たまにはこういうのもいいね「Au rendez-vous des Camionneurs」福岡市南区大橋

店先にフランス国旗が掲げてあるので、フレンチの店なんだろうとは判るが、屋号がぜんぜん読めない。
入店時に撮っておいた画像を確認してネットで調べると「Au rendez-vous des Camionneurs」、読みは“オ・ランデヴー・デ・カミオノー”なんだね。
便利な時代だよね、iPhoneで写真が撮れてインターネットでいろんなことが調べられる有り難さ。

Au rendez-vous des Camionneurs

とにかく、なんだかフレンチな店なので、よくわからないがワインとチーズ。

Au rendez-vous des CamionneursAu rendez-vous des Camionneurs

ワインのことはわからないが、美味しかったです。
青カビチーズ、美味しかったです。

Au rendez-vous des Camionneurs

フレンチのことはわからないが、子羊のローストだったか美味しかったです。

だいたいそもそもフレンチがわからないのに、なんでこの店を利用したのかというと、成り行きで。
この場所には「ボン洋酒店」があったのだ。
ウイスキー好きの俺は舞鶴本店と大橋の「ボン洋酒店」を、酒を買う目的でよく利用してたんだ。
そしていつしか大橋の店舗では立ち飲みを始めたという情報を拾っていて、それはいつか寄ってみようと思っていたけど、大橋というエリア自体にめったに立ち寄らなくなっていた。
それから月日は流れ、先日たまたま大橋方面に足を運ぶ機会があったのでチャンスだと「ボン洋酒店」を目指したわけだが、そこには別の店があったという訳なんだ。

いやまぁ、よくわからんけど“たまにはこういうのもいいね”という店だったよ。

↓「食べログ」での店舗情報

Au rendez-vous des Camionneursビストロ / 大橋駅

昼から飲めるだけでなく料理が良いね「文治」福岡市南区玉川町

この店のオープン当時、友人知人の間で評価が高かった「文治」。
南区の清水四つ角というロケーションだからアクセスがなぁ、と今まで二の足を踏んでいたが、行ってみたら西鉄高宮駅から歩いて5分ちょいだったよ、なんだ公共交通機関で行けるんじゃん。

文治

平日は昼頃から開いてるが土曜は15時開店らしいとの事前情報で、ジャスト15時に行ってみたが開いてない様子。
何時に開くのか訊こうとガラガラと引き戸を開けてみたら、既に飲んでる客があった。
店員さんに尋ねると、ほぼほぼ予約で埋まってる状態だが18時くらまでなら席を用意できるとのこと。
なるほど看板を出してても予約のない客を受け入れる余地がないので閉まってる感じの店先だったのか。
人気店なんだと実感。

文治

瓶ビールは赤星もあるし黒ラベルもあるしと、サッポロ好きには嬉しい布陣。
俺はキリンラガーがいちばん好きだが、赤星も黒ラベルも好きだ。
せっかくだから赤星も黒ラベルも飲みました。

文治

まだ今日の品書きが用意できていないとのお詫びがあったが、おまかせで刺身を盛ってもらった。
ひらめ、イカ、ごまさば。
むっちりで、ねっとり感もあって、ひらめが特にうまかった。
しかし肉厚のごまさばもなかなかで、酒の進む濃いめの味だったから、これだけあとで追加した。

それにしても、今日の品書きを用意する暇もないほど、おそらく開店前から忙殺されてたんだろう。
あとで女子の店員さんも出勤してきたが、15時頃は大将と男子店員の2人で切り盛りしてて、えらい忙しそうだった。
が、ぜんぜん余裕のなさは感じなくて、注文で声をかけると快く対応してくれたし、笑顔があった。

文治

この時期に食っておきたいタラの芽の天ぷら、うまかった。
柔らかく、エグ味のないもので、良かった。

日本酒を二合徳利でグビグビ飲み重ね、楽しく飲み食いできた。
評判通り、良い居酒屋だなって思った。

↓「食べログ」での店舗情報

文治居酒屋 / 高宮駅

ひと夏に一度は食いたい「元祖赤のれん節ちゃんラーメン 野間店」の冷やし中華

<追記:2018年09月24日>
なんかスミマセンって気持ちだよ“ひと夏に一度は食いたい”とか書いてたくせにさ、ずいぶんご無沙汰しちゃってて久しぶりの冷やし中華になっちゃったよ。

