駅ホーム立ち食いそばって素敵だね「麺家 新大阪駅店」大阪市淀川区西中島

<追記:2020年11月25日>
屋号の表記を改めついでに、追記。

麺家新大阪上り

「麺家」って株式会社ジェイアール西日本フードサービスネットって企業が運営してるんだと知った。
また、公式サイトの店舗一覧によって、利用した新大阪駅ホームの店舗は「麺家新大阪上り」なのだと判った。

というわけで、推測で「麺家 新大阪駅店」としていたけど「麺家新大阪上り」へ表記を改めます。

麺家新大阪上り

ところで、また利用したよ2020年11月24日の朝に。

麺家新大阪上り麺家新大阪上り

今回は肉そば450円也を選んでみた。
和風牛肉カレー丼なんていう変化球メニューにも少し惹かれたが、そういうのは朝の駅ホーム立ち食いには似合わない気がして敬遠した。
そばでしょう、やっぱり。

麺家新大阪上り

天かすが付いてきたんだが、これって肉そばだからかな、月見とか、かけそばにも付くのかな。
コロッケそばには天かす付かなかったが、まぁ要らないよね。

肉が、もっと甘辛い味付けだったら嬉しかったな。
肉の存在はなんだか希薄で、ネギの主張に負けてた感じ。

次の機会は、かきあげそばとか食ってみようかね。

<初回投稿:2020年11月13日>
新幹線に乗るためにJR大阪駅から新大阪駅への移動ってのを今までに何度となくやってて、だいたい時間に余裕がなくてバタバタしてるんだけど、あるとき駅ホームに何かの店があるなと気づいた。
お弁当お土産の店とかキオスクとかだと“な〜んだ”ってなるんだけど、近寄って確認すると立ち食いそば。
こりゃいいね。

麺家 新大阪駅店

店の屋号は「麺家」、このブログを書くにあたってググって確認したら京橋駅とか天王寺駅にも店舗があるようなので、こちらは「麺家 新大阪駅店」ってことになるのかな。
新大阪駅の在来線、ホームはいくつもあるが5・6番ホームに位置する。

麺家 新大阪駅店麺家 新大阪駅店

屋号からはラーメンの店かもと想像できなくもないが、うどん・そば中心に丼もあったりするメニュー構成。
ま、町場のうどん屋さん、そば屋さん的なラインナップだね。

個人的に嬉しいのが、コロッケそば、これがメニューにある。
かけそばにトッピングのコロッケのっけたらコロッケそばになりますよ、じゃなくてコロッケそば(うどん)と確たるメニューとして在るというのが良い。

コロッケそばへの執着めいたものは、このブログの開設時……もう6年も前か……から何度か書いてるが、九州と同様に大阪でもコロッケそばにはあんまり出会うことがない。
まぁ、東京っつーか関東のものだよねコロッケそばって、てな感じで。
だが此処には、コロッケそばがある、それが嬉しい。

ところで店先に写真付きでメニューが掲示されて券売機も外に設置されてると、じっくり検討できて良いよね、なに食おうかって。
俺だけかもしれんが、券売機が店内だと速やかに意思決定をしてスピーディに券を買って素早く店員さんに渡さなくては、と焦る。

麺家 新大阪駅店

提供されたコロッケそばは、刻まれたネギを敷き詰めた上にコロッケが鎮座するという盛り付け。
コロッケの下にカマボコが一枚、埋もれていた。

麺家 新大阪駅店

まぁ普通においしいコロッケそばでしたね。
俺はコロッケそばに、普通においしい以上のことは求めてないので、普通に満足した。
いや、コロッケそばそのものは普通においしくて満足したが、食ったロケーションが駅ホーム立ち食いであるということは非日常に嬉しいことだった。

駅ホームの立ち食い飲食店っていうのは、昭和の昔には、まだまだ日常の中の風景だったような気がする。
特に珍しいものではなく、そして駅ホームの立ち食いで済ませるなんて忙しない、駅の外でちゃんとメシを食ったほうがいいって価値観だったかもしれない。
だが、駅ホームの店というのはどんどん姿を消していって、今ではなかなか見かけることができないレアな存在になってると認識している。
失われた、消えゆく文化、みたいなね。

