ちゃんとメシを食う食堂「力餅食堂」大阪市福島区吉野

この店、もう閉店してるのかな、まだやってるのかなと気になっていた「力餅食堂」。
夜に通りすがってばかりだから開いてるところを見たことがなかったんだな、昼に行ってみたら営業してた。

力餅食堂力餅食堂

看板、そして屋号が良いなぁと思ってたんだけど、暖簾がいいねぇこれがまた。
登録商標って大げさな……と思ってググったらWikipediaに項目があって、なんでも大元の店は1889年(なんと明治時代だわ)に創業して、いろいろあったが京阪神一円に展開する大衆食堂になったという壮大な店なのね。
知らなかったけど、そういえばいつかどこかで「力餅食堂」って屋号は過去に見かけたような気がしてきた。
俺は九州育ちで馴染みがないが、関西ネイティブなら深い思い入れがあるのかもしれないね。

力餅食堂

まぁ歴史的なことはおいといて、とにかく昼メシを食いたくて行ったのです。
店先のメニューサンプルも食欲をそそる。

力餅食堂力餅食堂

店に入ると、ああ古い風情、こういうの好き。
古いが、しかし整然としている。
お茶を出してくれて、ほっと一息。

力餅食堂

品書きを見ると、そうラインナップは豊富ではないかな。
でもまぁ、これだけあれば不足はないでしょって布陣でもあるかな。

力餅食堂

カツ丼を注文した。
目の前にカツ丼が現れると、出汁の良い香りが鮮烈に。
こういうのあんまりないよな、丼ものでここまで出汁が香るって、と思った。

食ってみると、ちょっと塩っぱさも感じるかな、でも美味しいな、と。
どこかちょっと上品な気もする、けど庶民的でもあるな、と。

庶民的、というのは客層もそうだったな。
近所に住んでるのであろうオジサン独りメシとか、だいぶ長いこと連れ添っておられるなぁという老夫婦とか、子供連れファミリー客とか、なんかこう日々ちゃんと生活してますという人が来る店って感じ。
そう感じたからか、古い大衆食堂ではメシを食うより酒を飲みたいしタバコも喫えると嬉しいなぁと思っちゃう俺なんだけど、この店に関しては酒とかタバコは求めずにメシをちゃんと食おうという気持ちになった。

この店に行ったのは2019年11月16日
↓「食べログ」での店舗情報

力餅食堂うどん / 野田駅(阪神)野田阪神駅海老江駅

気楽にあれこれ飲み食いして満足できた「赤のれん 京橋店」大阪市都島区東野田町

更新をサボっていた時期の積み残し……この店に行ったのは2018年11月4日。

京橋でハシゴ酒、昼から飲み始めて夕方になってきた。
京橋には沢山の飲み屋があるが、密集地帯から少し離れて良さげな店を見つけてみようと思ってウロウロしてた。

IMG_007911.jpg

なんとなく、「赤のれん 京橋店」へ。
なんとなく、そんなに混んでなさそうで、それなりに雰囲気もありそうで、安く飲めそうに感じて。

赤のれん 京橋店

まずは様子見にプレーンチューハイ。
カウンターの天板が赤々と紅く、中華料理店みたい。

赤のれん 京橋店IMG_007910.jpg

庶民的な大衆酒場という空気。
渋さとか老舗感はなく、気軽に立ち寄る普段使いの店って様子。
なんか、気が楽って感じ。
大衆店らしくタバコが喫えて良い。

赤のれん 京橋店赤のれん 京橋店

酒が安く、食いものが豊富なラインナップで寿司もある。
じゃあ日本酒いって寿司で締めるってのをゴールに設定しようか。

赤のれん 京橋店赤のれん 京橋店

きずし、出汁巻。

赤のれん 京橋店

そして日本酒。
昼から飲んでるし、もうかなり良い具合に酔っ払ってきた。

IMG_007908.jpgIMG_007909.jpg

そろそろ新幹線で帰る時刻も近づき、寿司で締める。
お決まりの盛り合わせ、単品で細巻きも。
鉄火巻350円、胡瓜巻250円と細巻きが安くて嬉しい。
嬉しいので、日本酒を追加注文して寿司をアテに飲み続けた。