元祖赤のれん節ちゃんラーメン 野間店

うん、2018年も冷やし中華が健在で良かった(何年もご無沙汰だったくせに)。

元祖赤のれん節ちゃんラーメン 野間店

お値段630円、3年ぶりで30円しか値上がりしてないって、皮肉とかじゃなくすごいね。

元祖赤のれん節ちゃんラーメン 野間店元祖赤のれん節ちゃんラーメン 野間店

あいかわらずカラシたっぷり使えるのが嬉しい。
熟したトマトがボリュームあって嬉しい。
やっぱり美味しい。

本当にもう高宮のほうへ足を運ぶ機会がないのだが、わざわざ行くべき満足感の高い冷やし中華だと再確認したよ。

<初回投稿:2015年09月10日>
「元祖赤のれん節ちゃんラーメン」といえば福岡市中央区天神の大丸エルガーラの国体道路を挟んだ向かい辺りの大将と店のオバサンの言い争いというか喧嘩腰のコミニュケーションがお馴染みの店舗がお馴染みだったのですが、あの店舗どこにいったんでしょうね?

細めの平麺に茶褐色のスープのラーメンが特徴的で、けっこう好きだ。
ラーメン+チャーハン+餃子3個のラーメン定食700円も費用対効果に優れて好きだったのです。
かつて勤め人だった頃に天神勤務で春吉に住んでた頃は利用してたんだよね。
それもそうだけど、実は天神の店舗より俺には西鉄高宮駅近くの野間の店舗が馴染み深いのよね。

元祖赤のれん節ちゃんラーメン野間店:外観

暖簾分けらしい野間店は、天神のほうとは違って店員が言い争いをしてないし混んでないので心安らかに食える。
そしてラーメンより冷やし中華が好きなんだな。
夏になると、毎年一度は必ず食べるくらいには好きな冷やし中華だ。

元祖赤のれん節ちゃんラーメン野間店:料理

ハムではなく蒸し鶏を裂いたのが添えられていて、タレの甘酸っぱさも良い具合で、ピリ辛いのモヤシもアクセントになって良い。
これが600円なんだよなぁ、安いよね。
冷やし中華って700円とか800円って価格設定も珍しくないので、とても有り難い600円だよ。
以前は500円だったけどな、10年くらい前はな、まぁ消費税とか小麦の値段とか上がってるから100円の値上がりは許容できますとも。
ついでに言うと以前はもっと酸っぱさが爽やかに際立ってた気もするが、今の味もイケますよ。

元祖赤のれん節ちゃんラーメン野間店:料理

そんで辛子をタップリ用意してくれるのも嬉しいんだよね。
冷やし中華に辛子は必須だよ。

今では野間や高宮に足を運ぶことはめっきりなくなったが、それでも夏になると食べに行きたくなるのです。

↓「食べログ」での店舗情報

元祖赤のれん節ちゃんラーメン 野間店ラーメン / 高宮駅

洋食メニューが楽しめて懐かしさもある喫茶店「ハローコーヒー 清水店」福岡市南区清水

なんか豪華な昼メシ食いたいなという欲求に駆られて、思いついたのが「ハロー」だった。
福岡市に何店舗か展開するローカルな、昭和テイストの喫茶店チェーンでありレストランである「ハローコーヒー」。

ハローコーヒー 清水店

馴染みがあるのは清水の店舗だ。
一時期、仕事の前にここでメシを食うのを楽しみにしていた頃がある。
昭和生まれには懐かしさのあるAランチとかBランチとかの洋食メニューが楽しいのだ。
一皿にフライとかハンバーグとかが持ってあり、白い皿のライス添えられるというランチ。

ハローコーヒー 清水店

たぶん5年ぶりくらいに訪れたのだが、変わらない佇まいだな。
祝日の13時台、遅めのランチの客か、そこそこキャパのある店内はけっこう埋まっていた。
カウンター席に着き、まずはメニューを眺める。

ハローコーヒー 清水店ハローコーヒー 清水店

いろいろ惹かれる洋食メニュー。
こういう、洋食レストラン的なラインナップだと、カツ類に惹かれるなぁ。

ハローコーヒー 清水店

でもハンバーグとか食べたいなぁ、そうなるとカツとハンバーグどちらも楽しめそうなのが嬉しいなぁ、A定食とかっていうコンビネーションメニューね。
なんならトルコライスみたいなものがあれば最高に嬉しいんだが……ないな。
いつもあるわけではないイレギュラーなメニューでトルコライス的なものを、かつて食べたような記憶がおぼろげにあるのだが、今このタイミングでは提供していないようだ。
しかしまぁ、メニューがいっぱいあると注文を決めかねるね、まぁ迷うのも楽しいんだけど。

