旨い寿司が立ち食いで気楽に安く楽しめる船橋駅北口「吉光」

船橋市の中心地には京成船橋駅とJR船橋駅があり、京成のほうは庶民な感じでJRのほうはオフィスな感じ。
どっちかっつーと京成船橋の辺りが楽しいと思うんだが、JR船橋駅北口のほうに立ち食い寿司があるとネットで情報を拾っていたので行ってみた。

吉光:外観

「吉光」という店で、船橋北口支店とあるので別の店舗もあるのかなと思ったわけで、後で調べたら新船橋駅のほうに高級そうな本店があるようだ。
で、こちらは気楽に使える立ち食いの店。

吉光:外観

ビルに張り付いたような路面店で、ふらっと立ち寄り易いと思えるロケーション。
きっと昼どきはランチ目的の周辺サラリーマンで賑わうんじゃなかろうか。
立ち寄ったのは14時台で、すごく空いていて有り難い。
職人は二人だったか三人だったか、ちょっと小休止という様子だった。

吉光:ビール

まずはビールを飲もうと瓶ビールの銘柄を訊くと、生しかないと。
瓶ビールがなくて残念だが、ポン酒のほうは飲み比べ3種セットみたいのがあったな900円だったか。

お決まりが何種かあるが、お好みで安いものばかり注文。

吉光:寿司吉光:寿司

あじ、さば、握りは二貫で出てくる……画像は一貫食っちゃった状態。
鉄火巻、カッパ巻は手巻きだったのが残念だが安いから仕方ないか。

ホワイトボードに本日のオススメがいっぱい書いてあり、そこからカジキの漬けを。

吉光:寿司

ねっとりとした食感で、濃い味で酒に合うなぁ。
こりゃポン酒いっとかなきゃとも思ったが、腹を満たす目的で立ち寄ったし、これから都内を目指しハシゴ酒の予定もあるしで止めておく。

会計1,500円で、うん安くて旨くて満足した。
細巻きが注文できて握りが一貫なら、もっと素晴らしく満足したが、欲張りというものだろう。

吉光:手洗い

ちなみに手元に手洗い蛇口があってね、こういうの便利でいいね。
九州ではなかなかお目にかかれない立ち食い寿司、良いもんだねぇと満喫できたよ。
生活圏にあれば週一で立ち寄りたい店だねぇ。

↓「食べログ」での店舗情報

吉光 船橋北口店寿司 / 船橋駅京成船橋駅東海神駅

混沌とした通りの地元密着感のある狭い飲み屋「あさひ」京成船橋

京成船橋駅の近くに、飲み屋や性風俗店やラブホがありつつ神社もあって小学生も行き来する細い通りがあって。
なんだか混沌としてるなぁと感じるその辺りの小さい角に風除けビニールに覆われた小さな店があった。
「あさひ」という店。

あさひ:外観

看板に記載された文句をすべて並べると「九十九里の地酒 梅一輪 大衆あさひ 船橋店」となる。長いな。
何坪だかわかんないが、とにかく狭くて店内は5人も入れば狭くてかなわんという敷地面積。
立ち飲みではなく椅子っぽいものが用意されてるが、いっそ椅子はないほうが快適では。

あさひ:メニュー

ビールはキリン一番搾りで、キリンラガーがなくて残念。
アテはおしなべて安い。

ギョニソ90円というのが目にとまり、それは焼くのか炒めるのか訊くと、そのままだと。

あさひ:ギョニソ

いいね、こういうの良い。
ちなみに最近のギョニソってビニール皮膜が剥きやすく工夫されてるんだなぁと感心。

平日の14時ちょい前、常連であろう若者が店先まで溢れ。
なんだか夜の商売の若者っぽく、狭さゆえ聞く気もないが聞こえてくる会話内容にアウェイ感。
店先を乳母車を押した若い女性が通りがかり、やはり常連らしく一杯飲んでいけと誘われていたが子供が一緒だからと断っていた様子がなんだか生活密着な感じ。
この界隈の人に日常使いされてる気のおけない飲み屋なんだな。

地元の常連であれば語らって過ごすのだろうが、ここでは俺は異邦人だなとビールを飲み干して撤収。
ま、立ち飲み屋のようにサクっと飲んでサクっと帰るって使い方で、良しとする。

