堺東で角打ちできる素晴らしい酒屋に出会ったよ「溝畑酒店」

俺は酒屋で角打ちするのが好きで、特にブログを始めてからは意識的に角打ちできる酒屋を探している。
それは角打ちできる酒屋についての情報がネット上にはそれほど豊富じゃないと感じて、俺もできるかぎりネット上に情報を共有させたい気持ちがあるからなのね。

角打ちってのは九州の方言みたいな面もあり、だから関西や関東では角打ち文化ってのは存在しないのかなっていうと、そうではない。
“角打ち”っていう言葉は使われなくとも、立ち飲みができる酒屋は各地にあるんだね。
そういう酒屋の情報を、各地の酒好きがネット上に共有してくれているの。
その恩恵にあずかって、堺東で訪ねてみたのが「溝畑酒店」。

溝畑酒店:外観

アーケード街に存在する、入口の両サイドにビールケースが積まれた酒屋。
こうもビールケースが積まれていれば、ここは店舗じゃなく倉庫なのかと思っちゃいそうだが提灯は灯っているし暖簾も出ているから営業してる店なんだねと判る……が、なかなか飲み歩きビギナーにとっては踏み込むのに勇気が要る外観だよね。

溝畑酒店:外観

暖簾の隙間から店内を窺うと、けっこう盛況。
金曜の夜ってこともあり賑わってるようだ、さっそく俺も入ってみる。

間口の狭さと比例して、店内もコンパクトに狭い。
入口から見て左右にカウンターがあり、どちらのカウンター側にも酒やアテが雑然と並んでいる。

溝畑酒店:店内溝畑酒店:店内

こういうゴチャゴチャした感じ、大好きだ。
フラリと迷い込んできた見知らぬ一見のオッサンである俺だが、店主も先客もウェルカムに迎えてくれた。
さて、まず何を飲もうか。

溝畑酒店:店内

おお、逆さにしてポワラーつけてウイスキーがいろいろあるなぁ!
酒屋の角打ちでは瓶か缶のビールやポン酒を飲むことが多いんだが、ここはウイスキーいっとこう。
オールドパーやヘネシー(ウイスキーじゃないが)があるのが昭和だなー、おっ山崎(10年かな)320円って安いなー、などと目移りしてしまう楽しさがある。
ジョニ赤をもらうことにした、ここの2軒前の飲み屋で飲み損なっていたので。

溝畑酒店:酒

飲みながら、九州から来たんだけど関西での酒屋の立ち飲み事情についてなど、店主や先客と話す。
みなさんオープンマインドな感じで楽しい、酒場って楽しいねと初心に返って再確認するような楽しさ。

ジョニ赤の次に、サントリーロヤルを。
ローヤルって、今はもうあんまり見かけない気がするよね。
昭和の昔、そう30年近く昔って、ウイスキー飲みにとってレッド→ホワイト→角→オールド→ローヤルって段階的にレベルアップしていくものって風潮があったと記憶しているが、もう角しか見かけなくないか?

ところでこちらは酒屋の角打ちだが、アテがやたら充実している。
乾きものだけじゃなく調理されたものがいろいろ用意されていて、そのアイテム数も豊富。

溝畑酒店:店内

俺は角打ちでは食いもの注文しないほうだが、なんとなく場の雰囲気で炒めものを。

溝畑酒店:料理

まぁウイスキーには合わなかったけどね。
それも気にならないんだ、陽気に飲んでたから。

商店街に唐突に存在している特異点な感じ、店先の排他感、店内の狭さと雑然とした様子、色褪せたカウンターの風格、店主や常連のフレンドリーさ、充実したウイスキー、多種多様な食いもの、そういったものが渾然としてトータルで素晴らしい店だねここは。
九州から離れた地で、これぞ理想的な角打ちじゃないかという店に出会えて嬉しかった。

この店を知れたのもネット上の情報のおかげなんで、俺も微力ながら情報を共有していきたいと思う。

↓「食べログ」での店舗情報

溝畑酒店立ち飲み居酒屋・バー / 堺東駅大小路駅花田口駅

活気があってスタッフは魅力的で良い立ち飲み屋だな「立呑み りえ。」堺東

堺東でハシゴ酒。
一軒目の「おたやん」を出る際に、こちらの盛況っぷりにスゲぇなと思っていたが、斜向いすぐの店にハシゴをかけるのもアレかなと別の店を一軒クッションにはさんで。
路地にあって、店先にもテーブル出してって様子がアジアンな雰囲気。

立呑み りえ。:外観

「立呑み りえ。」という店。
提灯や暖簾に“。”も記載されているので句点までが屋号なんだな。

かなり混んでいたのだが、独りなんで隙間に入り込めた感じ。
堺東の酒飲みは、混んでても客が来るとスペースを空けてくれるのが好印象。

明るい照明で厨房はオープンで、なんだか屋台みたいでもあるね。
おそらくコリアン系である女性店主と、他に2名の女性スタッフで運営している。
みんな、サバっとしていつつチャーミングでアトラクティブで良い。
客層は、女性目当てってより純粋に酔っぱらいであるようで、これも好印象。

