ノーチャージスタンディングの気安さ「GS bar emi」大阪市中央区難波

いわゆる“座ウラ”で、いい感じのバーに巡り合った。

GS bar emi

ネオンサインが怪しく目を引く「GS bar emi」。
スタンディングでノーチャージでっていう、カジュアルなバー。

GS bar emi

瓶ビールはサッポロ黒ラベルと、あとハートランドもある。
生ビールもサッポロ。
俺は瓶ビールが好きなので、黒ラベル瓶を。
600円。

画像に輝く灰皿が写っている通り、嬉しい喫煙可能店。

GS bar emi

席数……んーと6人か詰めて7人立てるかなぁ、ぐらいの狭さ。
店の奥に急勾配の階段があって、2階席もあるのかと思ったらトイレがあるそうだ。
酔ってたらコケそうな階段だ。

GS bar emi

角ハイボール、これも600円。
価格帯としては700円のものが多いかな、ウイスキーが何種類か、あとラムとかジンとか。

女性店主が一人で切り盛りしていて(金曜は2人体制になるとのこと)、その接客の距離感が心地よい。
女性がカウンターに入っているバーだけど、決してガールズバーじゃない、ちゃんとしたバーだというのも良い。
また、酒の提供もキチンと丁寧で、グラスや氷の扱いも手際良く、ハイボールを用意する様子を眺めていて“真面目なバーだなぁ”と感じたよ。

あと、女性店主の腕は綺麗なタトゥーで彩られていて、それも良い。
それは差し置いたとしても、ノーチャージのスタンディングって、気構えず気安くフラっと寄れるのって魅力だ。
この店は、リピート必至だな。



この店に行ったのは2020年09月02日
「GS bar emi」大阪府大阪市中央区難波4-3-11

とくにありませんでした「KATSURI」大阪市中央区難波

更新をサボっていた時期の積み残し……この店に行ったのは2020年03月07日。

この時期は、仕事で難波に通ってた。
で、「KATSURI」って店の前を何度も通り過ぎてた。

KATSURI

これって「松屋」系列の「松のや」的ポジションの業態なのかなと思ったんだけど、そういう全国展開的なやつじゃないみたいね。

KATSURIKATSURI

まぁ、カツ丼を中心とした揚げもの系を安価で食えるってやつよね。
カツ丼500円(税込み)ね、悪くないね、と思いつつも通り過ぎてた。
そのうち、難波での仕事がもう終わるなぁって頃に、もう店の前を通りすがることもなくなるし一度くらいは利用してみるかと立ち寄ってみた。

KATSURI

まぁ、ファストフードな店内でしたね。
カツ丼を注文。

KATSURI

あー。
あー、これに500円使っちゃったかぁ俺……っていうカツ丼でした。

良いなと思える点は、とくにありませんでした。

↓「食べログ」での店舗情報

カツリかつ丼・かつ重 / 難波駅(南海)大阪難波駅なんば駅(大阪メトロ)

勉強になった「シカゴ」大阪市中央区難波

実は“なんば楽座”にはゲイバーが多いんだ、と以前に界隈で飲んだときバーテンダーに聞いていた。
そういう感じの店だ、こちらの「シカゴ」も。

ママさんが店先に立ってる姿を何度か見かけていて、そのうち利用してみてもいいかなとは思っていた。
ある晩、声をかけられたので寄ってみた。

シカゴ

カウンター奥の棚には往年の映画スターのポートレートと、思ったよりたくさんの種類の酒が並んでいた。

シカゴ

ラフロイグのクォーター カスクがあったので飲んだ。
それからグレンリベットも飲んだっけ。
他にも目に止まった酒を飲んだかな。
いただいていいかしら、とのことでママさんにも何杯か。

そういう飲み方をやってしまうと、けっこうな支払いになる。
それは知っていたはずのことだが、忘れていたな。
思い出した、勉強になった。

この店に行ったのは2020年02月04日
↓「食べログ」での店舗情報

シカゴバー / 大阪難波駅なんば駅(大阪メトロ)JR難波駅

ラーメンもアリだよねぇ「なんばうどん」大阪市中央区難波

難波での夕方からの仕事にはいる前に、うどんを食うことがルーティーンになりつつある。
せっかくだから、界隈にある全部の立ち食いうどん店に行ってみたいなというノリになりつつある。

なんばうどん

なんば南海通、アーケード内の「なんばうどん」へ。
看板のダイナミックな古臭いデザインが味わい深いねぇ。
店内の様子を窺うと椅子が見えるね、立ち食いじゃないんだね。

なんばうどん

最低価格帯170円、立派な激安だね「松屋」レベルだね。
会計は食券制、券売機に掲示された品書きのラインナップを見ると、ラーメンがあるんだねぇ。
屋号でも看板でも“うどん”の店であることが主張されているんだから、ここでラーメンという選択は邪道な気はした。

