タベノミー

食べたり飲んだりする日々の、あれこれ。
福岡を中心に、関西や関東の飲食店(主に飲み屋)紹介も。ゆるゆると。

エリア別・記事タイトル一覧

福岡県の店
九州で昼から飲める店
角打ち
関東の店
東海の店
関西の店
福岡以外の九州・沖縄の店

最近書いた記事


カテゴリ

あれやこれや (91)
食べ飲みした店 (941)
東京都千代田区 (19)
東京都中央区 (3)
東京都港区 (7)
東京都新宿区 (30)
東京都台東区 (20)
東京都墨田区 (5)
東京都江東区 (1)
東京都品川区 (1)
東京都大田区 (1)
東京都杉並区 (1)
東京都豊島区 (15)
東京都北区 (10)
東京都荒川区 (1)
東京都足立区 (2)
東京都葛飾区 (3)
東京都江戸川区 (1)
横浜市神奈川区 (2)
横浜市西区 (1)
横浜市中区 (12)
横浜市南区 (6)
神奈川県川崎市 (2)
千葉県船橋市 (3)
栃木県宇都宮市 (2)
名古屋市北区 (3)
名古屋市西区 (1)
名古屋市東区 (1)
名古屋市中村区 (3)
名古屋市中区 (5)
名古屋市熱田区 (1)
大阪市北区 (48)
大阪市都島区 (12)
大阪市福島区 (11)
大阪市此花区 (1)
大阪市中央区 (40)
大阪市西区 (8)
大阪市天王寺区 (7)
大阪市浪速区 (24)
大阪市淀川区 (19)
大阪市東淀川区 (4)
大阪市東成区 (3)
大阪市旭区 (1)
大阪市西成区 (14)
大阪府堺市 (4)
大阪府高槻市 (3)
大阪府東大阪市 (4)
大阪府岸和田市 (3)
大阪府泉佐野市 (2)
京都市中京区 (2)
兵庫県尼崎市 (5)
山口県下関市 (1)
北九州市門司区 (2)
北九州市小倉北区 (18)
北九州市八幡東区 (1)
北九州市八幡西区 (5)
福岡市東区 (11)
福岡市博多区 (119)
福岡市中央区 (202)
福岡市南区 (7)
福岡市城南区 (4)
福岡市早良区 (21)
福岡市西区 (1)
福岡県糟屋郡 (1)
福岡県春日市 (2)
福岡県大野城市 (1)
福岡県筑紫郡 (1)
福岡県久留米市 (19)
福岡県大牟田市 (20)
福岡県朝倉市 (2)
佐賀県 (1)
大分県別府市 (7)
大分県大分市 (6)
熊本市中央区 (62)
熊本市西区 (9)
熊本市東区 (8)
熊本県八代市 (3)
沖縄県那覇市 (13)
沖縄県浦添市 (1)
各地(チェーンとか多店舗) (16)
買ったり作ったり (71)
見たり読んだり (7)
ヒライ (16)
記事タイトル一覧 (7)
ウイスキー (0)

月別アーカイブ


プロフィール

どうも、割った鍋です。
食べたり飲んだり、飲んだり。
九州在住、大阪常駐。

大衆酒場、立ち飲み屋、酒屋の角打ちが好きです。

重度の喫煙者であり、昼酒を好むという、社会的にちょっとアレなオッサン。

2014年9月24日開設

割った鍋


STATEMENT

当ブログはInternet Explorerでの閲覧には対応しておりませんし、対応するつもりもありません。Internet Explorerをご使用の方は、今すぐ考えを改め、他の優れたブラウザをお使いになることを推奨します。自由なクリエイティビティの発展のために、Internet Explorerを使うことをやめましょう。


KEEP CALM AND DRINK ON

割った鍋へのメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


RSSリンクの表示

食べたり飲んだり、飲んだり。This is タベノミー。

【広告】Advertisement

俺は「はかたや」のラーメンが福岡のラーメンで一番好きだぁーっ!

