俺も酒飲みとしてまだまだ修行が足りんなとギブアップ「釜山」横浜市南区浦舟町

2015年12月07日の午後、前日に引き続き俺は阪東橋駅界隈にいた。
この辺りには角打ちできる酒屋とか昼から飲める店がいっぱいあって、前日に廻りきれなかった積み残しを廻りたいなと思って。

昼から飲めるスナックみたいな店があるとネットで情報を拾っていた。
なかなかディープな店のようで、ぜひ立ち寄っておきたかった。

「釜山」という店。
横浜橋通商店街を抜け、賑やかさもまばらになった辺りで妙な存在感を放っている。
テントには居酒屋と書いてあるが、居酒屋っぽくはないよなぁ。

居酒屋釜山

店先の黒板に書かれたメニューを見ると喫茶店だかメシ屋だか、もうなんだかわかんない。
そして、店内からカラオケの音が漏れ聞こえてくる。
事前にスナックみたいな店だという情報は目にしていたが、ドアを開けるのに勇気がいるなぁ。

居酒屋釜山居酒屋釜山

店内の様子が外からは窺えないのも難易度高い。
とてもお気軽にお入りできるものではない。

決意して店内へ。
月曜の14時過ぎ、店内ほぼ満席かっていう盛況。
ジイサンバアサンだけの楽園の熱気、カラオケ熱唱。
俺は逃げるように空いてたカウンター席へ。

激しい場違い感に襲われ、俺はちょっと酒なんて飲む気分ではなくなってしまった。
寂れた、場末の、怪しい酒場は大好きだ。
ここは、テンションが高過ぎるよ。

居酒屋釜山

ママさんだかチーママさんにウーロンハイをお願いした。
飲み干したら迅速に撤収しよう。
と思ったら、突き出しが出てきた。

居酒屋釜山

うわぁ、食い尽くさないと撤収できない。
食わねば食わねば。

俺はそこそこ、酒場経験値は高いほうだと思ってた。
だがそれは慢心だった。
ここは、この店には、俺は馴染めないっていうか太刀打ちできないわ。
ギブアップ。

いや楽しい店だと思うよ、昼からお仲間が集って楽しめる陽気なパラダイスなんだと思うよ。
俺ももっと徳を積めば、楽しめるようになるのかな。

【広告】Advertisement


↓「食べログ」での店舗情報

居酒屋釜山居酒屋 / 阪東橋駅伊勢佐木長者町駅黄金町駅

【閉店】早朝05時に開店するうどん屋で朝からビールを飲んだ「千成」横浜市南区真金町

いつまでも更新を後回しにしてるうちに閉店しちゃったみたい。

2015年の12月07日、横浜で早起きをした。
関東飲み屋巡りをしていて、前日から横浜で飲み歩いていて黄金町駅近くのホテルに宿泊していて、朝から酒を飲むために早起きをしたのだ。
なんて不健康な早起きなんだ。

千成

「千成」という店が真金町にある。
阪東橋駅から歩いてすぐの、うどん屋だ。
そして、うどん屋でありつつ、ここは早朝から飲める店として有名なのだ。
早朝05時に開店して13時には閉店で、朝っぱらから酒を飲む客で賑わう店なのだ。
と、いうような情報をネットで拾っていた。

それは面白い、ぜひ行きたい、しかも朝に行きたい。
そんなこんなで前日は深酒せずに早めに寝て、満を期して早起きをしたわけなんだ。

千成

いちおう頑張って早起きしたが、店の前に着いたのは08時前……そんなに早くないな。
店先の看板に“立ち喰い風”とあるが、つまり実際は立ち食いではないということです。

店に入るとカウンターに先客があった。
飲んでる。
やはりネットで拾っていた情報の通り、朝から飲める店だ。
よし、俺もさっそく飲もう。

一人で店を切り盛りしている女将に、ビールは何があるかと訊いた。
アサヒファッキンスーパードライとの答え。
それは嫌だなとキリンかサッポロはないかと訊いたが、瓶も缶もドライだけだと。

