センタープラザから移転復活「ファミリーばんざい健康食堂」ほろ酔いセット健在

<追記:2020年05月23日>
あいかわらず、熊本市において「ファミリーばんざい健康食堂」は救いだ。
昼酒砂漠の熊本のオアシスだ。

ファミリーばんざい健康食堂ファミリーばんざい健康食堂

いろいろ情報を集めて、ようやく熊本市でも昼から飲める店が増えたのかな、と思ったこともあった。
が、実際に行ってみると閉まってるじゃねぇか、休んでるじゃねぇかって店がいくつもあった。
間違いなく昼から飲めるのは、「福の屋」と、この「ファミリーばんざい健康食堂」と、あとほんの数件だ。

ファミリーばんざい健康食堂ファミリーばんざい健康食堂

久しぶりに訪れたのは2020年2月25日、変わりなく健在で嬉しい。
店先の張り紙に“令和も昼から楽しく呑めます”という、すばらしく頼もしいメッセージ。

ファミリーばんざい健康食堂ファミリーばんざい健康食堂

酒1杯とアテ2品で750円(税込)の“ちょい呑みほろ酔いSet”をお願いした。
生ビールはキリン一番搾り。

ファミリーばんざい健康食堂ファミリーばんざい健康食堂

アテはカラアゲ、ほうれん草のゴマ和え。
カラアゲはビールのために、ほうれん草のゴマ和えは追加注文した日本酒に合わせる。

ファミリーばんざい健康食堂

日本酒をチビチビやってる間に、鯖を焼いてもらう。
鯖が焼けて、日本酒をおかわり。

良い昼酒を楽しめた。
この店は、末長く存在していて欲しい。

<追記:2016年01月05日>
昼飲み対応が驚くほどにすっごくレベルアップしていた!
熊本市で昼飲みするなら、今ここがイチオシかも!

ファミリーばんざい健康食堂:外観ファミリーばんざい健康食堂:外観

店の前を通りがかったら、なにやら店先の情報量が増えていた。
ほろ酔いセットは以前からあるが、その他にもなにやら……近づいてよく見ると“三酒の神器”だと。

ふむ、酒が3杯飲める晩酌セット的なものか。
これは試してみねばなるまいと、時刻は16時台で晩酌の時間帯ではなかったが店へ入ってみると既に先客が2組あり、どちらも酒を飲んでいた。
良いね、この店は熊本では珍しく昼酒ウェルカムな店だ。

席に着き、店のオヤッサンにとりあえず“三酒の神器”を注文したい旨を伝える。
改めてメニューを確認。

ファミリーばんざい健康食堂:メニュー

酒3杯、アテ3点で1,500円という内容。
選べる酒は生ビール、ハイボールやサワーなどの他に、キリンラガーって書いてあるな。
これは、もしかして瓶ビールっていうことか?
アテは惣菜メインというか、ほぼ揚げものというラインナップ。
トンカツ、カラアゲ、ミニめんちカツと、ここはいっそ揚げもの大好き男子高校生みたいなトリオで攻めてみようかと(いい歳こいたオッサンなのに)考えていたら、店のオヤッサンが別のメニューも持ってきて酒のアテっぽい惣菜もあるよと案内してくれた。

ファミリーばんざい健康食堂:メニュー

ああ、ポテサラとか、煮物とかいいねぇ。
こちらもセットに絡ませて良いとのことで、アテの選択肢が豊富になった。
よし、じっくり考えよう。
まずビールを注文し、飲みながらアテをセレクトすることに。

ファミリーばんざい健康食堂:酒

キリンラガー瓶だ、嬉しい!
1,500円のセットに、瓶ビールが含まれるなんて素敵じゃないか。
だって酒3杯、アテ3杯、計6アイテムとしてざっくり1,500円を6で割ると250円なわけじゃん?
だからキリンラガー瓶が250円で飲めちゃうって計算になるわけで、これは破格にお値打ちだ。
ビールは小瓶じゃなく中瓶だよ、中瓶1本で500円以上に設定してるクソみたいな店もあるってのに、250円よ。
この時点でもう、俺はすっかり嬉しくなっていた。

