レッツ晩酌クッキング:糸コンニャクキンピラ

久しぶりに晩酌ネタを投入するぜぃー。
このごろ飲み歩いてないからネタが無いんだろって言われたら否定しないぜぃー。
ま、でもブログ開設当初は晩酌ネタを頻繁に投入してたんだし、原点回帰ってことでいいじゃない。
じゃない?

で、ほぼ毎日、晩酌をしているのだが。
自分でアテを用意するんだけど、いつもだいたいこういう感じだ。

晩酌晩酌

豆腐は、もう主食かってくらいレギュラーで食ってる。
レギュラーじゃない食材は、いったん買うと、続いて晩酌に登板する。
このときは、ニンジン。
いったん買うと、なくなるまで使い続けることになるわけね。

そんで、ニンジンを使い続けると副産物としてニンジンの皮というのが発生し続けるんだよ。
これを消費しなくっちゃと思い立った。

ニンジンの皮を使うといったら、貧困な発想ではキンピラしか思いつかない。
キンピラといえば、やっぱゴボウが欲しいところだよねぇ。
でもね、ここでゴボウを買うと、なくなるまで使い続けなければならなくなるね。
と言うか、言い方は悪いが“余っている”ニンジンの皮を消費するために新たに食材を調達するというのは、ちょっとスマートとは言えないよねぇ。

そこで、他にもなにか余ってるものがないかと冷蔵庫をチェックすると、糸コンニャクがあった。
これを使おう。

ではクッキングるぜ。

きんぴら

糸コンニャクは、いったん湯通ししたいよねアク抜きに。
まぁ現在のものは昔ほどアクはないのかもしれないが、やっぱ湯通ししないと独特のクセのある臭いがあるよね。

きんぴら

お湯を沸かす間に、材料を切っとくね。
ニンジンの皮と、冷蔵庫にあった揚げ。
揚げ……キンピラに入れるっけ? ま、あるから使おうというノリで。

きんぴら

材料が揃ったら炒めるよね。
テキトーにね。
あ、いやニンジンの皮から炒めるよね、火が通りにくいものから先にってのがセオリーだわな。
全部の材料を投下したら味付けするよね、テキトーにね。
醤油と砂糖でいいじゃん、味が濃くなり過ぎそうに思ったら水を足せばいいじゃん。

うん、できたかなと思ったら、しばらく放置するね。
冷めるときに味が染みるっていうからね。

きんぴら

できた。
ああ炒めるとき鷹の爪も入れたな、と上の画像を見て思い出した。

これがまぁ我ながら、なかなか良かったね。
味が濃いめで、酒がすすんだね。
晩酌のアテなので、酒がすすんだら、なかなか良かったという評価になるわけだ。

糸コンニャクだと奇異に見えるかもしれんけど、板コンニャクは普通にキンピラみたくするよね。
うん、作りながら“これはなんという料理なんだ?”なんて考えてたが、キンピラだよな。

コンニャクって賞味期限が長いから、なにかのついでに買っておくと忘れた頃に不意に役立場面があると思う。
ガキの頃は、こんな味のないもん嫌いだ、と思っていたが今は好きなほうだ。
またコンニャク買っておこう。

【広告】Advertisement


福岡市で安く豆腐が買えるのはどこだ

豆腐が好きでねぇ。
ほぼ毎日食ってるねぇ。

冷奴とかね、暑い時期は。
そろそろ冷たいとイヤなので、湯豆腐的なものとかね。

で、毎日のように食うものなので、安く買いたい。
豆腐の値段って、けっこう違うのよ。
専門店とかは別として、スーパーで買うにも店によってだいぶ値段が違う。

さて、どこで安く買えるだろう。

「コスモス」というドラッグストアが安い。

toufu

ここって全国展開してないから、知らないよって人も多いだろうね。
西日本には展開してるんだけど、それでもほぼ九州ローカルって感じかなぁ。

このドラッグストアは食品の扱いも豊富で、しかも安いんだなぁ。
豆腐は、だいたい1個35円(税込)だ。
だいたい、というのは店舗によって価格設定にバラつきがあり、また同一店舗でも時によって変動するから。
豆腐35円って安いじゃない?

で、「コスモス」が最安かなぁと思ってたんだけどね。
もっと安い店がありましたよ。

toufu

「セイムス」ってドラッグストア。
こちらは全国展開してるようだから、皆さんお馴染みかと思う。
母体が「富士薬品」なんだよねぇ、大きい会社だねぇ。

さて「セイムス」で豆腐はおいくらでしょう。

toufu

なんと27円ですよ。
税別だけども、消費税いれても30円以下になるよね。
これはー、安い。
たぶん最安値なんじゃないかなー、福岡市で買える豆腐のなかで。

ただ、あんまり他の食料品が安くないし、品揃えも豊富じゃないんだよね。
それで「コスモス」を利用することのほうが多いんだわな、値札が税込み価格で表示されてるから買い物するとき計算が楽で。
まぁ「コスモス」でいろいろ買って「セイムス」で豆腐だけ買うのが良いんだろうけどさ。
一度に買い物できる荷物の量的キャパシティに限りがあるからなぁ。

どうだろうね、俺が知らないだけ他に豆腐が激しく安い店があるかもしれんけど。
今のところ把握してるなかでは「セイムス」がベストロープライスだな。

しかし「セイムス」も「コスモス」も中央区の中心の方に出店してないからチャリで遠征せにゃならんのよ。
安さのためなら遠征もやむなしだが、もっと中心部に展開してくれると嬉しいなぁ。

【広告】Advertisement


見つかんねぇなと思ったら一時販売中止だったのかよ謎肉!