千成

仕方なく、量が少ない缶を。

千成

アテにコロッケを注文。

千成

締めに玉子そば。

先客のオニーサンと、九州と関西のうどんについて会話が盛り上がった。

さぁ本日の飲み歩きを開始するぞと、店を後にした。

【広告】Advertisement


↓「食べログ」での店舗情報

千成うどん / 阪東橋駅黄金町駅伊勢佐木長者町駅

ビニールシートハウスのような外観だがほっこり和める飲み屋「ますや」横浜市南区

2015年12月6日、俺は横浜でハシゴ酒をしていた。
何軒かの酒屋で角打ちを楽しみ、商店街で小籠包をつまみ、時刻は13時ちょい過ぎ。
まだまだ飲むぞ。

雑多な庶民的賑やかさが楽しい横浜橋通商店街の、路地を縫うように歩いてみた。

ますや

残っちゃってる昭和、という風情があって楽しいなぁ。
作り物ではない真性レトロな横浜橋市場という看板がかかっている下に、なかなか衝撃的な外観の店があった。

ますや

いや、初見では店とはわからないよな。
ブルーシートで全面を覆われていて、取り壊し工事中の物件かなって、あるいは地震とか台風で被害を受けた古い家屋かなって風にしか見えない。
またあるいは、定まった住居を持たない人たちが公園とかに設営している不法な建造物……ありていに言えばビニールシートハウスかなっていう外観だ。

しかしこれ、飲み屋なんだなぁ。

実はその場所に、昼から開けてる飲み屋があるという情報を、「食べログ」で拾っていた。
「食べログ」なんてぇのは流行りのチャラい店とかランチのコスパがどうこうみたいなヌルいレビューしかないように思えて、意外とディープな飲み屋についての情報も落ちている。
参照した情報にはビニールシートハウスですとは書いてなかったが、住所的には此処だ。

シートをめくって店に入るのか?

ますや

いや側面にまわると、ちゃんと入口があった。
看板にも提灯にも灯がともっており、ちゃんと営業してるね。
「ますや」という店だ。

店内は狭く、昭和30年代を舞台にした古い日本映画に出てきそうな雰囲気があった。
先客がお一人、カウンターの向こうにはママさん。
そう、ママさんがやってる場末のスナック、という感じの店なのだ。
おそらく大陸系かなと思われるママは、昼過ぎに現れた見知らぬ一見客をウェルカムに迎えてくれた。

ますや

なんとなく大陸系の気分で、ウーロンハイをいただいた。
先客のオッチャンも交え、ママさんにも一杯飲んでもらいつつ会話を楽しんだ。

さて、外からは怪しく見えるブルーシートだが。
店内では陽光を受けて青く光り、まるでオシャレなカフェバーのような空間演出をする役目を果たしていた。

ますや

シートは、寒さと風を避けるため、とのこと。
夏になるとブルーシートじゃなく、簾を下げるそうだ。
なるほど、けして損壊箇所を隠すためのシートじゃなかったんだなぁ。

もともと立ち飲みだったそうだが、椅子が備えてある。
たしかカラオケマシーンもあったように記憶している。

昭和の場末のスナックの空気を、昼間から楽しめる店。
アングラ感より、ほっこり和める雰囲気。
これはなかなか、他にはないタイプの飲み屋だなぁと思ったよ。

↓「食べログ」での店舗情報

ますや焼酎バー / 阪東橋駅伊勢佐木長者町駅黄金町駅

駄菓子屋さんみたいな空気を感じる「立ち飲み日昇」横浜橋商店街で中華を楽しむ

2015年12月6日、朝から東京の新橋で飲み始めて横浜に河岸を変えて飲み続けて、昼を過ぎた。

昼メシどき、小腹が空いたかもしれん、というか酒ばっかじゃなくて何か腹に入れないと身体に毒かもしれん。
朝は「横浜橋通商店街」を通り抜けて角打ちができる酒屋さんが集うエリアへ向かったわけだが、酒屋エリアを離れて商店街に戻り、適当に食べもん屋さんに入ろうと思った。

