岸和田にも酒屋で角打ちする文化があるんだねぇ「酒ショップナガハシ」

岸和田を訪れるにあたり、事前にネットで飲み屋情報を拾おうとしたのだが芳しい結果は得られなかった……のだが、各地情報が拾えたんだよねぇ。
岸和田に角打ちできる酒屋があるんか、そりゃ行ってみねばと。

ナガハシ:外観

「酒ショップナガハシ」。
アーケードから逸れて路地をフニャフニャ進んだら辿り着けた。

もう、なんか普通に酒屋って感じだったね。
ただフロアに低めの、応接室みたいなテーブルと椅子が用意してあった。
俺がフラっと訪ねたら、店の人たちが座って寛いでいた。
ここで飲めます? と訊くと、椅子を空けて座るようすすめていただいた。
なんか恐縮しちゃうな。

なんか面白い酒ないかなと売り場の冷蔵ショーケースを物色し、変わったラベルのビールを。

ナガハシ:酒

ミツボシビールっていうの。
俺は地ビールとかクラフトビールってぜんぜん詳しくないんで、こういうのがあるのか〜と物珍しさで選んだが、しまったラベルをよく見たら愛知県のビールじゃん……岸和田で愛知のクラフトビールを飲むって、なんか変だよね。
ま、いいか。
グラスを出してくれて、美味しくいただきました。

飲んでる間、店の人はカウンター脇に姿勢を正して立ってらして、接客してくれる構え。
いやなんか気をつかわないでください、店の仕事をしてくださって結構ですとお願いする。
角打ちはねぇ、基本的に客放置でも構わないんよね。

立ち飲むためのカウンターも見当たらないので、あまり角打ち対応は想定されてないのかしらんと思ったが、レジ横には乾きものとかベビーチーズとかが小皿に用意されてて、これは角打ち対応だよねぇと思う。
チョコをいただきました。

ナガハシ:料理

常連さんが会社帰りに集う場所、みたいな感じなのかな。
昼下がりに見知らぬオッサン(俺)が現れたので、ちょっと店の人もドギマギしたのかも。
とても丁寧に対応していただいたので、俺がちょっとドギマギしたわ。

この辺りでは角打ちって言葉は使わないと思うが、岸和田にも酒屋の立ち飲み文化があるんだと確認できて嬉しかった。
他にも立ち飲める酒屋はあるようだったが、今回はここまで。

「酒ショップナガハシ」大阪府岸和田市五軒屋町18-4

岸和田で昼から飲める店は少ないようだが「歩ッ歩や」は14時開店でありがたい

岸和田に行くことになって、ネットで飲み屋情報を拾おうとした。
荒っぽい土地柄のイメージがあり、ならば昼間っから酔っぱらえる店が多いんじゃないかと思ったのだが(北九州の小倉みたいにね)、期待に反して昼飲み情報はほとんど拾えなかった。
つーか、飲み屋情報そのものが少なくて、岸和田市民はネットとの親和性が低いんだろーかと思ってしまった。

しかし、実際に歩いてみれば昼から飲める店が見つかるかもしれんと南海本線岸和田駅を出てウロウロしてみたが、開いてる飲み屋は見当たらなかった。

ウロウロするのを諦め、14時からやってるという希少な情報を拾えていた「歩ッ歩や」という居酒屋へ。

歩ッ歩や:外観歩ッ歩や:外観

駅前のアーケード街にあり、駅から歩いてすぐ。
小ぢんまり、渋めの店構えだ。

歩ッ歩や:店内

店内のメニューを見ると居酒屋メニューがいろいろあるが、推しメニューは関東煮(かんとだき)のようだった。
先客があったが俺とほぼ入れ替わりみたいなタイミングでお帰りになり俺一人になったので、店の大将といろいろ会話しながらオススメを訊くと、やはり関東煮をすすめられた。
それも良いが、岸和田は魚介が旨いみたいな話も聞いたので、なに注文しようかゆっくり考えることにする。
だが考える前に、まずはビールだ。

歩ッ歩や:酒

キリンラガー瓶があって嬉しい。
大瓶550円。

歩ッ歩や:メニュー歩ッ歩や:メニュー

ビールを飲みつつメニューをじっくり眺めて、はもの湯引き、関東煮を注文した。

歩ッ歩や:料理歩ッ歩や:料理

はも、なかなかうまかった。
関東煮は大将のオススメで、ねぎま、豆腐を。

大将はフランクな接客で、岸和田の飲み屋事情とか、だんじりのことなんか話してくれた。
会話がはずむので酒もすすみ、ポン酒もいっといた。

歩ッ歩や:酒

やがて団体客が訪れたので、忙しくなりそうだなと会計をお願いした。
ジャスト2,000円だったな、納得のリーズナブル価格。

岸和田で貴重な昼から飲める居酒屋、なかなか良いなと思ったよ。

↓「食べログ」での店舗情報

歩ッ歩や居酒屋 / 岸和田駅蛸地蔵駅和泉大宮駅

東岸和田駅の近く泉州卸商業団地の食堂の屋号がわからねぇ

初めて岸和田に足を踏み入れました。

岸和田って、だんじり祭で毎年のように死傷者が出るんだよね……といった情報しか俺は持っていなかったから、それはもうすごく荒っぽい土地なんだろうと想像していた。
だから岸和田に行くなんてことは、死ぬまでないと思ってた。
同じ大阪でも、西成は怖くないが岸和田は怖ぇーなと思ってたんだよね。

仕事絡みの要件で、岸和田を訪ねることになりました。
阪和線の東岸和田駅に着き、改札をくぐる前に心の準備をしました……駅を出て2秒で荒っぽい男衆にボコボコにされるかもしれない……
いやそんなことなかったんだけどね。

岸和田って、なんか静かで穏やかなところなんだね。
よく知らんけど、大阪市のベッドタウンみたいな感じなの?

