タベノミー

食べたり飲んだりする日々の、あれこれ。
福岡を中心に、関西や関東の飲食店(主に飲み屋)紹介も。ゆるゆると。

エリア別・記事タイトル一覧

福岡県の店
九州で昼から飲める店
角打ち
関東の店
東海の店
関西の店
福岡以外の九州・沖縄の店

最近書いた記事


カテゴリ

あれやこれや (91)
食べ飲みした店 (934)
東京都千代田区 (19)
東京都中央区 (3)
東京都港区 (7)
東京都新宿区 (30)
東京都台東区 (20)
東京都墨田区 (5)
東京都江東区 (1)
東京都品川区 (1)
東京都大田区 (1)
東京都杉並区 (1)
東京都豊島区 (15)
東京都北区 (10)
東京都荒川区 (1)
東京都足立区 (2)
東京都葛飾区 (3)
東京都江戸川区 (1)
横浜市神奈川区 (2)
横浜市西区 (1)
横浜市中区 (12)
横浜市南区 (6)
神奈川県川崎市 (2)
千葉県船橋市 (3)
栃木県宇都宮市 (2)
名古屋市北区 (3)
名古屋市西区 (1)
名古屋市東区 (1)
名古屋市中村区 (3)
名古屋市中区 (5)
名古屋市熱田区 (1)
大阪市北区 (48)
大阪市都島区 (12)
大阪市福島区 (11)
大阪市此花区 (1)
大阪市中央区 (40)
大阪市西区 (6)
大阪市天王寺区 (7)
大阪市浪速区 (23)
大阪市淀川区 (17)
大阪市東淀川区 (4)
大阪市東成区 (3)
大阪市旭区 (1)
大阪市西成区 (14)
大阪府堺市 (4)
大阪府高槻市 (3)
大阪府東大阪市 (4)
大阪府岸和田市 (3)
大阪府泉佐野市 (2)
京都市中京区 (2)
兵庫県尼崎市 (5)
山口県下関市 (1)
北九州市門司区 (2)
北九州市小倉北区 (18)
北九州市八幡西区 (5)
福岡市東区 (11)
福岡市博多区 (119)
福岡市中央区 (201)
福岡市南区 (7)
福岡市城南区 (4)
福岡市早良区 (21)
福岡市西区 (1)
福岡県糟屋郡 (1)
福岡県春日市 (2)
福岡県大野城市 (1)
福岡県筑紫郡 (1)
福岡県久留米市 (19)
福岡県大牟田市 (20)
福岡県朝倉市 (2)
佐賀県 (1)
大分県別府市 (7)
大分県大分市 (6)
熊本市中央区 (62)
熊本市西区 (9)
熊本市東区 (8)
熊本県八代市 (3)
沖縄県那覇市 (13)
沖縄県浦添市 (1)
各地(チェーンとか多店舗) (16)
買ったり作ったり (71)
見たり読んだり (7)
ヒライ (16)
記事タイトル一覧 (7)
ウイスキー (0)

月別アーカイブ


プロフィール

どうも、割った鍋です。
食べたり飲んだり、飲んだり。
九州在住、大阪常駐。

大衆酒場、立ち飲み屋、酒屋の角打ちが好きです。

重度の喫煙者であり、昼酒を好むという、社会的にちょっとアレなオッサン。

2014年9月24日開設

割った鍋


STATEMENT

当ブログはInternet Explorerでの閲覧には対応しておりませんし、対応するつもりもありません。Internet Explorerをご使用の方は、今すぐ考えを改め、他の優れたブラウザをお使いになることを推奨します。自由なクリエイティビティの発展のために、Internet Explorerを使うことをやめましょう。


KEEP CALM AND DRINK ON

割った鍋へのメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


RSSリンクの表示

食べたり飲んだり、飲んだり。This is タベノミー。

【広告】Advertisement

昔ながらの庶民寿司屋の王道かもしれない「丸三寿司」大阪市淀川区十三本町

十三で映画を観たあと、酒を飲もうと。
映画館「第七藝術劇場」および「シアターセブン」が入居するビルのある通りは、キャバクラや性風俗店が密集する通りでもあるが、寿司屋がえらく多い通りでもある。

