ロードサイドの安く飲める食堂「大衆食堂 久太郎」大阪市東淀川区菅原

<追記:2019年11月20日>
久しぶりに「大衆食堂 久太郎」へ行ってみた。
この手の店は、ある日ふと気づいたら無くなっていたなんてことがありそうで、急に気になったりする。

大衆食堂 久太郎

心配無用で健在でした。
しかもけっこう昼メシ客が入っていて盛況で、よかった。

大衆食堂 久太郎

前回は酒を飲む目的で利用したが、今回は普通に昼メシを食いに。
店内の張り紙に“ラーメン各600円”とあって、みそ、正油、塩バター、カレー、とんこつ、というラインナップ。
とんこつラーメンにしてみた。

スープを一口、けっこうな塩分。
麺は太く、ゆるくうねっててクニクニの食感。
うん、九州以外のとんこつラーメンってこんな感じなのね、ってやつ。

それより、だいぶ高齢でらっしゃる大将が、なんかすごい。
ご高齢だが、声がでかい。
かくしゃくたる身のこなしでラーメンの注文を一人でさばいている。
ラーメンを作りながら“こんにちは!”とか“まいど!”と客を迎えつつ、“わかりました!”や“おねがいします!”と従業員に声をかけ店全体のオペレーションを采配する。
まさに、司令塔。

前回の利用時は昼下がりということで大将が活躍する時間帯ではなかったから、その存在感は際立ってはなかった。
昼メシ時は、大活躍だ。
大将を見るだけでも価値があるかも。

この店を再訪したのは2019年11月20日

<初回投稿:2019年04月11日>
東淀川区の阪急上新庄駅の最寄りに用事ができて、行く前に情報収集したら、素敵な食堂があるようだった。
「大衆食堂 久太郎」という店。

大衆食堂 久太郎大衆食堂 久太郎

大阪高槻線という府道沿いに、忽然と在るといった風情。
もっと田舎の県道沿いとかにあれば、すごく自然に見えるんだろうが、この店の周辺は田舎という景色ではないからミスマッチな感じがして面白い。
もちろん店は忽然と現れたわけではなく、昔から同じ姿でずっと店舗はあって、まわりが勝手に変化しましたって感じなんだろうね。

大衆食堂 久太郎

外観からして、めし屋とラーメン屋が隣り合って営業してるように見えなくもないが、中で繋がってた。
歩いて行ったから、歩道に近い正面向かって右側の入り口から入ったんだけど、迎えてくれた老店主に左側の空間へと案内された。
右側は昼飯ピーク時にしか稼働してないのかもしれない。

カウンターがあったが席はなく作り置きの惣菜が並んでいて、白いテーブルクロスのかかったテーブル席へ。

大衆食堂 久太郎

店の奥に大きな冷蔵ショーケースがあって、ビール瓶が見えたが嫌いな銘柄だったのでどうしようかなと思ったが、隅っこに黒ラベルがあったのでビールを飲むことにした。
もともと酒を飲む目的で、ここは“飲める食堂”に違いないなと思っていたので立ち寄ったわけだが、スーパードライしかなければ日本酒を飲むかと思案していたところに黒ラベルが見えたので救われたというところだ。

大衆食堂 久太郎

ビールには揚げもの、とカウンターにあったミンチカツ250円也を。
レンチンして提供してくれた。
高菜は、お通し的なものなのかビールについてきた。

大衆食堂 久太郎大衆食堂 久太郎

黒ラベルで喉が潤って、改めて冷蔵ケースを見るといろいろな一品、小鉢があった。
日本酒のアテになるものがけっこうあり、それならばと清酒(正一合)を注文。

大衆食堂 久太郎大衆食堂 久太郎

酒のアテに塩サバ(小)、破格の150円。
安くて嬉しいし、安いなりに小さくはあるのだが、酒を一合飲むのに丁度よいサイズで具合が良かった。
酒は400円、注文時に燗をつけるか訊いてくれたが冷やで。

期待通りに“飲める食堂”だった。
良い食堂だった、寂れ感やTVやBGMといった音のない殺伐とした静寂も味わい深かった。
黒ラベル、ミンチカツ、焼きサバ、酒、しめて1,300円という安さも嬉しい。