東岸和田駅東岸和田

訪れたのが、だんじり祭の一週間前ってタイミングだったんで、駅や大通りに提灯が飾られたりしてたけどね。

さて、初めての地だから時間に多めの余裕を持って着いたし昼どきなので、メシ食おう。
とりあえずメシ屋を求めて当てもなく歩き出した。
駅から近くに、問屋の集合体だか流通団地みたいなのがあって、そういうとこ見るの好きだから立ち寄ってみた。
泉州卸商業団地というところ。
そこで、とても惹かれる看板が目に入ったんだよ。

泉州卸商業団地の食堂:外観

すし うどん

泉州卸商業団地の食堂:外観

その組み合わせ、どちらも平仮名で書いてあること、看板自体の朴訥なデザイン、などに惹かれた。
よし、そこでメシ食おうと即決したね。

泉州卸商業団地の食堂:店内

店舗外観も素っ気ないが、入口も飾り気がない。
もしかしたら商業団地の職員しか利用できない食堂かしらんと思ったが、普通に入れた。
テーブル席がいくつも並び、家族連れっぽい客もあった。
俺はカウンターへ。

寿司はなぁ、ポン酒といっしょじゃないとなぁ、でも今から用事があるから酒は飲めんしなぁ……と、うどん食うことにしたのだが、あんまり安くないね。
大阪では、300円くらいまでしか払いたくなくないか、うどんに。
どうしたもんかと逡巡し、きつねうどん380円(+Tax)。

泉州卸商業団地の食堂:料理

大阪で、きつねうどんに380円(+Tax)も払うとは……と思いつつも普通に美味しくいただいていたら、横に座った団地で働いてるっぽい男性が寿司を次々に注文してドカドカ食い始めた。
くっ、俺も食いたくなるじゃねーか……。

本格的に寿司をつまむとポン酒が欲しくなるので、鉄火巻だけ追加注文しました。

泉州卸商業団地の食堂:料理

作り置きだったけど、美味しくいただきました170円(+Tax)。
ほかにも食いたかったが、それほど時間はなかったし、なにより酒が飲めないから止めておいた。

泉州卸商業団地の食堂:メニュー

すごく安くい、ってことはないけど、まぁ気軽に食える店かね。
なんか、あんまり商売っ気の見えない食堂っていう雰囲気が、ちょっと気にいった。

しかし、この店の屋号が判んないんだわ。
あとからググれば判ると思って確認してなかったわけだが、どんなにググっても確と確認できないのだ。
実は、岸和田に行くことが決まった時点で飲み屋の情報を拾おうとググりまくっていたんだが、なかなか有益な情報を拾えなかったんだよ。
岸和田って情報化社会の波に乗ってない街なのか、って思うほどだ。

岸和田の皆さん、いろいろ情報発信してください。

「泉州卸商業団地協同組合」大阪府岸和田市土生町4120番地

最近書いた記事


カテゴリ


プロフィール

どうも、割った鍋です。
食べたり飲んだり、飲んだり。
九州在住、大阪常駐。

大衆酒場、立ち飲み屋、酒屋の角打ちが好きです。

重度の喫煙者であり、昼酒を好むという、社会的にちょっとアレなオッサン。

2014年9月24日開設


割った鍋へのメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索


リンク

各地の飲み屋情報を発信しているサイトをリンクさせてもらってます

<全国>
「立ち呑み@酒店」
全国の酒屋の角打ち、立ち飲み屋についての情報がエリア別に掲載されている
「激渋食堂メモ」
日本あちこちに今も残る、渋くて味わい深い大衆食堂を地域別に紹介しているサイト

<関東>
「居酒屋礼賛」
東京の情報には限らないのだが都内の味のある酒場の情報が豊富で魅惑的かつ地域別インデックス便利
「酔(すい)のどうでしょう?」
東京都内の居酒屋・大衆酒場・古典酒場・立ち飲み・センベロ酒場を飲み巡るブログ

<東海>
立飲み人生劇場
更新が停止していて残念だけど名古屋の魅力的な立ち飲み、角打ちできる酒屋の情報が

<関西>
「日本全国B級グルメぐるぐる紀行」
関西各地の味のある酒場を詳しく紹介してくれる指針になる情報量
「関西女のプチ日記」
他のどこにも載ってないような素敵なディープ飲み屋情報満載の関西酒場ガイダンス
「やまでらのぶらりグルメ&ぶらり日記」
行きたくなる飲み屋がたくさん紹介されてる関西飲み屋巡りの強い味方
「カンクロが行く」
大阪府のローカルなとこまで行く。日記のような数行のセンテンスに静逸なセンスを感じる
「関西安酒場」
更新が止まっているようで残念。バス路線沿いの酒屋などまで簡潔ながら貴重な情報

<九州>
「黒崎~小倉@北九州の居酒屋&BARを制覇せよ!」
ネット上に情報の少ない北九州の酒場を紹介してくれる有り難いサイト

このブログをリンクに追加する
リンクフリーでございます(^ヮ^)

【広告】Advertisement