この商店街、近所の人が日々の買い物に利用してますっていう生活密着感があって、加えてチャイナやコリアの店も少なくなく、楽しくカオスな様子なのよね。
で、なにを食おうかといろんな店を眺めながら歩いてたら、立ち飲み屋の看板が目に止まった。

立ち飲み日昇

「日昇」って店。

何か食おうと思ってたんじゃないのか、とツッコミが入るかもしれないが店頭で点心っぽいの売っててね。

立ち飲み日昇

そういうのを店内で食えるようなんだね。
あー、中華街で中華料理を食うってのが、ひとつの横浜観光であるな、そういうことを俺もしてみよう。
そう思って、立ち寄ることにしました。

商店街の中の軽食スタンド、とでも言うのかな、焼きそばとかタコ焼きとか、夏はかき氷とか売ってそうな小さな店ってあるじゃない。
そういう感じの店の規模で、コンパクトな敷地。
立ちカウンターがあるが、椅子も用意されている。

立ち飲み日昇

店頭でも売ってる点心とかの他に、アイスなんかも売ってる。
子供が遊びの合間に、おこづかい持って寄りそうな店でもあるなぁ。
いやアイスは250円するから子供にはキビシイか……大人が買い物の途中に休憩するのかな。
でもなんだか、ちょっと駄菓子屋さんっぽい雰囲気を感じるなぁ。

立ち飲み日昇

まぁ酒もありますから、俺みたいなオッサンも立ち寄るわけですな。

なにか食おうと立ち寄ったけど、酒があるなら飲もう。
でも少し控えめにしておこうかなと、ウーロンハイ。

立ち飲み日昇

そして食いものは、横浜中華街っぽい気分(?)で小籠包。

立ち飲み日昇

小籠包とウーロンハイでチャイナな気分よの。
小籠包は3個300円で、なら1個100円か。
横浜中華街で食うよりリーズナブルだぞ、美味しいし。
極めてありきたりな表現だが、ジューシーで美味しい小籠包だった。

そんでさぁ、3個ってのが丁度いい数かもね小籠包の。
こういうのって10個とか食っちゃうと興ざめするような、そんな気がしない?

ウーロンハイと小籠包で600円だったかな。
この気楽な安さも、駄菓子屋さんっぽく感じる一因かな。

店のスタッフは明るく仕事をしていて、客は近所の住人が普段着で立ち寄って、っていう。
なんかよく意味わからんけど、“日々是好日”と感じさせる店だったよ。

↓「食べログ」での店舗情報

立ち飲み日昇立ち飲み居酒屋・バー / 阪東橋駅伊勢佐木長者町駅黄金町駅

これぞ本格角打ちという満足感を得た「浅見本店」横浜市南区阪東橋駅から徒歩10分

2015年12月6日、俺は横浜でハシゴ酒をしていた。
市営地下鉄の阪東橋という駅の辺りに角打ちできる酒屋があるという情報をもとに、昼前から徘徊していた。

角打ちが楽しめる酒屋は阪東橋駅の東南、歩いてちょっとの辺りに集まっている印象。
駅から東へ行くと「横浜橋通商店街」という楽しく生活感のあるアーケード街があり、そこを通り抜けてからが酒屋地帯という感じだね。
アーケードを抜けて大きな通りを渡ると、軒が大きく張り出して連なる商店の並びがある。

浅見本店

その中に「浅見本店」という店があった。
あー、いい感じに昭和な風情で、にぎやかにゴチャゴチャした店先。
あ、店内からはみ出すように立って飲んでる人が見える。

だいぶ古くから営業している、角打ちできる酒屋だという情報を拾っていた。
事前情報がなくても、ああ飲めるんだなと一目瞭然な感じもあった。

俺が立ち寄ったときには、もう既に何人もの客で賑わっていた。
日曜の正午過ぎ、お休みの日の昼メシ時って時間帯なわけだが、酒屋で立ち飲みしてる人が何人もいるということだ。
そういうの素敵じゃない。

