すごく良い店だなという嬉しさがある立ち飲み「足立酒店総本店」西成区動物園前駅そば

<追記:2020年02月27日>
新世界東映で映画を観たあと、久しぶりに「足立酒店総本店」。
いや、ほんと久しぶり。

足立酒店総本店

かれこれ5年ぶりなんだわ、驚いちゃうね時の流れに。

足立酒店総本店足立酒店総本店

ビールを、と注文したらアサヒが来ちゃった。
しまったキリンってちゃんと言わなきゃだった。

それにしても5年前と変わらず盛況で、なんだか嬉しい。
気に入った店がずっと繁盛してる姿って嬉しいもんだ。

足立酒店総本店足立酒店総本店

まぐろ、日本酒。

足立酒店総本店

玉子焼き。

やっぱ良い酒場。

<初回投稿;2015年07月01日>
大阪で立ち飲み。
新今宮からも近いが地下鉄動物園前駅の出口からすぐのところにある「足立酒店総本店」。

足立酒店総本店:外観

わりと大きな通りに面しているが、店はひっそりと佇んでいる。
古びていて目立たないから、通り過ぎそうになったよ。

足立酒店総本店足立酒店総本店

なかなか歴史を感じさせる店構えで、暖簾で店内の様子が伺えないから入りにくいと感じるかもしれない。
でもなんだか、庶民的な雰囲気がじんわり醸し出されているから、そう敷居は高くないとも思うよ。

店内は蛍光灯の照明で明け透けに明るく、また店先の間口の狭さから予想するより広い。
右手にカウンター、左手にはテーブル席もあるがどちらも立ち、奥への広さもけっこうあるね。

足立酒店総本店足立酒店総本店

カウンター廻りはとてもゴチャゴチャしていて、ネタケースの中やカウンター上に惣菜などが並び、奥にはメニュー短冊がたくさん貼ってある。
このゴチャゴチャ感が、楽しい。

足立酒店総本店

さぁ楽しい気分で、まずはビールだ。
キリンラガー瓶があって嬉しい。
大瓶420円、納得の立ち飲み価格、だいぶ天満価格に近くて満足度高い。

アテに、さばのきずしを、大阪に来てるしね。

足立酒店総本店

だいぶハードに酢に漬かった身の白くなった鯖だが、こういうのだよな立ち飲みのアテってのはという妙な嬉しさ。
きずし270円、これまた納得の立ち飲み価格だね。
なにもつけずとも味はしっかりあるが、ワサビと醤油にチョンとつけて食った。

ところでカウンター上には、たくさんの調味料が並んでいる。

足立酒店総本店

いや、そんなに要らんだろってほどに調味料が並んでいて可笑しくなる。
可笑しいと同時に、好きなように味付けて食ってねという気持ちも感じる。

こちらの大将は、ものすごく愛想の良いオジイサンだ。
とても腰が低く、客に気を遣い、なんかもう接客業の鑑のような人。
あまりに丁寧なんで恐縮しちゃうくらいだが、馬鹿丁寧というのとはまったく違う、来てくれて有り難うさんという気持ちが伝わってきて、すごく嬉しくなる。

そういう大将だからか、西成って場所的にも店構え的にもディープな飲み屋ってことになると思うが、以外と若い男子が一人で飲みに来てたりする。
その若い男子もディープ酒場潜入みたいなノリではなく、まるで気負いなくフツーに酒を飲んでおり、ケータイの充電を遠慮なくお願いしてたりする。

なんだか、客がみんな自然体だ。

作為的な立ち飲み屋、似非角打ちには絶対に手に入れられない何かが、ここにはある。

客が増えて店内が少し暑くなったと、表の戸が開けられた。
もうすっかり陽が暮れていて、外の風が心地良い。

タバコを喫ったら、吸い殻は床に捨てることになっている。
俺は携帯灰皿を常備してるから床には捨てないが、なんだか大雑把でいいね。

大将と、たぶん息子さんとの二人で切り盛りしているようだ。
二人とも丁寧で明朗で、見知らぬ一見客の俺にも気さくに話しかけてくれる。
屋号に酒店とあるので角打ちなのかと、酒販もやってるのか訊くと、今はもうやってないとのこと。
つまりここは角打ちではなく立ち飲み屋ということになるな。

売りものっぽく紙パック酒が並んでいるけどね。
まぁ角打ちだろうと立ち飲み屋だろうと、どうでもいい。
素敵な飲み屋だ。

ハイボールを注文すると、レモンを入れるか訊かれたので入れてもらうと、どっぷり大きなレモンが。

足立酒店総本店

明らかに後から入れたに違いないレモンの容積でもって、ハイボールが溢れ出す。
大雑把で可笑しくなるが、こういうの好きだな。

飾らない風情があり、酒が安く、店の人はめっちゃええ人。
なんて素晴らしい飲み屋なんだという嬉しさがある店だ。
素晴らしい。
またきっと訪れたいなと思った。

↓「食べログ」での店舗情報

足立酒店 総本店立ち飲み居酒屋・バー / 動物園前駅新今宮駅前駅新今宮駅

【閉店】なんだか和める立ち飲み屋さん「丸美屋酒店」

<追記:2020年02月17日>
いつ頃だったか忘れちゃったんだけど、気づいたらいつの間にか別の店になっちゃってた。

丸美屋酒店

看板が残ってるんだけど(逆さまになって)……もしかして店主は同じまま業態変更なのかな。
よくわかんないけど。
とにかく、角打ちっぽい立ち飲み屋である「丸美屋酒店」は、もう存在していない。