丸三寿司

昭和っぽい庶民的な外見の「丸三寿司」に惹かれた。
なんかこう、垢抜けない外観なのだが、そこに魅力を感じた。
それに、店頭でキリンビールの存在が示唆されているじゃないか。

大阪の飲食店はアサヒしか置いてないところが多いなと感じていて、それに辟易している。
キリンやサッポロのビールが飲めると判る店は、それだけで店を選ぶ際の優先順位が上がる。

丸三寿司

それに、どうやら庶民価格のようだ。
店先に貼られた品書きを見ると、細巻が250円。
それだけで俺にとっては嬉しい判断材料だ、ここは安く食って飲めると思えた。

丸三寿司

カウンターのみの店内、席に着くなりビールを注文。
キリンラガー瓶があって嬉しい。

丸三寿司

店内に貼られた品書きを見ると、アテになる一品がけっこう豊富のようだ。
ということは、飲める寿司屋だということだ。
ただ、品書きはカテゴライズされず雑然と並んでいるので、パッと見で一品なのか握りのネタなのか判りづらくはある……けど、値段でだいたい判断できると思う。

丸三寿司

うざく、ほぼほぼ“う”。
たっぷりの鰻の蒲焼は、ビールから日本酒へのシフトに、とても良いブリッジになった。
およそ三分の一をビールのお供にして、あとは日本酒のアテにした。

丸三寿司

日本酒は菊正宗350円。
うざく、日本酒で、もう幸せ。
くわえてタバコが喫える店だから、ゆったり腰を落ち着けて飲めるので有り難い。

丸三寿司

品書きを見ると、とろサーモン、炙りサーモンレモン塩、炙りサーモンレモンマヨ、炙りサーモン親子マヨ、サーモン造りと、隠しようもないほどサーモン推しなのが見てとれたので、これはサーモン食っとかなきゃと思った。
炙りサーモンレモン塩をいただきました、ちょっと塩っ気が強かったが、うまかった。

丸三寿司丸三寿司

あとは俺の、寿司屋でのいつものパターン。
鉄火巻とカッパ巻があればそれでいい、というやつ。
ただ、細巻が横に倒れて皿に盛られているのは、初めて見たかも。
あと、鉄火は中落ちみたいなやつだった。
でもぜんぜん問題はない。

あた、この店は大将ひとりで切り盛りしていて、その大将は営業トークをするタイプでは全然ない。
常連客とはコミュニケーションもあるが、一見の俺に話しかけたりということはない。
それも、ぜんぜん問題ない。
うまいもんを安く出してくれれば、それが嬉しい。
余計な要素はいらない、寿司と酒を手頃な寝棚で出してくれればいい、そこが王道と感じたところ。

とはいえ、何度か通って、大将と少し会話するくらいになってみたいと思わせる。
そういう魅力のある庶民寿司屋だな。

↓「食べログ」での店舗情報

丸三寿司寿司 / 十三駅

大阪【寿司】

テーマ:寿司 - ジャンル:グルメ

揚げたてと赤星「立ち呑み処ヤマキ」大阪市淀川区十三本町

揚げもの屋さんの匂い、というものがあると思うんだけど。
不意に気づいて、惹かれることがある。
十三の駅傍で、揚げもの屋さんの匂いを感じた。

立ち呑み処ヤマキ立ち呑み処ヤマキ

肉屋がやってる揚げもの屋さんってことか。
経営母体はけっこう老舗なのかな、屋号の書体からして。

立ち呑み処ヤマキ立ち呑み処ヤマキ

店頭販売だけじゃなくイートインもできるようで、置き看板にアルコールメニューが案内されてるから飲めるんだな。
いやもっと観察すると、イートインってより本格的に立ち飲み屋「立ち呑み処ヤマキ」として運営してるスペースがあるようだったから寄ってみることにした。

立ち呑み処ヤマキ

立ち飲みカウンター内の厨房は店頭販売のスペースと繋がっていて、揚げたてがいただけるわけだ。
うららかな女性スタッフにドリンクの注文を訊かれ、揚げものにはビールだろうとビールの銘柄はなにがあるか尋ねるとサッポロのラガーがあります、と。