迷ったあげく、オムライスにしました。
カツでもハンバーグでもないじゃないか。

ハローコーヒー 清水店

注文すると、まずサラダが出されて、それからスープカップが。
スープはセルフで注ぎ放題とのこと。
定食的なものを注文すると、ライスもセルフで装い放題のようだ。

ハローコーヒー 清水店

しばらくしてオムライスが提供された。
彩りカラフルな見た目が、インスタ映えしそうだなとメニューに掲載された写真を見て、これに決めたのだ。
ヒゲのオッサンがインスタ映えでメニューを選ぶというのもいかがかとは思うんだけどさ。

ハローコーヒー 清水店

チキンのフリッターがのって、たっぷりの赤いソースと、バジルのソースのグリーンがアクセントになって見栄えがよろしいじゃないですか。
が、しかし食ってみると、タマゴに包まれるのは具沢山のケッチャプ味炒めゴハンではなく、具のない白いライスだったので正直ガッカリしました。
やはりインスタ映えなど意識するべきではない。

ハローコーヒー 清水店

食後にコーヒーを、別料金で。
暑い日だったのでアイスにしたが、よく冷えた金属製のマグが涼感を演出していていいね。
この店は、俺にとってはメシを食う店なのだが、屋号にもあるようにコーヒー店である。
店内で焙煎もしているようだし、いろんな豆を揃えているし、コーヒー専門店という側面もあるのでコーヒーはやっぱり飲みたいな。
そして店内喫煙フリーなので、昔からの正統な喫茶店らしさを感じて好きだよ。

レストランとしてもコーヒー店としてみても、昔ながらの真面目な店って空気を、ウエイターの白いワイシャツとか接客態度にも感じるのも好きだ。

ところで、他の店舗は利用したことがないのだが、千早とかの東区の店舗にはレギュラーメニューでトルコライスがあるようだ。
一度ぜひ、トルコライスを食うためだけにでも行ってみたいなって思うな。

↓「食べログ」での店舗情報

ハローコーヒー 清水店コーヒー専門店 / 高宮駅竹下駅

侵攻までに実に8年を要したジオン軍シンパのガンダムバー「ソロモン」福岡市南区塩原

ガンダムを好きな奴のことをガノタ(ガンダムヲタク)と呼ぶが、実は俺がそれだ。
プラモデルやグッズを収集することはないのだが、1979年「機動戦士ガンダム」から始まって今にいたる関連作品をいまだに楽しんでいる。
そういう俺だから、南区塩原にガンダムバーができたという情報は開店当初から知ってはいたのだ。
その店を、ようやく訪れたのだ。

ソロモン

TwitterのTLに、1枚の画像が流れてきて、それで店の8周年を知った。
そして周年記念で生ビールが100円だと知った。
ならば行くしかないということだ。

初めて訪れることになるが、場所は既に知っている。
西鉄の駅であれば大橋と高宮が最寄りと言えなくはないが、どちらからも近いとは言えず、JR竹下駅からアプローチするのが便利だと思える。

ソロモンソロモン

店先の赤いテントにはジオンの紋章。
インパクトのある外観だ。

ソロモン

大きなザクの胸像が鎮座しているのは、かわいげがあると言えよう。
そんなものが店先に出してあってイタズラなどされていないというのは、ご近所に受け入れられている店だということなのだろう。

なにしろ周年であるから、店内は盛況であった。
立錐の余地もない、という状況に近かったが、常連であろうフレンドリーな先客が招き入れてくれてカウンター近くに立ち位置を確保できた。

さっそく、お目当のビール。

ソロモンソロモン

周年イベントを告知するTwitterのTLで見た画像では『ギレンの一番搾り』となっていた1杯100円のビールは、キリン一番搾りだ。
コースターにもジオンの紋章。

ソロモンソロモン

カウンター常に、無数のガンプラおよびフィギュアがひしめきあっていた。

ソロモン

赤い色のものが多い印象だ。
それらのほとんどは、客が持ち寄ったものだという。
なかには目を見張る作品もあった。

ソロモン

「機動戦士ガンダム」劇中の印象的なエピソードで登場した、料理長のキャラクターのフィギュアだ。
おそらく既製品ではなく、オリジナルの改造フィギュアかフルスクラッチ(完全自作)なのだろう。
モチーフの選定が渋く、また造形も素晴らしく、躍動感にあふれて眺めていて楽しい作品だ。

