今季初冷やし中華「京都 餃子の王将 玉川店」大阪市福島区吉野

<追記:2020年05月23日>
今期初の冷やし中華を、2020年も「京都 餃子の王将 玉川店」で。
去年と同じじゃん。

京都 餃子の王将 玉川店

いや、是非この店で今期初冷やし中華を華々しくスタートしたいと思ったわけではない、むしろ昨年の記憶は芳しくなかった。
ただただ、ロケーション的な理由、単に近場で済ませたというだけのことだ。

京都 餃子の王将 玉川店

ビールと餃子を、冷やし中華へのプレリュードとする。
ビールは好きじゃない銘柄のものしかなかったが、まぁ餃子のお供としては許容できる(ビールそのものを美味しく楽しみたいという場合には許容できない)。

京都 餃子の王将 玉川店

冷やし中華は、去年とは違った。
盛り付けが、ずいぶんキレイだ……去年は雑だった。
それだけで嬉しい、冷やし中華は目で見て楽しむという要素も、俺には大事なのよ。
そしてまた、去年は“冷麺”として提供されていたが今年は“冷やし中華”として出されている。
これもまた、俺はこだわりたい点なんだよね、やっぱ“冷麺”と“冷やし中華”とは違うものじゃん、俺が求めてるのは冷やし中華なのよ、ってね。

加えて、去年は店の衛生面が気になっちゃったんだけど、改善されていた。
特に気になった“洗い桶に伏せて置いてあるコップにセルフで水を注いで、このコップは洗ってあるに違いないはずだと思っても水を飲むのに勇気が要った”って部分が変わって、よく冷えた清潔そうなコップに注がれた水がスタッフから提供された。
この変化は嬉しい、もしかしてコロナ禍のせいで良い方向に変わったのかも。

総じて、去年とは違って、とても良くなった。
今期初冷やし中華を、楽しめた。

およそ1年ぶりにこの店に行ったのは2020年05月23日

<初回投稿:2019年05月19日>
冷やし中華が好きなのでゴールデンウィーク明けくらいから冷やし中華がそろそろ食えるシーズンだよなと胸が高鳴る。

京都 餃子の王将 玉川店

昼時にJR野田駅辺りでぶらぶらしていて、「京都 餃子の王将 玉川店」の店先で様子を伺った。
中華の店なんだから冷やし中華あるんじゃないか、もう“冷やし中華はじめました”なのではないか、と。
それはそうと、こちらの店舗はいわゆる“京都王将”なんだね。
九州育ちの俺には“京都王将”は普通に「餃子の王将」だ。
いわゆる“大阪王将”というのは近年になってショッピングモールなどに出店して、そう馴染みのない存在なのよね。
関西ネイティブにとっては“京都王将”と“大阪王将”の違いは大きな問題なのだろうか、なんて考えたりしてみたが、俺にはどうでもよくて冷やし中華が食えるかどうかにしか関心がなかった。

京都 餃子の王将 玉川店

冷やし中華を出しているという貼り紙があった。
よし、冷やし中華が食える、冷麺と呼称されているが。
京都か大阪の違いは興味ないが、冷やし中華と冷麺の違いは俺にとって大きな問題である。
俺が好きなのは冷やし中華なのであって、韓国冷麺とか盛岡冷麺とかではない。
だが大阪では冷やし中華のことを冷麺と呼んでいるケースが多いように体感している。
この店の貼り紙はビジュアルで冷やし中華であることが判断できるのでとても良い。

京都 餃子の王将 玉川店

そんなこんなで、今季初冷やし中華。
とりあえず盛り付けが雑。
ツユは爽やかな酸味は良いが、甘さがもうちょい欲しかった。

それはそうと店が……俺は飲食店について衛生面をどうこう言うことは稀だと思うんだけど……衛生面でどうかなぁと思ってしまった。
洗い桶に伏せて置いてあるコップにセルフで水を注いで、このコップは洗ってあるに違いないはずだと思っても水を飲むのに勇気が要ったし、提供された冷やし中華をの皿を手にしたら皿の裏に何かがこびりついているように感じた。
なので、今季初冷やし中華は、華々しい幕開けとはならなかった。
そのせいで、今季は冷やし中華への渇望が強まる気がする。