<追記:2019年07月23日>
何度も何度も行ってる「はかたや 川端店」だが、情報の追加を。

はかたや 川端店

灰皿あるやん、と不意に気づいたのは2019年の2月初旬だ。
俺は重度の喫煙者だから立ち寄る店は喫煙可であることがすごく嬉しいのだが、さすがにラーメン一杯食ってサッと出るような滞在10分以下みたいな店ではタバコが喫えなくても不自由も不満もない。

だが、そこに灰皿があるとなれば話は別だ。

はかたや 川端店はかたや 川端店

どういう風に話が別かっつーと、ああタバコが喫えるんなら少し腰を落ち着けて飲もうかな、ということになる。
ビールとアテを頼むことになる。

はかたや 川端店

それからやっぱり、最後にラーメンを食う。
すると、俺に限っていえば、以前より客単価は上がることになる。
喫煙できるなら、俺は以前よりもっと消費をするということだ。

これはいいな、タバコを喫えるんなら以前よりもっと「はかたや」が好きになったぜと思っていた。
が、その後、灰皿が見当たらないことがあった。
店の人に訊くと、夜しか灰皿は置かないということだった。

はかたや 川端店

夜から、というのは曖昧だなと思っていたが、のちにハッキリした。
18時を過ぎたら夜ということだ。
それから08時59分まではタバコが喫えるんだな。

はかたや 川端店はかたや 川端店

線引きが判ってすっきりした、だからビールとアテを注文。

はかたや 川端店

それからやっぱり、最後にラーメンを食う。

<初回投稿:2015年09月15日>
何度も行ってる「はかたや」だ。
2015年08月25日は、台風15号の影響で福岡市の交通網は麻痺し、また多くの飲食店が臨時休業していた。
だが「はかたや」は通常運転だった。

はかたや:外観

24時間いつでも開いてるっていう嬉しさ。

ここにようやく辿り着くまでに、雨に濡れながら何軒かの酒屋を巡って空振りを食らっていた。
地下鉄さえ運行を制限していて、天神から中洲川端まで行くのさえ苦労した。
そうして、「はかたや」が営業しているのを確認し、とても嬉しくなった。

はかたや:酒

台風にも負けない「はかたや」に敬意を表し、ラーメンを食う前に祝杯だ。
いやまぁ、単に飲みたかっただけだ。
何軒かの酒屋で空振りし、ようやくビールにありつく。
サッポロ黒ラベルの瓶だ。
うーんワカってるね、ラーメン屋が置くべきビールっていうかね。
黒ラベルもいいよね。

はかたや:料理

ビールのアテに餃子を。
なんちゃない餃子だが、ビールとともに餃子を食えるってだけ、良い。

そしてラーメンを食った。

はかたや:料理

俺は「はかたや」のラーメンが大好きだ。
この安いラーメンが大好きだ。
ありがとう「はかたや」。

<初回投稿:2014年10月02日>
声を大にして言いたい。
「はかたや」のラーメンが、無数にある福岡のラーメン屋のどのラーメンよりも、一番好きだ。

安い、24時間営業、深夜のうらぶれた雰囲気が良い、などなど良い点があるのだけれど。
味が好きだ。
あの味が大好きだ。

いや、ぶっちゃけ昔は“うまかっちゃんかよ!(爆笑)”って思ってたんだけどね。
安いし、まぁ味は仕方ないよねって思ってましたよ。
でも、いつ頃だったか、この3年くらいかな、スープが劇的に変わったよね。
昔は白濁したミルキーな(うまかっちゃんぽい)スープだったが、今は澄んだ、スッキリとしつつ味わいがあるが濃くはないスープになった。
そして大好きになったのです。

はかたや

以前はヘロヘロに酔った夜明け前にラーメン定食(ラーメン+ゴハンwithたくわん+餃子:550円)を、よく食べていた。
そんなに美味しくはないわなぁ、でもこんな時間帯に安くて満腹になって良いなぁと思いながら食べていた。
が、今は純粋にラーメンが食いたい、「はかたや」のラーメンが食いたいと思って食べてます。

