初めての天スタ「天理スタミナラーメン 近鉄奈良駅前店」奈良県奈良市西御門町

奈良に来ているのだから奈良らしいものを食ってみよう、そうだ天理ラーメンという未経験の食いものがある。
いっそ天理市まで行って天理ラーメンを食うか、と考えてみたが遠いなぁと思ってやめた。
普通に近絵鉄奈良駅の近くにある店でいいや。

天理スタミナラーメン 近鉄奈良駅前店

そんなこんなで「天理スタミナラーメン 近鉄奈良駅前店」。
略して“天スタ”と呼称するのはオフィシャルなのね。

天理スタミナラーメン 近鉄奈良駅前店

初めての天理ラーメン、商品名としてはスタミナラーメン(小)、700円税込也。
うむ、予備知識として“白菜がのってる”というのは知ってたが、ほんと白菜たっぷりだね。

天理スタミナラーメン 近鉄奈良駅前店

味が、濃いね。
スープはニンニクとか豆板醤とか使われてるそうで、まぁ旨味も濃いね。
画像では麺が見えてないが、麺は思ったより細めだった。

で、このスタミナラーメンというのは、ラーメン単独で成立するものではなく、ゴハンを伴ってこそ完成する食事スタイルという気がする。
具をおかずにしてスープをすすりながらゴハン食って、麺を食って、麺を食い終えたらスープにゴハンをブチ込んで食って、すっごく腹一杯。
そういう食い方をするべきものだという気がした。
育ち盛りの若者なら、そうするんじゃないかな。
俺は衰え盛りのオッサンなので、そうはしなけれども。

面白かった、というのが感想だが、日常的に食いたいと思うものではないかな。

この店に行ったのは2021年12月29日
↓「食べログ」での店舗情報

天理スタミナラーメン 近鉄奈良駅前店ラーメン / 近鉄奈良駅奈良駅

田舎スナック的な魅力「楓」奈良県奈良市小西町

近鉄奈良で酒場を求めて彷徨った。
事前にGoogleMapsでアタリをつけていた店は開店時刻のはずなのに開いてなかったり禁煙だったり混んでて席が空いてなかったり空席が見えるのに入り口辺りで客を待たせていたり(これは感染防止対策かもしれない)で、何処にも辿り着けなかった。

楓楓

そんな折、ひとつの看板が目にとまった。
サッポロ黒ラベルのマーク、そして“喫煙可能店”の文字。
うん、これは良いんじゃないかと、その店「楓」へ。

楓楓

さっそく黒ラベル。
突き出しが出るシステムの店だった。
狭くて席数は少なく、常連しか来ないタイプの店と思われたが、賑わっていた。

楓楓

酒とタバコで枯れたのかなって声のママさんの、客イジリが絶え間ない。
酒場、居酒屋ってより、田舎のスナックといった雰囲気。

楓楓

奈良の日本酒をいろいろ揃えていて、オススメされるまま飲んでたらウッカリ高い酒を頼んじゃった。
でも美味しかったので良いです。

たまには良いよね、といった店でした。

この店に行ったのは2021年12月29日
↓「食べログ」での店舗情報

居酒屋 / 近鉄奈良駅奈良駅

地域の寄り合いサロンかもしれない「すからべ」奈良県奈良市あやめ池北

奈良県奈良市、近鉄奈良線の特急が停まらない駅、菖蒲池駅。
この最寄りで仕事ってことになって、ちょっとどうしたもんかと思った。
と言うのは、事前にGoogleMapsで周囲の飲食店を調べたら、おそろしく数が少なかったのだ。
知らない町、行ったことのない場所では飲食店との出逢いを楽しみにするんだけど、今回は割と絶望的だった。

すからべすからべ

仕事の場所からいちばん近いのは「すからべ」という店だった。
なんか自宅を建てましてロッジ風の店舗を作りましたという感じだろうか、趣味を感じる。

店内に入ると、店主の姿は見当たらなかった。
テーブル席の女性が軽く応対してくれたので、てっきり店の人が客席で休憩してるのかと思ったら、ご近所の顔なじみのお客さんだったようだ。
店主がいるかもしれない空間に声をかけ、とりあえず席に着いたが、やはり店主の気配はなく、これはもう店を出たほうが良いかもしれん座っててもメシにありつけないかもしれないと思い始めた頃にようやく店主が現れた。

焼きそばを注文し、またしばらく待った。
ここまで、だいぶ時間が経過していて、昼休みが終わってしまいそうだった。

すからべすからべ

焼きそばは普通に美味しかったし、価格はリーズナブルだった。
でも、良い印象は残っていない。
店の外観から趣味性を感じたが、店自体も趣味の延長でやってるんじゃないかって感じた。

うん、まぁ、仕事の合間にメシを食うためにフラっと立ち寄る客というのは、ほとんどないのかもしれない。
近所の顔見知りだけが、のんびりやって来て過ごす、という客層ばかりなのかもしれない。
地域の寄り合いサロン的な立ち位置の店なのかもしれない。
でもね、俺みたいな客には困るの。

