やはり当初の目的地は目指すべきだろうと豚丼のハシゴをした「さとうの豚丼」福岡市城南区七隈

北海道の豚丼のような豚丼が食いたいと城南区七隈の「さとうの豚丼」を目指した。
しかし俺が辿り着いたのは片江の「さとうの豚丼」だった。
目指した場所とは違ったが、まぁ豚丼を食えたので結果オーラィじゃない?
(ここまで前回のあらすじ)

いや、結果オーラィで終わらない酔狂な俺だよ。
片江から七隈は、もうすぐ近いんだよ、せっかくだから七隈まで行くよなぁ。

さとうの豚丼

そんなわけで七隈。
ここは地下鉄七隈線七隈駅の真上の、七隈四ツ角。
あともう100mほど西に行けば、そもそもの目的地であった「さとうの豚丼」がある。

さとうの豚丼

おお、想像よりもシャレた店だね。
もっとワイルドな外観かと思ってたよ。

さとうの豚丼

よし、さっき食ったばかりだが、また豚丼を食うぜ。
約20分ぶり二回目となるが、まぁそれも面白い。

さとうの豚丼

外観だけでなく、店内もけっこうシャレてるねコンクリート打ちっ放しっていう80年代的にシャレた内装だね。
よくわからん豚のイラストが妙な味わい。

さとうの豚丼さとうの豚丼

さて、また豚丼だ。
さっき豚丼を食って腹は満ちているので、もうビールはいいや。
さすがに同じものを続けて食うのもアレなんで、炙りマヨネーズ10円っていうオプションを選択しようかとも思ったが、ここは潔くジャスト豚丼としよう。

さとうの豚丼

来たよー、豚丼。
当然ながら片江店と同じ見た目であり、それはさっき見たばっかりだが、それでもこの豚丼というものは食欲を刺激するルックスをしている。
で、注文時にオプションに頼らずジャストア豚丼が潔いって決断をしたくせに、ちょっと日和って卓上のマヨネーズをかけてみたりしちゃったよね。

さとうの豚丼

七味もふってみたよね。
さぁ、いただきます。
うまい、やっぱ焼いた豚肉ってのは、うまい。

だけど、ちょっとね。
片江店でも少し感じたことだが、ゴハンの炊き具合が、ちょっとやわいな。
七隈店のほうが、さらにもうちょっとやわめだな。
ゴハンは俺は、固めに炊いたのが好みなのよ。
ちょっとそれが、俺には残念だったなぁ。

それでもやっぱり、甘辛いタレを絡めて焦げ目をつけて焼いた豚肉ってのはうまい。
食いに来た甲斐があった、2店で食って満足した。

さらに店舗が増えたら面白いなぁ。
できれば中央区にできてくれたら、行くのが楽だなぁ、なんて思う。
でも、局地集中的に城南区にばっかり店舗が増えていったら、それはそれで面白いよなぁとも思う。
豚丼が北海道ローカルグルメであるように、「さとうの豚丼」が城南区ローカルグルメになるってのも、なんか面白いよねって思うよ。

↓「食べログ」での店舗情報

さとうの豚丼豚丼 / 七隈駅福大前駅金山駅

これが思い描いたイメージに極めて近い豚丼なんだろうという満足感を得た「さとうのぶた丼 片江店」福岡市城南区片江

北海道の、豚丼。
北海道、十勝あるいは帯広の、ローカルグルメ的な豚丼。
肉厚な豚肉を甘辛いタレをからめて焼いた、見た目ガッツリで肉々しくも香ばしい……であろう豚丼を、いつか食べてみたいなぁとずっと思ってた。
そう、俺は北海道の豚丼を食べたことがない。

そもそも北海道に行ったことがない。
だから豚丼を食ったことがない。
けっこう昔に、友人から帯広豚丼のタレをいただいたことがあって、それで自作してみたけど、それはなんか違うかもしれない。
そう、そして違うといえば、メシ系ファストフードで“豚丼”という名称で販売されているものは、あれは豚丼とはぜんぜん違うものだよなぁ。