↓「食べログ」での店舗情報

餃子の王将 玉川店餃子 / 玉川駅野田駅(JR)野田阪神駅

なぜ熊本ラーメン「都そば 福島店」大阪市福島区福島

江戸堀で単発の仕事を終えて、昼メシなど食おうと飲食店を眺めながらぶらぶら歩いてたら福島。
福島にはオサレな店があるのかしらとうろうろしてたら、「都そば」。

都そば 福島店都そば 福島店

以前は“東京でいうところの「富士そば」的なポジションかな”って思ってたけど、大阪に常駐しはじめてから逆にあんまり見かけないなぁと感じていた「都そば」。
こちらの店舗は「都そば 福島店」。

都そば 福島店

せっかく通りすがったし、そばでも食うか……と思ったが、なぜかラーメンが推されていた。
しかも、熊本ラーメン。
関西の立ち食いそばチェーンで、なぜ熊本ラーメン……。

都そば 福島店

注文してみたよね。
食ってみたら、まぁ熊本ラーメンっぽいよね、焦がしマー油もね、それっぽい……が、なにかが違う。

都そば 福島店

違和感は、具だな。
メンマって熊本ラーメンに乗ってる印象がないんだよなぁ……きくらげ、きくらげ乗ってないなぁ。
スライスした茹で玉子、きくらげ。
それらが乗ってないと、あんまり熊本ラーメンって感じしないね。

この店に行ったのは2020年02月08日
↓「食べログ」での店舗情報

都そば 福島店そば(蕎麦) / 福島駅新福島駅中之島駅

安いし飲める町中華「中華 信さん」大阪市福島区大開

満足できない天津飯を食ってしまった翌日、天津飯を求めて出かけた。
満足できなかった店の近くに、また別の中華屋さんがあったなと。

中華 信さん中華 信さん

とっ散らかった店先が、やる気がないのかなって感じさせる「中華 信さん」。
ビールケースやダンボール箱が片付いたとしたら、逆に飾りっ気がなさすぎる外観になるのかも。
まぁ、肩の力が抜けてる感じで、好みの店構えだ。

中華 信さん

店先にメニューの案内があって、見るといろいろ安い。
サービスメニューのマーボー豆腐、650円が430円だって、けっこうな値引き。
また、390円のミニメニューが豊富で嬉しい。
そして、そのミニメニューとビール大瓶で780円のセットってのも嬉しい。
やる気あるなぁ。

中華 信さん中華 信さん

ミニ春巻と瓶ビールをセットで。
ビールはキリンではあるが一番搾りなのがちょっと残念。
春巻は思ってたのと違った……玉子焼き春巻って感じのもので、俺が想像したのとは違う。

中華 信さん

祝日の正午過ぎ、店はけっこう忙しそうだった。
忙しそうな合間に、スタッフが交代でカウンター席でまかないを食っていた。
そういう空気、好き。
店員が営業時間中に客席で食事をするなんて、と不快に感じるような人種も世の中にいるんだろうが、そんなのはまったく馬鹿げている。

それはそうと、俺は天津飯を求めてきたのだ。

中華 信さん

この店の天津飯は、けっこう満足した。
カニとかカニカマとかエビなんかは入ってなかったが、まったく具がないというわけじゃなかったし、餡はどっぷりで“天津飯を食ってる”という気持ちがちゃんと得られた。
また、500円だったかな、安いのも良かったな。

天津飯は別としても、この店は町中華飲みに使えるって感じだね。

この店に行ったのは2020年01月13日
↓「食べログ」での店舗情報

中華 信さん 野田店中華料理 / 野田阪神駅海老江駅野田駅(阪神)

天津飯とは「北京飯店」大阪府大阪市福島区大開

どこかで昼メシを食おうと、ふらっと出かけた。
ふらふらと歩いているうちに、そういえば気になってる中華屋さんがあったなと。

北京飯店

なんとなくチープな雰囲気の外観、「北京飯店」へ。
こういう、なんというか気合いの入っていない感じの外観は好きだ。

北京飯店

ビールなど飲むかと思ったが……高いな。
大瓶700円って、だいぶ高くねぇか。

北京飯店

飲むのはやめといて、純粋に食事をしよう。
食いものは高くないね。
よし、天津飯でも食ってみるか。

北京飯店

今までの人生で、天津飯というものを食った記憶は、しっかりとはない。
どういう品なのかは知ってるが、食ったことあるんだっけ好きなんだっけ嫌いなんだっけ、程度の認識しかない。
気紛れで、注文してみた。

北京飯店

かなり待って、ようやく天津飯550円也が提供された。
奥の小上がりで昼間から結構な人数の宴会が催されていて、そちらのオーダーをさばくのにリソースが割かれていたのだろう。

