うんうんそうだね他所で食ったらこういうもんだよね「武者がよか」横浜市中区日ノ出町

えー、まず、“武者がよか”とか言わんし。
プレシジョン熊本弁では“むしゃんよか”だな。

武者がよか

横浜市中区日ノ出町のラーメン屋「武者がよか」。
日ノ出町って宮川町の隣だから、2晩ほど野毛と宮川町を徘徊していてこの店のことが何度か目に入った。

目にするたび、いやいやいやいや、なんだそのわけのわからん屋号は(半笑い)、こういうのってどういう需要があるんだろラーメンマニアなら九州の有名店が出店してるってんなら行くかもだろうけどね腐れ一蘭とかファック一風堂とかならね、でもここって九州発ではないってググったらすぐ判るから行かないよね、そんで俺に関して言えば横浜に来てるのに九州ラーメンわざわざ食わないよね、と思ったわけでね。
黙殺の姿勢だったわけです。

が、何度も通りすがっちゃうと、もうなんだか気になってね。
んー、あと、いやらしいけどブログのネタになるかなとか思ってね。

武者がよか

ついつい、酔った勢いで入っちゃったよね。

んー、そんでまたこの店、九州とんこつラーメンっていうはなはだ大雑把なくくりで看板あげてるのね。
九州の豚骨ラーメンつってもいろいろあるわけじゃん? それぞれ違うんじゃん?

武者がよか

ふむ、醤油豚骨ってか。
そんじゃ博多ラーメンではなく、福岡ラーメンって感じかね。
でまぁ、あれだよ福岡じゃ“むしゃんよか”って言わんからね。
それ言うの熊本。
だからー、そういう屋号であれば熊本ラーメンを出すべきだよね。
んー、まぁいいか、九州のラーメンに馴染みの無い横浜のひとを相手にした商売だから、まぁどうでもいいのか。

武者がよか

ラーメンこんな感じね。
630円ね。
うっわ(半笑い)、貧相(半笑い)。
630円でこれかよ。

武者がよか

なんかもー、こんなの500円以下じゃなきゃダメだぜ?

いや……でも福岡にも600円とか700円するクソみたいなラーメンあるしな……んー。

武者がよか

卓上無料オプション、紅生姜、すりおろしニンニク、辛味噌的なもの、ごま、ラーメンだれ。
辛子高菜ないのかよ。
どうせナンチャッテなんだから九州っぽさを演出する辛子高菜、無料で置いとけよ。

ってな感じでね。
いやー、まぁあれだな、人としてどうかとは思うけど、ダメなのを期待して入ったんだけどさ。
んで期待通りにダメだったんだけどさ。
そりゃ横浜の、わけわからん屋号のラーメン屋の九州ラーメンってのが美味しいはずはない、という前提だったけどさ。
それでもどうなのこれは、っていうね。

いやまぁ、あれだ。
うん、こういうもんだよな。

【広告】Advertisement


早朝の桜木町駅でコーヒー難民になったが救われた「カフェ・ド・クリエ 桜木町」横浜市中区桜木町

2015年12月08日早朝、みなとみらいを望む。

カフェ・ド・クリエ 桜木町

この日は早くから横浜を発とうと桜木町駅へ。
電車に乗る前にコーヒー飲みたいなとカフェを探して、あぁあれがみなとみらい?ってな感じで眺めてみた。
ビルかっこいい。

ところで意外とカフェが見つからなくってね。
まぁ時間がね、まだ06時台だったせいか開いてるカフェが見当たらなくってね。
そこそこ賑わう駅みたいだし始発の時刻からやってるカフェあるでしょうと期待したんだけどね。
(ちなみに始発は04時台だよググってビビったわ、さすが都会)
グーグルマップで探すと、07時開店の「カフェ・ド・クリエ 桜木町」が近くのビルにあると判り、そこへ。

カフェ・ド・クリエ 桜木町

コーヒー飲みつつ小腹も満たしたくてモーニングとか注文しようと思ったが、モーニングらしきものはないっぽかった。
でもデニッシュとドリンクで400円ってセットがあって、まぁそれがモーニング的な位置づけ?