と、まぁ前置きが長くなったが、豚丼に思い入れがあるということです。
そして、俺の食いたい豚丼に近いであろうものが、福岡市で食えるということを知った。
「さとうの豚丼」という店で。
それは行ってみねば。

店舗情報によると、店は七隈にあるとわかった。
城南区の七隈かぁ……遠いな。
実は、「さとうの豚丼」のことを最初に知ってから、けっこう時が流れた。
だって遠いから。
しかし、ある5月の晴れた日に、晴れているが気温はそう高くなく風の涼しい日に、意を決して七隈へと向かったよ。
チャリで。

チャリを漕ぎつつ、ときおり止まってiPhoneでGoogleMapsを確認しつつ、俺は七隈へと向かった。
うーん、ちょっと待てよ、ここまで無駄に話が長くなってるな……読んでくれてる人が飽きちゃいそうなので、ここで豚丼の画像を貼っておこう。
はい、豚丼。

さとうのぶた丼 片江店

豚丼画像、いかがだったでしょうか。
俺も豚丼のイメージを脳内に浮かべつつ、チャリを漕いでいたわけです。

もうだいぶチャリ漕いでるなぁ、そろそろ目的地に近づいてるよなぁ、そう思い地図を見ると、あともうちょっとって感じだなぁ……と、思っていたら。

さとうのぶた丼 片江店

うん? あれ? いま通り過ぎたのは……豚丼?
風にはためくノボリに、豚丼って文字が踊っていたような?

しかし地図を確認しても、そこは目的地ではなかった。
しかし、やっぱここって「さとうの豚丼」なんじゃない?
戻って確かめてみる。

さとうのぶた丼 片江店

おぅ、やっぱ「さとうの豚丼」だわ。
もうちょっと先だと思っていたら“急にたどりついてしまう”って感じだった(余談だが、そういうタイトルの映画があるのです)。
うん、なんか頭に疑問符が残ったままだが、ここなら入ろう。
とにかく店に入って、テーブル席に着いた。

さとうのぶた丼 片江店

卓上には豚丼のメニュー、そして屋号も記されているから間違いなくここは「さとうの豚丼」だ。
よし、安心した。
安心したので、まずは焼いた豚をアテにしてビールとか飲めるかな、とスタッフに声をかけた。
残念ながらビールは、まだ用意ができておらず、今の時間帯は焼酎しか出せないとのこと。
うーん、仕方ないね、まぁ昼(俺が立ち寄ったのは12時ちょい過ぎだった)だから仕方ないね。

では、豚丼だ。
注文してしばし、いよいよ豚丼が出てきた。

さとうのぶた丼 片江店

うわぁ〜。
これよ、これ。
こういうのが食いたかったのよ。

厚みもあり面積もある豚肉が、タレを絡めて焼かれており焦げ目なんかが魅惑的。
さっそく食うと、期待通りの、これが豚丼なんだなぁという満足感を得た。

ようやく豚丼を食って満足し、気持ちが落ち着いて、ふと気づいた。
俺が目指していたのは七隈にある「さとうの豚丼」だが、ここって兄弟店ってか二号店的なものか、と。
そう考えて店内を見渡すと、こう言うと失礼かもしれないが内装とか急いでカタチにしましたって感じがある。

さとうのぶた丼 片江店

そこでググってみたら、なるほどこちらは片方店ということなんだ。
うむ、そういうことか。
本店を目指していて、予期せず二号店に先に辿り着いたというわけか。

店内の壁には、豚丼以外の品書きがいろいろ貼ってある。
夜は居酒屋っぽい使い方も、ちょっとはできそうだね。

それにしても豚丼ってうまいなぁ。
俺が食いたいと思ってたのってこれだよね、っていう満足感を得たよ。

↓「食べログ」での店舗情報

さとうのぶた丼 片江店豚丼 / 七隈駅福大前駅金山駅

力強く昼前から飲めると宣言する嬉しい居酒屋「からコロ亭 鳥飼店」福岡市城南区鳥飼

九州のローカルスーパー「マルキョウ」が好きで、毎週WEBチラシをチェックして目当ての安売りがある日に買い物に出かける。
とはいえ、住んでいる場所の近くには店舗がなく、強いて最寄りと言えるのは「マルキョウ別府店」だがチャリで20分弱かかっちゃうかなぁって距離だ(が、安売りのためなら行くのだ)。
で、その行き帰りに、気になる通りがあって。