上新庄にまた行く機会には、きっと再訪する。

↓「食べログ」での店舗情報

めし久太郎定食・食堂 / 淡路駅下新庄駅上新庄駅

ちゃんとメシを食う食堂「力餅食堂」大阪市福島区吉野

この店、もう閉店してるのかな、まだやってるのかなと気になっていた「力餅食堂」。
夜に通りすがってばかりだから開いてるところを見たことがなかったんだな、昼に行ってみたら営業してた。

力餅食堂力餅食堂

看板、そして屋号が良いなぁと思ってたんだけど、暖簾がいいねぇこれがまた。
登録商標って大げさな……と思ってググったらWikipediaに項目があって、なんでも大元の店は1889年(なんと明治時代だわ)に創業して、いろいろあったが京阪神一円に展開する大衆食堂になったという壮大な店なのね。
知らなかったけど、そういえばいつかどこかで「力餅食堂」って屋号は過去に見かけたような気がしてきた。
俺は九州育ちで馴染みがないが、関西ネイティブなら深い思い入れがあるのかもしれないね。

力餅食堂

まぁ歴史的なことはおいといて、とにかく昼メシを食いたくて行ったのです。
店先のメニューサンプルも食欲をそそる。

力餅食堂力餅食堂

店に入ると、ああ古い風情、こういうの好き。
古いが、しかし整然としている。
お茶を出してくれて、ほっと一息。

力餅食堂

品書きを見ると、そうラインナップは豊富ではないかな。
でもまぁ、これだけあれば不足はないでしょって布陣でもあるかな。

力餅食堂

カツ丼を注文した。
目の前にカツ丼が現れると、出汁の良い香りが鮮烈に。
こういうのあんまりないよな、丼ものでここまで出汁が香るって、と思った。

食ってみると、ちょっと塩っぱさも感じるかな、でも美味しいな、と。
どこかちょっと上品な気もする、けど庶民的でもあるな、と。

庶民的、というのは客層もそうだったな。
近所に住んでるのであろうオジサン独りメシとか、だいぶ長いこと連れ添っておられるなぁという老夫婦とか、子供連れファミリー客とか、なんかこう日々ちゃんと生活してますという人が来る店って感じ。
そう感じたからか、古い大衆食堂ではメシを食うより酒を飲みたいしタバコも喫えると嬉しいなぁと思っちゃう俺なんだけど、この店に関しては酒とかタバコは求めずにメシをちゃんと食おうという気持ちになった。

この店に行ったのは2019年11月16日
↓「食べログ」での店舗情報

力餅食堂うどん / 野田駅(阪神)野田阪神駅海老江駅

酒が好きだが映画も好きだ「八福神」大阪市西成区萩之茶屋

新世界東映で映画を観たあと、ちょっと歩いて「八福神」へ。
この店は通り沿いで目立つし、昼も真夜中もやってるなぁと気になっていた。

八福神八福神

そういや屋号も気になってたな、なんで七福神じゃなく八福神なんだって。
そんな疑問の答えが、店先に貼ってあった。

八福神

割とキャパのある店内、平日の16時台そこまで混んでおらずゆったり。
ビールケースをひっくり返して椅子にしたものに座り、まずビール。
キリンラガー瓶があって嬉しい。
タバコも喫えて、有り難い。

八福神

食いものメニューは焼いたり揚げたりしたもの主体か、お造りなんかはないのかな。
それにしても、安いな。

八福神八福神

さばの煮込み、肉豆腐。
あ、たまたまどっちも焼いたり揚げたりじゃないものを注文してたな。
俺としては、焼いたり揚げたりしたものより、煮たものが酒がすすむ気がするんだよなぁ。

八福神

それにしてもこの店は壁にポスターやらチラシやら貼りまくりだな、と眺めていたらイベントが発生した。
いわゆるユーチューバーが撮影をする様子で、店の人と誰かオシャレっぽい人物と段取りを始めだした。
俺が座ってる近くで始めたんで、俺は邪魔にならないかと声をかけたが大丈夫とのこと。
どんな内容なんだろうと耳を傾けてたら、ある映画をテーマにしたインタビュー的なものだった。

