ストーンズとウイスキー「Fanny Mae」大阪市中央区難波

たまたまTwiterのTLで、こういう店があると知った。
店の冠が“ストーンズとブルースで飲んでや”ってんだから、そりゃ行きたくなるわな。
なにしろ俺は初期のザ・ローリング・ストーンズが大好きだ。

Fanny MaeFanny Mae

店は法善寺横丁の傍、「ファニーメイ」。
ストーンズのベロが目印。
店舗は地下で、階段を降りるとそのまま開け放たれた入り口へ。

Fanny Mae

薄暗い店内にストーンズの曲が流れている。
優しい笑顔の、だいぶ初老の域かなという長髪のマスターが迎えてくれた。
ワイルドターキーをロックで一杯。

Fanny Mae

あんまり酒の量は多くないな、すぐに飲み干したので今度はソーダ割りでお願いした。
タバコを喫いながら、ストーンズを聴きながら、やや意識してチビチビと飲む。

Fanny Mae

アテに袋入りスナック菓子があって、皿に盛って出してくれる。
そう混んではなかったが、先客も後客も常連のようで、あまり一見客がふらっと入るタイプの店じゃないのかな。

IMG_002206.jpgFanny Mae

とにかく音楽と酒で楽しんでいられるな。
惜しむらくは、酒の量があんまり多くない点。
まぁそれは、ウイスキー好きでガブガブ飲んじゃう俺自身の問題かもしれないけどね。

この店に行ったのは2019年11月14日
↓「食べログ」での店舗情報

ファニーメイバー / 大阪難波駅日本橋駅近鉄日本橋駅

思いがけない店だった「ぼっち」大阪市中央区千日前

道頓堀とか法善寺横丁あたりで酒を飲もうと出かけてみたが、賑やか過ぎる雰囲気に馴染めないなと人がいないほうへと逃れていたら、ちょっと好きな感じの飲み屋が目に止まった。

ぼっちぼっち

こういう感じで路地に佇んでるって風情が好み、しかも屋号が「ぼっち」ときた。
そういう意味合いのネーミングじゃないかもだが、いつも独り“ぼっち”で酒を飲んでる俺には似合いだ。

ぼっち

この店には「ハッピーセット!!」というものがあって、えらく得だなぁと思った。
ドリンク2杯と三品盛り1,000円、これをお願いしよう。

ぼっち

まず生ビール、一番搾り。
三品はホワイトボードメニューから出るとの案内があったが、角度的にボードが見えない席だったので任せることに。
その際、苦手なもの嫌いなものを訊いてくれて、そういう配慮は嬉しい。

ぼっち

ヘルシーな三品盛りが出てきて、わぁ……と思った。
いい歳こいてるのに子供じみた味覚しか持ち合わせないオッサンである俺には、わぁ……地味なもんばっかり。
しかしまぁ、だからこそ自分からは口にしないようなものを食うのも良いものだよね栄養バランス的にも、なんて前向きにとらえて食ってみた。
すると、これが美味しい。
控えめで、薄味で、地味だけど丁寧に料理してあるなぁと感じた。
店を一人で切り盛りしている大将は、あんまり料理人って感じではなくて気楽に飲み屋やってるオッチャンって印象の人なんだが、意外と言っては失礼だろうがキチンと仕込みとか真摯に調理をする人なんだなぁと感銘を受けた。

ぼっち

この店は料理が良いんだな、と何か他にも食ってみたくなった。
おでん、玉子と厚揚げ。
これがまた、澄んだスープにひとひら浮かんだ柑橘の皮が良いアクセントで、出汁の匂いと爽やかな香りのコントラストが云々と独りごちてしまいたくなるものだった。

ぼっち

おでんには日本酒、剣菱を常温で。
酒器が、ちょっと洒落てる。

IMG_002195.jpg

先客が退けちゃって俺ひとりになっちゃったんで、酒をおかわりしつつ大将と世間話しなど。
話すとやっぱり、料理人ってより飲み屋のオッチャンって感じ。
それが気楽で、タバコも喫える店だし、だいぶ寛いだ。

また寄るかもしれないなぁ、この店。

この店に行ったのは2019年11月14日
↓「食べログ」での店舗情報

いざかや ぼっち居酒屋 / 日本橋駅近鉄日本橋駅大阪難波駅

赤レンガの老舗洋食喫茶「MONACO」大阪市中央区谷町

更新をサボっていた時期の積み残し……この店に行ったのは2018年11月4日。

この頃はまだ、がっつり福岡市在住だった。
大阪に住処を借りようと不動産屋で手続きを済ませて、昼メシを求めて谷町3丁目。

MONACOMONACO

赤いレンガの外観が懐古的にロマンチックな「MONACO」という喫茶店。
喫茶店、なんだよね、洋食屋さんって趣きも感じるけどね。

MONACOMONACO

店頭のメニューサンプルがね、まさに洋食屋さんって感じでね。
スパゲッテイに惹かれるが、看板で案内されているランチも良さげに感じた。

MONACO

日曜の11時台終盤、既にランチタイムのピークは始まっていたのか1階は満席、2階へ案内された。
なんとなく上品な店内で、調度品などもどことなくハイソ。

MONACOMONACO

店名を冠したモナコランチ780円也を注文した。
ハンバーグ、そびえ立つエビフライ、そしてロースハム。
こういう洋食ランチを構成するアイテムでロースハムって珍しいなと感じたが、ハムが舶来のオシャレな食材だった時代の名残りだろうかと想いを馳せてみた。
創業1957年なら、たぶんその時代はレストランでの外食でもなければ、ハムを食うことってなかったの、かも。

