にぎやか和やか酒場「千登利」東京都豊島区西池袋

池袋「新文芸坐」で映画を観たあとのハシゴ酒、「千登利」へ。

千登利

盛況で、ちょっと待たされたけど、それが気にならないくらい待ってる間も感じた和やかさ。
客筋が良いってーのか、忙しいはずなのに丁寧に接客する従業員がかもす空気か。

千登利千登利

ホッピーを注文すると、フルセットなのが嬉しい。
フラっと立ち寄った一見客にも、きちんと氷のセットを出してくれて嬉しい。
それはどういうことかと言えば、一杯だけでサッサと帰るかもしれない見知らぬ客にも、まぁゆっくりしてってヨという歓待の気持ちを感じるということだ。

千登利

表の暖簾にも“やきとん”とあったが、俺は内臓が苦手なので牛肉豆腐590円也をアテに注文。
これは、ホッピーのアテに非常に良いものだった。

千登利

ナカをおかわりすると、たっぷりだった。
こういうのが嬉しい。

千登利

混んでいて、たいへん忙しそうだったが、とても和める店だった。
とても良い酒場だと思った。

↓「食べログ」での店舗情報

千登利居酒屋 / 池袋駅要町駅東池袋駅

素っ気ないがそれで十分だ「三兵酒店」東京都豊島区西池袋

池袋「新文芸坐」で映画を観たあと、ビールを立ち飲み。

三兵酒店三兵酒店

映画館からは駅の反対側というロケーションだが、わざわざ行ってみた。
この「三兵酒店」は、角打ちができる酒屋だという情報をネットで拾っていたから。

店に着いてみると、外観はまさしく昭和な酒屋だ。
その酒屋然とした入り口とは別に、立ち飲みスペースの入り口もある。
中で空間は繋がっているが、売り場と立ち飲みは明確に区分されているタイプだね。
空間は繋がっているというのも店主しか入れないテリトリーだし、客にとっては酒屋と立ち飲みはまったく別のスペースという感じ。

三兵酒店

瓶ビールは何があるか店主に訊くとサッポロがあるとのことで注文。
赤星、いいねぇ。

三兵酒店

酒のアテに、どうやら人気メニューっぽい“じゃがカレー”を。
じゃがいもゴロゴロ、200円。
家庭のカレーなテイストで、なんか和める味だった。

客は、ほぼ常連と思われるオッサンばかりだった。
オッサン同士で仲良いということもなく、店主も営業トークを投げかけるでなく、店全体が素っ気ない空気に包まれていたという印象なんだけど、それでいいね。
黙々と飲めればそれでいい。

ここは禁煙だったが、売り場と空間が繋がっているから、そりゃそうだと納得できた。
なかなか渋い立ち飲みだった。

↓「食べログ」での店舗情報

三兵酒店立ち飲み居酒屋・バー / 池袋駅東池袋駅北池袋駅

ホッピーレモンハイ「加賀屋」東京都豊島区東池袋

映画を観ようと池袋へ。
その前に腹ごしらえと時間調整をかね、昼から飲める店に立ち寄った。

加賀屋加賀屋

目的の映画館は「新文芸坐」で、都合よく至近にあった「加賀屋」。
昔ながらの町角の大衆酒場って風情も良いし、13時開店ってのも有り難かった(この日は土曜だったので……平日は16時開店のようだ)。

加賀屋

路面店のようで、店舗は2階。
階段の登り口には“せんべろセット”なんて案内もあるが、映画の前だからベロベロになるつもりはない。

加賀屋加賀屋

開店間もない店内はけっこう広いが、先客はカウンター席に一名だったか。
まったく混んでないからよかろうと、俺はフロアのテーブル席に陣取らせてもらった。
テレビを眺めるのに良いポジション。

加賀屋加賀屋

白ホッピー。

加賀屋

ハムカツ。

加賀屋

東京の大衆酒場といえばホッピーとハムカツかな、という東京に不慣れな“お上りさん”気質がいまだに抜けない。
そんなの変だよね、と自分でも思うのだが、一種の東京への憧れの象徴なんだな。

加賀屋加賀屋

それからレモンハイを。

ホッピーを飲んでレモンハイを飲んでというのは、店の看板に”ホッピーレモンハイ”と書き添えてあったから、その通りに飲もうと思ったからなんだよね。
我ながら子供じみたことをするものだ。

