穴場だなと嬉しがる俺はいやらしいけど穴場だな布施の立ち飲み屋「宝」

まだ見ぬ酒場に行くために出かけていくってところがあって、単純にいろんな店で飲みたいなって素直な気持ちなんだけども、まぁ正直なところブログやってるとレアな飲み屋に行って記事書くほど俺カコイイなんてこともついつい心の片隅で考えてしまう卑しい俺です。
生まれてきてすみません。

いや、そんなのどうでもいいんだよ、穴場っぽくて実際に穴場かもしれんが店の人はわざわざ穴場になろうとは思ってないだろう、きっと自然体に店をやってるだけだと思うよ。
そう感じる店が、東大阪市の布施にあった。

宝:外観

「宝」という店で、立ち飲み屋。
まぁ飾りっ気のない外観だこと。

外からのイメージより、店内は明るい。
店主は世捨て人風……とかじゃなく、普通に人当たり悪くない人です。

チューハイと、アテにチーズをいただきましたよ。

宝:酒

このチーズ、角打ちでよくあるベビーチーズ1個売りじゃなくて、薫製してあって100円だったのよね。
こちらの店、ちょっと気の効いたアテが、安くていろいろ用意されてるんだよ。
それだけでも楽しいんだなこれが。
どういうアテがあるか、ホワイトボードの画像をご覧ください。

宝:店内

ボケボケで全然わからねぇ。
すまん、もうだいぶ酔ってたんだ。

宝:料理

紅ショウガの天ぷらがあったり、まぁいろいろあるのさ。
それはそうと紅ショウガの天ぷら食うと大阪に来てるなーって感じるね。

しかし、アテはいろいろあるが、酒はそんなにいろいろは置いてない。
薫製チーズつまんだら、ウイスキー飲みたくなったのね。
シングルモルトの瓶が目にとまったので注文したら、空瓶でした……残念。
代替策としてハイボール飲んどきましたわ。

宝:酒

くそ、モルト飲み損ねたチクショー、なんて思いはしなかった。
ま、無いならしゃーない、と素直に思える空気の店だったんだよね。
店主のキャラクターか、店の佇まいのせいなのか。

路地に、目立たずある店で、それだけで穴場感は少しあるものだ。
でも本当に穴場と感じるのは、なんらかのサプライズとプレジャーがあってこそだよね。
暗い通りにあって地味な店だからアテなんかたいしたもんないだろう、と高をくくったら注文に迷うほど豊富に魅力的なアテがったりさ。
客あんまり入ってなさそうだからショボくれたオッサンが生半可な気持ちでやってるかと思ったら、魅力な店主だったり、とかそういの。

この「宝」、穴場じゃんと思ったね。

あと余計なことだが九州に住んでるのに大阪府の地味なエリアの片隅で良い飲み屋に出逢って俺カコイイと思ったね。
出逢ってっちゅーか、事前にネットで情報拾ってたんだけどね。
たまたま出逢ったって書いたほうがブログ的にカコイイよなーとちょっと思ってしまった卑しい俺。
恥の多い人生です、生まれてきてすみません。

↓「食べログ」での店舗情報

立ち呑み 宝立ち飲み居酒屋・バー / 布施駅小路駅(大阪市営)俊徳道駅

ここは“玄人”って言葉が似合う酒場だって感じた布施「ひらた」

布施には、行きたい店がいっぱいあった。
九州に住んでる俺には地理的時間的制限があるから、厳選して何軒かしか行けないのが辛いところだ。

布施駅の北にアーケード街があり、そのなかに「ひらた」という店がある。

ひらた:外観

屋号のフォントはかわいいが、年季を感じる立ち飲み屋の店構え。
と同時に、株式会社平田商店という表記もある通り、酒屋として小売りをやっている。
だから立ち飲み屋ってより角打ちできる酒屋だね、立ち飲みエリアと売り場は別の空間になってるけどね(店内で繋がってはいる)。
上の画像は帰りがけに撮ったもので、もう立ち飲み側の入口のシャッターが降りている様子。

立ちカウンターにズラリと酒飲みが、わりと静かに飲んでいた。
泥酔したり妙にテンションの高い酔っぱらいは見当たらなかった。
酒飲みの“玄人”って感じの客が集う店という空気があったな。

ひらた:酒

渋い雰囲気があったのでポン酒が相応しいかとも思ったが、この日はだいぶハシゴ酒をしているので小休止的に瓶チューハイを手始めに。
氷をいれたジョッキと一緒に出してくれた。