カップヌードルのアレだよ、「カップヌードルビッグ "謎肉祭" 肉盛りペッパーしょうゆ」だよ。
どうでもいいけど商品名が長ぇな!

謎肉

たまたま、謎肉カーニバル的なものが発売されたみたいってツイッターとかで知ってさ、そりゃ食わなきゃと思ったのさ。

まぁそもそもイロモノ的なカップヌードルって好きだなというのもあるし、それに加えて謎肉って好きなの。
なんともいえん魅力があるじゃん、謎肉。

ちょっと日清公式から引用。

お客さまから "謎肉" (なぞにく) として親しまれている "味付豚ミンチ" が、通常の「カップヌードルビッグ」の10倍も入った商品です。たっぷりの "謎肉" からうまみが染み出たスープに、ペッパーでアクセントを加えました。


そんでまたこれがコンビニ限定らしいと聞いて、コンビニを巡ったさ。

それが、見つからないんだ。
コンビニにも店舗の敷地面積とか出店エリアによってランク付けがあって、それによって売り場に並ぶラインナップも変動するだろうというのは判るから、都会のコンビニにしか売ってないのかなーとか思ったわ。
でも福岡市中央区だぜ、そんなにクソ田舎でもねぇだろ、なんで売ってないんだよって思ってたわ。
ちなみにセブンとファミマで探したわ。
ローソンにはいかない、なぜならローソンは俺の喫うタバコを置いてない率が異様に高いから嫌いなんだ。
ちなみにファミマが俺の喫うタバコ置いてる信頼度がもっとも高く、次がセブンだ。
いや、そんなことはどうもでいいか。

で、もうぜんぜん見かけないんで、日清のホームページ見たわな。
だいたいが期間限定で、もう売ってる期間は終わってんのかなと思ってね。
そしたら一時販売休止だったわけです。

そうだったんかーい。
ん、じゃ、まだ食うチャンスがあるわけだな。
また販売再開すればな。

よし、次のチャンスは逃すまい。

パンもあるでよ竹下製菓とヤマザキのコラボレーション「ブラックモンブランパン」

九州では馴染み深いアイス「ブラックモンブラン」、俺がガキの頃からあるロングランな人気商品だわ。
そんでまぁロングランな人気にあぐらをかかず、メーカーの竹下製菓株式会社(佐賀県)さんは新たな展開も模索していて偉いなーって思うんだわ。

ファミリーマートとコラボレーションして九州だけで売ってる「ブラックモンブランデザート」が、なかなか高級感もあって美味しいのですが。
他にもあったよコラボレーション。
ヤマザキとタッグを組んで九州のコンビニ、一部のスーパーで売ってる「ブラックモンブランパン」が2015年9月1日から登場しております。

ブラックモンブランパン

いやまぁ、しかし。
スーパーで見かけてのファーストインプレッションがね、ちょっとこのパッケージのデザインはどうなのよ、と。
オリジナルであるアイスのパッケージを踏襲した、っていう意図はわかるんだけどさ。
横に長いアイスのパッケージだとキマるデザインなわけよね、でもパンのパッケージは正方形に近いのよ。
アスペクト比がぜんぜん違うから、やっぱ考え直したほうがいいわけじゃない。
なんかもうスカスカで、すごく締まりのないデザインなんだよなぁ。

いやでも、食いものなんだからデザインはどうあれ美味しけりゃイじゃんって気を取り直して。

ブラックモンブランパン

中身はこんな感じです。

デニッシュ生地のパンにクランチをまぶしたチョコレートがコーティングされてるんだけどねー。
まぁオリジナルのアイスの見た目を再現してるんだけどねー。
コーティングがなぁ、ボロボロはがれるのよ。
ボロボロボロボロ剥離しまくりなのよ。
デニッシュ生地に、ぜんぜん食いついてないのよコーティングが。

天ぷらとかトンカツとか、コロモがはがれてたらガッカリじゃん?
そんな感じ。

それに、チョコレート(準チョコレートかな)が、味がどうも。
今の若い人は知らないかもしれんが、昔のケーキって生クリームじゃなくバタークリームでデコレーションされてたんだよ庶民が買えるレベルのものは。
それが美味しくなくてさぁ……っていう記憶が甦る味なんだ、このパンのチョココーティング。