ベタベタとメニュー短冊が貼ってあるのを見ると、コリアンな品々が。
じっくりメニューを検分したい気もしたが混んでるしオーダーは盛んに行き交うので、まずはサッサと一杯注文せねば運営に支障をきたすかもとプレーンチューハイ300円也を。

立呑み りえ。:酒

安くて良いなと思いつつ飲みながら、アテに何を注文しようか考える。
やっぱコリアンなものにするかと、鶏胸肉のコチュジャン焼き300円也を。

立呑み りえ。:料理

うん、なかなか良いね酒が進むぜ。
これはもう酒もコリアンなものを合わせるのが楽しいなと思った。
ビダン、という酒を注文した。

立呑み りえ。:酒

グビグビ飲んで、次にシーワンという酒を注文した。

立呑み りえ。:酒

違いがわからん!
ビダンってのは酒の種類でなく銘柄で、「緋緞」と書くのね。
シーワンもまた銘柄で表記は「C1」なのね。
ざっくり言えば、どちらも韓国焼酎チャミスルだっちゅーことかと店の人に訊くと、そんな感じと答えてくれた。

店の人と会話もしつつ飲んだのが、女性であることを前面に出したベタっとした接客がなく、それでいて魅力的でありつつ、それはそうとビダンもシーワンも300円だったんだけどメニューだいたい300円かよっていう安さと判り易さも楽しいなーと思ったね。
客も楽しそうに飲んでいて、なんというか庶民が楽しんでいる光景、ある種の猥雑さ(エロくはない)とでも言いたい気取らない空気が心地良い。
酒場らしい空気のある酒場だと感じた。
すごく良いね。

↓「食べログ」での店舗情報

立呑み りえ。立ち飲み居酒屋・バー / 堺東駅大小路駅花田口駅

外観は洒落てるといえば洒落ているね堺東「Belle」

大阪府堺市、南海電車の堺東駅で降りてハシゴ酒。
駅の近くに飲み屋密集エリアがあって楽しいね堺東。

Belle:外観

「Belle」という店に入ってみた。
コンクリート打ちっぱなしの壁にウッディなドア、赤い店名ロゴが洒落ている。

小ぢんまりとした店内にはL字カウンター、長辺のほうは常連で占められており、俺は短辺のほうに独り。
立ち飲みっぽい造りだったが、椅子が完備されていた。
ちょっとカジュアルなバーのようでもあり、飲み屋って雰囲気ではないな。
バックバーに、それほど豊富じゃなく酒が並んでいて選択肢が限られたなかからジョニ黒を注文した。

Belle:鮭

赤がよかったんだが、赤は空だったので黒にした記憶。
ワンテンポ置いて、チャームとしてミックスナッツがでてきた。

Belle:料理

いいよね、ミックスナッツ。
ウイスキーにナッツは合うので好ましいチャームである。

だがしかし。
ナッツってのは、ポリポリとのんびり齧るのが良いのであり、そんなに速攻でたいらげるものではない。
そうなるとメジャーでかっきりで計られた一杯のウイスキーでは足りず、おかわりすることになる。
一杯のウイスキーをちびちび味わえば良いのでもあろうが、ジョニ黒程度ではちびちびとは飲めない。
そういうわけで、やや不本意にもう一杯ということになってしまうのです。

ウイスキーを飲むこと自体は不本意ではあり得ない。

つまりどういうことかってーと、フラっと入ってみた店がそんなに気に入らなかった場合はサッサと飲み干して撤収したいと思うわけよ、でもナッツを残すのは忍びないので一杯余計に飲んでしまうってことなのよね。
こちらの店は、なんつーか飲み屋でもなくバーでもなく、なんか中途半端で女性店主と女性スタッフがいて客は常連の男ばっかりで加えて常連バリアー的なものも感じて居心地が悪かったというわけなんだ。
なんかなー、地方スナックみたいな空気もあったし。

ジョニ黒×2で会計1,700円だったから逆算してチャームは300円か。
ま、そんなもんかね、と撤収。

↓「食べログ」での店舗情報

スタンディングバー ベル立ち飲み居酒屋・バー / 堺東駅大小路駅花田口駅

初めて堺東を訪れて立ち寄った「おたやん」賑やかで良い立ち飲み屋だね

大阪にはちょこちょこ行っているが、だいたい大阪市にしか行ってなかったのです。
だが東大阪市の布施の魅力触れて、他の市にも興味をもったわけなんです。
飲み歩くフィールドとしての興味なんだけどね。