カウンターの天面はステンレスで、その鈍く静かなシルバーの光も心地良い。
カウンター内部には、おでんが煮えている大鍋が見えて食欲をそそるんだこれが。

ひらた:店内

上の画像に店の人が映り込んでいるが、手隙のときは手を前で組んで姿勢を正して待機しているのがわかると思う。
その態勢も“玄人”を感じるんだよねぇ。
手隙のところを狙って撮ったのだが、実際はまめに客の対応をしたり鍋に手を入れたり、バタバタではなくテキパキと仕事をしている様子も眺めていて心地良い。

ひらた:料理

おでんをいただき、調子が出てきたのでポン酒も。

ひらた:酒

なんか、料理と酒の写真が無駄に暗めで渋い感じに写ってるが、そんなに暗い店内ってわけじゃないよ。
もうだいぶ酔ってて、うまく撮れてないんだな。

この店は閉店が割と早くって、長居はしてないんだがそろそろ閉めるという時間になった。
もう立ち飲み側入口は閉めるので小売り側から出てくださいと案内された。
そんな閉店間際だったが、気持ち良く迎えて送り出してくれて、嬉しかった。

フレンドリーな接客、みたいなタイプじゃないんだが、気持ちいい距離感だと感じた。
リラックスして飲み食いしつつ、どこか背筋が伸びる気分も少しあって、それも良い。

限られた店にしか行けないなか、この店に行って良かった。
本当に、そう思える酒場だった。

↓「食べログ」での店舗情報

ひらた居酒屋 / 布施駅小路駅(大阪市営)新深江駅

とても魅力的な空気を感じた布施の立ち飲み「ヒザキ酒店」

<追記:2015年11月25日>
前回は閉店間際でゆっくり楽しめなかったので再訪したよ布施の「ヒザキ酒店」。

ヒザキ酒店:店内

再訪したかったのは、うーん、なんかほのぼするんだよね、この店。
すっげぇ安いとか、すっげぇ美味しいとかでもないんだが、なんだか不思議に魅力がある。
独り飲みがデフォルトの俺には珍しく、友人と2人で立ち寄った。
さて、まずはビール。

ヒザキ酒店:酒

キリンラガー瓶があって嬉しい。

アテに、きずし、鰻の蒲焼きなど。

ヒザキ酒店:料理ヒザキ酒店:料理

あいかわらず、いろんなアテが用意されてて何を注文しようか考えるのも楽しい。
あ、今回はカレー見当たらなかったなぁ。

トマトチューハイも飲みましたな。

ヒザキ酒店:酒

世の中には俺の知らない飲み屋がたくさんあるのだから、行ったことのない店ばかりを追い求めてしまうのだ。
しかし、同じ店に再び立ち寄るというのも、なんだか嬉しさはあるね、また来れたっていうようなね。

ところでこちら、屋号に“酒店”とあり店先にビールケースが積んであるが、酒類の小売りしてるように見受けられないので俺的には角打ちカテゴリには入れていない。
ま、カテゴリ別けなんてどうでもいいっちゃいいし、たかが俺的にどうであろうと皆さんは自分の尺度で好きに捉えていただければ良いのです。

<初回投稿:2015年4月3日>
東大阪市、といっても鶴橋から近鉄で2駅の布施。
布施にもいろいろ飲み屋があるもんだとウロウロしていて、その外観に惹かれて立ち寄った「ヒザキ酒店」。

ヒザキ酒店:外観

町角に昔からある店という雰囲気、昭和な感じに色のくすんだテントに屋号が記され、店先にはビールケースが積まれていて。
こういう店っていい店だよねって勘がはたらき、はいってみた。

まだお客さんがいて賑わっていたが、21時半で閉店なんですよとのこと。
このとき既に21時過ぎ、ちょっとだけビール飲ませてもらえますかとカウンターに。
狭くて椅子のない立ち飲みの店である。

ヒザキ酒店:店内

家族経営らしく、トーチャンカーチャンバーチャンで“3チャン酒店”というフレーズが脳内に浮かんだ。
品書きの短冊がたくさんブラ下がっているが、書き文字はなんだか若い女子が書いたっぽいな。

ヒザキ酒店:料理ヒザキ酒店:ほたるいか


美味しそうな料理がカウンターに並んでいるが、もう閉店間際ギリギリなので注文せず我慢。
ホタルイカがとてもキレイで、いい仕事してるなーと思った。
そして並んでいる料理の中に違和感を感じるものがあったのだが、カレーがある。
ライスはないカレーのみが小皿に盛られている。
酒のアテとしてカレーを出していて、けっこう人気があるそうなのだ。
家庭のカレーっぽい、なんの変哲もないようなカレーは手作りして大きなタッパーにストックされている。
そのストックの量を見れば、人気があるんだなと判る。