うん、仕上がった。
気安く飲み食いできて、満足できる店だった。

↓「食べログ」での店舗情報

大阪あべの赤のれん 京橋店居酒屋 / 京橋駅大阪ビジネスパーク駅大阪城北詰駅

アウェー感だった「炙 ぜがわ」大阪市都島区東野田町

更新をサボっていた時期の積み残し……この店に行ったのは2018年11月4日。

夕方の京橋、ハシゴ酒でうろうろ。
京橋には、それは有名店がゴロゴロしてるが、穴場っぽい店に行ってみたかった。

炙 ぜがわ

路地にはいって「炙 ぜがわ」という店へ。
女性店主の、小さな立ち飲み屋。

炙 ぜがわ炙 ぜがわ

ハイボールと、昭和なアテであるレーズンバター。
レーズンバターってのは、良い。

ただ、この店で感じたのはアウェー感だった、という他にはあまり記憶に残っていない。
馴染めない飲み屋というのは、ある。

↓「食べログ」での店舗情報

炙 ぜがわ立ち飲み居酒屋・バー / 京橋駅大阪ビジネスパーク駅大阪城北詰駅

昼間っからウイスキー「HUB 京阪京橋店」大阪市都島区東野田

更新をサボっていた時期の積み残し……この店に行ったのは2018年11月4日。

この日は不動産屋で用事を済ませ、あとはもう福岡に帰るだけで予定はなく、ブラブラと独り昼酒ツアー。

HUB 京阪京橋店

京阪の京橋駅高架下、「HUB 京阪京橋店」。
俺は地味に「HUB」が好きで、行こうと予定している飲み屋が特にない場合に利用する。

HUB 京阪京橋店HUB 京阪京橋店

店舗によって開店時刻がまちまちって印象のある「HUB」だが、この京橋の店は昼からやってるのが有り難い。
さすが朝から飲める町として定評のある京橋って感じか。
しかし逆に昼から飲める店にはことかかない京橋だからかも、広い店内はすごく空いてて快適だった。

HUB 京阪京橋店IMG_007893.jpg

店の奥に喫煙可能なフロアがあって、そちらへ。
まずビール、ハイネケンをハーフパイント。
昼メシを済ませてて腹は減ってなかったから、ビールのお供はカウンターで売ってたコラボ柿の種。

HUB 京阪京橋店IMG_007894.jpg

「HUB」を好きな理由のひとつは、ウイスキーが安く飲めるという点だ。
デュワーズをロックちょい水で一杯。
それから、このときキャンペーンをやっていたメーカーズマークの、HUBセレクト的なプライベートセレクトというのをロックで1杯。
シングル800円、「HUB」においては高額商品となる酒だったが、どっしりと飲み応えがありつつ甘やかな香りで、締めの一杯に良いバーボンだったな。
「HUB」ではスコッチかアイリッシュでしょ、バーボンってどうなのって少し思ったけど、まぁいいじゃない。

↓「食べログ」での店舗情報

HUB 京阪京橋店ビアバー / 京橋駅大阪ビジネスパーク駅大阪城北詰駅

ウイスキーが安い店はいい店だ「立呑 ぽっぽ亭」大阪市福島区福島

この辺りで飲んだことないなぁと、JR東西線新福島駅の辺りをウロついてみた。

立呑 ぽっぽ亭

駅のすぐ南に、道の両側に飲み屋が立ち並んでいる緩く湾曲した路地があって、店々の照明が煌びやかながらも懐古的な灯りだなと感じる光景だった。
その路地に、かわいい外観の店があって入ってみた。

立呑 ぽっぽ亭立呑 ぽっぽ亭

なにがかわいいって、家なのかなって小さな佇まいと、「立呑 ぽっぽ亭」という屋号と、入り口脇にあしらわれた鳥のオブジェだ。
ああ、ぽっぽ亭だからポッポが……と、うっかり思ってしまったが造形はぜんぜんポッポではない。