ソロモンソロモン

また、「機動戦士ガンダム」から派生した映画に登場したモビルスーツ(人が搭乗するロボット的なもの)の立像は圧巻だった。
大きさもさることながら、それは木彫りのソリッドモデルだった。
大工とか内装職人とかって専門職の人の立派な仕事がされていて、静かに圧のある作品だった。

店内はそこそこのキャパがあり、グッズはカウンター廻りだけでなく奥のテーブルのスペースにも数多く飾られており、立派な展示ブースの様相も呈していた。

ソロモンソロモン

そうやって店内に溢れんばかりガンダム絡みのものを見ているだけでも、十分に楽しめた。
店のスタッフは100円のビールを、採算など気にしない様子で積極的にすすめてくれたので、都合10杯ほど飲んでしまって、帰り際の会計時には満足度と反比例した支払額の安さに呆然となった。

ソロモン

さすがに100円のビールだけを注文などということはせず、作品中の搭乗キャラクターにちなんだネーミングのフードメニューも注文したのだが。

それにしても、この店を知ってから実際に訪れるまでに、実に8年の歳月を要したということになる、この日が8周年であったから。
それには、あまりアクセスが良いとは言えないロケーションという要因もあるのだが、もうひとつガノタのノリについていけるかという不安もあったのだ。
そういう俺だってガノタではあるのだが、ガノタにも温度差というものがある。
えてしてガノタというのは、いや全般的にヲタクというのは温度が高すぎて、どうしようもない居心地の悪さを禁じえないということが、接してみるとあるのだ。
そういう想いが、なかなか足を向けさせなかったという面があったのだ。

が、この店の店長、スタッフ、そして常連客諸氏は、暑苦しいヲタクなどではなく、フレンドリーでありながら距離を図れる常識的な人たちだったので、心地よく楽しんで過ごせた。

さて、大衆酒場とか立ち飲み屋、酒屋での角打ちが好きな俺だが。
そういう方面のことは、ここには求めていなかった。
でもフツーに、居酒屋っぽいダイニングバーとして一般的なレベルよね。
もっとも、テーマのある店だから、さすがにガンダムをぜんぜんわからない人だと楽しめないかもねとは思うわ。

初めてのくせに周年イベントの安いビールをガブガブ飲んじゃったんで、いつか通常価格のビールを飲みに行かないと申し訳ないなぁって思う。
いつか行こう。

↓「食べログ」での店舗情報

ソロモンバー / 竹下駅大橋駅

夜総合点-

最近書いた記事


カテゴリ


プロフィール

どうも、割った鍋です。
食べたり飲んだり、飲んだり。
九州在住、大阪常駐。

大衆酒場、立ち飲み屋、酒屋の角打ちが好きです。

重度の喫煙者であり、昼酒を好むという、社会的にちょっとアレなオッサン。

2014年9月24日開設


割った鍋へのメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索


リンク

各地の飲み屋情報を発信しているサイトをリンクさせてもらってます

<全国>
「立ち呑み@酒店」
全国の酒屋の角打ち、立ち飲み屋についての情報がエリア別に掲載されている
「激渋食堂メモ」
日本あちこちに今も残る、渋くて味わい深い大衆食堂を地域別に紹介しているサイト

<関東>
「居酒屋礼賛」
東京の情報には限らないのだが都内の味のある酒場の情報が豊富で魅惑的かつ地域別インデックス便利
「酔(すい)のどうでしょう?」
東京都内の居酒屋・大衆酒場・古典酒場・立ち飲み・センベロ酒場を飲み巡るブログ

<東海>
立飲み人生劇場
更新が停止していて残念だけど名古屋の魅力的な立ち飲み、角打ちできる酒屋の情報が

<関西>
「日本全国B級グルメぐるぐる紀行」
関西各地の味のある酒場を詳しく紹介してくれる指針になる情報量
「関西女のプチ日記」
他のどこにも載ってないような素敵なディープ飲み屋情報満載の関西酒場ガイダンス
「やまでらのぶらりグルメ&ぶらり日記」
行きたくなる飲み屋がたくさん紹介されてる関西飲み屋巡りの強い味方
「カンクロが行く」
大阪府のローカルなとこまで行く。日記のような数行のセンテンスに静逸なセンスを感じる
「関西安酒場」
更新が止まっているようで残念。バス路線沿いの酒屋などまで簡潔ながら貴重な情報

<九州>
「黒崎~小倉@北九州の居酒屋&BARを制覇せよ!」
ネット上に情報の少ない北九州の酒場を紹介してくれる有り難いサイト

このブログをリンクに追加する
リンクフリーでございます(^ヮ^)

【広告】Advertisement