具が、すごくシンプルなのも、いい。
極端に言うと、もう肉とか乗ってなくてもいいわ。
スープと麺とネギ、あとはカウンターに用意されているゴマと紅ショウガだけでもいい。

安くて、美味しい。
素晴らしい、愛してやまないラーメンだ。

↓「食べログ」での店舗情報

はかたや 川端店ラーメン / 中洲川端駅呉服町駅祇園駅

【ラーメン】ラーメンはかたや

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

【閉店した模様】港の近くのビルの狭間にひっそり博多区石城町「畠中酒店 支店」

<追記:2019年06月27日>
閉店してるとのコメントいただきました。
すごく賑わってた記憶があるから、残念に思ってる人が多いだろうな。

<初回投稿:2015年10月24日>
博多区の石城町に角打ちできる酒屋があるとの情報を拾って。

石城町というのは博多港がある築港本町の隣で、もう海っぺりなわけなんだが、でもまぁ博多の街は海に近い。
とは言っても、やっぱそこそこ遠い。
地下鉄や私鉄では行けないエリアで、どうやって行けばいんだろうって感じではある。
たとえば博多駅からは2.7km、徒歩32分というデータがある(Google map調べ)。

たぶん、バスで行くのが最適解かなぁ。
でも俺、バスって嫌いなんだよね、どの路線に乗ればいいのかわかんない……いや調べればいいんだが、ちまちま調べなければならないものを利用するのが嫌なんだよ、電車なら線路があるところにしか行かないから明快だと感じるがバスは油断すると何処へ行くかわかんない無限の可能性があるよな。
実は移動の最適解はチャリンコだと思うんだけど、自転車の飲酒運転も禁じられているわけだから酒屋で角打ちしにチャリってのはナシなわけよ。
そんなわけで、歩いて行きました。

目的地が見えました。

畠中酒店:外観

だいぶ港湾地域のようでいて住居地域じゃないとも言えないが商業地域とは言えないかな、といった妙なエリアなんだけど、目指す店の佇まいも妙な感じで景観にマッチしてないね。
いやまぁ、それにしても遠かったね。

畠中酒店:外観畠中酒店:外観

かなり近づくと、おおなんだか古びた何屋さんだかわかんない店だなという外観だ。
看板に福徳長とあるから、酒好きなら酒に関する店かなと推測できるかな。

酒屋で角打ちというビジョンを思い描いて遠い道のりを行ったのだが、なんか想像とは違った。
土間のコンクリに食堂みたいなテーブルが並び、チープな椅子が用意されており、そのスペースそこそこ広いのも食堂チックである。

畠中酒店 支店:店内畠中酒店 支店:店内

あまり酒の小売りをしている様子はないが、こちら看板に“支店”とあるだけに本店は配達メインの業務酒飯で支店は立ち飲み部門ですよってことかもしれないねぇ、憶測に過ぎんけど。
ま、入って左手の壁沿いにはカウンターがあり、その奥には酒瓶がたくさん並んでいたので、小売りも多少はね?
うーん、ここはカテゴリ的に角打ちできる酒屋ってことで、いいのかどうなのか。

畠中酒店 支店:店内

カウンターに立ち、ビールを注文。

畠中酒店:ビール

キリンラガー瓶があって嬉しい。
なにかアテも注文するかと思って見渡すと、カウンターの上のガラスケースに料理がいろいろ並んでいた。

畠中酒店:料理

角打ちのアテとしては立派すぎるくらいの料理だ。
どれも結構な量があり、俺は酒を飲むとき食いものはそんなに要らないタイプなのでどうしたもんか。
それほどヘヴィじゃないかもとシュウマイをお願いした。

畠中酒店 支店:料理

レンチンされて出てきたそれは、野菜も添えられ立派な一品であった。
立ち飲み屋と考えれば立派なもので、だが朝からハシゴ酒をしている俺には過剰なものだった。

それはそうと、先客も何人かあったが、後客もどんどんやってくる。
どうやら今日は団体の予約がはいっているらしかった。
ジャケットを着た男性が続々と集い、たぶん近所の会社の酒宴なんだろうなぁ。