カフェ・ド・クリエ 桜木町

デニッシュは3種類から選べて、ハムチーズを選択。

カフェ・ド・クリエ 桜木町

デニッシュは貧相で、へしょい。
まぁコーヒー飲めてタバコが喫えるからいいや。
きっちり分煙されてるから気兼ねなく喫えるぜ。

カフェ・ド・クリエ 桜木町

電車など眺めながら一服。

トイレが店内になかった。
いったん店を出てビル内のトイレに。
めんどくさい。

まぁとりあえず電車に乗るまえにカフェインとニコチンを摂取できてトイレも済ませたので、良かったとしよう。

【広告】Advertisement


↓「食べログ」での店舗情報

カフェ・ド・クリエ 桜木町カフェ / 桜木町駅馬車道駅日ノ出町駅

なんかいろいろボロボロだったけど味わい深いんだこれが「まぐろや」横浜市中区宮川町

2015年12月07日、夜の横浜をウロウロしていつしか宮川町。
角打ちできる酒屋があるっぽい情報を拾っていたので宮川町2丁目。

残念ながら、目的の酒屋は廃業しているらしかった。
がっくりしたが、すぐそばに、なんとも味わい深いボロさに溢れる店があった。

まぐろや

「まぐろや」。
上の画像では、それほどボロくないじゃん渋いってレベルじゃんと感じるかもしれない。
でもね。

まぐろやまぐろや

どうです? 看板がボコボコにされてます。
テントも朽ちそうだし、壁にはヒビが見られます。
なかなかに痛んだ物件ですね。

で、そういう店が俺は好きなんだなぁこれがまた。
酒屋廃業のガッカリ感もどこへやら、もうこの店に釘付けですよ。

まぐろや

ボロボロのホワイトボードに書かれた品書きを見ると、まぐろしかない、といった様相。
看板に偽りなしだなぁ。
まぐろ、他の魚ちょっと、あと煮込み、ザッツイナフって感じだ。
うん、じゃあまぐろで飲もう。

ガタガタっと引き戸を開けたら先客が一組……と思ったら、ママさんと旦那さん?
テーブル席でまったりテレビ見て晩酌などしていた風だったが。
いいえまったりなどしてませんでした、という感じにウェルカムに迎えてくれたよ。
あっ、じゃあノーゲストだったんだな20時くらいだったが、あんまり流行ってないのかなって思っちゃったね。

まぐろや

まず、酒。
まぐろで飲もうと決めてたから、やっぱポン酒だよね。
なんてこたない白鶴なんだけど、よく冷えてたわ。
突き出しに、リンゴを使ったマヨネーズ和え的なサラダ的なものが出てきた。

まぐろや

そして、まぐろ巻き。
鉄火巻きなわけだが、ここでのメニュー表記に従うと、まぐろ巻きだ。
これが、ね、カタチは不揃いで、シャリがこぼれてね、なんとも見た目がボロボロなのよ。
しかし、うまかった。
まぐろが普通にうまいし、シャリもいい加減で、海苔が美味しかったなぁ。
総じて、うまかったんだよ。

まぐろ巻きがうまいので、酒おかわり。
テレビなど眺めつつ、美味しくいただきました。

いやぁ、いい店じゃん。
あとで知ったが、ここって昼間から飲める店らしいね。
そんで夜にはそんなに客が来ないのかもねぇ。

この店、機会があったら昼間に再訪したいなぁ。
そう思うくらいに気に入ったよ。

ところで、野毛がディープなまちだってよく言われると思うんだけど。
隣町の宮川町のほうがディープじゃないかい?