堺市も、飲み屋が充実してるんだなとネット上の情報で知った。
そしてそれは南海電鉄の堺東駅辺りに集中しているようだと判った。

堺東駅の西側は、なかなか賑やかに栄えていてアーケード街には多くの飲食店があり路地にも飲み屋がひしめく。
訪れたのは夜で物販の店などは営業を終えていたから、なおさら飲み屋が際立って見えたな。
金曜の夜でだったし、あちこちの飲み屋が賑わっているようだ。

おたやん:外観

「おたやん」という立ち飲み屋へ。
壁がなくオープンエアーな店舗だが、長い縄のれんで視界は遮られており店内は窺えない。
しかし多くの客の足元は見えて楽しそうに飲んでる声は聞こえて、こりゃけっこう盛況だなと判る。
ちょっと一見でフラリとは入りにくい感じはあるが、この店については事前に情報を拾って“行きたいリスト”に入れていたのでスルリと入りますよ。

L字カウンターの長辺の中程にお邪魔すると、左右の先客がさりげなくスペースを空けてくれて嬉しい。
さて、まずはビールだ。

おたやん:酒

キリンラガー瓶があって嬉しい。
LCCが遅延で定刻より2時間ほど遅れての大阪入りとなり、その足で堺東駅へ向かってのようやくありついたビールはことさらにうまいのであった。
まぁ平常時でもキリンラガーはうまいのである。

女性2人で運営されており、客はほぼ男ってな感じの店だね。
ただ客は客は女性店主と女性スタッフ目当てという様子ではなく、純粋に飲み屋として好んでいる雰囲気だ。
オープンマインドな空気があり、俺も隣で飲んでたオッチャンに話しかけられたり。

おたやん:店内

なかなかアテが数多くあって、おおむねリーズナブルな価格帯だ。
刺身に惹かれたが、刺身だとポン酒が欲しくなり深酒してしまうかもしれない。
この日はじめて堺東に北からハシゴ酒したいので、軽く丸焼かまぼこ150円也というものを注文した。

おたやん:料理

うん、お値段相応の軽い一品ね。
瓶ビールは大瓶で450円、天満の相場と較べりゃ安くないが、それは天満が安過ぎるのであって大瓶450円ってのは納得の安さだよね。
会計しめて600円。
フラっと立ち寄って軽く飲むのに嬉しい安さだよなー。

気楽に立ち寄れて賑やかな雰囲気で安く飲める、「おたやん」良い飲み屋だなー。
そして堺東(地元の人は“ガシ”と呼ぶようだ)は楽しい街だなー。

【広告】Advertisement
  

↓「食べログ」での店舗情報

おたやん居酒屋 / 堺東駅大小路駅花田口駅

最近書いた記事


カテゴリ


プロフィール

どうも、割った鍋です。
食べたり飲んだり、飲んだり。
九州在住、大阪常駐。

大衆酒場、立ち飲み屋、酒屋の角打ちが好きです。

重度の喫煙者であり、昼酒を好むという、社会的にちょっとアレなオッサン。

2014年9月24日開設


割った鍋へのメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索


リンク

各地の飲み屋情報を発信しているサイトをリンクさせてもらってます

<全国>
「立ち呑み@酒店」
全国の酒屋の角打ち、立ち飲み屋についての情報がエリア別に掲載されている
「激渋食堂メモ」
日本あちこちに今も残る、渋くて味わい深い大衆食堂を地域別に紹介しているサイト

<関東>
「居酒屋礼賛」
東京の情報には限らないのだが都内の味のある酒場の情報が豊富で魅惑的かつ地域別インデックス便利
「酔(すい)のどうでしょう?」
東京都内の居酒屋・大衆酒場・古典酒場・立ち飲み・センベロ酒場を飲み巡るブログ

<東海>
立飲み人生劇場
更新が停止していて残念だけど名古屋の魅力的な立ち飲み、角打ちできる酒屋の情報が

<関西>
「日本全国B級グルメぐるぐる紀行」
関西各地の味のある酒場を詳しく紹介してくれる指針になる情報量
「関西女のプチ日記」
他のどこにも載ってないような素敵なディープ飲み屋情報満載の関西酒場ガイダンス
「やまでらのぶらりグルメ&ぶらり日記」
行きたくなる飲み屋がたくさん紹介されてる関西飲み屋巡りの強い味方
「カンクロが行く」
大阪府のローカルなとこまで行く。日記のような数行のセンテンスに静逸なセンスを感じる
「関西安酒場」
更新が止まっているようで残念。バス路線沿いの酒屋などまで簡潔ながら貴重な情報

<九州>
「黒崎~小倉@北九州の居酒屋&BARを制覇せよ!」
ネット上に情報の少ない北九州の酒場を紹介してくれる有り難いサイト

このブログをリンクに追加する
リンクフリーでございます(^ヮ^)

【広告】Advertisement