確かにお値打ちメニューだった「串道場 錦糸町店」東京都墨田区江東橋

更新をサボっていた時期の積み残し……この店に行ったのは2019年1月半ばの土曜の昼。

マグロが気になっちゃって、うっかり迷走しちゃった。
迷走したというのは俺が悪くって、なにも店は悪くない。

串道場 錦糸町店

派手だし、いかにもチェーン店っぽい外観の「串道場 錦糸町店」。
いつもならスルーするタイプの店だが。

串道場 錦糸町店

店頭タペストリーで『マグロ升盛り』なるものが名物としてアピールされていた。
それが期間限定で通常380円のところ200円だと。
これはお得なんじゃないのと思い、ふらりと店内へ。

串道場 錦糸町店

看板に偽りなし、写真と同じように升に盛られたマグロが出てきた。
これ、お値打ちだよね200円ってさ。

そこまでは良かったんだけど、そのあと迷走した。

マグロにはポン酒、それから……と、酒を飲み続ける展開に繋げられそうなアテがなかった。
そもそも串揚げの店だから揚げものメインで、日本酒に合うようなメニューが乏しいのよね。

串道場 錦糸町店

じゃあ日本酒じゃなくウーロンハイ……。

串道場 錦糸町店串道場 錦糸町店

そして、特価のサービスメニューだけしか注文しないのもアレだし、串揚げの店だし串を注文しないのもアレだな串を何本か注文。
串にはビールだろ……マグロと串揚げの組み合わせって……ちぐはぐで、いろいろ噛み合ってない。
なんだろう、己の思慮の浅さと決断力のなさで迷走してしまった。
これはまぁ完全に自己責任で、店はなんにも悪くない。

↓「食べログ」での店舗情報

串道場 錦糸町店居酒屋 / 錦糸町駅住吉駅菊川駅

錦糸町スタンダードなのかもね「馬力」東京都墨田区江東橋

更新をサボっていた時期の積み残し……この店に行ったのは2019年1月半ばの土曜の昼前。

錦糸町で、錦糸町らしい酒場で飲もうと「馬力」という店に入ってみた。

馬力

この店の利用は初めてだが、ネットの情報によると人気店のようだ。
錦糸町で人気ということは錦糸町らしい店なんだろう、などとアバウトなことを思っての選択。

馬力

うむ、なかなか味わい深い店内。
なかなか盛況、テーブル席に相席って感じで居場所を得た。

馬力

ビール……は、俺の嫌いな銘柄しかなかった。
残念。

馬力

食物は、いろいろあったが……おしなべてそんなに安くはないと感じた。
たっぷり木の子の肉豆腐、だったかを注文。
ああ、具沢山だし美味しい……けど酒のアテってより食事みたい。

昼からやってて、オッサンだらけで、タバコが喫えて、店内では競馬の中継。
それらの要素が錦糸町らしいなと感じて、この店は錦糸町スタンダードって言えるかもねと思った。

↓「食べログ」での店舗情報

馬力 錦糸町本店焼き鳥 / 錦糸町駅住吉駅菊川駅

予想以上に素敵な飲み屋だった「小松」東京都墨田区江東橋

絵になる店構え、錦糸町「小松」。

小松小松

燻んだタイル張りの壁を這う配管、煤けた暖簾が良い。
店先はビニール張りで、なかなかの客入りで賑わってそうな様子が窺える。
ちょっと、入りにくい感じの雰囲気が漂ってはいた。
でも、こういうう風情が好きなのよね。

小松

錦糸町は、あらゆる酒場で競馬中継が流れているようで、こちらもそうだった。
客層もほぼほぼ競馬好きで間違いない感じで、だいぶ席も埋まっていたが、なんとか端っこに陣取ることができた。
競馬に興味がない俺は、ここでは異分子であるから端っこが相応しいな。

小松

マグロブツ、350円。
なんだかすごい、値段の割にすごく立派。
外観に惹かれて、場末感を期待して立ち寄ってみただけなのに、ここは意外に料理が素敵な店なのか。

小松

酒の提供スタイルも素敵で、プレーンチューハイを頼んだら中身と炭酸と別々に出てきた。
しかもカナダドライのクラブソーダってのが素敵。

予想以上に、素敵な飲み屋だった。

↓「食べログ」での店舗情報

小松居酒屋 / 錦糸町駅住吉駅菊川駅

安くて品がなくてサイコーだな「ちばチャン」東京都墨田区江東橋

錦糸町は初めてだったが、すごくいいなと思った。
日曜の昼間から飲める店が多そうな町に、と行ってみたのだが期待通りだった。

ちばチャン

この町ではあちこちの飲食店の店先に、競馬中継をやっているというアピールがあるのが面白い。
俺はギャンブルをやらないので競馬も興味はないが、競馬好きのオッチャンが集う店の空気は嫌いじゃない。