この店に行ったのは2021年12月29日
↓「食べログ」での店舗情報

すからべお好み焼き / 菖蒲池駅

昼総合点-

海なし県の激安寿司屋「安Q」奈良県奈良市三条宮前町

仕事がらみの用事が発生し、奈良へ。

せっかく奈良に来たし、奈良らしい酒場に行きたい気持ちはあった。
が、これぞ奈良だなぁっていうのは、ちょっとGoogleMapsで調べたりしても、わからなかった。
じゃあ、奈良らしいものを食って飲もうか、とも考えてみた……奈良らしいものか……奈良漬かな、いやいや。
そうだ柿の葉寿司ってものがあるな、たぶん食ってことないし、この機会に柿の葉寿司で飲むっていうのは良いアイデアかもしれないと思えた。

しかし、柿の葉寿司を販売している店は多いようだし、イートイン的で食える店もあるようだったが、酒を飲みながら柿の葉寿司をいただける店、柿の葉寿司をメニューで出す居酒屋なんかは見当たらないようだった。
うーん、じゃあもう、柿の葉ではない寿司でいいかな。
それはもう奈良っぽさから離れちゃうんだが、逆にあえて、海なし県である奈良で寿司を食うというのは奈良ならではの経験かもしれないと思えなくはなかったなぁ(無理やり自分を納得させてる感)。
と、ここまでが前置き(長いな)。

安Q安Q

夕暮れの路地で提灯に照らされた「安Q」という店。
下調べによると寿司屋なのだが、ソースカツ丼の看板はなんなのだ。

安Q安Q

よく見るとソースカツ丼はテイクアウト専用メニューにようで、やはり店としては寿司主体の居酒屋であるようだ。
ひび割れた黒板に記された品書も、居酒屋然としている。

安Q安Q

それにしても安い、酒も食いものも安い。
大阪の天満や西成や京橋くらい安くって、奈良においては希少な激安酒場ではないだろうか。

安Q安Q

この日この店は2軒目で、1軒目でビールは飲んでいたから、いきなり日本酒と寿司。
にぎり五ケ350円、清酒一合300円、なんて安さだ。
それでいて、安さを売りにする新興ネオなどではなく、年季を感じさせる渋い店内。

安Q安Q

さらに細巻が激安だ。
鉄火、うなきゅう、それぞれ200円。
これはもう、酒をおかわりだ。

なんかすごい穴場なんじゃないかな、この店。
すごく楽しかったわ。

この店に行ったのは2021年12月14日
↓「食べログ」での店舗情報

安Q居酒屋 / 奈良駅新大宮駅

奈良で希少な昼酒できる店「まついし」奈良県奈良市大宮町

奈良へ。
たぶん違うんだけど、人生初の奈良……うん、たぶん中学生だったかの修学旅行で行ったような気もするんだよ(記憶が曖昧である)……でも、意図的に奈良へ行くという意味では、人生初。

まぁ仕事がらみで行ったんだけど、用事が済んだら酒場を探すよねぇ。
奈良に行く用事が確定した時点で、GoogleMapsで酒場を探したりもしたよねぇ。
だが残念ながら、奈良の酒場事情……特に昼酒事情……は、豊かとは言えないようであった。

まついしまついし

そんなこんなで、GoogleMpas調べで昼酒ができる確信のあった「まついし」へ。
なかなか便利であろう、JR奈良駅から歩いてすぐという立地(ただ俺は近鉄利用だったが)。

まついしまついし

営業は15時からだよ、合格だね、大阪だと午前中からやってる店も珍しくないが、奈良ではそういうの見つからないっぽいからね。
そして酒が安い、大阪のそこそこ安い店レベルだね(なにかと大阪と比べて奈良の人には恐縮だが)。

まついしまついし

まずビール、赤星がある、いいね。
気軽なアテとして缶詰があって角打ちっぽくて、そうか入り口ドアに「松石酒店」って看板あったし、もともとは酒屋だったのかな。

まついしまついし

冷蔵ショーケースには小鉢なども。
カツとじ、レンチンしてもらって。

いいね、気楽でリーズナブルな立ち飲み屋だね。
客層はオッサンだらけって感じで、奈良市の酒飲みオッサンのオアシスって位置づけの店かもしれないね。

この店に行ったのは2021年12月14日
↓「食べログ」での店舗情報

まついし居酒屋 / 奈良駅近鉄奈良駅新大宮駅

最近書いた記事


プロフィール

どうも、割った鍋です。
食べたり飲んだり、飲んだり。
九州在住、大阪常駐。

大衆酒場、立ち飲み屋、酒屋の角打ちが好きです。

重度の喫煙者であり、昼酒を好むという、社会的にちょっとアレなオッサン。

2014年9月24日開設


割った鍋へのメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索