うん、アクセスが微妙な立地だから、近隣の客がメインになるよねぇと思えるわな、この辺に住んでいる人か働いている人かね。
地域の人に支えられてる店なんだなって、その点はとても良いなと思うよ。

俺はまぁ、ちょっとまた再びわざわざ訪れたいとは思わないってのが正直なところだけどね。
ラガー大瓶とシュウマイで会計720円で悪くないじゃんと思うがね、やっぱアクセスが大変だわね。
いや近くに住んでるとか働いてるんなら、ぜひ行ってみて欲しいと思うんだけどさ。

↓「食べログ」での店舗情報

畠中酒店 支店立ち飲み居酒屋・バー / 千代県庁口駅呉服町駅


福岡【角打ち】【立ち飲み】

テーマ:角打ち - ジャンル:グルメ

早朝の博多駅でビールが飲みたければ「IMBISS KULA」に行くといいよ

<追記:2019年06月02日>
リニューアル、というか様変わりしていた。
あらら、そうなっちゃったか、という感じ。

IMBISS KULAIMBISS KULA

なにしろ、“ほろ酔い酒場”になっちゃったからなぁ。
以前はちょっとオシャレさもあったが、それはもう消え失せたというのが正直な感想。

IMBISS KULA

看板をよく見ると小さく“IMBISS KULA”と書き添えてあるので、どうやら屋号が変わったのではなく、「IMBISS KULA」であることをやめたわけじゃないみたいだ。

この店がリニューアルするというのは、TwitterのTLで情報を拾って事前に知っていた。
どう変わるんだろうと、不安半分で楽しみでもあり、やっぱり不安だった。
どう不安だったかというと、昨今の風潮からリニューアルを機に禁煙の店になってしまうかも、と危惧していた。

IMBISS KULA

杞憂だった、助かった。
いまもタバコが喫える店だ、良かった。

IMBISS KULAIMBISS KULA

この店ではたいていハートランドを飲んでいたが、メニューを見るとカールスバーグが目立っていたので、まぁそれも悪くないとカールスバーグをジョッキで、540円。
改めてメニューをよく見るとハートランドも控えめに記載してあったが、前みたいにグラスで390円ではない。
ビールは高くなっちゃったという印象。
あと、ジャックダニエルとかメニューにないから、アルコール類のラインナップは弱くなったみたい。
いやもしかしたら、夜メニューにはジャックもあるのかもしれないが。

IMBISS KULAIMBISS KULA

カレーとかって、以前からあったっけ。
カレーが390円で食えるのは安いとは思うが、この店でカレーってのは気分じゃないな。
立ち寄ったのが正午過ぎで、昼メシもついでに済まそうと450円のたまごサンドを注文した。
添えられたポテトがビールのお供になった。

IMBISS KULA

角ハイボール378円で締め。

どう変わっちゃうのか不安はあったが、最悪の展開にはなってなくて救われた気持ち。
禁煙になってないだけで、俺には丸儲けってところだ。
あんまりリーズナブルじゃなくなった印象はあるが、やっぱり朝も昼も夜も利用できそうだ。

<追記:2017年10月17日>
朝や昼に利用すると快適な店だが、夜もやっぱり楽しいわ。

IMBISS KULA

ここではいつもハートランド生。
広くない店舗で混むと窮屈だから客が多い夜に利用しようとは思わないんだが、やっぱり夜もガヤガヤして楽しいわ。

早朝から営業していて、深夜までやってるから利用するシーンの幅が広い。
夜の深い時間まで開けてる店はけっこう少ない印象の博多駅辺りだが、ここは週末だと朝方近くまでやってる。
だから、さんざんハシゴ酒したあとの満腹中枢のマヒによる不適切な食欲を満たせる。

IMBISS KULAIMBISS KULA

パテとバゲットとか、ウインナーとか、ちょっとガッツリ感もありつつ重すぎないものが食えて、適切である。

IMBISS KULA

小腹を満たしつつ、ジャックをロックで。
うん、夜も楽しいわ。
全時間帯で楽しく利用できるな。

<初回投稿:2015年08月27日>
博多駅筑紫口を出てすぐの「IMBISS KULA」は使い勝手がいい店なんだよ。
屋号は“インビス クラ”ってんだけどインビスってドイツの駅なんかにあるセルフの軽食スタンド的な業態のことだそうだがクラはなんなんだ?