からコロ亭 鳥飼店

こちらの通り、城南区の保健福祉センターの裏手辺りで住所的には鳥飼。
チャリで別府橋を渡るには、この通りからアプローチするのがいいのだ。
ただマンションが建ち並んでいるようでいて、けっこう飲食店が豊富にあるなぁと気になっていた。
しかしまぁ安売り目当ての買い物前後では、じっくり観察してみようという余裕はあまりなくて。

日差しが厳しくなく涼しい風も吹いて、時間にも余裕があった日に、歩いて「マルキョウ」まで行ってみた。
この機会に、上記の通りをゆっくり眺めてみた。
すると、素敵なメッセージを投げかける路上看板に目がとまった。

からコロ亭 鳥飼店

素晴らしいな“昼から居酒屋全開”って。
昼酒が好きな俺の心に刺さりまくるフレーズだよ。

からコロ亭 鳥飼店

その店は「からコロ亭 鳥飼店」だ。
えっ? と思ったよ、ここにもあるんだ「からコロ亭」って、と。
警固の店舗は昼酒で何度か利用したよ「からコロ亭」って、と。

からコロ亭 鳥飼店からコロ亭 鳥飼店

これは間違いないな、「からコロ亭」ならガッツリ飲めるなと店内へ。
まずビールと、本日のおすすめからブリ刺380円也。
刺身は夜しか用意してない、なんてことは一切なしで“昼から居酒屋全開”って看板に偽り無しだね。

からコロ亭 鳥飼店

昼から居酒屋でありつつ、ランチ需要もしっかり満たせる。
警固の店舗と同様、メニューはやたらと多い。
店頭では弁当も販売してて、全周囲に対応するオールラウンダーって店だなぁ。

からコロ亭 鳥飼店

入り口右手が弁当販売、左手が店舗への入り口。
店舗はカウンターとテーブル席が、奥には座敷もそこそこあるようで、どうやら昼から宴会をしているグループ客があるようで厨房はオーダーをさばくのに忙しそうだった。
それはそうと、店内に設置されたテレビ、やたら何度も電源が落ちてたんだけど。
どうもブレイカーが落ちてたっぽいのだが、電気工事屋さんの計算違いで配電に不都合が? まぁ厨房機器に影響はないようなので大丈夫なようだったが。

からコロ亭 鳥飼店からコロ亭 鳥飼店

安いポン酒があって、常温で2杯分注文。

からコロ亭 鳥飼店

タコの唐揚げをポン酒のアテに。

本当に昼間っから居酒屋全開で、どっしり飲めたな。
後客も多く訪れ、活気もあったな。
警固の店舗は昼下がりは一人で店を回してたようだったし昼下がりの客足は寂しいものだったが、こちらはスタッフも多く賑やかだった。
ま、警固のほうも静かにまったり昼酒できて、それはそれで好きなのだが。

しかし、この数日後に残念な現実を知った。
いつのまにか警固の店舗は閉店していたよ……無常だなぁ。
うーん、昼からメシ食えて酒も飲めてって店は、警固の空気にそぐわなかったのかなぁ。
あるいは、ある程度のファミリー層の世帯があって、近所付き合いで昼から地元の集まりで会食とか宴会って需要がないと難しいのかもって気もする、警固は単身世帯が多そうだし。

鳥飼の店舗は末長く賑わうといいなぁ。

↓「食べログ」での店舗情報

からコロ亭 鳥飼店居酒屋 / 別府駅六本松駅

今も変わらず25時間営業を標榜する「黒田屋」樋井川店で充実の昼酒を楽しんだ

店の存在を知る者には“25時間てww”とイジられる「黒田屋」なのですが、そもそもその存在は広く知られてはいない気がする「黒田屋」なのです。

25時間営業黒田屋

何店舗かあるんだけど、出店ロケーションが偏ってんのよね。
筑紫野市が本店のようだが福岡市内にも展開しており、だけど南のエリアに偏ってんの。
博多区や中央区には一切なし。
だから、城南区や南区に住んでる人は知ってるかもしれないが、福岡市全体では存在への温度差がかなりあるよね。