ほどほどに飲んで、良い時間を過ごして、映画館へ向かった。

↓「食べログ」での店舗情報

加賀屋 池袋店居酒屋 / 池袋駅東池袋駅東池袋四丁目駅

池袋のゴージャス純喫茶は東口にもある「伯爵 池袋東口店」東京都豊島区南池袋

更新をサボっていた時期の積み残し……この店に行ったのは2019年3月半ばの木曜の昼。

池袋北口の絢爛たる昭和ゴージャスな喫茶店「伯爵」は、もう1軒あった。
それが「伯爵 池袋東口店」。

伯爵 池袋東口店伯爵 池袋東口店

両方の「伯爵」に1日で行っちゃうのは勿体ない気も、またの楽しみにとっておきたい気もしたが、そう頻繁に池袋を訪れるものでもないので行っちゃいました。

伯爵 池袋東口店

北口店は「大都会」の上だったが、こちらは「松屋」の上だ。
あちらは24時間営業だが、こっちはそうではない。

伯爵 池袋東口店

ああ、こちらもやはり昭和風味の、正しく昔の喫茶店。
昔ながらの喫茶店だから、正しく喫煙天国。

伯爵 池袋東口店

どちらの「伯爵」も採光が良くて、窓際が快適だねぇ。
平日の13時台、店内はけっこう空いていて、まったりとした空気。

伯爵 池袋東口店

コーヒーを飲みながらタバコを喫い、優雅な午後のひと時をゆったりと過ごした。

↓「食べログ」での店舗情報

珈琲専門館 伯爵 池袋東口店喫茶店 / 池袋駅都電雑司ケ谷駅東池袋駅

池袋のオリエンタル「キッチンABC 池袋東口店」東京都豊島区南池袋

更新をサボっていた時期の積み残し……この店に行ったのは2019年3月半ばの木曜の昼。

特定の地域にバックボーンを持つ“〇〇ライス”系のローカル洋食に惹かれる。
長崎のトルコライスとか佐賀のシシリアンライスとか、沖縄ならタコライス、大阪では長崎発祥のものとは違う独自のトルコライスとミナミだけの局地的なものだと思うがセイロンライス、まだ見ぬ福井のボルガライスとか金沢のハントンライスなどなど、まだきっと俺が知らない“〇〇ライス”もあるんだろう。

で、オリエンタルライスというものがありますね。
残念ながら食ったことないんだけど、一般的に北海道は根室のご当地ライスとして周知されてると思う。
だが、池袋にも人気のオリエンタルライスがあるという情報を拾った。
それはぜんぜん根室のものとは違うが、それはそれで食べてみたいと思った。
そんなわけで、前置きが長くなったが「キッチンABC 池袋東口店」へ行ってみたのです。

キッチンABC 池袋東口店

店は、けっこうひっそりとした雰囲気の路地にあった。
人気店だと聞いていたから行列を恐れていてが、幸いそれはなかった。

キッチンABC 池袋東口店キッチンABC 池袋東口店

オリエンタルライス一択の決意で向かったわけだが、店先ではインディアンライスなるものがアピールされていた。
いやでもやっぱりオリエンタルライスですよ。

行列こそなかったが店内はほぼほぼ満席、人が溢れんばかりの狭いカウンター席になんとか座ることができた。
人口密度のせいもあるかもだが、暑くてまいった。

キッチンABC 池袋東口店キッチンABC 池袋東口店

こちらが「キッチンABC」のオリエンタルライスです。
味噌汁がつきます。
豚肉、ニラとタマネギが炒められてパンチの効いたニンニク風味の味付けになったものが、ごはんの上に乗ってる。
頂上に卵黄。

キッチンABC 池袋東口店

がつがつ食っちゃうやつ。
もはや根室のオリエンタルライスとの相違がどうこうとか、もういいや、池袋ではこれなんだと。
しかしまぁ、これは“〇〇ライス”って感じではなく“〇〇メシ”って名乗らせたほうが、しっくりくると思うよ。
オリエンタルメシ、でいいんじゃないかしら。

↓「食べログ」での店舗情報

キッチンABC 池袋東口店洋食 / 池袋駅都電雑司ケ谷駅東池袋駅

最近書いた記事


カテゴリ


プロフィール

どうも、割った鍋です。
食べたり飲んだり、飲んだり。
九州在住、大阪常駐。

大衆酒場、立ち飲み屋、酒屋の角打ちが好きです。

重度の喫煙者であり、昼酒を好むという、社会的にちょっとアレなオッサン。

2014年9月24日開設


割った鍋へのメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索


リンク

各地の飲み屋情報を発信しているサイトをリンクさせてもらってます

<全国>
「立ち呑み@酒店」
全国の酒屋の角打ち、立ち飲み屋についての情報がエリア別に掲載されている
「激渋食堂メモ」
日本あちこちに今も残る、渋くて味わい深い大衆食堂を地域別に紹介しているサイト

<関東>
「居酒屋礼賛」
東京の情報には限らないのだが都内の味のある酒場の情報が豊富で魅惑的かつ地域別インデックス便利
「酔(すい)のどうでしょう?」
東京都内の居酒屋・大衆酒場・古典酒場・立ち飲み・センベロ酒場を飲み巡るブログ

<東海>
立飲み人生劇場
更新が停止していて残念だけど名古屋の魅力的な立ち飲み、角打ちできる酒屋の情報が

<関西>
「日本全国B級グルメぐるぐる紀行」
関西各地の味のある酒場を詳しく紹介してくれる指針になる情報量
「関西女のプチ日記」
他のどこにも載ってないような素敵なディープ飲み屋情報満載の関西酒場ガイダンス
「やまでらのぶらりグルメ&ぶらり日記」
行きたくなる飲み屋がたくさん紹介されてる関西飲み屋巡りの強い味方
「カンクロが行く」
大阪府のローカルなとこまで行く。日記のような数行のセンテンスに静逸なセンスを感じる
「関西安酒場」
更新が止まっているようで残念。バス路線沿いの酒屋などまで簡潔ながら貴重な情報

<九州>
「黒崎~小倉@北九州の居酒屋&BARを制覇せよ!」
ネット上に情報の少ない北九州の酒場を紹介してくれる有り難いサイト

このブログをリンクに追加する
リンクフリーでございます(^ヮ^)

【広告】Advertisement