飲める店は豊富にあって、なかでも下品な色使いで目立つ店構えの「ちばチャン」に惹かれた。

ちばチャンちばチャン

もっと渋い、競馬ジャンキーがたむろしてそうなハードコアな店もあったが、まずは錦糸町ビギナーとしてはこのくらいが丁度いいかもなと思わせる立ち寄りやすさがあるね「ちばチャン」。

ちばチャンちばチャン

生ビールを飲みながらメニューを眺めると、酒のアテの品書きが競馬の出走表(?)に見立ててあって、どこまで競馬脳なんだと呆れつつも可笑しい。
それにしても、いろいろ安い。

ちばチャンちばチャン

煮込み190円、カンパチ290円(いずれも税別)、これが錦糸町価格なのか……安いね。
安いが、安かろう悪かろうでもなく、けっこうちゃんとしている。

ちばチャンちばチャン

ホッピーって普段は飲まないんだが、ここではホッピーが似合うなと思った。
俺は九州育ちだからホッピーというのは馴染み深いものじゃなくて、どこか“観光名物”みたいに捉えている。
あれは東京の下町でこそ飲むべきものだ、みたいな思い込みがあるわけだが、錦糸町はホッピーを飲むのに良い町だなぁと感じた。
なんかこう、整理される前の10数年前の浅草六区あたりの空気がある気がするね錦糸町って。
いいな、錦糸町。

↓「食べログ」での店舗情報

大衆酒場 ちばチャン 錦糸町店焼き鳥 / 錦糸町駅住吉駅菊川駅

あのスカイツリーとかいうやつの近くにこういう店が在るというのが東京の素晴らしさだなとさえ思う「菊屋」墨田区向島

2015年12月08日、俺は朝から横浜から川崎を経て都内へと移動した。
関東飲み歩きの最後の日で、午後には成田から安っすいLCCで地元に帰らねばならない日だった。
そうであっても、朝から飲める店があって飛行機の時間まで手持ち無沙汰にならないのが関東や関西の素敵なところだ。
俺には、ぜひとも寄りたい店があった。

菊屋

東京スカイツリーってやつを眺めた。
もちろんそれを見たかったわけじゃないんだな。
とうきょうスカイツリー駅から歩いてすぐのところに、前日26:30から、すなわち当日早朝02;30から開店の店があるって情報をネットで拾っていた。
「菊屋」という店。

菊屋

とうきょうスカイツリー駅の周囲は、とってつけたように誂えられた観光客しか来ないような温いスポットであったが、そこから数分歩くと、昔ながらの生活感に溢れた庶民エリアだった。
そこに「菊屋」は、たぶんずいぶん昔から在るんだろう。

菊屋菊屋

なんかもう、外観がたまらない魅力。
飲み屋というわけではなく、深夜にメシが食える店なんだなというのが貼紙から判る。
26:30からメシを食いたいという需要が、そりゃ東京ならあるよね。

菊屋

ところで、とにかくカレーをプッシュしてるんだなぁ。
カレーについての貼紙が何種類も貼ってある。
ま、俺は酒を飲みに来たのだが。

店内は、土間で、安いテーブルと椅子が並んで、安っぽい食堂然としていた。
そして暖かかった。
石油ストーブがたかれていた。

オッチャン店主が迎えてくれて、俺は独り客だからカウンター席を求めるところだがカウンターはないのでテーブル席に座った。

菊屋

独りでテーブルに座るのは客の回転率を下げることになると思い普段は避けるのだが、俺が立ち寄った平日10時台に、そんなに先客はなかったし、いいかな。
線先客はみな常連のようで、小上がり近くのテーブルのほうに集まっていたので、邪魔にはならないようだったし、先客の客層を見ると今からランチタイムに向けて混む店ではないようにも思えたし。

菊屋

まずホッピーをお願いして、ひとごこちついた。
こういう、東京の昔ながらの下町の庶民の店ってところで飲んでこそ、ホッピーはうまい。
そう思うのは、俺がホッピーに馴染みがない九州の人間だからかもね。

菊屋

アテに、肉豆腐を。
東京で肉豆腐つったら牛肉だろと思ったら、予想外に鶏肉だった。
でもうまいんだなこれが。
そんで、酒のアテにと思ったのに予想外にたっぷりなボリュームだった。
うん、ここはメシ屋なんだなぁ。

菊屋

(鶏)肉豆腐の量が多いので、ホッピーの中をおかわり。
そうやって腰を落ち着けると、オッチャン店主とも会話を交わす。
気取りのないオッチャンだ。
店内を撮っていいか訊くと快諾してくれた。