<初回投稿:2015年12月03日>
山王で酒屋の角打ち×2ハシゴの後、この辺りもっと角打ちできる酒屋あるに違いないとあてもなく萩之茶屋方面へ。
歩き出してすぐ、高架下にある酒屋が目にとまったよ。

丸美屋酒店:外観

「丸美屋酒店」、屋号に“酒店”とあるが店先まで行ってみたら酒屋ではなく純粋に立ち飲み屋であるようだ。
まぁ、いい。
角打ちできる酒屋を探そうとしていたが、酒が飲めるなら最終的にそれでいいのだ。

えらい柔和な、人の良さそうな店主が迎えてくれた。
先客が何人かあり、店内はほのぼの和気あいあい。
やわらかい立ち飲み屋だなー。
俺もウェルカムに迎えられて、まずビールを。

丸美屋酒店:酒

キリンラガー瓶があって嬉しい。

カウンター上のガラスケースに調理されたアテが豊富に用意されていた。
見た目の色合いがキレイな一品があり、それが何かわからないまま指差しで注文。

丸美屋酒店:料理

イカを合えてあるサラダっぽいもので、旨味が深くて酒がすすむ。
ビールを飲み干し、ポン酒へシフト。

丸美屋酒店:酒

賀茂鶴だったね、グレードは忘れたけど。
コップ一杯180ml320円也。

立ち寄ったのは11時前、この辺りはそれほど人通りがなく、のんびりまったりした午前中。
萩之茶屋の飲み屋密集エリアとは違って和む感じがあるね。

丸美屋酒店:店内

なんというか、酒飲みを自認する者がわざわざ目指すような酒場ではなく、日常のなかにある酒場とでも言いたい。
自然体っていうかねぇ、うーん上手く表現できないが。
シンプルに言えば、気にいった。

「丸美屋酒店」西成区山王2-11-1

熱いものがうまい「花の山」大阪市西成区萩之茶屋

新世界東映で映画を観たあと、だいたい新世界で酒を飲むんだが、ちょっと足を延ばして萩之茶屋へ。

花の山

昔ながらの、という風情の「花の山」。
以前にもこの店の前を通りすがったことはあり、いつか立寄ろうと思っていた。

花の山

まずビール、キリンラガー瓶があって嬉しい。
12月下旬の日曜午後、カウンター席は埋まっていて、そっちに背を向けた壁向きの席へ。
そういうポジションだったせいで、カウンター奥に貼られたアテの品書きがよく見られず。
とりあえず目にとまった、にら玉を注文。

花の山

これが、熱々の鉄板で提供されてジュージューいっててキープオン熱々。
これは良いわ、230円だかって安さとは思えないクオリティ、いいねって思った。

満足しての帰りしな、会計時に品書きに目をやると、この店は鍋ものラインナップが豊富なんだと判った。
ああ、鍋か、にら玉も良かったけど鍋を注文すべき店だったかも、こりゃ再訪しなきゃなと思った。

花の山花の山

およそ半月後に、再び。
このときは平日の昼過ぎ、そう混んでなくてカウンター席に。
品書きはばっちり見渡せるし、なるほどカウンター上に惣菜もあるのね。

花の山花の山

ビールを飲みつつ、ネタケースの中には魚の焼いたのなんかもあるんだな、と。
それもいいかもだが、鍋だ。

花の山

牛すき、かしわ、牛鍋……迷ったが、豚鍋。
ポン酢で。
熱々の独り鍋が、破格の350円也。
うどんでカサ増しされてる、とは思えども、やっぱり有り難い安さだよね。

萩之茶屋辺りで鍋といったら「なべや」なんだろうけど(俺は行ったことないが)、ここでも良いよねって思うよね。
にら玉にしても鍋にしても、熱いものを熱くいただけるのって良いよねぇ。