天津飯は、具材が見当たらない卵だけの、餡もたっぷりとは言えず、白飯の上に玉子焼きがのって餡がかかっている、というものだった。
いや、白飯の上に玉子焼きがのって餡というのが天津飯の主要な構成要素であり、それで十分に天津飯の定義は満たすんだろうけど、こちらで食ったものは天津飯という一体感を感じられないものだったんだよ。
ああ白飯を食ってるな、と感じてしまう時間帯が長かった。

満足できなかった、そして俺に天津飯への執着が芽生えた。

この店に行ったのは2020年01月12日
↓「食べログ」での店舗情報

北京飯店中華料理 / 野田阪神駅海老江駅野田駅(阪神)

【閉店】外観や内装はいい感じ「山銀食堂」大阪市福島区吉野

<追記:2020年01月25日>
たまたま店の前を通りすがったら、閉店してた。

山銀食堂

この店の閉店を確認したのは2020年01月18日

<初回投稿:2019年04月07日>
野田の商店街にある「山銀食堂」は、以前から店構えが良いなぁと気になっていた。

山銀食堂

なんだか庶民的かつ堂々としてるよなぁ。
なにしろ看板が良いね。

山銀食堂山銀食堂

店先のメニューサンプルもいろいろ豊富に飾ってあって、眺めて楽しい。
和食も洋食も、ちょっと聞いたことないような麺類もある。
が、おしなべてあんまり安くはないなぁとも感じるけどね。

山銀食堂

店内にはたくさんのテーブル席が配置されている。
調味料などが、中空に浮いてて、なんとなく愉快。

山銀食堂

木製のテーブルで、木の椅子で、天井はなんだか山小屋みたい。
なんというか、昔はロードサイドにこういう“峠の茶屋”的なメシ屋ってあったよね、というようなノスタルジーも感じちゃったりする味わいがある。

山銀食堂山銀食堂

カツ丼を注文、味噌汁おしんこ付き850円也。
そのカツ丼は、玉子に火が入り過ぎちゃってて、あまり火の通ってないネギが多くてちょっと苦手で、カツの肉は硬くてコロモは剥がれまくり……と、これちょっと850円だと嬉しくないかもって残念に思った。
あ、それと禁煙なんで“飲める食堂”としても使えなくて残念。

でもまぁ家族連れとかお年寄りが集っていて、地域で人気の食堂なんだろうなと思った。

↓「食べログ」での店舗情報

山銀食堂定食・食堂 / 玉川駅野田駅(JR)野田駅(阪神)

最近書いた記事


カテゴリ


プロフィール

どうも、割った鍋です。
食べたり飲んだり、飲んだり。
九州在住、大阪常駐。

大衆酒場、立ち飲み屋、酒屋の角打ちが好きです。

重度の喫煙者であり、昼酒を好むという、社会的にちょっとアレなオッサン。

2014年9月24日開設


割った鍋へのメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索


リンク

各地の飲み屋情報を発信しているサイトをリンクさせてもらってます

<全国>
「立ち呑み@酒店」
全国の酒屋の角打ち、立ち飲み屋についての情報がエリア別に掲載されている
「激渋食堂メモ」
日本あちこちに今も残る、渋くて味わい深い大衆食堂を地域別に紹介しているサイト

<関東>
「居酒屋礼賛」
東京の情報には限らないのだが都内の味のある酒場の情報が豊富で魅惑的かつ地域別インデックス便利
「酔(すい)のどうでしょう?」
東京都内の居酒屋・大衆酒場・古典酒場・立ち飲み・センベロ酒場を飲み巡るブログ

<東海>
立飲み人生劇場
更新が停止していて残念だけど名古屋の魅力的な立ち飲み、角打ちできる酒屋の情報が

<関西>
「日本全国B級グルメぐるぐる紀行」
関西各地の味のある酒場を詳しく紹介してくれる指針になる情報量
「関西女のプチ日記」
他のどこにも載ってないような素敵なディープ飲み屋情報満載の関西酒場ガイダンス
「やまでらのぶらりグルメ&ぶらり日記」
行きたくなる飲み屋がたくさん紹介されてる関西飲み屋巡りの強い味方
「カンクロが行く」
大阪府のローカルなとこまで行く。日記のような数行のセンテンスに静逸なセンスを感じる
「関西安酒場」
更新が止まっているようで残念。バス路線沿いの酒屋などまで簡潔ながら貴重な情報

<九州>
「黒崎~小倉@北九州の居酒屋&BARを制覇せよ!」
ネット上に情報の少ない北九州の酒場を紹介してくれる有り難いサイト

このブログをリンクに追加する
リンクフリーでございます(^ヮ^)

【広告】Advertisement