ファミリーばんざい健康食堂:料理

ワンプレートでトンカツとミニめんちカツが出てきた。
おお、野菜が添えられているしケチャップ味スパゲチーまで付いてる!
お子様ランチっぽくて楽しい。

揚げものだけってのもアレなんで、あと1アイテムは煮込みにした。

ファミリーばんざい健康食堂:料理

鶏皮の味噌煮ホルモン風。
これが、酒飲み的には“当たり”だったね。
白味噌で、味が濃く、これは酒が進む一品だった。

キリンラガー瓶と、トンカツとミニめんちカツのプレートと、鶏皮の味噌煮ホルモン風。
これらが揃ったテーブル上は、ちょっとしたパラダイスだった。
さらに酒を、あと2回おかわりできる。
これで1,500円なんだから、納得の満足感だよ。

店のオヤッサンに、すごい豪華なセットですねと声をかけると、うんサービスだから……という答え。
気のせいか、その声には少しの寂しさが感じられたんだが、そりゃそうだよなぁ利益出るのかなって出血サービスだろうなって判るもん。

ビールを飲み干し、揚げものがあるので2杯目と3杯目はハイボールにした。
そしてまだ、鶏皮の味噌煮ホルモン風は温存していた。
この味噌煮は、ポン酒と一緒に楽しみたいなと残しておいたのだ。
“三酒の神器”セットのメニューにはポン酒の記載はなかったが、セットとは別にポン酒が注文できるか訊いてみた。

ファミリーばんざい健康食堂:酒

ポン酒あったよ、熊本の酒「れいざん」
徳利と猪口ってのが気分いいね。
この頃には、味噌煮の鶏皮の脂が冷えて煮こごり状になっていた。
それが、ポン酒にとても合うんだ。
煮こごりのようでいて、中には鶏皮がしっかり存在していて、もとから味が濃かったので冷めても酒が進む味。
この味噌煮は、非常にアテとしてのポテンシャルが高い一品だったね。

ファミリーばんざい健康食堂:メニュー

“三酒の神器”のセットの他に、なます、玉子焼き、角煮などなど酒のアテになる一品がいろいろあった。
俺は1,500円セットの価値の高さにすっかり気分よくなってたし、1,500円セットだけ注文されると店は赤字っぽいよなという気持ちもあったので、角煮を追加注文した。

ファミリーばんざい健康食堂:料理

ふぁー、立派な角煮じゃん。
そして、添えられたショウガがね、これ単体でも酒のアテになるような甘辛くピリリとしたもので。
これもまた満足度の高い品だったのよ。

そんなこんなで、素晴らしく充実した昼酒を楽しめた。
店に入るときは1,500円だけで済ませておこうと思っていたが、味噌煮が素晴らしかったのをきっかけにセットの他に追加注文してしまった。
それでも会計2,330円で、すごく納得価格。

店は、そもそもは食堂っぽくて、定食やカレーなんかがメインとしている。
だが間違いなく以前より酒を飲む客を意欲的に取り込もうとしているし、昼酒に対しても積極的な姿勢を感じる。
移転前のセンタープラザ時代からある“ほろ酔いセット”でサクっと飲むのもいいだろう、“三酒の神器”で腰を据えて飲むのもいいだろう。
またあるいは、セットでなく酒とアテを単品で注文して楽しむってのもアリだよな。
セットにしろ単品にしろ、昼間っから注文できるってのが、まず大きなベネフィットである点も強調しておきたい。
どんどん、酒飲み向けの店へと進化しているようで、俺はとても嬉しい。

この店は、昼酒砂漠熊本の、今もっとも熱い昼酒スポットだって気がするよ。

<初回投稿:2015年05月09日>
2015年3月末に惜しまれつつ閉鎖されたセンタープラザ
熊本のバス交通のハブ、交通センターの地下にあったショッピングプラザで、飲食店も何店舗かあった。
昼から注文できる「ほろ酔いセット」がある「ファミリーばんざい健康食堂」が、ちょっと好きだったんだよ。

センタープラザ閉鎖にともない閉店する際、別の場所で復活する予定だと店の人が言っていたので待っていた。
できれば4月下旬にとの話だったが、ようやく5月に入って復活してくれたよ。

