タベノミー

食べたり飲んだりする日々の、あれこれ。
福岡を中心に、関西や関東の飲食店(主に飲み屋)紹介も。ゆるゆると。

エリア別・記事タイトル一覧

福岡県の店
九州で昼から飲める店
角打ち
関東の店
東海の店
関西の店
福岡以外の九州・沖縄の店

最近書いた記事


カテゴリ

あれやこれや (91)
食べ飲みした店 (941)
東京都千代田区 (19)
東京都中央区 (3)
東京都港区 (7)
東京都新宿区 (30)
東京都台東区 (20)
東京都墨田区 (5)
東京都江東区 (1)
東京都品川区 (1)
東京都大田区 (1)
東京都杉並区 (1)
東京都豊島区 (15)
東京都北区 (10)
東京都荒川区 (1)
東京都足立区 (2)
東京都葛飾区 (3)
東京都江戸川区 (1)
横浜市神奈川区 (2)
横浜市西区 (1)
横浜市中区 (12)
横浜市南区 (6)
神奈川県川崎市 (2)
千葉県船橋市 (3)
栃木県宇都宮市 (2)
名古屋市北区 (3)
名古屋市西区 (1)
名古屋市東区 (1)
名古屋市中村区 (3)
名古屋市中区 (5)
名古屋市熱田区 (1)
大阪市北区 (48)
大阪市都島区 (12)
大阪市福島区 (11)
大阪市此花区 (1)
大阪市中央区 (40)
大阪市西区 (8)
大阪市天王寺区 (7)
大阪市浪速区 (24)
大阪市淀川区 (19)
大阪市東淀川区 (4)
大阪市東成区 (3)
大阪市旭区 (1)
大阪市西成区 (14)
大阪府堺市 (4)
大阪府高槻市 (3)
大阪府東大阪市 (4)
大阪府岸和田市 (3)
大阪府泉佐野市 (2)
京都市中京区 (2)
兵庫県尼崎市 (5)
山口県下関市 (1)
北九州市門司区 (2)
北九州市小倉北区 (18)
北九州市八幡東区 (1)
北九州市八幡西区 (5)
福岡市東区 (11)
福岡市博多区 (119)
福岡市中央区 (202)
福岡市南区 (7)
福岡市城南区 (4)
福岡市早良区 (21)
福岡市西区 (1)
福岡県糟屋郡 (1)
福岡県春日市 (2)
福岡県大野城市 (1)
福岡県筑紫郡 (1)
福岡県久留米市 (19)
福岡県大牟田市 (20)
福岡県朝倉市 (2)
佐賀県 (1)
大分県別府市 (7)
大分県大分市 (6)
熊本市中央区 (62)
熊本市西区 (9)
熊本市東区 (8)
熊本県八代市 (3)
沖縄県那覇市 (13)
沖縄県浦添市 (1)
各地(チェーンとか多店舗) (16)
買ったり作ったり (71)
見たり読んだり (7)
ヒライ (16)
記事タイトル一覧 (7)
ウイスキー (0)

月別アーカイブ


プロフィール

どうも、割った鍋です。
食べたり飲んだり、飲んだり。
九州在住、大阪常駐。

大衆酒場、立ち飲み屋、酒屋の角打ちが好きです。

重度の喫煙者であり、昼酒を好むという、社会的にちょっとアレなオッサン。

2014年9月24日開設

割った鍋


STATEMENT

当ブログはInternet Explorerでの閲覧には対応しておりませんし、対応するつもりもありません。Internet Explorerをご使用の方は、今すぐ考えを改め、他の優れたブラウザをお使いになることを推奨します。自由なクリエイティビティの発展のために、Internet Explorerを使うことをやめましょう。


KEEP CALM AND DRINK ON

割った鍋へのメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


RSSリンクの表示

食べたり飲んだり、飲んだり。This is タベノミー。

【広告】Advertisement

かなり玄人好みな感じの立ち飲み「ウエダ商店」大阪市北区梅田

大阪駅前第1ビルに、飲める酒屋があることは知っていたが、なかなか立ち寄る機会を得られずにいた。
土日祝が休みだから、在住地の福岡から大阪を訪ねる際には利用しにくかった。
だが、大阪に常駐してる今なら行ける。

ウエダ商店

こちらが目的の「ウエダ商店」入り口。
大阪駅前第1〜4ビルは地下にたくさんの飲食店があるが、こちらは地上1階。
この入り口はビルの外、ビルの中にも入り口がある。

ウエダ商店ウエダ商店

ビルの中の入り口は雑然として、たぶん酒屋なんだけど店内での小売りより、発注を受けての飲食店への配達が主な業務なのかなと思わせる様子。
札が下がってて、立ち飲みできるのは15時半からだと判った。
よし、もう飲める時間だ。