と、いうわけなんだ。
(この唐突な終わり方でいろいろお察し下さい)

九州のファミマだけで売ってるらしい「ブラックモンブランデザート」美味しいです

北部九州に育った者なら馴染み深いローカルなアイス「ブラックモンブラン」。
ローカルっつーか子供の頃はローカルな存在だなどとは思いもしなかった「ブラックモンブラン」。

そんな「ブラックモンブラン」を製造しているのは佐賀県の「竹下製菓株式会社」で、同社にとっても「ブラックモンブラン」はフラッグシップ商品でありキラーコンテンツなわけなのよ(ミルクックもあるでよ)。
で、このところ様々に「ブラックモンブラン」を展開していこうという動きがあるのです。
ファミマとコラボレーションした「ブラックモンブランデザート」も、そのひとつなわけだ。

ブラックモンブランデザート

一見するとオリジナルであるアイスのように見えるパッケージだが、これは要冷蔵10°以下保存のチルドデザートで、ほんのり冷んやりの生洋菓子なのです。

ブラックモンブランデザート

ホイップクリームをサンドしたチョコ味スポンジ生地が、クランチをまぶしたチョコレートでコーティングされているという商品で、うん確かに「ブラックモンブラン」っぽいなー。

ブラックモンブランデザート

で、食ってみると、とてもシットリした上品な美味しさなのよ。
ホイップクリームもベタっとせず、ちょっとゴージャスな感じもある。

ブラックモンブランデザート

原材料表記のトップに鶏卵がくる、堂々たる生洋菓子ですよ。
なんかもう、むしろ「ブラックモンブラン」を元にしているくせに上等過ぎて生意気だゾって言いたいくらい。
ジャンクなチープさが、ちょっと見当たらないじゃないか、という妙な不満させ覚える。
とはいえ税込198円なんで、チープだったらガッカリするんだけどさ。
いやしかし、これは間違いなく美味しいスイーツですわ、うん。

ブラックモンブランデザート

製造は佐賀の竹下製菓ではなく、横浜の株式会社デザートランドなのね。
社名のあとに“M6”という表記があるが、それはたぶん工場のコードだろうね。
各地にある工場のうち、たぶん九州にある工場が“M6”で、そこで作ってるんだろう。
過去のファミマの九州限定デザートも株式会社デザートランドが製造していたと記憶している。

この「ブラックモンブランデザート」、今回初登場じゃないんだよね、知らなかったけど。
陳列棚のPOPにも“再登場!”って書いてあったが、調べたら2010年だかに登場してて、今回はリバイバルなのね。

それはそうと、なかなかに美味しいので全国のファミマで販売してもいいんじゃないかなー。
ネタ的にも、その美味しさでも売れるんじゃないかと思うんだよねー。

【広告】Advertisement


最近書いた記事


カテゴリ


プロフィール

どうも、割った鍋です。
食べたり飲んだり、飲んだり。
九州在住、大阪常駐。

大衆酒場、立ち飲み屋、酒屋の角打ちが好きです。

重度の喫煙者であり、昼酒を好むという、社会的にちょっとアレなオッサン。

2014年9月24日開設


割った鍋へのメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索


リンク

各地の飲み屋情報を発信しているサイトをリンクさせてもらってます

<全国>
「立ち呑み@酒店」
全国の酒屋の角打ち、立ち飲み屋についての情報がエリア別に掲載されている
「激渋食堂メモ」
日本あちこちに今も残る、渋くて味わい深い大衆食堂を地域別に紹介しているサイト

<関東>
「居酒屋礼賛」
東京の情報には限らないのだが都内の味のある酒場の情報が豊富で魅惑的かつ地域別インデックス便利
「酔(すい)のどうでしょう?」
東京都内の居酒屋・大衆酒場・古典酒場・立ち飲み・センベロ酒場を飲み巡るブログ

<東海>
立飲み人生劇場
更新が停止していて残念だけど名古屋の魅力的な立ち飲み、角打ちできる酒屋の情報が

<関西>
「日本全国B級グルメぐるぐる紀行」
関西各地の味のある酒場を詳しく紹介してくれる指針になる情報量
「関西女のプチ日記」
他のどこにも載ってないような素敵なディープ飲み屋情報満載の関西酒場ガイダンス
「やまでらのぶらりグルメ&ぶらり日記」
行きたくなる飲み屋がたくさん紹介されてる関西飲み屋巡りの強い味方
「カンクロが行く」
大阪府のローカルなとこまで行く。日記のような数行のセンテンスに静逸なセンスを感じる
「関西安酒場」
更新が止まっているようで残念。バス路線沿いの酒屋などまで簡潔ながら貴重な情報

<九州>
「黒崎~小倉@北九州の居酒屋&BARを制覇せよ!」
ネット上に情報の少ない北九州の酒場を紹介してくれる有り難いサイト

このブログをリンクに追加する
リンクフリーでございます(^ヮ^)

【広告】Advertisement