ファミリーばんざい健康食堂:外観ファミリーばんざい健康食堂:外観

場所は、栄通り、観光地として有名になったキャサリン's BARの並び、隣の隣だな。

ファミリーばんざい健康食堂:外観

確かにセンタープラザにあった店だとわかるね。

店内は明るく新しく、センタープラザ地下だったときより広くてゆったり。

ファミリーばんざい健康食堂:店内

さっそく「ほろ酔いセット」はあるのかメニューをチェックする。

ファミリーばんざい健康食堂:メニュー

が、ちょっと見当たらない。
それはそうと以前よりアルコールが充実してるかな、とか思いつつ店の人に「ほろ酔いセット」あるか訊く。
あります、と嬉しい返答。

ファミリーばんざい健康食堂:ビールファミリーばんざい健康食堂:ほろ酔いセット

うん、これだ、以前と変わらぬ「ほろ酔いセット」だ。
生ビールと、枝豆と唐揚げで600円。
また会えて嬉しいよ。

熊本市繁華街で、昼からビールを飲みたくなったら「ほろ酔いセット」だ。
ちょっと小腹も満たせるし、なんならカツカレーとかガッツリ食ってもいいだろう。
移転復活が嬉しいぜ。

↓「食べログ」での店舗情報

ファミリーばんざい健康食堂定食・食堂 / 熊本城・市役所前駅花畑町駅通町筋駅

熊本にも正しい角打ちが現存してたんだなって嬉しい「古賀酒店」

<追記:2020年02月10日>
年明け4日に立ち寄った。

古賀酒店古賀酒店

この店は2020年も健在だ。
店のオバチャンは、相変わらず朗らかで元気そうで良かった。

古賀酒店

三が日は過ぎたが、まぁ正月気分って感じで、ちょっと良い日本酒を飲んだ。
この店が在ってくれていて、嬉しい。

<追記:2019年01月10日>
2019年も「古賀酒店」は健在。

古賀酒店古賀酒店

嬉しい。

<追記:2017年02月07日>
2016年の年末と2017年が明けてから、立ち寄った。

古賀酒店

熊本では貴重な正しい角打ちできる酒屋、ここが健在だと嬉しい。
店内に変化があった。
業務用の冷蔵ショーケースが経年により退役し、代わりに家庭用冷蔵庫が投入されていた。

古賀酒店

これはこれで、なかなか趣があるな。
棚も変わってたな。

古賀酒店

古賀酒店古賀酒店

量り売りの酒は通常は「香露」だが、こちらも変化があった。
いつもと違うのが飲めるのも、嬉しいね。

この店に立ち寄ると、熊本まで来て良かったと思える。
まだまだ元気で営業を続けて欲しいなぁ。

<追記:2016年05月05日>
地震後の健在を確認。

店舗は古いんで、心配していた。
まぁ熊本市中央区は大きな被害があったという報道は見聞きしなかったし、そこまで深刻に心配はしてなかったが。
しかし以前に台風で看板が吹っ飛んだと聞いてたんで、また酷い目にあってはいないかと気を揉んだ。

古賀酒店

世間ではGWという連休中だったが、普通に営業していた。
店内は、棚の上の古いボトル、杯、樽などが被害を受けていて、お気の毒に思うと同時に歴史が失われて残念。
あ、テレビもなくなってる。

報道される規模ではなくとも、多くの人たちが被害にあったんだなぁ。

それでも営業していてくれて嬉しい。
特にここは、熊本でおそらく唯一の正しく角打ちできる酒屋だから思い入れが深い。
健在で良かった。

<追記:2015年09月21日>
はじめて立ち寄ったのち、ちょこちょこ寄ってる「古賀酒店」。
熊本で俺が確認している唯一の、昔ながらの正調角打ちできる酒屋。

古賀酒店:外観

初めては夕方に立ち寄ったので常連客が何人もあったが、以降は昼下がりの妙な時間帯に寄るので先客のないことも。
俺は気まぐれに行ってるが、そもそも店的には何時から角打ちOKなのか気になって訊いてみた。
オバチャンとしては昼過ぎからかなと想定していたそうだが、9時過ぎから角打ちをしに来る客があるそうだ。
ふむ、ならば昼下がりとかでも遠慮なく立ち寄れるってわけだ。

古賀酒店:酒

この日は缶ビールと缶チューハイとチーズ1個。
俺の好きな銘柄のビールは500mlの缶しかなく350mlでは置いてない。
これからは500mlを飲むことにしよう。
あと生ビールがあることにも気づいたが、俺の好きな銘柄じゃないし角打ちでは缶とか瓶のほうが俺には気分だな。