ウエダ商店ウエダ商店

店内は酒屋という様子はなく、年季のはいった立ち飲み屋という風情。
ごちゃごちゃしていて、それが良い。
奥には広めのフロアもあるが、そちらは退勤後の勤め人グループが大挙して押し寄せるスペースだろうから、独りの俺はカウンターへ。
年季のはいった女性スタッフ数名で切り盛りされていて、そのうちの一人が“社長”と呼ばれてたんだけど実際に社長なのかしら。

ウエダ商店

こちらは日本酒がいろいろ飲めるようだった。
まず「櫻正宗 純米 焼稀」ってのをいただいた。
飾り気のないコップで、表面張力いっぱいに、330円。

ウエダ商店

調理されたアテも豊富に揃う。
あなきゅう280円也、これはだいぶ砂糖甘いね。

月曜の16時台、まだ客はまばらで静かな時間が流れる。
ここはロケーション的にキタの一等地なんだろうが、ぜんぜんそんな気がしないのが面白い。
どこかの下町のようだ。
また夜になれば満員盛況で、違う空気になるんだろう。

もう一杯、「魚沼」の純米300円をいただいて、満足して撤収。
立ち飲み、角打ちっていうのもだいぶ若い世代にも浸透してきたと思うが、ここはちょっと敷居が高く感じるかもね、若い人には。
ずっとそういう空気であって欲しいと、わがままにも思った。

↓「食べログ」での店舗情報

ウエダ商店立ち飲み居酒屋・バー / 西梅田駅北新地駅梅田駅(阪神)

大阪【立ち飲み】【角打ち】

テーマ:立ち飲み - ジャンル:グルメ

安いしラガー瓶あるしいいじゃん「新世界串カツいっとく 大阪駅前第3ビル店」大阪市北区梅田

大阪駅前第1〜第4ビル巡り。
今回は「新世界串カツいっとく 大阪駅前第3ビル店」に立ち寄ってみた。

新世界串カツいっとく 大阪駅前第3ビル店新世界串カツいっとく 大阪駅前第3ビル店

大阪駅前第1〜第4ビルには沢山の飲食店があり、流行ってる店とそうでもない店の差がえげつないほどはっきりしている(それは大阪全般に言えることとも思うが)。
大阪で過ごす時間が多くなってから、客が入ってない店は知られざる穴場ではなく流行らない理由があるから避けたほうがよい、という経験則を得た俺ではある。
が、それでも混んでる店は嫌いだという性分でもあるし、いやいや実は“知られざる穴場”なのかもしれないというファンタジーも捨てきれない俺でもある。

新世界串カツいっとく 大阪駅前第3ビル店

こちらは、わぁ入ってないなぁという様子だったが、立ち寄ってみようと思った。
ここは串カツが売りのようだが俺は串カツにそんなに興味がない、店先にハッピーアワーの案内があったがそれにもあんまり惹かれなかった。
立ち寄ろうと思った決め手は、店先のメニュー案内でキリンラガー瓶があると確認できたし、タバコが喫える店だということも判ったからだ。

新世界串カツいっとく 大阪駅前第3ビル店

大阪駅前第1〜第4ビルには沢山の飲食店があるんだけれど、店先で俺が嫌いなスーパードライをアピールしてる店が多くて途方にくれる。
こちらの店はキリンラガー瓶があって嬉しい。

新世界串カツいっとく 大阪駅前第3ビル店新世界串カツいっとく 大阪駅前第3ビル店

メニューを見るとラインナップは豊富で、けっこう価格帯が低め。
店としては串カツ推しのようだがあまり興味がないので、フツーの居酒屋メニューを選ぶ。

新世界串カツいっとく 大阪駅前第3ビル店新世界串カツいっとく 大阪駅前第3ビル店

カツオたたき葱和え、鶏皮ギョーザ、ともに290円(税別)。
カツオは、パッと見で2切れくらしかないように見えたが、ワカメと葱に隠れているだけで5切れほどあった。

新世界串カツいっとく 大阪駅前第3ビル店新世界串カツいっとく 大阪駅前第3ビル店

キリンラガーを飲んで満たされたあとは、ハッピーアワーで199円(税別)のハイボール。
ハッピーアワーで安くなるのはジムビームハイボールだけかと思ったら、角ハイボールも安くなって嬉しかった。
ハイボールのお供にチーズスティック、これも290円(税別)。

