福岡市の食堂ベストを選ぶとすれば必ず上位に入れるべき店「ふじや食堂」福岡市早良区西新

<追記:2020年06月13日>
コロナ禍に起因する自粛明けに、店の安否を確認するシリーズ。

ふじや食堂ふじや食堂

大好きな西新のメシ屋、「ふじや食堂」へ行ってみた。

ふじや食堂ふじや食堂

健在の様子。
店先のメニュー案内ボードで持ち帰りできることがアピールされていて、“ウィズコロナ”だよなぁ。

ふじや食堂ふじや食堂

平日の昼メシ時、普通に賑わっていて良かった。
混雑しているという程ではなく、いい感じに活気があった。

ふじや食堂ふじや食堂

大好きなカツ丼、いつもの美味しさ。
またこの店のカツ丼が食えて、嬉しい。

「ふじや食堂」の健在を確認したのは2020年06月02日

<初回投稿:2020年02月24日>
福岡市にある食堂のなかでは、すごく大好きだ「ふじや食堂」。
初めて立ち寄ったのは2018年の初夏って頃だったな。

食堂ふじや食堂ふじや

事前に存在を知っていて、場所を調べておかないと辿り着かないようなロケーション。
俺にとってはそうだったが、この近所の学生にとっては先輩から後輩へと代々情報が引き継がれて親しまれている食堂なんだろうと思う。
看板に学生料金が明示されているように、ここは西南大学生御用達のメシ屋なんだろうね。

食堂ふじや食堂ふじや

メニューは豊富、かつ学生が好んで食いそうなラインナップ。
そこそこ低価格に抑えられている。

食堂ふじや食堂ふじや

店内は、昭和の食堂って雰囲気。
合宿所とか民宿の食堂って風情でもあるかな。
注文は紙に書いて店員さんに渡し、お茶はヤカンから自分で、食べ終えたら自分で食器を下げる。

食堂ふじや食堂ふじや

カツ丼は、甘さが前面に出ていて、汁だく。
お上品な味わいではないが、キャッチーだと思う。

次いで、6月の下旬にもまた利用した。
学生にがっつり食べてもらうための食堂って方向性だと思うから、いい歳こいたオッサンである俺がお邪魔するのは気がひける部分もあるんだが、ここって福岡市総合図書館映像ホール・シネラで映画を観たあと、あるいは二本の映画をハシゴする合間にメシ食うのに良い立地なんだよね。
もっとも総合図書館内にレストランはあるし、TNC放送会館内の飲食店のほうがシネラから近いんだが、楽しくない。
ちょっと歩いても「ふじや食堂」でメシ食ったほうが幸せになれる。

カツカレーをいただいた。
無造作に、手作りのカツがちょっと多めで、嬉しい。

食堂ふじや食堂ふじや

2019年の8月にも立ち寄ってる、やはりシネラのあとで。
岡本喜八の特集上映をやってた時期だな。

食堂ふじや

無意識にカツ丼を注文してたと思う、俺はこの店のカツ丼がすごく気に入っていたようだ。
この店でこそ、という独自性を感じるカツ丼だと思うんだよね実際のところ。

直近は2020年の1月24日、シネラでハシゴの合間に。
初めて訪れたときと、変わらない外観。

食堂ふじや食堂ふじや

ただ、ちょっと値上げしてるね。
でもそれは、店は悪くない。
無能政権のファッキン消費増税のせいだ。

食堂ふじや食堂ふじや

店内の様子も変わりなく、もはや懐かしいって気分になる。
最初に利用した頃と違って、今は大阪に常駐してる俺にとって、ほんと懐かしいって感じるよ。

食堂ふじや食堂ふじや

またもやカツ丼。
この店自体も好きだけど、この店のカツ丼のことがそうとう好きなんだな俺は。

酒場にせよ食堂にせよ“古き良き”という店があまり残っていない福岡市において、この「食堂ふじや」は希少な存在だと俺は思う。
できるだけ末長く、営業を続けていて欲しいなぁと願う。
まぁ、西南の学生さんが支持していてくれる限り、大丈夫なのかな。
でもまぁ、俺もちょっとは売り上げに貢献させて欲しいので、学生食堂にオッサンが立ち寄るのもアレかとは思うが近くに酔った際には利用したいと思う。
いや利用させてくれ。

この店に最初に行ったのは2018年05月12日
↓「食べログ」での店舗情報

ふじや食堂定食・食堂 / 西新駅藤崎駅

手軽で安いだけでいい「インデラ」福岡市早良区西新

更新をサボっていた時期の積み残し……この店に行ったのは2018年03月下旬。

小さな庶民的カレー屋、「インデラ」。

インデラインデラ

わざわざ“ハトヤ新道商店街”という名称がついている小規模に入り組んだ路地にある。
目立たないロケーションだが昔からずっと営業してるから、それなりに利用客は多いんだろう。
パチ屋の脇という立地でもあるから、パチンカスの利用も少なくないんだろう。