浅見本店

俺もポン酒を一杯。
銘柄は忘れたが、三重県の、二級酒だ。
二級酒、というクラス分けが今でも品書きに残っているのが楽しいな。
二級酒一杯230円。
一級だと10円高い。

浅見本店

角打ちコーナーは逆コの字カウンターで、一辺は小売りスペースとの仕切りになり店主が酒やアテを供する空間で、他の二辺は壁を向いている。
壁を向いた辺には品書きの短冊がいっぱい。
とても几帳面に分量と金額が明記されていて、明朗会計な感じだなぁ。

浅見本店浅見本店

歴史を感じさせる写真なんかも貼ってあり、昔からの酒屋で角打ちしてるって気分も楽しい。

浅見本店

この日に開催だった福岡マラソンの中継が店内のテレビで流れていて、常連客たちはそれを眺めながら即席マラソンコメンテーターと化していた。
俺はマラソンより、店内の様子を眺めているほうが楽しい。

いやぁ、これぞ角打ち、という楽しさがある。
角打ちエリアが広くて、ちょっともう酒立ち飲み屋という様相を呈してもいるが、小売りもやってる酒屋であることは間違いないので正しく酒屋で角打ちなのだ。

なんかもう貫禄さえ感じる空気が店にはあって、でも客は日常の様子で楽しく酒を飲んでいて、ああ良いなぁ。
ここに来れただけで、もう横浜まで足を伸ばした甲斐があったという気持ちになったよ。

横浜、楽しいなぁ。

浅見本店立ち飲み居酒屋・バー / 阪東橋駅伊勢佐木長者町駅黄金町駅

最近書いた記事


カテゴリ


プロフィール

どうも、割った鍋です。
食べたり飲んだり、飲んだり。
九州在住、大阪常駐。

大衆酒場、立ち飲み屋、酒屋の角打ちが好きです。

重度の喫煙者であり、昼酒を好むという、社会的にちょっとアレなオッサン。

2014年9月24日開設


割った鍋へのメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索


リンク

各地の飲み屋情報を発信しているサイトをリンクさせてもらってます

<全国>
「立ち呑み@酒店」
全国の酒屋の角打ち、立ち飲み屋についての情報がエリア別に掲載されている
「激渋食堂メモ」
日本あちこちに今も残る、渋くて味わい深い大衆食堂を地域別に紹介しているサイト

<関東>
「居酒屋礼賛」
東京の情報には限らないのだが都内の味のある酒場の情報が豊富で魅惑的かつ地域別インデックス便利
「酔(すい)のどうでしょう?」
東京都内の居酒屋・大衆酒場・古典酒場・立ち飲み・センベロ酒場を飲み巡るブログ

<東海>
立飲み人生劇場
更新が停止していて残念だけど名古屋の魅力的な立ち飲み、角打ちできる酒屋の情報が

<関西>
「日本全国B級グルメぐるぐる紀行」
関西各地の味のある酒場を詳しく紹介してくれる指針になる情報量
「関西女のプチ日記」
他のどこにも載ってないような素敵なディープ飲み屋情報満載の関西酒場ガイダンス
「やまでらのぶらりグルメ&ぶらり日記」
行きたくなる飲み屋がたくさん紹介されてる関西飲み屋巡りの強い味方
「カンクロが行く」
大阪府のローカルなとこまで行く。日記のような数行のセンテンスに静逸なセンスを感じる
「関西安酒場」
更新が止まっているようで残念。バス路線沿いの酒屋などまで簡潔ながら貴重な情報

<九州>
「黒崎~小倉@北九州の居酒屋&BARを制覇せよ!」
ネット上に情報の少ない北九州の酒場を紹介してくれる有り難いサイト

このブログをリンクに追加する
リンクフリーでございます(^ヮ^)

【広告】Advertisement