会計は、キリンラガー中瓶1本、アテが3品、ハイボール3杯で総計1,990円。
安いじゃん。
もっと流行ってもいいんじゃないの、と思った。

↓「食べログ」での店舗情報

新世界串カツいっとく 大阪駅前第3ビル店居酒屋 / 東梅田駅北新地駅梅田駅(阪神)

大阪【飲み屋・居酒屋】【立ち飲み】

テーマ:居酒屋 - ジャンル:グルメ

外観や内装といった見た目は良かった「マルシン」大阪府大阪市北区角田町

およそ「新梅田食道街」に立ち並ぶ店は昭和っぽかったり庶民的だったりするが、ちょっと洒落た感じの店もある。
なんだか欧風なテイストの外観の「マルシン」。

マルシンマルシン

昼はカフェ、夜はバーという二毛作な営業スタイルなのかな。
入り口は閉ざされているがガラス窓から店内が窺え、そこまで混んではないので立ち寄ってみた。

マルシンマルシン

カウンター奥の壁面に品書きがズラっと記されていて、いろんな種類の酒が揃うんだなと楽しいのだが、なにより添えられた絵が目を惹く。
妖精、いや人魚なのかな、妖しくも可愛らしく魅力的で、許可を得て撮影させてもらった。
カウンターを預かる女性店主(夜の部の店主ってことになるかな)に、絵は誰が描いたのか訊くと店のオーナーだとのことで、なるほどそのオーナーが店の外観や内装、調度品から絵までトータルでディレクションしてるんだろうな、センスのある人なんだろうと思った。

マルシン

オールド・グランダッドが600円という嬉しい値付けで、ロックで注文。
グラスも灰皿も趣味が良くて嬉しい。

マルシン

チョコレートを注文して、ダッドをもう一杯。

客はほぼ、先客も後客もおしなべて常連ばかりのよう。
ちょっとしたコミューンという様子で、俺にはアウェイな空気ではあった。

会計時、予想外の金額だった……ウイスキーをロックで注文するとダブルで注ぐのがデフォルトなのかな。
もしそうだとして、事前にアナウンスがあれば納得もできるが……。

俺はもう行かないな。

↓「食べログ」での店舗情報

マルシンバー / 梅田駅(大阪メトロ)大阪駅梅田駅(阪急)

大阪【バー】【喫茶店】

テーマ:バー - ジャンル:グルメ

酒も飲めるコーヒースタンドって感じか「BELL」大阪市北区角田町

仕事を終えて阪急電車で帰ると、どうしても「新梅田食道街」に寄りたくなる。
軽めに、と「BELL」に立ち寄った。

BELL

以前からあるよね、たぶん過去に利用したことあるよね、立ち寄りやすい場所にあるよね……と同時に、そこまで印書に残ってない店なので過去に利用したことがあるというのも気のせいかもしれない。
カウンターだけの小さな店で、おばちゃん二人でやってる。

BELLBELL

生ビール、キリン一番搾り。
ビール、ハイボールなどには最初の一杯だけ突き出しが出るとのことで、その代金がチャージ料ってとこか。

改めて、とくに印象に残る店でもないなと感じたが、フラっと寄ってサッと飲んで出るって使い方に向いてる特徴のない店っていうのは、それも長所のひとつかもしれない。
アルコール類は13時からの提供で、もともとコーヒースタンドって感じなのかな。
とりたてて好きではないが、またそのうちフラっと寄っちゃう店かも。

↓「食べログ」での店舗情報

BELLバー / 梅田駅(大阪メトロ)大阪駅梅田駅(阪急)

大阪【飲み屋・居酒屋】

テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

安く飲めるしミスマッチな面白さがある「ティーラウンジ&洋風居酒屋 マルマン」大阪市北区角田町

新梅田食道街で、日本酒グビグビいっちゃうほどではなく軽く飲もうかと。
手頃そうな「洋食マルマン」という店が、良さげに感じた。

ティーラウンジ&洋風居酒屋 マルマン

ハッピーアワーでサッポロビール中ジョッキ380円、いいねこれと入ろうとした。
が、ふと視線をずらすと、またちょっと違う「マルマン」が。

ティーラウンジ&洋風居酒屋 マルマンティーラウンジ&洋風居酒屋 マルマン

同じ系列であろう「ティーラウンジ&洋風居酒屋 マルマン」という店があるんだね。
それはまぁ“洋食”よりは“洋風居酒屋”のほうが酒は気兼ねなく飲めるだろう、それにメニューサンプルがいろいろ魅力的にディスプレイされてて楽しげだ。

