しみじみ普通に良い飲み屋だなぁ市民酒場「諸星」横浜市神奈川区新小安

2015年12月07日、桜木町から電車に乗って新小安へ。
横浜独自の、市民酒場と呼ばれる酒場のひとつを目指して。

諸星

「諸星」という店だ。
かなりくたびれた暖簾には、市民酒蔵と大書してあるね。
場所はJR新子安駅の目と鼻の先、京急新子安駅の隣というような一等地と言えるロケーションだが、まったく駅前再開発の波なんかに飲まれず昔から変わってないんだろうと思わせる姿。

諸星

駅前周辺を少し歩いてみたんだけど、「諸星」がある駅の南側は全般的にあんまり開発されてない印象。
すぐ近くに第一京浜と首都高速が走っていて、その向こうは工業地帯のようだ。
駅の北側が、街として商店とか住宅とか開けているのかな。
そういう地理的なものがあって、「諸星」は昔のままで残っていられている、ということなのかも。

さて、「みのかん」に次いで2軒目の市民酒場を味わおうと引き戸を開けて店内へ。

諸星諸星

ああ、いいねこの感じ。
昔の酒場っていう雰囲気だ。

コンクリの土間で、左手に長いカウンターがあって右手にはテーブル席で、テーブルも椅子も木製で飾りっ気なく生真面目に垂直に立つ椅子がいい。
カウンターは、それはもう沢山の酒飲みの手によって撫で擦られたんだろうなという味わい。
うん、カウンターのほうが魅力的だなぁ、もっとも独り酒だからおのずとカウンターに座るんだけどさ。

諸星

目の前の壁には品書きの短冊が色とりどりに。
酒もアテも、メニュー豊富なんだね。
短冊の後ろには酒瓶が隠れて並んでいて、ポン酒もいろいろ揃うんだ。

諸星

まずホッピー300円也で喉を潤した。
そんで、アテをどうしようかと考えたんだけど。
ところでこちら、由緒ある市民酒場なんだなぁという趣も感じるし店内には古さゆえの味わい深さもあるんだけど。
同時に、なんというか良い意味で普通の飲み屋って雰囲気もあるんだよね。
なんかこう、いえいえ格式ある伝説の酒場なんかじゃないですよ、ただの庶民の居酒屋なんですよ、というよう空気って言えばいいのかなぁ。
気負いのない風な大将で、フロアは若い女の子が担当してて、テレビなんかあったりして。
俺なんかみたいに余所から来た奴は“うぉ〜横浜の市民酒場〜”なんて妙な勢いと覚悟で訪れちゃいがち、かなって思うんだけど、そうじゃないよなーって。
で、まぁそんなわけでアテになんか渋い一品をなんて酒場の通を気どるような気色悪いこと考えてたんだが。
考えを改めました。

諸星

シウマイ。
せっかく横浜に来てっし、いっぺんくらいシウマイ食っとくかって軽いノリで。
うまかったよ。

そういえば横浜だしっていうか関東だし、九州ではお目にかからないものがあったな。
キンミヤ焼酎。
九州でもホッピー飲める店はずいぶん増えた感覚があるが、キンミヤは俺は見たことないな。
見たことないから飲んだこともない……少なくとも意識的にはね(サワーとかで気づかず飲んでるとも思うが)。
せっかくだからキンミヤ飲もう。

諸星

大将にどう飲めばいいのか訊くと、割梅ロックをオススメしてくれた。
ロックと、別に梅エキスの瓶が。
好みで味を按配できるってわけね。
うん、なかなかいいんじゃないのこれ300円也。

諸星

海苔をアテにおいしくいただきました。

なんかね、しみじみ良い飲み屋だね、気楽でね。
市民酒場の看板背負ってます、みたいのが不思議なほどになくってね。
そんな感じだからこそ、愛されて長く続いてるんだろうなぁって思うよ。

【広告】Advertisement


↓「食べログ」での店舗情報

市民酒蔵諸星居酒屋 / 京急新子安駅新子安駅子安駅

これが市民酒場というものなんだねという感慨「みのかん」横浜市神奈川区青木町

2015年12月07日の朝、俺は横浜でその日の飲み歩きを開始した。
前日は阪東橋駅界隈と野毛で徘徊した。
今日は黄金町駅から京急本線で神奈川駅へ。

横浜には、目的が2つあった。
阪東橋駅の辺りには角打ちできる酒屋が密集しているようだから、それはちょっと行ってみたいなというのがひとつ。
もうひとつは、横浜市独自の飲み屋文化であるらしい“市民酒場”というみたいというものだ。

九州に住んでる俺には耳慣れない“市民酒場”という響きは、なんだかとても魅力的だ。
大衆酒場ってものが好きで東京で何軒か訪れたが、都内では“市民酒場”というものには出会わなかったし、これは横浜に行かなきゃ味わえないものなんだなぁ。
そうなると“市民酒場”を目的に横浜へ行ってみる価値があるなと思った。

横浜市には、3軒が現存しているようだった。
そのひとつを目指しての、神奈川駅。

みのかん

わぁー、神奈川駅って小さいのね。
県の名前がついてるんだから大きい駅かと思ったよ。

駅からしばし、駅前商店街などない単調な道のりを歩く。
頭上に高架が走る第一京浜って大きな道路に出て、しばらく道路沿いに歩いて川の手前で脇道にちょいと入ると、目的の店があった。