なんかとても暖かい居心地の良さを感じて、今回は閉店間際だったのが残念なので、また改めて再訪したいないと思わせる立ち飲み屋なのでした。

↓「食べログ」での店舗情報

ヒザキ酒店立ち飲み居酒屋・バー / 布施駅小路駅(大阪市営)JR河内永和駅

これが関東煮というものなんだね東大阪の立ち食いおでん「みやもと」

大阪では、食べものに独特の呼称があるよねぇ。
〆鯖は、きずし。
カッパ巻は胡瓜巻。
キャンディはアメちゃん。

で、おでんは関東煮って呼ぶんだよね。
おでんと関東煮はちょっと違うのかどうか確認したかったので、東大阪は布施の「みやもと」へ大阪在住の友人に案内してもらった。

みやざき:外観

なかなか味のある外観だが、割と最近に移転したそうで、移転前はもっと場末感のある渋い佇まいだったそうだ。
店内は明るく、椅子はなく立ち飲みとなっております。

さっそくハイボールと関東煮を。

みやざき:関東煮みやざき:関東煮

うむ、美味しいおでんです。
澄んだスープは、いい感じの薄味で味わい深い。
関東煮という独自のスタイルがあるんじゃなくて、普通におでん、呼び方が違うだけなんだね。
とはいえ、大阪では鯨を入れるんだよね、おでんに。
実際、鯨のコロなどがあったので注文したら大阪満喫あったのだろうが、俺は鯨が苦手だ。

かまぼこがあったので注文、俺はおでんにかまぼこ入れるのが好きだ。

みやざき:関東煮

ちょっと話は逸れるが俺は立ち飲みとか大衆酒場が好きなくせに、ホルモンや焼酎が苦手だ。
そういった意味で俺は不利な戦いを強いられているのである(なにが戦いだよ飲んでるだけじゃねーか)。

関東煮の他にも、大鍋でどて焼きが煮込まれている。
とても美味しそうで食欲をそそるルックスなのだが、俺はどて焼きも苦手なのである(とほほ)。

平泉成のような渋い大将は、明るくフランクな接客。
客層も穏やかで、安心して飲める店って空気。
気軽に立ち寄れる感じで、良い店だね。

<2015年04月12日追記>
いやー、恥ずかしいハナシなんだけどさ。
関東煮って“かんとうに”と読むんだと思い込んでたんだけどさ、なんの疑問も抱かず。
違うんだね。
“かんとだき”って読むんだね。
いやー、無教養でお恥ずかしい。
ひとつ賢くなった。

↓「食べログ」での店舗情報

みやもとおでん / 布施駅小路駅(大阪市営)俊徳道駅

最近書いた記事


カテゴリ


プロフィール

どうも、割った鍋です。
食べたり飲んだり、飲んだり。
九州在住、大阪常駐。

大衆酒場、立ち飲み屋、酒屋の角打ちが好きです。

重度の喫煙者であり、昼酒を好むという、社会的にちょっとアレなオッサン。

2014年9月24日開設


割った鍋へのメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索


リンク

各地の飲み屋情報を発信しているサイトをリンクさせてもらってます

<全国>
「立ち呑み@酒店」
全国の酒屋の角打ち、立ち飲み屋についての情報がエリア別に掲載されている
「激渋食堂メモ」
日本あちこちに今も残る、渋くて味わい深い大衆食堂を地域別に紹介しているサイト

<関東>
「居酒屋礼賛」
東京の情報には限らないのだが都内の味のある酒場の情報が豊富で魅惑的かつ地域別インデックス便利
「酔(すい)のどうでしょう?」
東京都内の居酒屋・大衆酒場・古典酒場・立ち飲み・センベロ酒場を飲み巡るブログ

<東海>
立飲み人生劇場
更新が停止していて残念だけど名古屋の魅力的な立ち飲み、角打ちできる酒屋の情報が

<関西>
「日本全国B級グルメぐるぐる紀行」
関西各地の味のある酒場を詳しく紹介してくれる指針になる情報量
「関西女のプチ日記」
他のどこにも載ってないような素敵なディープ飲み屋情報満載の関西酒場ガイダンス
「やまでらのぶらりグルメ&ぶらり日記」
行きたくなる飲み屋がたくさん紹介されてる関西飲み屋巡りの強い味方
「カンクロが行く」
大阪府のローカルなとこまで行く。日記のような数行のセンテンスに静逸なセンスを感じる
「関西安酒場」
更新が止まっているようで残念。バス路線沿いの酒屋などまで簡潔ながら貴重な情報

<九州>
「黒崎~小倉@北九州の居酒屋&BARを制覇せよ!」
ネット上に情報の少ない北九州の酒場を紹介してくれる有り難いサイト

このブログをリンクに追加する
リンクフリーでございます(^ヮ^)

【広告】Advertisement