インデラ

価格設定は低めで“人気No.1”と謳われているチキンカツカレーが550円。
安いよね、そして速い。

インデラ

安くて速いから利用し易い。
そして味には、文句はない。
用事の合間に“ここでいいか”ってノリでサッとメシを済ませられる。
俺は「福岡市総合図書館映像ホール・シネラ」で映画を見る前の腹ごしらえに利用することが多かったな。

とりたてて大好きな店というわけではないが、なんとなく好きな店だ。

↓「食べログ」での店舗情報

カレーの店 インデラカレーライス / 西新駅藤崎駅

鮨であり呑みくい家であり「魚と肴」福岡市早良区西新

寿司屋さんに行きたいというリクエストに応じて、『西新オレンジ通り飲食街』の「魚と肴」へ。

魚と肴魚と肴

店先の看板には“鮨”の一文字に添えて“呑みくい家”とあって、これは飲めるな、と。
寿司屋へ行ったらおむむろに“お決まり”を注文する、というのが好きではなく、まずひとしきり酒を飲むことが好きなので、飲める寿司屋が好きなのよね。

魚と肴

赤星があって良い。
メニューでは瓶ビールはキリンとサッポロと記載があり、キリンは一番搾りだったので残念。
キリンラガーと赤星が並び揃っていれば素敵だったのにね。

魚と肴魚と肴

五種盛りで飲もうとしたら、同行者がおもむろに“大将おまかせ握り9巻”を注文して虚をつかれたが、まぁ仕事帰りで空腹だったんだね。

魚と肴魚と肴

そのあとも注文は続く。
鯛のあら炊き、ぎょくの天ぷら。

魚と肴魚と肴

穴子の握り、賄い納豆、海鮮茶碗蒸し、菜の花の天ぷら等々。
ほとんどが同行者の希望で、本当に健啖家で驚く。

魚と肴魚と肴

俺は食うよりも飲むほうに熱心で、安いマスプロダクトの「恒の月」から初めて「出羽桜」とか「東一」とか「酔鯨」など、思うままに杯を重ねるが注文する銘柄を帰るごとに猪口を変えてくれるサービスが嬉しい。

魚と肴魚と肴

寿司屋に来たら鉄火とカッパというのがいつものパターンで、やっぱりここでも。
だいたい俺は日本酒と鉄火とカッパで締められたら、それで気が済むのよ。
でも今回は贅沢してトロウニなんて注文しちゃったよ、すごくうまい。

魚と肴魚と肴

店内は、寿司屋というよりコンパクトな割烹という雰囲気かもしれない。
カウンターにネタケースはなく、オープンキッチン内の空間も板前の厨房といった様子。
まぁ飾らない感じ、という言い方もできるかな、そして俺には喫煙可なので嬉しい。

厨房内での大将の仕事っぷりを眺めていると、特に汁物をこしらえる所作が背筋が伸びて印象的だった。
だから赤だし美味しいだろうなと注文してみたが、なかった。
替わりにアラ汁を同行者が注文したので、ちょっと啜らせてもらったが美味しかったな。

ところどころ寿司屋然としてないない部分があって、そこが飲み屋として使い易い面でもあると思った。
好きな感じの店だわ。

↓「食べログ」での店舗情報

魚と肴寿司 / 西新駅唐人町駅

庶民的かつ新鮮な赤いトマトが豪華な冷やし中華「あっぱれ食堂」福岡市早良区西新

とにかく冷やし中華を食ってばかりの2018年、夏。

平日の請け負い仕事は大名だから、昼メシは大名とか天神になって冷やし中華を食える店はそのエリアではもう尽きたのではないかと停滞を感じていた。
週末は行動圏を縛られないので西新の商店街へ冷やし中華を求めて行ってみた。

ある程度のアタリをつけていたが、「あっぱれ食堂」に冷やし中華があった。
いやメニュー表記は冷麺だけどね、福岡では冷やし中華じゃなくて冷麺って表記および呼称する店が多い気がする。

あっぱれ食堂あっぱれ食堂

この店のことは以前から存在を認識していて、いい感じの昭和な食堂な予感もあったが、店先のメニューサンプルをみると価格帯は大衆食堂にしては意外に高いなぁという印象があって敬遠しちゃってた。
が、冷やし中華を食うために値段は気にしないことにする。