古賀酒店:店内

ところで、この店にはタバコも売っている。
残念ながら俺が喫ってる銘柄は置いてないようだが、もうちょい常連度が増したら置いてもらおうかしらん。

古賀酒店:外観

外の看板にはタバコの注文承るって書いてあるしね。

あ……何時頃から角打ちできるかは訊いたが、何時までかは確認してないな。
次回、訊いてみよう。

<初回投稿:2015年04月24日>
角打ちが現存していたよ。
酒屋がやっている、本物の角打ち「古賀酒店」。

古賀酒店:外観

この、昔っから町角にありますよっていう古びた風情がたまんないね。
場所的にはJR新水前寺駅から遠くない。
駅から白山通りへ向かい、左折して白山通りに入ってしばらくすると左手にカギ屋さんがあり、その手前の角を左折すると見える。

角打ちは、熊本市内にはもう存在しないのかと思ってたよ。
繁華街にある「南酒店」や「堤酒店」は、ちょっと角打ちと呼ぶのは抵抗がある。
酒を売ってる店頭で、ついでのように飲めるのが角打ちだという認識だ。

古賀酒店:店内

店内は狭くて雑然としている。
ところどころに昭和の残像が見てとれる……ざっくりした表現でいうと古色蒼然で、それが懐かしさと居心地の良さを醸す。
オバチャンが一人でやっていて、店内には常連さんが3人、その人数で結構な人口密度。

冷蔵ショーケースから飲みたいものを取って、現金払いで飲むスタイル。
キリンラガー缶をいただく。

価格は店で売ってるそのままだ、うん正しく角打ちだ。
常連さんの会話にちょこっと混ぜてもらいつつ、グビグビとビールを飲む。
なんか、アウェイ感というものがないね、この角打ち。

店内のテレビではローカルニュース番組が流れていて、のんきな雰囲気。
この店はタバコも売ってるが、喫煙は店の外で。
店の外といっても、2歩も歩けばすぐ外だ。

ポン酒もあるとのことで、冷やでいただく。
香露280円也。

古賀酒店:ポン酒

コップにたっぷりで嬉しいねぇ。

駄菓子も売っていて、酒のアテにすることができる。
純粋に菓子を買いに来る子供も少なくないそうだ。
昼下がりに酔っぱらいと子供が錯綜する店なんだなぁ、社会ってそういうものだよなぁ。

なんかカワイイ魚の干物があったので、それをアテに。

古賀酒店:さかな

パッケージには「焼あじ」と表記してあるんだが、オバチャン手書きのPOPには「さかな」と書いてあって、それが可笑しいね。
オバチャン自身も、溌剌としてチャーミングである。

とても気に入った、嬉しくなった。
この店が良いなというのに加えて、熊本にも素敵な角打ちがあったんだということも嬉しいよ。
また、ちょっとした時間を見つけては立ち寄りたいと思った。

「古賀酒店」熊本市中央区白山

安さと量がすごいメシ「コーエイ」熊本市中央区水前寺

ずいぶん昔からある、町角の老舗って風格を……いや風格というか時代錯誤のキッチュさを漂わす店「コーエイ」。

コーエイコーエイ

大学生の頃、ここでコーヒー飲んだような記憶はある。
でも喫茶店じゃなくレストランなんだね店的には。

コーエイコーエイ

たぶん周辺エリアでは“木曜はカレー300円の店”として知られてるんだろうと思う。
でもカレー意外にもメニューが豊富なんだよね。
そして、かなり低価格路線で、この安さは嬉しいね。

コーエイ

日替わりランチ、650円。
この日のメインはポークカツ、それに副菜がどっさり。
ゴハンも味噌汁もやっぷりで、けっこうなボリュームだねって見た目。
それはさらに、食い始めてからしっかりと実感した。
すごい分量で、俺みたいなオッサンにはトゥーマッチなほど。

コーエイ

食後にコーヒーまで付く。
それで650円という、嬉しさ、満足感。
どっかり食ったあと、コーヒーとタバコで一息つけて有り難い。

おっちゃんとおばちゃん、2人で店をやっていて、マイペースで良い。
おっちゃんは調理が終わるとカウンター席でテレビを眺めていて、おばちゃんはおっちゃん相手に世間話とか。
そういうの、ほっこりするね。