そんな「黒田屋」の樋井川店に、わざわざ昼酒を楽しむために出かけました。

25時間営業黒田屋

わざわざ、というのは今の俺の行動圏からは離れてるんだけど、南区に住んでて頃けっこう利用してて思い出深いので懐かしさもあって訪問したというわけです。

さて、大池通りと油山観光道路が交わる島廻橋西交差点の近くにある「黒田屋」は、車でのアクセスが便利であろうし店先の駐車スペースもそこそこあって、いかにもロードサイドのメシ屋ってな風情です。
タクシー乗務員とかルート営業みたいな客層の利用が多かった覚えもある。

25時間営業黒田屋

店先にメニューと料理サンプルが掲示されていて、うどんやラーメンといった麺類、定食や丼にカレー、鍋ものもあって焼肉もできると、もうなんでもあるヨってな欲張りなラインナップであり、どんな客層のニーズにも対応できそうだ。
なんでも来い、みたいなこういう雑多なノリって楽しい。


だが今回はメシを食うのではなく昼酒を飲みに来たのである。
以前は俺は、朝メシを食うために利用していたので、ここで酒を飲んだ記憶はない……多分、いやビールくらい飲んだかもしれんが。
明け方の時間帯、夜勤を終えてのタクシー乗務員たちの酒盛りを何度か目撃していた。
早朝の酒盛りができるんだから昼酒も楽しめるはずだと期待しての訪問だ。

ところで俺は重度の喫煙者なので酒を飲む場が禁煙だと苦しい。
訪れたのは平日の13時台で、もしかしたら禁煙タイムかもしれんと店員さん(だいたいがオバチャンである)に確認すると、今の時間帯は分煙対応とのこと。
店に入って右側に大池通りに面して大きく窓のあるテーブル席のエリアがあり、そちらは禁煙。
入って左には小上がりもあるエリアがあって、そちらは喫煙可。
当然、喫煙可のエリアへ。

25時間営業黒田屋

喫煙エリアのテーブル上にはアホほど灰皿が積まれており、そんなには要らんだろと思わず失笑する。

25時間営業黒田屋

さて、酒を楽しむ態勢が整った。

25時間営業黒田屋

まず瓶ビール、キリンラガー瓶があって嬉しい。
グラスも冷やされていて、いい感じ。

25時間営業黒田屋

チューハイや、スミノフアイスなんて小洒落たものもあり、メシだけじゃなくアルコールもいろんなニーズに対応できそうだ。
それはそれとして、今はビールのアテについて考えよう。

25時間営業黒田屋

ピントが合ってない画像で恐縮だが、酒のアテになるもののメニューがあったので眺めてみると、そんなにアイテム数は多くないけどなかなか酒が進みそうなものがある。

25時間営業黒田屋25時間営業黒田屋

鶏胸肉の燻製、玉子焼きを注文した。
どちらも税込み270円と、お手頃価格で嬉しい。
鶏胸肉の下には、そこそこの量のスライスオニオンが敷かれており、それを添付のタルタルソースっぽいもので食べるのも美味しい。
玉子焼きは手作り感があって、ふわっとした食感で味付けは甘い。
甘い玉子焼きには、ポン酒を合わせたい。

25時間営業黒田屋

徳利で出てくるのが嬉しいポン酒と、とり皮税込み280円也を併せて注文。
ポン酒は銘柄のわからない“清酒”だが、十分に飲める味。
とり皮は、食感コリコリっていうよりゴリゴリしてて、これはちょっと失敗したなぁと思った。

さてこの店には、お楽しみがある。
スポーツ新聞を含めて新聞が何種類か用意されていて、それを眺めるのも「黒田屋」の楽しみなのだ。
スポーツ新聞って、普段は目にするものではないので、たまに見ると楽しいのだ。
もっとも俺はスポーツ全般に興味がないので、野球とかの記事は一切見ない。
楽しいのは、低俗な芸能ニュースとエッチな記事のページだ。