IMBISS KULA:外観

いろんな時間帯で利用したが、夜は混んで窮屈だから昼や朝にビールを飲むために利用するのがオススメだ。
朝からビール飲みたいなってときに、その威力を発揮するね。
博多駅構内には午前中から飲める店がいくつかあるが、どこも開店は10時なんだよ。
ここは、なんと06時開店だ。
早朝からビールが飲めるってわけだよ。

IMBISS KULA:酒

そんなわけで博多駅09:00着の新幹線を降りた俺は、朝メシがてらビールを楽しんだ。
ハートランド、グラスで390円。
スッキリと軽い飲み口ながらホップを感じるキリンのハートランドはけっこう好きで、そして朝に飲むのに適しているとも思うね。

トーストやホットドッグと飲み物をセットにしたモーニングが何種類か用意されてるが、単品でウインナードッグを。

IMBISS KULA:料理IMBISS KULA:料理

けっこう野菜も挟まってるのが嬉しいし、マスタードをボトルで出してくれるのも嬉しい350円也。

店舗はそう広くないんだが、なんか頑張っていくつかのエリアに空間を分けている。
だからちょっと窮屈ではある。

空間を分けているが、どこも喫煙可能なので助かる。
俺は通行人を眺められる窓際の席が好きで、コンセントがブラ下がってて充電できるのも有り難い。

博多駅構内から繋がってるけど『DEITOS ANNEX』ってビルの1階入り口に店舗はある……って、ビルの名前が変わってるじゃないか『EX-SIDE HAKATA』って名前だったじゃん。
いつ変わったんだよと確認したら2015年4月1日に名称変更されてたんだな。
以前の名前が良かったのになぁ“駅そばでエキサイト!”みたいな、ちょっとアホっぽいネーミングでさ。

IMBISS KULA:外観IMBISS KULA:外観

ところで朝ビールを飲むために立ち寄ったのは2015年8月24日で、台風が九州に接近しつつある日だった。
次の日、台風15号はガッツリ九州に上陸し、JR九州の新幹線や在来線は運行が見合わせとなり博多駅構内の店舗は臨時休業となるものが多かった。
午前中から酒が飲めるパラダイスとして人気の『ほろよい通り』もシャッターを閉ざしていたという酒飲み難民な状況だったが、「IMBISS KULA」は平然と店を開けていたそうです。
素晴らしいな。

↓「食べログ」での店舗情報

インビスクラバル・バール / 博多駅祇園駅東比恵駅

福岡【飲み屋・居酒屋】【昼酒】

テーマ:昼酒 - ジャンル:グルメ

手軽で賑やかでいいね「角打ワインバル 博多レターレ」福岡市博多区博多駅前

地下街の目立たないエリアにある「角打ワインバル 博多レターレ」。
角打ちができる酒屋でもないのに“角打ち”を名乗るのは気にくわないが、まぁ若い人がやってる店っぽいから角打ちのなんたるかを知らないんだろうということで許容しとく。

角打ワインバル 博多レターレ角打ワインバル 博多レターレ

店構えが、安い。
デザイナーに頼んだりしてないよねWordとかで作ったの出力してラミネート加工してもらったよね、という感じが看板とかから滲み出ている、のだが、そういうとこ経費節減して安価で営業してますってことなら、ぜんぜん良いって感じちゃう雰囲気もある。

角打ワインバル 博多レターレ角打ワインバル 博多レターレ

樽ワイン290円、串70円〜と安さを前面に出してるしね。

角打ワインバル 博多レターレ角打ワインバル 博多レターレ

樽ワインを飲みました。
赤白ロゼスパークリングと5種類ほど樽があったかな、そこからセルフで注いで飲む。
飲み放題生じゃないから、注ぐたびにスタッフに申告は要る。
何種類も飲む人のためにグラスも各種用意してあって、スパークリングのためにチューリップグラスもあった。
が、俺は面倒なので普通のグラスでずっとスパークリングを飲んでいた。