こういう、まさに昭和の喫茶店って感じの店は熊本では希少価値だから、末長くと願うね。

この店に行ったのは2020年01月04日
↓「食べログ」での店舗情報

レストラン コーエイレストラン(その他) / 新水前寺駅前駅新水前寺駅国府駅

アメリカの刑事ドラマとかで見たやつ「PANDA EXPRESS SAKURA MACHI 熊本店」熊本市中央区桜町

TOHOシネマズ熊本サクラマチで映画を観たあと、昼メシを食おうと商業施設「SAKURA MACHI Kumamoto」のフードコートへ。
2019年の9月に開業したこの商業施設、寂れている熊本市中心部を活性化してくれるかもと期待していた。
政令指定都市のくせに中心部に映画館がひとつしかないという酷い状況だった熊本市に、シネコンではあるが新しく映画館ができるというのは快挙だと思ったから。

PANDA EXPRESS SAKURA MACHI 熊本店

映画館のことは扨措き、「SAKURA MACHI Kumamoto」には多くの飲食店もある。
その中から「PANDA EXPRESS SAKURA MACHI 熊本店」に立ち寄った。

PANDA EXPRESS SAKURA MACHI 熊本店PANDA EXPRESS SAKURA MACHI 熊本店

チョイスした作り置きの食材を詰め合わせて提供してくれる店で、箱に入れてくれるんだよ。
その箱が、アメリカの刑事ドラマとかで見たやつなんだよ。

PANDA EXPRESS SAKURA MACHI 熊本店PANDA EXPRESS SAKURA MACHI 熊本店

昔、テレビで見たドラマとか洋画で食ってたやつだ、という嬉しさがあったね。
いやそれが「PANDA EXPRESS」のものだったかは定かじゃなくて、もっとこう垢抜けないデザインの箱だった気もするんだけど、でもとにかく四角い箱にはいったチャイニーズだ、あれを俺は食ってる、という満足感は得た。

ドラマとかではヌードルを食ってた印象があるので、チャオメン(炒麺)をフライドライスとのハーフで選び、加えてオレンジチキンを。
味も、期待通りにジャンクだ。
しかし、これ食いづらいな、だいぶ長い箸じゃないと食いづらい。
ドラマでも長いチョップスティックで食ったような気がするよ。

まぁとにかく、箱に満足したよ。

この店に行ったのは2020年01月01日
↓「食べログ」での店舗情報

パンダ エクスプレス SAKURA MACHI 熊本店中華料理 / 花畑町駅辛島町駅西辛島町駅

昼酒砂漠熊本の“約束の地”は此処だ 熊本市中央区新市街「福の屋」

<追記:2020年02月09日>
久しぶりに立ち寄ったのは2019年12月30日だが、20202年代もこの店は健在だ。

福の屋

この店が営業してると、本当にホッとする。

福の屋福の屋

熊本において掛け替えのない酒場だ。

福の屋福の屋

末長く、と切に願うばかり。

福の屋

<追記2017年10月02日>
久しぶりに立ち寄ることができた。
この店が健在で、本当に嬉しい。

福の屋

熊本市の繁華街である新市街から、ちょっとだけ外れたところにある「福の屋」。
この店を知った当時、熊本市で昼酒を楽しめるのは、ほぼここだけと言って間違いないだろって状況だった。
ここがなければ、俺は精神を病んでいたかもしれない、いや大袈裟じゃなくて本当に。

今は生活圏が違うから、なかなか立ち寄れない。
すごく久しぶりに訪れるのが、ちょっと怖かったな。
震災をきっかけに店をたたんでしまってるかも、という心配があったから。
しかしそれは杞憂で、変わらぬ姿で店は営業していた。

あ、いや姿は変わってたわ。
なんか店先がスッキリしてるような? と初見で感じたんだが、暖簾がキレイになってたわ。
あらあらキレイになって良かったねと思ったが、同時に、以前は“呑み処”と暖簾に書いてあったのに見当たらないし、もしかして食事オンリーになって酒は飲めなくなったのかと不安を抱きつつガラガラと引き戸を開けた。
ママさんとオヤジさんが迎えてくれて、目が合うとすぐさま“酒、飲めます?”と訊いてしまった。

以前と同じように、昼から飲める店だということは変わってなかった。
何人かの先客があって、楽しげに飲んでいた。
良かった。

福の屋

まずビール。
変わらずキリンラガー瓶があって嬉しい。
ママさんに、だいぶ久しぶりですねと言われ、ご無沙汰を詫びる。
暖簾のことを言うと、以前と同じ暖簾の業者さんは廃業したとかで同じデザインで作り変えることができなくて、それで“呑み処”という文言は入れられなかったとオヤジさんが応えてくれた。