25時間営業黒田屋

アホらしくもゲスな気分になって、妙に楽しい。
風俗記事のライターの独特の言い回しやアホなフレーズが、なんか面白くて好きなんだよね。
もっとも、スポーツ全般に興味がないがプロレスは少し好きなのでプロレスの記事は読むのだがスポーツ新聞でもプロレスを扱う媒体は少ないのが残念です。

ところで、この店を利用していたのは主に明け方である。
博多区で夜から明け方まで仕事をしていた時期があり、仕事明けに南区へ帰宅する際に部屋を通り越して「黒田屋」まで来てメシを食っていたのです。
だが、主に何を食っていたのかが、思い出せずにいた。
今回、酒を飲みながら食べものメニューを割と真剣に眺めていたら思い出したよ。

25時間営業黒田屋

もっぱら、チキンカツ定食を食っていたんだった。
カツにソースが添えられていて、それはデフォルトでは中濃ソース見たいな感じなんだけど、オプションでミートソースを選択できたので、いつもミートソースにしてもらっていた。
フロアのオバチャンが厨房にオーダーを通すとき“チキンカツー、ミートでー”と言っていたのも思い出した。
明け方という時間帯にしてはヘビィな定食だが、俺には仕事明けでハラ減ってる時間帯なのでガツガツと食ってたな。
あと、たまにラーメンも食ってた気がする。
仕事明けではあるんだが酒を飲みながらやってたから、ここに来る頃にはもうアルコールを欲してなくて、純粋にメシを求めていたので「黒田屋」で酒を飲んだ覚えはあんまりない。

さて、楽しい昼酒だった。
以前と変わってない空気があって、ああ「黒田屋」だなぁって気分も楽しめた。
と同時に、出店エリアが偏っているのが改めて惜しいなぁと思った。
「黒田屋」、中央区に出店してくれたらすごく嬉しいんだけどなぁ。
どうですか「黒田屋」さん。

↓「食べログ」での店舗情報

黒田屋 樋井川店定食・食堂 / 七隈駅福大前駅金山駅

最近書いた記事


カテゴリ


プロフィール

どうも、割った鍋です。
食べたり飲んだり、飲んだり。
九州在住、大阪常駐。

大衆酒場、立ち飲み屋、酒屋の角打ちが好きです。

重度の喫煙者であり、昼酒を好むという、社会的にちょっとアレなオッサン。

2014年9月24日開設


割った鍋へのメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索


リンク

各地の飲み屋情報を発信しているサイトをリンクさせてもらってます

<全国>
「立ち呑み@酒店」
全国の酒屋の角打ち、立ち飲み屋についての情報がエリア別に掲載されている
「激渋食堂メモ」
日本あちこちに今も残る、渋くて味わい深い大衆食堂を地域別に紹介しているサイト

<関東>
「居酒屋礼賛」
東京の情報には限らないのだが都内の味のある酒場の情報が豊富で魅惑的かつ地域別インデックス便利
「酔(すい)のどうでしょう?」
東京都内の居酒屋・大衆酒場・古典酒場・立ち飲み・センベロ酒場を飲み巡るブログ

<東海>
立飲み人生劇場
更新が停止していて残念だけど名古屋の魅力的な立ち飲み、角打ちできる酒屋の情報が

<関西>
「日本全国B級グルメぐるぐる紀行」
関西各地の味のある酒場を詳しく紹介してくれる指針になる情報量
「関西女のプチ日記」
他のどこにも載ってないような素敵なディープ飲み屋情報満載の関西酒場ガイダンス
「やまでらのぶらりグルメ&ぶらり日記」
行きたくなる飲み屋がたくさん紹介されてる関西飲み屋巡りの強い味方
「カンクロが行く」
大阪府のローカルなとこまで行く。日記のような数行のセンテンスに静逸なセンスを感じる
「関西安酒場」
更新が止まっているようで残念。バス路線沿いの酒屋などまで簡潔ながら貴重な情報

<九州>
「黒崎~小倉@北九州の居酒屋&BARを制覇せよ!」
ネット上に情報の少ない北九州の酒場を紹介してくれる有り難いサイト

このブログをリンクに追加する
リンクフリーでございます(^ヮ^)

【広告】Advertisement