角打ワインバル 博多レターレ

ワインに合うアテもいろいろあって、良い。
喫煙できるのも良い。

角打ワインバル 博多レターレ

広くはない店舗の席はほぼ埋まっていて、適度の賑やかさがあった。
スタッフも感じ良かった。

別に何も不満はなかったが、これは俺の性根のせいなんだけどセルフで樽からワインを注ぐのが最初は楽しかったが、だんだん面倒に感じてしまったし、何杯も飲んだからボトルで注文しといたほうが楽だったし安く上がったかな、なんて思ったりした。
店はなんにも悪くない。

↓「食べログ」での店舗情報

博多レターレダイニングバー / 博多駅祇園駅

福岡【飲み屋・居酒屋】

テーマ:ワイン - ジャンル:グルメ

思ってたのとは違った「鶏匠 松元」福岡市博多区博多駅中央街

博多駅DEITOS『博多のごはん処』にオープンした「鶏匠 松元」。

鶏匠 松元鶏匠 松元

店が推してる“鶏出汁おでん”というのを食ってみようと立ち寄ってみた。
大根、春菊、はんぺん、それから見た目は焼き鳥っぽいが焼いてない鶏串おでんのモモなど。

鶏匠 松元

やっぱ出汁が売りなんだろうからまずは出汁をと、ひとくち啜ってみた。
うん……思ってたのと違った。
濃厚な鶏の旨味、少しの塩だけで味を調整、みたいなのを想像してたんだけど、違った。
なんか甘いのよね、みりんの甘さかね、甘くなくていいのにな、と思った。

鶏匠 松元鶏匠 松元

最初は日本酒を飲んだが、なんか量が少ないなと二杯目はウーロンハイにした。
それにしても『博多のごはん処』フロアの店は、どこも禁煙なんだな。

↓「食べログ」での店舗情報

鶏匠 松元親子丼 / 博多駅祇園駅東比恵駅

福岡【飲み屋・居酒屋】

テーマ:おでん - ジャンル:グルメ

 | ホーム |  »次の記事

食べ飲みした店の分類

ブログ内検索


リンク

各地の飲み屋情報を発信しているサイトをリンクさせてもらってます

<全国>
「立ち呑み@酒店」
全国の酒屋の角打ち、立ち飲み屋についての情報がエリア別に掲載されている
「激渋食堂メモ」
日本あちこちに今も残る、渋くて味わい深い大衆食堂を地域別に紹介しているサイト

<関東>
「居酒屋礼賛」
東京の情報には限らないのだが都内の味のある酒場の情報が豊富で魅惑的かつ地域別インデックス便利
「酔(すい)のどうでしょう?」
東京都内の居酒屋・大衆酒場・古典酒場・立ち飲み・センベロ酒場を飲み巡るブログ

<東海>
立飲み人生劇場
更新が停止していて残念だけど名古屋の魅力的な立ち飲み、角打ちできる酒屋の情報が

<関西>
「日本全国B級グルメぐるぐる紀行」
関西各地の味のある酒場を詳しく紹介してくれる指針になる情報量
「関西女のプチ日記」
他のどこにも載ってないような素敵なディープ飲み屋情報満載の関西酒場ガイダンス
「やまでらのぶらりグルメ&ぶらり日記」
行きたくなる飲み屋がたくさん紹介されてる関西飲み屋巡りの強い味方
「カンクロが行く」
大阪府のローカルなとこまで行く。日記のような数行のセンテンスに静逸なセンスを感じる
「関西安酒場」
更新が止まっているようで残念。バス路線沿いの酒屋などまで簡潔ながら貴重な情報

<九州>
「黒崎~小倉@北九州の居酒屋&BARを制覇せよ!」
ネット上に情報の少ない北九州の酒場を紹介してくれる有り難いサイト

このブログをリンクに追加する
リンクフリーでございます(^ヮ^)

【広告】Advertisement