ビールのアテはどうしようと品書きを眺めていると、ママさんが“チーズ?”と声をかけてくれた。
ああ、そうチーズ、よく注文してたな。

福の屋

プロセスチーズを海苔で巻いたもの、これが好きでね。
よく注文してたものを覚えてくれていて嬉しいな。

福の屋

チーズときたらウイスキーね、ハイボールで。
ビール、チーズ、ウイスキー、これがいつもの流れだったな。
ああ、いつもの「福の屋」だ。

昔ほどは、昼酒砂漠ではなくなったなと感じる熊本ではある。
昼から飲める店をググってみると、まとめ記事もいくつかヒットするようになった。
が、そういう記事で、ぜんぜん「福の屋」は触れられていない。
いまだに知る人ぞ知るって扱いなのか。
ま、ネットのまとめ記事にスルーされててもいいや、リアルな酒好きに知られていれば。
このブログを読んでくれるような酒好きが知ってくれればいいか。

本当に好きな店なんだ。
ぜひ一度、行ってみて欲しいな。

<初回投稿2014年10月13日>
熊本は昼酒砂漠だ。
昼から酒が飲める店が、ほぼほぼ壊滅的に、ない。

ランチタイムにビールも飲めますよ、って店ならある。
イタリアンならワインが飲める店もあるし、注文すればカクテルを飲める店もあるだろう。

違う、だが違う。
それらは、飲み屋ではない。
あくまで“ついでに”とか“ランチタイムにちょっとやんちゃしてテヘ”とか、軽いんだよ。
本格的に、確信的に昼酒を飲むのとは違う。

どうせランチタイムで飲めることは飲めるよって店は、だいたいアイドルタイムがあるじゃないか。
14時とか15時とかから、閉めちゃうじゃないか。
それじゃーダメだろ。
昼どきや昼下がりに、フラっと立ち寄って本格的に飲めなきゃ、昼酒ゆっくり楽しめないだろ。

だいたいよー、昼酒が楽しめる飲み屋もなくて、なにが政令指定都市だよ。
都市ってのはなぁー、昼から飲んじゃうよっていうダメな種類の人間も大きく受け入れる懐があってこその都市なんだよ。
話は昼酒に限らなくて、いろんな生活時間帯に、いろんな趣味趣向で、いろんなライフスタイルえ生きる様々な人が集って様々なスタイルを受け止める機能があってこそ、都市って言えるんだよ。
そんなわけで、俺は熊本を都市だとは思ってない。

そんな熊本にも、昼から飲んじゃう飲んだくれのための“約束の地”はあった。
「福の屋」です。

ここで、2012年1月に『食べログ』に投稿した記事を採録する。

==以下、引用==
どんな者にとっての“約束の地”かというと、昼間っから酒を飲める店を探し求めて彷徨う、自分のような者にとって。

熊本に住み始めて1年半ほどで、ようやく辿り着けた店。
熊本は“昼酒砂漠”だと、ずーっと思っていて、それでも当てもなく店を求めて彷徨っていた。
なんとか15時からなら開いてる店をいくつか見つけたが、それでも決定打といえる処はなかった。

見た目はメシ屋で、カレーライスとか焼そばがウリのように見える。
が、近寄って観察してみたら店先の張り紙に“おつまみいろいろ”と書いてあり、暖簾には“呑み処”と書いてある。
これは飲んでもイイ店だろうと、喜び勇みつつも気を落ち着けて入ってみた。
平日の13時台、引き戸をガラガラと開けると、すでに飲んでるオッサン客がいらっしゃた。
よし、ビンゴだ。

入り口右手にカウンター席、左手に4人がけテーブルが並ぶ。
カウンター奥はキッチンと、焼そば、お好み焼きの調理スペース。
上品さを感じさせるオバサマと、寅さん映画に出てきそうなオジサンの2人で運営している。

テーブル席に座り、ビールを注文。
まだ、遅い昼メシを食う客もいる時間帯、ビールのみの注文は訝しく思われるかと少しだけ危惧したが、まったく杞憂だった。
よし、ビンゴだ、昼から飲める店だ。
こちらの店ではビールは大瓶640円で、いくつかの銘柄を用意しているようだ。
キリンラガー瓶があって嬉しい。