なんばうどん

だが、あえてのラーメン320円也。
もやし、ネギ、チャーシュー、ゆで玉子がのった、透明なスープの、和風ラーメンという感じ。
これ320円って、安いよねと素直に思った。

なんばうどん

この澄んだスープは、なんだろうね、うどんスープ流用の和風だしスープってことかね。
豚とか鶏とか、畜肉の旨味は足されてないような、それでいてラーメンとして物足りなくは感じないスープ……なのは、化学調味料のチカラなのだろうか……それからまぁ結構なコショー風味でもあったな。

なんだか今ひとつよく判らなかったんだけど、このラーメン320円で食えるんならアリかナシかで言えばアリアリのアリだろう、俺は評価するなぁ。

それはそうと、次の機会には、うどん食おう。

この店に行ったのは2019年12月26日
↓「食べログ」での店舗情報

なんばうどんうどん / 難波駅(南海)大阪難波駅近鉄日本橋駅

コーヒーもう一杯「CAFE 英國屋SALON」大阪市中央区難波

大阪を中心に主に近畿に展開する「英國屋」は、過去になんばウォーク3番街なんばウォーク1番街の店舗に行ったことあるなぁ。
今回は『NAMBAなんなん』の「CAFE 英國屋SALON」に立ち寄った。

英國屋サロン

「カフェ 英國屋」表記じゃなくて「英國屋サロン」なんだねぇ(でも公式では「カフェ 英國屋」扱いだな)。
サロンっていうから高級路線かしらって思ったが、そうでもない。

英國屋サロン

モーニングやランチは、大阪の喫茶店相場からすると、お高いなって感じるね。
俺が寄ったのは15時台で、モーニングもランチも関係ないんだけどね。

英國屋サロン

コーヒーを一杯。
器がいいね、これウェッジウッドだっけかな。
530円という、ちょっとお高いねって値段なんだけど、おかわりできるんだよね(ただし1階だけ)。
そんなわけで、コーヒーもう一杯。

英國屋サロン英國屋サロン

タバコを喫いながらコーヒーを飲めて、幸せ。
フロアのスタッフは客が訪れるごとに“喫煙の席ばかりですが良いですか?”って声がけして、ちゃんと嫌煙家はこの店を回避できるようにしているのは、配慮だなと思った。
実際、それで入店を止めたお客さんもあったな。

英國屋サロン

喫煙を排除する風潮の今、全席喫煙を貫く「英國屋」、好きだなぁ。

この店に行ったのは2019年12月17日
↓「食べログ」での店舗情報

英國屋サロンカフェ / 難波駅(南海)大阪難波駅なんば駅(大阪メトロ)

最近書いた記事


カテゴリ


プロフィール

どうも、割った鍋です。
食べたり飲んだり、飲んだり。
九州在住、大阪常駐。

大衆酒場、立ち飲み屋、酒屋の角打ちが好きです。

重度の喫煙者であり、昼酒を好むという、社会的にちょっとアレなオッサン。

2014年9月24日開設


割った鍋へのメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索


リンク

各地の飲み屋情報を発信しているサイトをリンクさせてもらってます

<全国>
「立ち呑み@酒店」
全国の酒屋の角打ち、立ち飲み屋についての情報がエリア別に掲載されている
「激渋食堂メモ」
日本あちこちに今も残る、渋くて味わい深い大衆食堂を地域別に紹介しているサイト

<関東>
「居酒屋礼賛」
東京の情報には限らないのだが都内の味のある酒場の情報が豊富で魅惑的かつ地域別インデックス便利
「酔(すい)のどうでしょう?」
東京都内の居酒屋・大衆酒場・古典酒場・立ち飲み・センベロ酒場を飲み巡るブログ

<東海>
立飲み人生劇場
更新が停止していて残念だけど名古屋の魅力的な立ち飲み、角打ちできる酒屋の情報が

<関西>
「日本全国B級グルメぐるぐる紀行」
関西各地の味のある酒場を詳しく紹介してくれる指針になる情報量
「関西女のプチ日記」
他のどこにも載ってないような素敵なディープ飲み屋情報満載の関西酒場ガイダンス
「やまでらのぶらりグルメ&ぶらり日記」
行きたくなる飲み屋がたくさん紹介されてる関西飲み屋巡りの強い味方
「カンクロが行く」
大阪府のローカルなとこまで行く。日記のような数行のセンテンスに静逸なセンスを感じる
「関西安酒場」
更新が止まっているようで残念。バス路線沿いの酒屋などまで簡潔ながら貴重な情報

<九州>
「黒崎~小倉@北九州の居酒屋&BARを制覇せよ!」
ネット上に情報の少ない北九州の酒場を紹介してくれる有り難いサイト

このブログをリンクに追加する
リンクフリーでございます(^ヮ^)

【広告】Advertisement