もっとも、主に東京、もうちょい広く一都三県ってエリアには、まだまだ駅ホーム立ち食い文化って依然として健在だと思う、そこまで多くの店はないだろうけど。
西日本では、すっかり絶滅危惧種になっちゃってる感じかな。
まぁコンコースとか駅ビルに麺類の店はあるけどねぇ、それは駅ホーム立ち食いとは一線を画すものだよね。

駅ホームの立ち食いというと今まではJR小倉駅「ぷらっとぴっと」がダントツだった……というか好きなのは間違いないけど他にほとんど利用した覚えがなかった……んだけど、ここ「麺家」もかなり好きになった。

この店に行ったのは2020年11月10日
↓「食べログ」での店舗情報

麺家立ち食いそば / 新大阪駅東淀川駅西中島南方駅

新大阪駅で新幹線の前に寛げる「GIGI」大阪市淀川区西中島

新大阪駅で新幹線に乗るまえに時間の余裕がある場合、以前はリーズナブルな“ほろ酔いセット”があって嬉しい喫煙可の「しおや」に寄ってたんだけど、残念ながら閉店しちやって。
それからもう、駅の中にはタバコ喫える店が見当たらなくて途方にくれていた。

GIGIGIGI

駅1階の飲食店街『味の小路』をウロウロしてたら「GIGI」って店の“ちょい呑みセット”ってのが目に止まった。
けっこう充実してそうだなフードが、と惹かれたので立ち寄ってみた。

GIGIGIGI
なんと、喫煙可で嬉しい。
セットの生ビールも、たっぷりで嬉しい。
あと、ぜんぜん混んでなくて、快適だった。

GIGIGIGI

チーズクラッカー、ポテトサラダ、チキン南蛮、えびせん。
量的にもクオリティも、満足できた。
気をよくして、セット外のハイボールを追加注文して、なかなか楽しく過ごせた。
また利用したいかも。



この店に行ったのは2020年08月31日
↓「食べログ」での店舗情報

GIGI 新大阪店ビアホール・ビアレストラン / 新大阪駅東淀川駅西中島南方駅

オッチャンの憩いの角打ち「イマナカ」大阪市淀川区十三東

<追記:20202年09月03日>
ひさしぶりに「イマナカ」へ。
良いニュースと、悪いニュースがある。

イマナカ

まず良いニュース、以前の記録では瓶ビールはアサヒだけだったが、それキリンもあった。
キリンラガー瓶があると、嬉しい。

イマナカ

悪いニュースは、禁煙になっていたことだ。
まぁこれは、嬉しく思う人も少なくないのかもしれない。
だが俺には悲しい。

とはいえ、酒屋の角打ちとかってそんなに長居することもないんで、タバコが喫えなくても耐えられる。
だから、「イマナカ」を嫌いになったとかってのは、ない。

<初回投稿:2019年04月19日>
この店には以前にも立ち寄ったことがある。
たぶん初めて十三を訪れたときで、それはもう10数年くらい前のことか……確認できるかなとTwilogで自分のツイートを検索してみたら2010年の3月のことだと判った。
すごいなTwitter、なんでもつぶやいておくと後で助かるものだな。

イマナカイマナカ

というわけで、9年前と変わらぬ姿の「イマナカ」。
酒屋さんで、店内で角打ちが楽しめる。

イマナカ

小売のスペースと角打ちスペースはシームレスだが、角打ちのための空間のほうが広い。
なかなかゆったりしたスペースにカウンターだけでなくテーブルもいくつか。

イマナカイマナカ

ここは酒のアテが豊富だ。
乾きものしかないハードボイルド角打ちとは違い、調理したアテがいろいろと揃う。
小鉢、お造り、揚げものなど様々だ……いや待てよ、確か早い時間帯はすべてのアテを注文できるわけじゃかったという記憶もあるな。