立ち呑み処ヤマキ

揚げたてのハムカツと赤星。
素晴らしいね。

立ち呑み処ヤマキ

もう一品くらい注文しようとオススメを訊くと、アジフライだと。
肉屋が経営してて魚をすすめるのか面白いなと、オススメに従った。
卓上にソースと醤油とあったので、半分を醤油で残りをソースで食った。

赤星をもう一本。
タバコも喫えるし、ここは良いな。
揚げものオンリーの店ではないので、次に立ち寄るときは煮込みとカップ酒なんてのを試してみたいな。

↓「食べログ」での店舗情報

肉のヤマキ商店 立呑み立ち飲み居酒屋・バー / 十三駅

大阪【立ち飲み】

テーマ:立ち飲み - ジャンル:グルメ

オッチャンの憩いの角打ち「イマナカ」大阪市淀川区十三東

この店には以前にも立ち寄ったことがある。
たぶん初めて十三を訪れたときで、それはもう10数年くらい前のことか……確認できるかなとTwilogで自分のツイートを検索してみたら2010年の3月のことだと判った。
すごいなTwitter、なんでもつぶやいておくと後で助かるものだな。

イマナカイマナカ

というわけで、9年前と変わらぬ姿の「イマナカ」。
酒屋さんで、店内で角打ちが楽しめる。

イマナカ

小売のスペースと角打ちスペースはシームレスだが、角打ちのための空間のほうが広い。
なかなかゆったりしたスペースにカウンターだけでなくテーブルもいくつか。

イマナカイマナカ

ここは酒のアテが豊富だ。
乾きものしかないハードボイルド角打ちとは違い、調理したアテがいろいろと揃う。
小鉢、お造り、揚げものなど様々だ……いや待てよ、確か早い時間帯はすべてのアテを注文できるわけじゃかったという記憶もあるな。

イマナカイマナカ

ひとつ残念なことがあって、ビールはスーパードライしかない。
でも数年ぶりに「イマナカ」に来れた喜びで、嫌いな銘柄でも許容できる。

イマナカ

俺が立ち寄ったのは平日の14時台だが、けっこうな客入り。
ほとんどがオッチャン、さながらオッチャン角打ちワンダーランド。
憩いの空間だよ、「イマナカ」。

↓「食べログ」での店舗情報

イマナカ酒店居酒屋 / 十三駅

大阪【角打ち】【昼酒】

テーマ:角打ち - ジャンル:グルメ

凝った内装と庶民感あふれる雰囲気「外國船」大阪市淀川区十三東

行ってみたかった喫茶店、十三の「外國船」。
行ってみたら閉まってたということが以前あって、今回ようやく入れた。

COFFEE 外國船COFFEE 外國船

階下の店の派手な看板で、「外國船」はあまり目立たない。
狭い階段を上がって店舗は二階。

COFFEE 外國船

階段傍の看板は存在感があるのし、メニューサンプルのショーケースも目に止まるから見逃しはしないと思う。
コーヒーが300円で、個人経営の喫茶店にしてはけっこう安いなぁと感じる。

COFFEE 外國船COFFEE 外國船

お値打ち価格のモーニングもあるが、立ち寄ったときは提供時間外だった。
かわりにランチが案内されていて、サラダが付くカツカレー630円って安いねと思った。
カレーライスが650円だから、比較してすごく割安感がある。

COFFEE 外國船COFFEE 外國船

さて階上へ向かうのだが、ここからの情報量の多さが面白い。
“ラッキーにお過ごし下さいませ”というファニーな挨拶に迎えられる。

COFFEE 外國船

そしてステップごとに、なんだか頬の緩むメッセージと、外國の都市の名前。
なんだかお茶目に感じてしまうのだが、これはきっと“ちょっと素敵なひとときを今から過ごしてもらいますよ”と期待を高めるための演出なんだよね。
なんというか可愛い。

COFFEE 外國船

階段を上りきると、一気に洒落た雰囲気に変わる。

COFFEE 外國船COFFEE 外國船

店内に入ると、内装が素敵。
古びていながら洗練された印象、かつウッディな温もり。
椅子や間仕切り、照明などの調度品がアンティークな風合いで、横浜ムードなのかはわからないけど魅力的だ。
どっちかというと船室のムードなのかな屋号からして。