おでんが美味しそうに大鍋に煮えているので、おでん各種100円を注文。
カウンター席の上に品書きが張られているので、酒のアテはどんなもんがあるのか観察してみる。
玉子焼き、ハムエッグなど単品の他、定食などの食いものメニューが豊富である。
肝心の酒のアテは、ホワイトボードに別途記載してあった。
刺身がいくつか、枝豆や冷奴などの定番、煮込みや揚げ物など、いろいろ揃っている。
酒の種類もけっこうあるから、これはゆっくり腰を落ち着けて飲める店だと、嬉しくなった。

福の屋画像詰め合わせ

客層は、年齢層高い。
近くにパチンコ屋があるので、そこに通いつつ飲みにも来るという常連が多いようだ。
間違っても若いカップルが来ることは無いであろう、と思わせる雰囲気はある。
オシャレな店では、ぜんぜん無いしね。
もう40年ほど営業してるとのことだし、古びているし、雑然ともしている。
そういうのが好きという自分には良いが、万人に好まれるタイプの店では、正直ない。
が、常連だけを相手にする店ではないし、誰でも普通に受け入れてくれる雰囲気だ。
もし熊本市内で昼酒を求めている人があれば、行ってみて欲しい。
だいたい13時過ぎに店を開けるとのこと。

酒は別として、フツーにメシを食うのもいいかもしれない。
けっこうメニューは多いし、高い店じゃない。
肉焼そばを食ってみたが、盛りつけがワイルドだったが、フツーに美味しくて550円。
単品だが玉子焼きが、うまい感じの油っぽさと塩味で、なかなか美味しかった。

もう何度か利用したが、とても気に入っている。
此処があれば“昼酒砂漠”の熊本でも、楽しく生きていけるなと思わせてくれる店だ。
==引用ここまで==

文中や画像にある価格は、消費税が8%になったときに変わってるので、あしからず。

やたら文字数が多くなったんで、別のエントリーに他の画像を載っけておきます。

素晴らしい店なんだよ。
でもたぶん、ほとんどの熊本の人は、この店を知らないんじゃないかな。
残念だよー、行ってみてよー、だいたい13時過ぎに営業してるよ。
月曜が休みだけど、連休が絡むと変動するので注意ね。

マジで熊本で昼酒を求め彷徨う人の“約束の地”だから。
目指すんだ、「福の屋」を。

『食べログ』での「福の屋」に関するページ

最近書いた記事


カテゴリ


プロフィール

どうも、割った鍋です。
食べたり飲んだり、飲んだり。
九州在住、大阪常駐。

大衆酒場、立ち飲み屋、酒屋の角打ちが好きです。

重度の喫煙者であり、昼酒を好むという、社会的にちょっとアレなオッサン。

2014年9月24日開設


割った鍋へのメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索


リンク

各地の飲み屋情報を発信しているサイトをリンクさせてもらってます

<全国>
「立ち呑み@酒店」
全国の酒屋の角打ち、立ち飲み屋についての情報がエリア別に掲載されている
「激渋食堂メモ」
日本あちこちに今も残る、渋くて味わい深い大衆食堂を地域別に紹介しているサイト

<関東>
「居酒屋礼賛」
東京の情報には限らないのだが都内の味のある酒場の情報が豊富で魅惑的かつ地域別インデックス便利
「酔(すい)のどうでしょう?」
東京都内の居酒屋・大衆酒場・古典酒場・立ち飲み・センベロ酒場を飲み巡るブログ

<東海>
立飲み人生劇場
更新が停止していて残念だけど名古屋の魅力的な立ち飲み、角打ちできる酒屋の情報が

<関西>
「日本全国B級グルメぐるぐる紀行」
関西各地の味のある酒場を詳しく紹介してくれる指針になる情報量
「関西女のプチ日記」
他のどこにも載ってないような素敵なディープ飲み屋情報満載の関西酒場ガイダンス
「やまでらのぶらりグルメ&ぶらり日記」
行きたくなる飲み屋がたくさん紹介されてる関西飲み屋巡りの強い味方
「カンクロが行く」
大阪府のローカルなとこまで行く。日記のような数行のセンテンスに静逸なセンスを感じる
「関西安酒場」
更新が止まっているようで残念。バス路線沿いの酒屋などまで簡潔ながら貴重な情報

<九州>
「黒崎~小倉@北九州の居酒屋&BARを制覇せよ!」
ネット上に情報の少ない北九州の酒場を紹介してくれる有り難いサイト

このブログをリンクに追加する
リンクフリーでございます(^ヮ^)

【広告】Advertisement