イマナカイマナカ

ひとつ残念なことがあって、ビールはスーパードライしかない。
でも数年ぶりに「イマナカ」に来れた喜びで、嫌いな銘柄でも許容できる。

イマナカ

俺が立ち寄ったのは平日の14時台だが、けっこうな客入り。
ほとんどがオッチャン、さながらオッチャン角打ちワンダーランド。
憩いの空間だよ、「イマナカ」。

↓「食べログ」での店舗情報

イマナカ酒店居酒屋 / 十三駅

きちんとアナウンスするカフェ「DEUR」大阪市淀川区西中島

けっこう改札に近い場所にあるから、新幹線に乗るまえの時間調整などに立ち寄りやすい「DEUR」。

DEURDEUR

外観も店内も、なかなかスタイリッシュでシュッとしているので、オサレな店が苦手な俺は敬遠するタイプのカフェなのだが、俺を強力に引き寄せる要素がある。

DEUR

喫煙席あります。
というか、全席が喫煙席なんだよ。
重度の喫煙者である俺には、とても有り難い店だ。

新幹線の改札を通っちゃうと、もはや地獄のような人口密度の喫煙ブースでしかタバコを喫えなくなる(以前は「ドトール」に喫煙エリアがあったが全席禁煙になった)。
だから、ここが新幹線に乗るまえに最後のゆったりとした喫煙を楽しめる場所として重宝する。

DEURDEUR

もちろんタバコを喫うだけでなく、コーヒーも楽しめるし小腹も満たせる。
タマゴサンドは、もうちょい塩味が欲しいなぁと思うんだけど、熱々ふわふわ。

何度か利用してたが、もっとも最近は2020年01月23日に立ち寄った。
いまだ全席喫煙席で頑張ってくれている。
それは俺にとっては嬉しいことだが、そうじゃない人たちもいっぱいいるよね。
この店では来店客があるたびに、全席喫煙ですがよろしいですか、と声がけをしている。
いちいち言うのも店員さん大変だなぁって思うんだけど、そこはきちんと言わなきゃね。
タバコの煙が嫌な人にとって、全席喫煙と知らされずに入店しちゃうというのは不幸(では済まないくらい重い健康被害となる人もいるだろう)なことだから、店側はちゃんとアナウンスすべきだよね。
実際、全席喫煙だからと利用を中止するお客さんを何人か見たな。
喫煙可かどうかで店を選ぶのは客の自由で、その自由な選択のためには店が情報提供することが重要だ。

しかしまぁ、このご時世に全席喫煙を貫くというのは、すごい。
そのせいで集客、売り上げに影響するだろうに、と思う。
喫煙者である俺は、新大阪駅を利用するたびに積極的にこの店に立ち寄る努力をすべきだな、と思う。

DEURDEUR

それにしてもタマゴサンドは、もうちょい塩味が欲しいなぁ。

この店に最初に行ったのは2018年05月20日
↓「食べログ」での店舗情報

Cafe&Bar DEURカフェ / 新大阪駅東淀川駅西中島南方駅

【残念ながら閉店】新幹線に乗る前に気分よく飲める「しおや」大阪市淀川区西中島

<追記:2020年01月25日>
新幹線に乗るまえに軽く一杯……と思ったら閉店してた。

しおや

あらら、2020年の1月13日で店をたたんだのか。

しおやしおや

直近で利用したのは2019年12月27日で、そのときは閉店の気配とかなかったんだがな。

しおやしおや

初めて立ち寄って以来、何度か便利に使ってたんで残念だなぁ。
これからはもう、新幹線のまえに一杯ってのができなくなったな。

しおやしおや

この店の閉店を確認したのは2020年01月23日

<初回投稿:2019年10月21日>
新大阪駅から新幹線で福岡に戻るんだけど時間に余裕があるな、という流れで駅構内にある「しおや」という居酒屋に立ち寄ってみた。

しおや

駅ビルの3階、新幹線南口改札の近くにあるから利用しやすいロケーションだよね、うっかり長っ尻になっても改札まですぐだから。

しおやしおや

店先にメニューの案内があって、海鮮がいろいろ楽しめそうで、そこそこ価格帯も安め。
これは酒を飲むのに良さそうだと思った、しかも14時からは喫煙可能との案内もあって俺に良し。