立呑 ぽっぽ亭

まずビール、瓶の一番搾りか生のハートランドかとのことで、ハートランド。
美しいビールの注ぎっぷり、絵になる。

立呑 ぽっぽ亭立呑 ぽっぽ亭

小さな立ち飲みで、この店がある路地そのものから感じるキャラクター性から古民家リノベーション系の新しい店かと予想したが、もう店は12年目とかだと。
そして、この路地の店はぜんぶオシャレ系と映ったから、どうせどこも禁煙だろうと思ったがここはタバコが喫える。

美しいビール、タバコが喫えること。
これでもう俺は上機嫌になった。
そしてここは、酒もアテも安い。

立呑 ぽっぽ亭IMG_002005.jpg

チーズの燻製190円という安さ、これだけでもうビールのおかわりと、そのあとにウイスキーを飲もうと決めた。
アンチョビポテトも良かった。

IMG_002006.jpg

フェイマスグラウス390円、ロックちょい水で。
ウイスキーが安いのは良い。
フェイマスの他、ジョニ赤とかサントリー角も同価格だったかな。
いずれも、飲食店向けといった性格を持つ酒販店では1本1,500円はしないという価格帯で、それらはどれも390円で提供という価格設定はとても正直な値付けだなと思った。
そういうラインとは別に、カウンターにはもっとウイスキーが並んでいて、たとえばボウモア12年が600円だったな。
ウイスキーが安い店は良い店だ。

この店に行ったのは2019年10月28日
↓「食べログ」での店舗情報

立呑 ぽっぽ亭立ち飲み居酒屋・バー / 新福島駅福島駅中之島駅

最近書いた記事


カテゴリ


プロフィール

どうも、割った鍋です。
食べたり飲んだり、飲んだり。
九州在住、大阪常駐。

大衆酒場、立ち飲み屋、酒屋の角打ちが好きです。

重度の喫煙者であり、昼酒を好むという、社会的にちょっとアレなオッサン。

2014年9月24日開設


割った鍋へのメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索


リンク

各地の飲み屋情報を発信しているサイトをリンクさせてもらってます

<全国>
「立ち呑み@酒店」
全国の酒屋の角打ち、立ち飲み屋についての情報がエリア別に掲載されている
「激渋食堂メモ」
日本あちこちに今も残る、渋くて味わい深い大衆食堂を地域別に紹介しているサイト

<関東>
「居酒屋礼賛」
東京の情報には限らないのだが都内の味のある酒場の情報が豊富で魅惑的かつ地域別インデックス便利
「酔(すい)のどうでしょう?」
東京都内の居酒屋・大衆酒場・古典酒場・立ち飲み・センベロ酒場を飲み巡るブログ

<東海>
立飲み人生劇場
更新が停止していて残念だけど名古屋の魅力的な立ち飲み、角打ちできる酒屋の情報が

<関西>
「日本全国B級グルメぐるぐる紀行」
関西各地の味のある酒場を詳しく紹介してくれる指針になる情報量
「関西女のプチ日記」
他のどこにも載ってないような素敵なディープ飲み屋情報満載の関西酒場ガイダンス
「やまでらのぶらりグルメ&ぶらり日記」
行きたくなる飲み屋がたくさん紹介されてる関西飲み屋巡りの強い味方
「カンクロが行く」
大阪府のローカルなとこまで行く。日記のような数行のセンテンスに静逸なセンスを感じる
「関西安酒場」
更新が止まっているようで残念。バス路線沿いの酒屋などまで簡潔ながら貴重な情報

<九州>
「黒崎~小倉@北九州の居酒屋&BARを制覇せよ!」
ネット上に情報の少ない北九州の酒場を紹介してくれる有り難いサイト

このブログをリンクに追加する
リンクフリーでございます(^ヮ^)

【広告】Advertisement