菊屋菊屋

とても、味わい深い、あちこち細部まで。

菊屋

パシャパシャ撮っていると、こっちも撮ればと言われた。
小上がりで、勤務を終えて此処で飲んで寝てしまっているタクシー乗務員があって、その様子を撮れとオッチャン店主が言うのだが、それはさすがにプライバシーとか個人の肖像権がアレなのでやめておいた(笑)。
それはそうと店内はストーブで暖かいと書いたが、あまり換気が良くなくてストーブ燃焼臭がしていて、寝ているタクシー乗務員は一酸化炭素中毒になりやしなかと少し心配になったが、まぁ平気だろう。

ストーブ燃焼臭よりも、カレーの匂いのほうが強くて魅力的だった。
外にさんざんカレーの貼紙があったが、店に入ると同時にカレーがいい匂いだ、食いたいなという気持ちになっていた。
飲みに寄ったんだからからカレーはいいやと思っていたが、その誘惑には抗し難かったね。

菊屋

カレーを頼んだ。
ぼってりとした、家でハウスとかS&Bのカレールーを使って作るようなカレーだった。

菊屋

これが、ものすごくうまかった。
貼紙で、やたら“辛い”とアピールされていたが、実際なかなか辛かった。
ところでカレーには豚肉がはいっていて、予想外だったな。
具沢山で、基本的に素朴な味だが、じっくり美味しさが煮込まれたようなカレーだった。
カレーライス、これが300円だ。
なんて素晴らしい。

そんなこんなで、長居した。
ちょっと寄って様子を見て酒をひっかえるだけのつもりだったのにね。

店内BGMに、CSだかケーブルTVだかのカラオケチャンネルの伴奏だけのんかだかなにかが流れていて、そういう、どうでもいい感じも居心地が良かった。
けっこう話好きのオッチャン店主もウェルカムに迎えてくれたし、先客常連諸氏も距離感を保って絡んでくれる
空気だったのも心地よかった。
店そのものの佇まいも魅力があり、また此処がスカイツリーとやらの至近にあることも異空間な感じもして楽しい。

とても良い店だ。
実は、今回の関東飲み屋りで、ここが一番好きになった。
またきっと、必ず立ち寄りたい。
本当に素晴らしいよ、「菊屋」。

【広告】Advertisement


↓「食べログ」での店舗情報

菊屋定食・食堂 / とうきょうスカイツリー駅押上駅本所吾妻橋駅

最近書いた記事


カテゴリ


プロフィール

どうも、割った鍋です。
食べたり飲んだり、飲んだり。
九州在住、大阪常駐。

大衆酒場、立ち飲み屋、酒屋の角打ちが好きです。

重度の喫煙者であり、昼酒を好むという、社会的にちょっとアレなオッサン。

2014年9月24日開設


割った鍋へのメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索


リンク

各地の飲み屋情報を発信しているサイトをリンクさせてもらってます

<全国>
「立ち呑み@酒店」
全国の酒屋の角打ち、立ち飲み屋についての情報がエリア別に掲載されている
「激渋食堂メモ」
日本あちこちに今も残る、渋くて味わい深い大衆食堂を地域別に紹介しているサイト

<関東>
「居酒屋礼賛」
東京の情報には限らないのだが都内の味のある酒場の情報が豊富で魅惑的かつ地域別インデックス便利
「酔(すい)のどうでしょう?」
東京都内の居酒屋・大衆酒場・古典酒場・立ち飲み・センベロ酒場を飲み巡るブログ

<東海>
立飲み人生劇場
更新が停止していて残念だけど名古屋の魅力的な立ち飲み、角打ちできる酒屋の情報が

<関西>
「日本全国B級グルメぐるぐる紀行」
関西各地の味のある酒場を詳しく紹介してくれる指針になる情報量
「関西女のプチ日記」
他のどこにも載ってないような素敵なディープ飲み屋情報満載の関西酒場ガイダンス
「やまでらのぶらりグルメ&ぶらり日記」
行きたくなる飲み屋がたくさん紹介されてる関西飲み屋巡りの強い味方
「カンクロが行く」
大阪府のローカルなとこまで行く。日記のような数行のセンテンスに静逸なセンスを感じる
「関西安酒場」
更新が止まっているようで残念。バス路線沿いの酒屋などまで簡潔ながら貴重な情報

<九州>
「黒崎~小倉@北九州の居酒屋&BARを制覇せよ!」
ネット上に情報の少ない北九州の酒場を紹介してくれる有り難いサイト

このブログをリンクに追加する
リンクフリーでございます(^ヮ^)

【広告】Advertisement