しおや

平日の17時台、店内はなかなか賑わっていた。
カウンター席に空きがあったので、そちらへ。
まずビール、だが残念ながら好きな銘柄のもはなかった、が、まずは中ジョッキの生をサッと飲み干す。

しおや

刺身の三種盛りと、酒を頼んだ。
三種盛りは、ちょっと飲みに寄りましたよって状況に丁度良い分量。
大きな駅構内の店舗にしては、お値段も頑張ってくれたと思える580円。
酒はいくつか地酒も揃うが、俺は安い沢の鶴で。
安いものを選んだかわりに、お銚子もう一本。

そこそこ混んでいて客からの注文が途絶えず、何人かのフロアスタッフは天手古舞だった。
ひとり、外国人の若い女の子スタッフがいて、忙しい最中にもチャーミングな笑顔で愛想の良い接客をしてくれて、とても印象深かった(彼女の笑顔を見るためにまた行きたいと思っているくらいに)。

しおやしおや

寿司もある、そろそろ新幹線の時間も近まってきたので細巻きで締めよう。
注文してみたら、けっこう太めのネギトロ巻きがきた。
値段が300円だから細巻きに違いないと予想したんだが、予想外に太めだったんだけど、その分たっぷり腹が満ちるなと肯定的に受け止めました。

この店は良いなぁ、と思った。
また立ち寄るに違いない。

この店に行ったのは2019年10月3日
↓「食べログ」での店舗情報

汐屋 新大阪駅店居酒屋 / 新大阪駅東淀川駅東三国駅

最近書いた記事


カテゴリ


プロフィール

どうも、割った鍋です。
食べたり飲んだり、飲んだり。
九州在住、大阪常駐。

大衆酒場、立ち飲み屋、酒屋の角打ちが好きです。

重度の喫煙者であり、昼酒を好むという、社会的にちょっとアレなオッサン。

2014年9月24日開設


割った鍋へのメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索


リンク

各地の飲み屋情報を発信しているサイトをリンクさせてもらってます

<全国>
「立ち呑み@酒店」
全国の酒屋の角打ち、立ち飲み屋についての情報がエリア別に掲載されている
「激渋食堂メモ」
日本あちこちに今も残る、渋くて味わい深い大衆食堂を地域別に紹介しているサイト

<関東>
「居酒屋礼賛」
東京の情報には限らないのだが都内の味のある酒場の情報が豊富で魅惑的かつ地域別インデックス便利
「酔(すい)のどうでしょう?」
東京都内の居酒屋・大衆酒場・古典酒場・立ち飲み・センベロ酒場を飲み巡るブログ

<東海>
立飲み人生劇場
更新が停止していて残念だけど名古屋の魅力的な立ち飲み、角打ちできる酒屋の情報が

<関西>
「日本全国B級グルメぐるぐる紀行」
関西各地の味のある酒場を詳しく紹介してくれる指針になる情報量
「関西女のプチ日記」
他のどこにも載ってないような素敵なディープ飲み屋情報満載の関西酒場ガイダンス
「やまでらのぶらりグルメ&ぶらり日記」
行きたくなる飲み屋がたくさん紹介されてる関西飲み屋巡りの強い味方
「カンクロが行く」
大阪府のローカルなとこまで行く。日記のような数行のセンテンスに静逸なセンスを感じる
「関西安酒場」
更新が止まっているようで残念。バス路線沿いの酒屋などまで簡潔ながら貴重な情報

<九州>
「黒崎~小倉@北九州の居酒屋&BARを制覇せよ!」
ネット上に情報の少ない北九州の酒場を紹介してくれる有り難いサイト

このブログをリンクに追加する
リンクフリーでございます(^ヮ^)

【広告】Advertisement