この店に改めて行ったのは2020年01月10日
↓「食べログ」での店舗情報

花の山居酒屋 / 萩ノ茶屋駅今池駅今船駅

これぞ下町大衆食堂「うつぼ食堂」大阪市西成区松

岸里から花園へとハシゴ酒。
とくにあてもなくブラブラしてたら、オレンジ色が目に飛び込んできた。

うつぼ食堂

ややくすんだオレンジに“うつぼ食堂”の黒い文字。
ああ食堂なのか、「うつぼ食堂」っていう店か。
うつぼ、ってなんでだろう。

うつぼ食堂

好奇心で店先まで近づくと、力強く“大衆食堂”と染め抜かれた暖簾。
この暖簾の風情に惹かれて、ここで一杯やることにした。

うつぼ食堂うつぼ食堂

ああ、おかずを選ぶやつだ、いわゆる一膳飯屋ってやつだ。
この形態、好きなんだよね。

うつぼ食堂

そこそこ腹は満ちていたので、軽めのセレクトとして盛り合わせてあるおでんを選んだ。
温めて提供してくれて、酒を常温で注文。

うつぼ食堂うつぼ食堂

外観も良かった、店内も良いね、昔ながらの町の食堂って様子でね。
訪れるのは常連客のみ、みんな顔見知りという様相だったが、それで一見の俺が疎外感で居た堪れなくなるなんてことはなかった。
賑やかでいて、穏やかな空気だったな。
ロケーション的にも、これって「じゃりン子チエ」の作品世界の空気かなって、ちょっと思った。
これぞ下町大衆食堂っていう、素敵な店だった。

この店に行ったのは2020年01月06日
↓「食べログ」での店舗情報

うつぼ食堂定食・食堂 / 花園町駅天下茶屋駅萩ノ茶屋駅

意外にも洋食の趣きだった「わらじや」大阪市西成区千本中

岸里駅の辺りをウロウロしてたら、怪しげな飲食店を見かけた。
看板や提灯があるから店だということは判るが、店先はびっしりと貼り紙で埋め尽くされていて、まるで怪文書や毒電波を撒き散らす秘密のアジトのように遠目では見えた。

わらじやわらじや

食べ処、そして呑み処、「わらじや」という店なんだな。
まぁ、好みではあるんだよね、こういう怪しい外観の店って。

わらじや

メニューの情報も拾えるんだろうと貼り紙の内容をチェックすると、ああ、ここってNHKの「ドキュメント72時間」で取材されてた店なんだね。
放送を見てたんで、ここなのかぁって気分で店に入ってみた。

わらじや

まず、ビール。
アテはどうしようかとカウンター奥に貼られた品書きを眺めていたら大将にトンカツをオススメされたので、ゴハン味噌汁なしの単品でお願いした。

わらじやわらじや

トンカツができあがるまで店内を眺めまわすと、いい感じに雑然としている。
食材が多くて、そりゃメニュー多いもんなぁって思う。
それに、ドキュメント見たせいか多品種で栄養バランスとか考えた食事を提供するためかな、とか思う。

わらじやわらじや

トンカツが出てきて、パッと見でまず、なんか洋食っぽいと感じた。
もっとこう、千切りキャベツが添えてあるだけみたいな、素っ気のない皿を想像していたんだけど、キチンとサラダが守られているという様相で予想外だった。
まぁキャベツの切り方とか、そう繊細ではない風情もあるが。
たっぷりのソースが、これがなかなか侮れないもので、けっこう複雑な味のドミで。コク深くて。
結構これは、立派な洋食なんじゃなかって嬉しさがあった。

この店に行ったのは2020年01月06日
↓「食べログ」での店舗情報

わらじや定食・食堂 / 岸里駅天下茶屋駅聖天坂駅

最近書いた記事


カテゴリ


プロフィール

どうも、割った鍋です。
食べたり飲んだり、飲んだり。
九州在住、大阪常駐。

大衆酒場、立ち飲み屋、酒屋の角打ちが好きです。

重度の喫煙者であり、昼酒を好むという、社会的にちょっとアレなオッサン。

2014年9月24日開設


割った鍋へのメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索


リンク

各地の飲み屋情報を発信しているサイトをリンクさせてもらってます

<全国>
「立ち呑み@酒店」
全国の酒屋の角打ち、立ち飲み屋についての情報がエリア別に掲載されている
「激渋食堂メモ」
日本あちこちに今も残る、渋くて味わい深い大衆食堂を地域別に紹介しているサイト

<関東>
「居酒屋礼賛」
東京の情報には限らないのだが都内の味のある酒場の情報が豊富で魅惑的かつ地域別インデックス便利
「酔(すい)のどうでしょう?」
東京都内の居酒屋・大衆酒場・古典酒場・立ち飲み・センベロ酒場を飲み巡るブログ

<東海>
立飲み人生劇場
更新が停止していて残念だけど名古屋の魅力的な立ち飲み、角打ちできる酒屋の情報が

<関西>
「日本全国B級グルメぐるぐる紀行」
関西各地の味のある酒場を詳しく紹介してくれる指針になる情報量
「関西女のプチ日記」
他のどこにも載ってないような素敵なディープ飲み屋情報満載の関西酒場ガイダンス
「やまでらのぶらりグルメ&ぶらり日記」
行きたくなる飲み屋がたくさん紹介されてる関西飲み屋巡りの強い味方
「カンクロが行く」
大阪府のローカルなとこまで行く。日記のような数行のセンテンスに静逸なセンスを感じる
「関西安酒場」
更新が止まっているようで残念。バス路線沿いの酒屋などまで簡潔ながら貴重な情報

<九州>
「黒崎~小倉@北九州の居酒屋&BARを制覇せよ!」
ネット上に情報の少ない北九州の酒場を紹介してくれる有り難いサイト

このブログをリンクに追加する
リンクフリーでございます(^ヮ^)

【広告】Advertisement