とまぁ、店内の様子にウットリするのであるが、お店の人たちは庶民感丸出しの接客である。
元気な声で迎えてくれて、いろいろ世話を焼いてくれる感じの、大阪のオバチャンとオジチャンという感じ。
フロアからのオーダーに大声で応える厨房内のオッチャン、常連客と世間話をするオバチャン。
それはぜんぜん不愉快じゃなくて、良い庶民感なんだけど、内装とのギャップが。
そのギャップも面白いと思っちゃうんだけどね。

COFFEE 外國船COFFEE 外國船

サラダもカツカレーも美味しくいただいた。
カレーは、欧風カレー方向へ近づきつつある家庭のカレー、といった赴きの美味しさ。

COFFEE 外國船

食後にのんびりしたかったのでコーヒーを追加注文したが、こちらはあまり好みではなかった。
まぁ、さっぱりしたコーヒーと言えるね。

面白い喫茶店だった。

↓「食べログ」での店舗情報

外国船喫茶店 / 十三駅

大阪【喫茶店】

テーマ:喫茶店 - ジャンル:グルメ

部屋にコーヒーを持ち込めて嬉しい「R&Bホテル 新大阪北口」大阪市淀川区宮原

ホテルのことを書くことはほとんどないが、ここは良かったので。
新大阪駅から歩いてちょいの「R&Bホテル 新大阪北口」の朝食サービス。

R&Bホテル 新大阪北口R&Bホテル 新大阪北口

とにかく朝からコーヒーが飲めるのが嬉しいのだが、パンもいろいろあって嬉しい。

R&Bホテル 新大阪北口

パンが選べるのが良い。
茹で玉子もあって、腹も満ちる。

R&Bホテル 新大阪北口R&Bホテル 新大阪北口

そしてなにより、部屋にコーヒーを持ち込めるのが良い。
ホテルの朝食を提供するスペースは、ほぼほぼ禁煙だ。
だから、コーヒーを部屋に持ち帰って、タバコを喫いながら楽しめるのは嬉しい。
それだけのささやかなことだが、俺には大変嬉しい。

↓「食べログ」での店舗情報

R&Bホテル 新大阪北口その他 / 新大阪駅東三国駅東淀川駅

テーマ:コーヒー - ジャンル:グルメ

 | ホーム |  »次の記事

食べ飲みした店の分類

ブログ内検索


リンク

各地の飲み屋情報を発信しているサイトをリンクさせてもらってます

<全国>
「立ち呑み@酒店」
全国の酒屋の角打ち、立ち飲み屋についての情報がエリア別に掲載されている
「激渋食堂メモ」
日本あちこちに今も残る、渋くて味わい深い大衆食堂を地域別に紹介しているサイト

<関東>
「居酒屋礼賛」
東京の情報には限らないのだが都内の味のある酒場の情報が豊富で魅惑的かつ地域別インデックス便利
「酔(すい)のどうでしょう?」
東京都内の居酒屋・大衆酒場・古典酒場・立ち飲み・センベロ酒場を飲み巡るブログ

<東海>
立飲み人生劇場
更新が停止していて残念だけど名古屋の魅力的な立ち飲み、角打ちできる酒屋の情報が

<関西>
「日本全国B級グルメぐるぐる紀行」
関西各地の味のある酒場を詳しく紹介してくれる指針になる情報量
「関西女のプチ日記」
他のどこにも載ってないような素敵なディープ飲み屋情報満載の関西酒場ガイダンス
「やまでらのぶらりグルメ&ぶらり日記」
行きたくなる飲み屋がたくさん紹介されてる関西飲み屋巡りの強い味方
「カンクロが行く」
大阪府のローカルなとこまで行く。日記のような数行のセンテンスに静逸なセンスを感じる
「関西安酒場」
更新が止まっているようで残念。バス路線沿いの酒屋などまで簡潔ながら貴重な情報

<九州>
「黒崎~小倉@北九州の居酒屋&BARを制覇せよ!」
ネット上に情報の少ない北九州の酒場を紹介してくれる有り難いサイト

このブログをリンクに追加する
リンクフリーでございます(^ヮ^)

【広告】Advertisement