MONACO

食後にコーヒー。
伝票にフロア案内があって、3階も店舗なのか、4階はレンタルルームか、ビル丸ごとモナコなんだなと知る。

なかなか良い感じに昼メシをいただけたんだが、ちょっと難点があって、狭い。
席間がすっごく狭くって、いったん座ったらもう身動きは困難と感じるほどに、狭い。
それ以外は好印象だったんだけどね。

↓「食べログ」での店舗情報

モナコ喫茶店 / 谷町四丁目駅天満橋駅谷町六丁目駅

昭和ほんわか喫茶「COCO」大阪市中央区平野町

客先を訪問する前の時間調整をかねて、どこかで一服したかった。
辺りにカフェなどあるかと探してみたら、「COCO」という喫茶店が目に止まった。

COCO

喫茶店だが、食事推しっぽい店だな“ママの手作り”メニューがアピールされてるし。
空腹じゃないしメシをゆっくり食うほどの時間はない、他の店を探そうかと思ったが。

COCO

張り紙の中に“御一服(煙草)どうですか!”とのメッセージがあり、“どうですか!”ときたらそれはもう“よろこんで!”ということになる。
ここで一服しよう。

COCOCOCO

平日の13時台後半、もうランチのピークは過ぎたようで静かな店内。
お歳のいった女性が店主なのだろうか、ほんわかした対応は“おっかさん”といった雰囲気で、食事推しっぽいのに料理を頼むつもりはなく気が引けていて“コーヒーだけでもいいですか”と訊く俺を優しく迎え入れてくれた。

COCO

コーヒーは、ああ昭和の喫茶店のコーヒーだなぁという薄いものだった。
一杯が350円という値段も、これまた昭和だ。
コーヒーを飲みながらタバコが喫えて、憩えた。

この店に行ったのは2019年10月3日
↓「食べログ」での店舗情報

ココ喫茶店 / 肥後橋駅淀屋橋駅本町駅

スーパーハングリーセール「かつや 大阪本町通店」大阪市中央区本町

たまたまツイッターで知ったんだよね「かつや」で牛丼とカツ丼が合体した期間限定メニューを提供してるって。
そういう子供じみたものが、年甲斐もなく好きだ。

かつや 大阪本町通店

「かつや」って大阪市内にあるのかなと郊外にしかない印象だがとググったら本町にあると判ったので、まぁ住処からそう遠くはないなと「かつや 大阪本町通店」。
平日の13時半頃、ほぼ満席な混みっぷり。
スタッフの誘導でカウンター席の隅に座れた。
スタッフの声出しがすごいなぁ。

かつや 大阪本町通店

そこそこ待って、目当ての期間限定メニュー『牛丼カツ丼』が提供された。
これは……“牛丼カツ丼”って代物じゃあないだろう。
牛丼とカツ丼が禁断の悪魔合体をしたもの、じゃない、これはカツ添え牛ライスだろ。
まぁ一応はカツに玉子がかかっちゃいるが、カツ丼的な要素がだいぶ欠如していて、甘めの割りしたに浸かったカツとか良い具合に火が通ってフワトロの玉子といった喜びが、無い。

かつや 大阪本町通店

牛肉は、思ったよりたっぷりの分量。
腹は、無駄に満ちた。
美味いもんじゃなかったけど、スーパーハングリーセールだから、そういうもんなんだよね。

この店に行ったのは2019年10月11日
↓「食べログ」での店舗情報

かつや 大阪本町通店とんかつ / 堺筋本町駅本町駅北浜駅

最近書いた記事


カテゴリ


プロフィール

どうも、割った鍋です。
食べたり飲んだり、飲んだり。
九州在住、大阪常駐。

大衆酒場、立ち飲み屋、酒屋の角打ちが好きです。

重度の喫煙者であり、昼酒を好むという、社会的にちょっとアレなオッサン。

2014年9月24日開設


割った鍋へのメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索


リンク

各地の飲み屋情報を発信しているサイトをリンクさせてもらってます

<全国>
「立ち呑み@酒店」
全国の酒屋の角打ち、立ち飲み屋についての情報がエリア別に掲載されている
「激渋食堂メモ」
日本あちこちに今も残る、渋くて味わい深い大衆食堂を地域別に紹介しているサイト

<関東>
「居酒屋礼賛」
東京の情報には限らないのだが都内の味のある酒場の情報が豊富で魅惑的かつ地域別インデックス便利
「酔(すい)のどうでしょう?」
東京都内の居酒屋・大衆酒場・古典酒場・立ち飲み・センベロ酒場を飲み巡るブログ

<東海>
立飲み人生劇場
更新が停止していて残念だけど名古屋の魅力的な立ち飲み、角打ちできる酒屋の情報が

<関西>
「日本全国B級グルメぐるぐる紀行」
関西各地の味のある酒場を詳しく紹介してくれる指針になる情報量
「関西女のプチ日記」
他のどこにも載ってないような素敵なディープ飲み屋情報満載の関西酒場ガイダンス
「やまでらのぶらりグルメ&ぶらり日記」
行きたくなる飲み屋がたくさん紹介されてる関西飲み屋巡りの強い味方
「カンクロが行く」
大阪府のローカルなとこまで行く。日記のような数行のセンテンスに静逸なセンスを感じる
「関西安酒場」
更新が止まっているようで残念。バス路線沿いの酒屋などまで簡潔ながら貴重な情報

<九州>
「黒崎~小倉@北九州の居酒屋&BARを制覇せよ!」
ネット上に情報の少ない北九州の酒場を紹介してくれる有り難いサイト

このブログをリンクに追加する
リンクフリーでございます(^ヮ^)

【広告】Advertisement