あっぱれ食堂

階段で2階へ、けっこう広い店内は明るく、古びた昭和の雰囲気もありつつ清潔感も。
食堂というより居酒屋っぽい店内レイアウトだなって気も。

あっぱれ食堂あっぱれ食堂

冷やし中華を注文、しばし待つ。
フロアのスタッフは気さくかつホスピタリティを感じる接客で好印象。

あっぱれ食堂

冷やし中華が提供されて、まずトマトに目がいった。
観察すればトッピングの種類は少ないのだが、頂上にトッピングされた海苔がチャーミングだし、その海苔の黒とのコントラストが鮮烈に赤いトマトが、これ丸々1個なんじゃないのという分量。
安いものじゃないのに、こんなに惜しげも無くトマトを使ってあるなんてと嬉しくなった。

味は、甘くて酸っぱくて王道の冷やし中華で、美味しくいただきました。

あっぱれ食堂

伝票も、ちょっと味わいがあった。
この店は機会があれば、食堂飲みを試したい。

↓「食べログ」での店舗情報

あっぱれ食堂定食・食堂 / 西新駅

通し営業で助かる町のレストラン喫茶「定食レストラン 衣笠」福岡市早良区西新

町のレストラン喫茶という雰囲気の外観に、なんだか懐かしさとホッとする感じ。
たしか“おもしろ21”とかってネーミングの路地にある「定食レストラン 衣笠」。

衣笠食堂衣笠食堂

土曜の14時台後半にランチを求めると、15時からアイドルタイムの中休みに入る店が多くて困ったりする。
ここもそうかもしれないと思いつつ店を覗いてイケますかと訊くと、大丈夫ですと。

衣笠食堂

外観にはノスタルジックな気分があったが、店内はそれはあまり感じず、ちょっと洒落た喫茶店っぽい。

衣笠食堂衣笠食堂

メニューを眺めると少し揚げ物偏重な気もしつつラインナップはなかなか豊富で、どれを注文するか迷うので人気No.1であるらしい「衣笠定食」を選ぶ。

衣笠食堂衣笠食堂

エビフライ、白身フライ、チキンカツというミックスフライ定食的な主菜の布陣に、ハンバーグが加わることでバラエティ豊かさを感じる。
ライス、たくあん、味噌汁が付いて680円(たしか税込みだった)。
いろんなオカズが一皿に持ってありお子様ランチ的に楽しいというのがあって、味も及第でリーズナブル。

昼メシのタイミングを逃したときに通し営業で助かるので、また立ち寄るかも。

↓「食べログ」での店舗情報

衣笠洋食 / 西新駅藤崎駅

最近書いた記事


カテゴリ


プロフィール

どうも、割った鍋です。
食べたり飲んだり、飲んだり。
九州在住、大阪常駐。

大衆酒場、立ち飲み屋、酒屋の角打ちが好きです。

重度の喫煙者であり、昼酒を好むという、社会的にちょっとアレなオッサン。

2014年9月24日開設


割った鍋へのメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索


リンク

各地の飲み屋情報を発信しているサイトをリンクさせてもらってます

<全国>
「立ち呑み@酒店」
全国の酒屋の角打ち、立ち飲み屋についての情報がエリア別に掲載されている
「激渋食堂メモ」
日本あちこちに今も残る、渋くて味わい深い大衆食堂を地域別に紹介しているサイト

<関東>
「居酒屋礼賛」
東京の情報には限らないのだが都内の味のある酒場の情報が豊富で魅惑的かつ地域別インデックス便利
「酔(すい)のどうでしょう?」
東京都内の居酒屋・大衆酒場・古典酒場・立ち飲み・センベロ酒場を飲み巡るブログ

<東海>
立飲み人生劇場
更新が停止していて残念だけど名古屋の魅力的な立ち飲み、角打ちできる酒屋の情報が

<関西>
「日本全国B級グルメぐるぐる紀行」
関西各地の味のある酒場を詳しく紹介してくれる指針になる情報量
「関西女のプチ日記」
他のどこにも載ってないような素敵なディープ飲み屋情報満載の関西酒場ガイダンス
「やまでらのぶらりグルメ&ぶらり日記」
行きたくなる飲み屋がたくさん紹介されてる関西飲み屋巡りの強い味方
「カンクロが行く」
大阪府のローカルなとこまで行く。日記のような数行のセンテンスに静逸なセンスを感じる
「関西安酒場」
更新が止まっているようで残念。バス路線沿いの酒屋などまで簡潔ながら貴重な情報

<九州>
「黒崎~小倉@北九州の居酒屋&BARを制覇せよ!」
ネット上に情報の少ない北九州の酒場を紹介してくれる有り難いサイト

このブログをリンクに追加する
リンクフリーでございます(^ヮ^)

【広告】Advertisement