↓「食べログ」での店舗情報

あさひ居酒屋 / 京成船橋駅船橋駅東海神駅

これは飛び込んでみたくなる素敵な外観だろう千葉県船橋市「花生食堂」

東京に酒を飲みに来ているのだが、LCCのバーゲンチケットで成田着、成田から都内へは遠いなと思うのを逆手にとっての船橋に寄り道。

京成船橋駅を出てウロウロしてみると、なんともたまらない外観の店に目がとまった。
「花生食堂」。

花生食堂:外観

これは、すんげぇ魅力的だなぁと。
堂々として、飾り気のない看板。
古ぼけた姿からは、積み重ねられたであろう優しい気持ちを感じる。
時間の積み重ねも、そりゃ感じるけどね、長い時間を経てきたなかで店と客との間で交わされたであろう優しい気持ちを感じたんだよ。

とはいえ、こうも堂々と食堂然としていれば、メシを食わずに酒だけってのは悪いのかなと思っちゃう。
幸いに店頭にメニューが掲示してあるので酒だけでも構わないような店なのかメニュー構成を確認。

花生食堂:メニュー

確認してたら、店から女将であろうオバチャンが出ておいでになった。
ビールありますかと訊くとビールも酒もあるよってことで店の中へ。

土間だ、土間にテーブル席があり足下にはストーブ(もうしまってもいいのでは)が。
右手にはカウンターで、カウンター席と厨房は仕切られていて、やはり食堂然としているね。

花生食堂:店内

ビールはあるとのことだったがキリンラガーはあるかと訊くと、あると。

花生食堂:ビール

キリンラガー瓶があって嬉しい。
こういう食堂にこそ、キリンラガー瓶は似合うなぁ、いや赤星でもいいけど俺はキリンラガーのほうが好きでね。

花生食堂:冷奴

冷奴を注文すると、豆腐と薬味が別にでてきて、こういうの良いねと思った。

店には先客が3人ほど、いずれも地元の人だろう。
平日の、まだ12時台だが、メシを食うでなく皆さん酒を飲んでいる。
隣の初老の男性から、なにかと話しかけられるが、泥酔はしてなく節度のある会話で居心地は悪くない。

しばらくして若い男性が一人でふらりと。
地元の若者のようだが、この店は初めての様子で、たぶん古びた外観への好奇心から入ってみたのかな。
そういう好奇心は、全国各地の若者が大いに発揮してもらいたいもんだね。

酒を飲みに関東に降り立って、最初に立ち寄ったこの店で、関東らしい旅情さえ感じられたな。
実は、関東で飲み屋を巡るにあたってネットや書籍で情報を拾ってリストを作っていた、巡りたい店の。
この店はノーマークだったんだが、情報なんかなくても飛び込んでみたい魅力を感じたんだよ。
とても、良い店だった。

↓「食べログ」での店舗情報

花生食堂定食・食堂 / 京成船橋駅船橋駅大神宮下駅

最近書いた記事


カテゴリ


プロフィール

どうも、割った鍋です。
食べたり飲んだり、飲んだり。
九州在住、大阪常駐。

大衆酒場、立ち飲み屋、酒屋の角打ちが好きです。

重度の喫煙者であり、昼酒を好むという、社会的にちょっとアレなオッサン。

2014年9月24日開設


割った鍋へのメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索


リンク

各地の飲み屋情報を発信しているサイトをリンクさせてもらってます

<全国>
「立ち呑み@酒店」
全国の酒屋の角打ち、立ち飲み屋についての情報がエリア別に掲載されている
「激渋食堂メモ」
日本あちこちに今も残る、渋くて味わい深い大衆食堂を地域別に紹介しているサイト

<関東>
「居酒屋礼賛」
東京の情報には限らないのだが都内の味のある酒場の情報が豊富で魅惑的かつ地域別インデックス便利
「酔(すい)のどうでしょう?」
東京都内の居酒屋・大衆酒場・古典酒場・立ち飲み・センベロ酒場を飲み巡るブログ

<東海>
立飲み人生劇場
更新が停止していて残念だけど名古屋の魅力的な立ち飲み、角打ちできる酒屋の情報が

<関西>
「日本全国B級グルメぐるぐる紀行」
関西各地の味のある酒場を詳しく紹介してくれる指針になる情報量
「関西女のプチ日記」
他のどこにも載ってないような素敵なディープ飲み屋情報満載の関西酒場ガイダンス
「やまでらのぶらりグルメ&ぶらり日記」
行きたくなる飲み屋がたくさん紹介されてる関西飲み屋巡りの強い味方
「カンクロが行く」
大阪府のローカルなとこまで行く。日記のような数行のセンテンスに静逸なセンスを感じる
「関西安酒場」
更新が止まっているようで残念。バス路線沿いの酒屋などまで簡潔ながら貴重な情報

<九州>
「黒崎~小倉@北九州の居酒屋&BARを制覇せよ!」
ネット上に情報の少ない北九州の酒場を紹介してくれる有り難いサイト

このブログをリンクに追加する
リンクフリーでございます(^ヮ^)

【広告】Advertisement