ティーラウンジ&洋風居酒屋 マルマン

そしてまた、こちらのハッピーアワーのほうが安い。
黒ラベル生、ハイボール、酎ハイが300円。
酒飲みにとっては、こちらが魅力的。
こっちにしよう。

店は階段を上がって2階。
これは、新梅田食道街としてはどういう扱いなんだろう、食道街2階の店舗なのか食道街1階店舗の2階ということになるのか、まぁどうでもいいか。

ティーラウンジ&洋風居酒屋 マルマン

席について、さっそく黒ラベル生。
ホールのスタッフからハッピーアワーは20時までです、何杯でも300円です、別途チャージ300円をいただきます、と案内された。

チャージは席代として徴収されるだけの料金ではなく、対価として突き出しが出た。

ティーラウンジ&洋風居酒屋 マルマン

なんというか、この……なんだろう晩メシのおかずかな、みたいなものが出た。
あるいは言い換えると豚丼のアタマにキャベツを添えたもの、みたいな。
店内は昭和の一時期に流行ったカフェバーのような照明やや落とし目の、ホールスタッフは白いシャツに黒いパンツの、と一昔前のオシャレ感であるのに、突き出しで出たのが定食屋のオバチャンが“ほら、これも食べなさいね”と笑顔で出してくれるようなものだったので、なんか可笑しいミスマッチを感じて楽しくなった。

それはそうと、この店のホールは気配りがあるし機敏だ。
一杯目のビールを飲み干し、さておかわりを頼もうかと軽くグラスを掲げてスタッフのほうへ顔を向けただけで、すぐに反応してくれてオーダーを通してくれた。
なんて気が利いた接客姿勢なんだ。

ティーラウンジ&洋風居酒屋 マルマンティーラウンジ&洋風居酒屋 マルマン

ビールおかわりの際にチーズ盛り合わせも注文した。
それは本日のオススメ的なものだったんだけど、それを案内する品書きは手書きの、和風居酒屋っぽいものだった。
しかもオススメのラインナップは、だしまき、肉豆腐など。
やっぱりカフェバー風ではない、どこかちぐはぐなミスマッチを感じ、また楽しくなった。
なんていうか、いろいろツッコミ待ちなのかな、という面白さがあるんだよね。

ビールのあとに、今度はハイボールを一杯。
タバコが喫えるし、ゆったりのんびり飲めた。
改めて店内を見渡すとカフェバーってより昭和の喫茶店みたいかもしれない、新聞や週刊誌が置いてあるし、といろいろ飽きない店だった。
なんか、すごく気にいったかも、安いし。

↓「食べログ」での店舗情報

ショットバーアンドティラウンジマルマン喫茶店 / 梅田駅(大阪メトロ)大阪駅梅田駅(阪神)

大阪【飲み屋・居酒屋】

テーマ:居酒屋 - ジャンル:グルメ

 | ホーム |  »次の記事

食べ飲みした店の分類

ブログ内検索


リンク

各地の飲み屋情報を発信しているサイトをリンクさせてもらってます

<全国>
「立ち呑み@酒店」
全国の酒屋の角打ち、立ち飲み屋についての情報がエリア別に掲載されている
「激渋食堂メモ」
日本あちこちに今も残る、渋くて味わい深い大衆食堂を地域別に紹介しているサイト

<関東>
「居酒屋礼賛」
東京の情報には限らないのだが都内の味のある酒場の情報が豊富で魅惑的かつ地域別インデックス便利
「酔(すい)のどうでしょう?」
東京都内の居酒屋・大衆酒場・古典酒場・立ち飲み・センベロ酒場を飲み巡るブログ

<東海>
立飲み人生劇場
更新が停止していて残念だけど名古屋の魅力的な立ち飲み、角打ちできる酒屋の情報が

<関西>
「日本全国B級グルメぐるぐる紀行」
関西各地の味のある酒場を詳しく紹介してくれる指針になる情報量
「関西女のプチ日記」
他のどこにも載ってないような素敵なディープ飲み屋情報満載の関西酒場ガイダンス
「やまでらのぶらりグルメ&ぶらり日記」
行きたくなる飲み屋がたくさん紹介されてる関西飲み屋巡りの強い味方
「カンクロが行く」
大阪府のローカルなとこまで行く。日記のような数行のセンテンスに静逸なセンスを感じる
「関西安酒場」
更新が止まっているようで残念。バス路線沿いの酒屋などまで簡潔ながら貴重な情報

<九州>
「黒崎~小倉@北九州の居酒屋&BARを制覇せよ!」
ネット上に情報の少ない北九州の酒場を紹介してくれる有り難いサイト

このブログをリンクに追加する
リンクフリーでございます(^ヮ^)

【広告】Advertisement