まぐろやまぐろや

「まぐろや」のすぐ近くにピンク映画と薔薇族映画やってる「光音座」って成人映画館があるのよね。
ちょっと大きな道を渡った3丁目には「浜劇」ってストリップ小屋がある。
成人映画館とストリップがあって渋い飲み屋があるのって、北九州の小倉駅前みたいだなって思ったよ。
いいね、宮川町。

【広告】Advertisement


↓「食べログ」での店舗情報

まぐろや寿司 / 日ノ出町駅桜木町駅関内駅

ぴおシティ地下「はなみち」時の流れに燻されたような渋さにワクワクする横浜市中区桜木町

2015年12月07日の昼下がり、ぴおシティでハシゴ酒。
桜木町駅アクセス良好の複合施設ぴおシティの地下は昼酒スポットだ。

地下2階には「第三酒寮キンパイ」って店があるとネットで知って、そのネーミングがなんとも味わいあって行きたいなぁと思っていた。
ちなみに横浜駅のそばには「キンパイ酒店」っていう角打ちできる酒屋があって、そこと関係あるんだろうね。

キンパイ酒店

そちらにも、この日の昼過ぎに寄ってみたけど営業してなかったので残念(夕方からなの?)。

で、ぴおシティ地下なのだが。
「第三酒寮キンパイ」って店を探しても見つからないんだな。
屋号が変わって「はなみち」になってるんだよね。
事前情報を得てなければ路頭に迷うところだったよ。

はなみち

屋号は変わったが、店そのものは変わっていないようだ。
昔のままに此処にずっとあるよ、と語りかけてくるような佇まい。
そしてまた、新たに誂えた看板周りと、以前のままであろう間口辺りの建材が削れて塗装の剥がれた味わいとのコントラストが、なんだか良いね。
ずいぶん長いことやってるけど、まだまだやるよって気概を感じるような、ね。

店内は、ずっぽり時の流れが染み渡ってる感じ。
古式ゆかしき立ち飲み屋、といった風情だね。
ダンディなおじさん大将が迎えてくれた。

はなみち

ハイボールが、濃い。
酔えるなぁ。

はなみち

ハイボールにはチーズかな。
なんてことのないプロセスチーズが、いいんだなこれがまた。

はなみち

カウンター上に酒の自動販売マシーンが据えてあり、これまた趣がある。
酒は一杯200円のようだな。
マシーン上部に酒瓶が逆さまに突っ込んであって、白鹿の「伝承仕込 爽快辛口」って銘柄なんだと判る明瞭さ。

この店は、こういう言い方をするのもどうかなとは思うが、客筋が良いなと感じたな。
なんというか、酒飲みの玄人が来るって感じ。
安心感があるし、心地よい。

すごく好きだな、この店。

【広告】Advertisement


↓「食べログ」での店舗情報

はなみち立ち飲み居酒屋・バー / 桜木町駅馬車道駅日ノ出町駅

アクセス便利で気軽に昼酒ぴおシティ地下「すずらん」横浜市中区桜木町

2015年12月07日の午後、横浜飲み屋巡り2日目。
野毛で昼酒をと思っても、期待したほど昼間っから飲める店に出会えない14時台。

地上で飲み屋が見つからないなら、野毛からすぐそこ桜木町駅、ぴおシティの地下に行こう。
横浜市営地下鉄桜木町駅とつながっていてJR桜木町駅と隣接する複合施設ぴおシティには、地下飲食店街がある。
そこに昼から飲める店があるという情報を事前に得ていた。
地下1階と2階とあって、酒飲みが目指すべきは地下2階のほうだね。

ぴおシティって開業してからだいぶ長いのかな、地下の通路はくたびれた感じだし全体的に明るさがない。
そういう雰囲気のほうが気兼ねなく酒を飲めるっていう気もする。

すずらん

暖簾と店先に簡易テーブルが出ていて、これは確かに営業中だろうという店が見えた。
「すずらん」という店。

店の前の通路に沿って横に長い店舗で、カウンター席も横に長い。
レジのあるカウンターの端のほうに常連らしき客があって、スタッフと談笑しているようだった。
そちらとは反対側の端の席に着く。

すずらん

目の前にメニューを記したホワイトボードがあって、へぇ生ホッピーというのがあるのか、と。
九州在住の俺は、ホッピーって普段は飲まない。
それは関東のものだろうという意識があるから、関東飲み歩きをするときにだけ飲むって感じ。
そんで生ホッピーというものは飲んだことがないので、この機会に飲んでみようと思った。