みのかん

「みのかん」という店だ。
なんという佇まいだ。
一目で、うわぁ来た甲斐があったわと感じた。

みのかんみのかん

そう大きくない川の傍に静かに佇んで、長い時の流れが染み入っているような外観。
看板にも暖簾にも屋号とともに“市民酒場”との表記があって、ああ来たんだなぁという、これがそうか市民酒場なんだなぁという感慨がある。

店内は静かにノーゲストだった。
まだ11時台というのは客が訪れる時間帯ではないようだった。
ガラガラと引き戸を開けたら土間で、左手にテーブル席と右手にカウンター。
店はオジイサン大将が一人でやっているようで、くわえタバコ……いや煙草と表記したほうが雰囲気に合うな……で迎えてくれた。

みのかん

カウンター席に座って、まずビール。
キリンラガー瓶があって嬉しい。
ビールといっしょに突き出しで、じゃがいもと厚揚げを煮たのが出てきた。

みのかん

じゃがいもと厚揚げを煮たのっつーか、おでんかな。
辛子をたっぷり使えて嬉しいね。

カウンターの奥のバックバー、というか棚には、あんまり見かけないウイスキーが並んでいた。
オークマスターといウイスキーで、これは地ウイスキーかなと思ったが後で調べたらキリンが売ってるんだね。
もともとメルシャンが造ってたウイスキーだが、メルシャンはキリンに買収されたからね。

みのかん

珍しいなと思って、オークマスターを注文してみた。
クセを感じるウイスキーだが、初めての市民酒場経験の趣が深まった気がしたよ。

みのかん

この店はBGMがなく無音で、おじいさん大将は寡黙だ。
だから静かな時間が流れるが、手持ち無沙汰だったり疎外感を感じるということはなかった。
ただ黙って酒を飲んでるだけでも、じわじわ楽しいという感覚があったな。

みのかんみのかん

ビールとオークマスターを交互に飲みつつ、アテにトマトを注文してみた。
切って皿に盛られただけのトマトは、瑞々しく赤く鮮やかで、たっぷりの塩の白とのコントラストが美しい。
もう関東飲み歩きの4日目で、連日の飲酒でだいぶ身体が濁ってる意識があったが、トマトを食ったらリフレッシュされたような気がした。

初めて市民酒場というものに行ってみて、その由来を聞いたり市民酒場らしさを味わった、というわけでもなかった。
が、ただただこの「みのかん」って店は、しみじみ良い酒場だなぁと、来て良かったなぁと思ったよ。
“渋い”とか“昭和の”とか、いろいろ飾りをつけて褒め称えることもできるだろうが、そんなこと言う必要なんかないやと思った。

【広告】Advertisement
  

↓「食べログ」での店舗情報

みのかん居酒屋 / 神奈川駅反町駅仲木戸駅

最近書いた記事


カテゴリ


プロフィール

どうも、割った鍋です。
食べたり飲んだり、飲んだり。
九州在住、大阪常駐。

大衆酒場、立ち飲み屋、酒屋の角打ちが好きです。

重度の喫煙者であり、昼酒を好むという、社会的にちょっとアレなオッサン。

2014年9月24日開設


割った鍋へのメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索


リンク

各地の飲み屋情報を発信しているサイトをリンクさせてもらってます

<全国>
「立ち呑み@酒店」
全国の酒屋の角打ち、立ち飲み屋についての情報がエリア別に掲載されている
「激渋食堂メモ」
日本あちこちに今も残る、渋くて味わい深い大衆食堂を地域別に紹介しているサイト

<関東>
「居酒屋礼賛」
東京の情報には限らないのだが都内の味のある酒場の情報が豊富で魅惑的かつ地域別インデックス便利
「酔(すい)のどうでしょう?」
東京都内の居酒屋・大衆酒場・古典酒場・立ち飲み・センベロ酒場を飲み巡るブログ

<東海>
立飲み人生劇場
更新が停止していて残念だけど名古屋の魅力的な立ち飲み、角打ちできる酒屋の情報が

<関西>
「日本全国B級グルメぐるぐる紀行」
関西各地の味のある酒場を詳しく紹介してくれる指針になる情報量
「関西女のプチ日記」
他のどこにも載ってないような素敵なディープ飲み屋情報満載の関西酒場ガイダンス
「やまでらのぶらりグルメ&ぶらり日記」
行きたくなる飲み屋がたくさん紹介されてる関西飲み屋巡りの強い味方
「カンクロが行く」
大阪府のローカルなとこまで行く。日記のような数行のセンテンスに静逸なセンスを感じる
「関西安酒場」
更新が止まっているようで残念。バス路線沿いの酒屋などまで簡潔ながら貴重な情報

<九州>
「黒崎~小倉@北九州の居酒屋&BARを制覇せよ!」
ネット上に情報の少ない北九州の酒場を紹介してくれる有り難いサイト

このブログをリンクに追加する
リンクフリーでございます(^ヮ^)

【広告】Advertisement