのヒライ」がある。
正式な屋号としては「元気ダイニングヒライ」だったりするのだが、だいたいヒライと呼ばれる。
弁当、総菜を売っていて、かつイートインスペース兼食券式食堂も備えている。
かけそば220円を注文し、総菜売り場で買ったコロッケを乗っけて、コロッケそば完成となるのである。

ヒライのコロッケそば

あらかじめメニューとしてあるのではないが、コロッケそばが食べられる。
コロッケそば好きにとって、ささやかな救済となるのだ。

コロモが、そばツユにほどけてモロモロになり、油分がツユに放たれ、なんともいえん味わいになるコロッケそば。
そのような魅力を語っても“キモい”の一言で片付けられたことも何度かあった。
だが、コロッケそばへの愛は変わらないし、多くの人にコロッケそばを広めたいと思っている(要らん世話)。

関連記事

アンダーコンストラクションなう。

テンプレートを、あれこれとね。
いじくっとるんですけどね。

こちとらフリーのグラフィックデザイナー(自称)なんで、
デフォルトのテンプレートまんまで使いたくないの。
でもCSSいじくるの苦手なんだなこれがまた。

だって俺、グラフィックデザイナーすなわち紙媒体の人だもの。
WEBは よ く わ か ら ん。

よくわからんなら、テンプレートまんま使えばいいのにね。
俺ってアホかも。

関連記事

はじめます。

どうも、ブログはじめます。
食べたり飲んだり、飲んだり。
そんな日々のあれやこれやを、ユルユルっと綴っていきます。

キリンラガーうまい。

あ、割った鍋、と申します。
九州に住んでる生活の安定しないオッサンです。
自称フリーのグラフィックデザイナーです。
焼酎とテキーラを除く、だいたいの酒が好きですが、最近もっぱらポン酒ばっか飲んでます。
重度の喫煙者です。

このブログは、食べたり飲んだりに関する諸々を、とりとめもなく書きます。
なんつーか、コンセプトの絞れていないブログです。
行った店のレビュー的なものを書きますが、安い飲み屋が多くなるでしょう。
どんな晩酌をしたかも、記録していきます。
食べ飲みに関するテレビ番組やマンガや映画なんかにも言及します。
ほら、コンセプトが絞れてない。

という感じで、全体的に大雑把なブログになると思います。
ヒマ潰しに眺めてもらえれば、幸いです。

関連記事

最近書いた記事


カテゴリ


プロフィール

どうも、割った鍋です。
食べたり飲んだり、飲んだり。
九州在住、大阪常駐。

大衆酒場、立ち飲み屋、酒屋の角打ちが好きです。

重度の喫煙者であり、昼酒を好むという、社会的にちょっとアレなオッサン。

2014年9月24日開設


割った鍋へのメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索


リンク

各地の飲み屋情報を発信しているサイトをリンクさせてもらってます

<全国>
「立ち呑み@酒店」
全国の酒屋の角打ち、立ち飲み屋についての情報がエリア別に掲載されている
「激渋食堂メモ」
日本あちこちに今も残る、渋くて味わい深い大衆食堂を地域別に紹介しているサイト

<関東>
「居酒屋礼賛」
東京の情報には限らないのだが都内の味のある酒場の情報が豊富で魅惑的かつ地域別インデックス便利
「酔(すい)のどうでしょう?」
東京都内の居酒屋・大衆酒場・古典酒場・立ち飲み・センベロ酒場を飲み巡るブログ

<東海>
立飲み人生劇場
更新が停止していて残念だけど名古屋の魅力的な立ち飲み、角打ちできる酒屋の情報が

<関西>
「日本全国B級グルメぐるぐる紀行」
関西各地の味のある酒場を詳しく紹介してくれる指針になる情報量
「関西女のプチ日記」
他のどこにも載ってないような素敵なディープ飲み屋情報満載の関西酒場ガイダンス
「やまでらのぶらりグルメ&ぶらり日記」
行きたくなる飲み屋がたくさん紹介されてる関西飲み屋巡りの強い味方
「カンクロが行く」
大阪府のローカルなとこまで行く。日記のような数行のセンテンスに静逸なセンスを感じる
「関西安酒場」
更新が止まっているようで残念。バス路線沿いの酒屋などまで簡潔ながら貴重な情報

<九州>
「黒崎~小倉@北九州の居酒屋&BARを制覇せよ!」
ネット上に情報の少ない北九州の酒場を紹介してくれる有り難いサイト

このブログをリンクに追加する
リンクフリーでございます(^ヮ^)

【広告】Advertisement