スタッフのお兄さんに生ホッピーを注文すると、先に食券を買うように言われた。
その言い方が、なんだか妙に腹立たしい。
大学生のアルバイトって感じの、客商売をやってるという意識が足りてない対応と感じた。

すずらん

店の外に出てみると、ああ食券マシーンがあるな。
俺がアプローチしてきた方向からは、マシーンが確とは視界に入ってなかったんだよ。
しかしこの食券マシーン、飲食券というものしかなく枚数を指定するだけという大雑把さが、なんだか可笑しいね。
飲みもの食いものなんでも300円均一ということで、判りやすいな。

すずらん

食券を買って改めて注文し、ようやく生ホッピーが目の前に。
飲んでみたら、なんだか特に思うところのないものだった。

後客で3人くらいのグループがあって、テーブル席に。
スタッフのお兄さんは注文を受けて代金を受け取って、店の外に出て食券を買っていた。
おまえなぁ、俺んときと対応が違うじゃねぇかと思ったが、後客は俺よりだいぶ歳がいってたように見えたから親切心で代わりに食券を購入してあげたのだろうと考えることにした。
たぶん、根は悪い奴じゃないんだろう。

すずらん

カウンターに競馬の投票券らしいものが用意されていた。
ぴおシティ上階には場外馬券売り場があるんだね。
じゃあここは競馬好きが集う飲み屋でもあるのかな、この日は暇そうだったからレースやってなかったのか。

俺としては魅力を感じない飲み屋だったが、まぁ300円均一で気軽に利用できる店なんじゃないかな。

【広告】Advertisement


↓「食べログ」での店舗情報

すずらん居酒屋 / 桜木町駅馬車道駅日ノ出町駅

最近書いた記事


カテゴリ


プロフィール

どうも、割った鍋です。
食べたり飲んだり、飲んだり。
九州在住、大阪常駐。

大衆酒場、立ち飲み屋、酒屋の角打ちが好きです。

重度の喫煙者であり、昼酒を好むという、社会的にちょっとアレなオッサン。

2014年9月24日開設


割った鍋へのメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索


リンク

各地の飲み屋情報を発信しているサイトをリンクさせてもらってます

<全国>
「立ち呑み@酒店」
全国の酒屋の角打ち、立ち飲み屋についての情報がエリア別に掲載されている
「激渋食堂メモ」
日本あちこちに今も残る、渋くて味わい深い大衆食堂を地域別に紹介しているサイト

<関東>
「居酒屋礼賛」
東京の情報には限らないのだが都内の味のある酒場の情報が豊富で魅惑的かつ地域別インデックス便利
「酔(すい)のどうでしょう?」
東京都内の居酒屋・大衆酒場・古典酒場・立ち飲み・センベロ酒場を飲み巡るブログ

<東海>
立飲み人生劇場
更新が停止していて残念だけど名古屋の魅力的な立ち飲み、角打ちできる酒屋の情報が

<関西>
「日本全国B級グルメぐるぐる紀行」
関西各地の味のある酒場を詳しく紹介してくれる指針になる情報量
「関西女のプチ日記」
他のどこにも載ってないような素敵なディープ飲み屋情報満載の関西酒場ガイダンス
「やまでらのぶらりグルメ&ぶらり日記」
行きたくなる飲み屋がたくさん紹介されてる関西飲み屋巡りの強い味方
「カンクロが行く」
大阪府のローカルなとこまで行く。日記のような数行のセンテンスに静逸なセンスを感じる
「関西安酒場」
更新が止まっているようで残念。バス路線沿いの酒屋などまで簡潔ながら貴重な情報

<九州>
「黒崎~小倉@北九州の居酒屋&BARを制覇せよ!」
ネット上に情報の少ない北九州の酒場を紹介してくれる有り難いサイト

このブログをリンクに追加する
リンクフリーでございます(^ヮ^)

【広告】Advertisement