IMG_002223.jpg

ちょっと話題になってる、西成区ってゆーか釜ヶ崎をモチーフとした「解放区」って映画ね。
ライオンみたいな見た目の店主が、よかったら、とチラシを手渡してくれた。
うん、観ようと思ってるんだよね俺も。

IMG_002222.jpg

ユーチューバーの撮影は続くが、俺は俺でマイペースに日本酒を2杯。
この日の撮影の配信をYouTubeで探してみようかねぇ。

この店に行ったのは2019年11月15日
↓「食べログ」での店舗情報

八福神立ち飲み居酒屋・バー / 新今宮駅新今宮駅前駅動物園前駅

激安やわやわ「三吉うどん」大阪市浪速区恵美須東

映画を観ようと新世界に出かけ、腹ごしらえに「三吉うどん」。

三吉うどん

掘っ建て小屋みたいな外観の店で、これは新世界に溢れる観光客も迷い込んでは来まい、という安心感がある。
あと単純に、こういう外観は俺の好みだ。

三吉うどん

うどんが、べらぼうに安い。
かけ170円。
この値段は新世界からジャンジャン町に入るところにある「松屋」と同じレベルの安さだね。

三吉うどん

ちょっと贅沢に肉うどんにしちゃおう。
それでも320円だよ、しかも税込み。
そして安さはともかく、やわやわでふわふわな麺、うまいんだよこれが。
スープもきっちり美味しいしね。
ネギの切り方がワイルドでザクザクなのはご愛嬌。

三吉うどん

素晴らしい立ち食いうどん。
ちなみに、正面から眺めても、この店の屋号は判らない。
傍に回ると、キッチュなイラスト入りの看板が潜んでる。
なんとも言えない味わいのセンスで、なんとも言えない。

この店に行ったのは2019年11月15日
↓「食べログ」での店舗情報

三吉うどんうどん / 恵美須町駅新今宮駅前駅新今宮駅

ストーンズとウイスキー「Fanny Mae」大阪市中央区難波

たまたまTwiterのTLで、こういう店があると知った。
店の冠が“ストーンズとブルースで飲んでや”ってんだから、そりゃ行きたくなるわな。
なにしろ俺は初期のザ・ローリング・ストーンズが大好きだ。

Fanny MaeFanny Mae

店は法善寺横丁の傍、「ファニーメイ」。
ストーンズのベロが目印。
店舗は地下で、階段を降りるとそのまま開け放たれた入り口へ。

Fanny Mae

薄暗い店内にストーンズの曲が流れている。
優しい笑顔の、だいぶ初老の域かなという長髪のマスターが迎えてくれた。
ワイルドターキーをロックで一杯。

Fanny Mae

あんまり酒の量は多くないな、すぐに飲み干したので今度はソーダ割りでお願いした。
タバコを喫いながら、ストーンズを聴きながら、やや意識してチビチビと飲む。

Fanny Mae

アテに袋入りスナック菓子があって、皿に盛って出してくれる。
そう混んではなかったが、先客も後客も常連のようで、あまり一見客がふらっと入るタイプの店じゃないのかな。

IMG_002206.jpgFanny Mae

とにかく音楽と酒で楽しんでいられるな。
惜しむらくは、酒の量があんまり多くない点。
まぁそれは、ウイスキー好きでガブガブ飲んじゃう俺自身の問題かもしれないけどね。

この店に行ったのは2019年11月14日
↓「食べログ」での店舗情報

ファニーメイバー / 大阪難波駅日本橋駅近鉄日本橋駅

最近書いた記事


カテゴリ


プロフィール

どうも、割った鍋です。
食べたり飲んだり、飲んだり。
九州在住、大阪常駐。

大衆酒場、立ち飲み屋、酒屋の角打ちが好きです。

重度の喫煙者であり、昼酒を好むという、社会的にちょっとアレなオッサン。

2014年9月24日開設


割った鍋へのメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索


リンク

各地の飲み屋情報を発信しているサイトをリンクさせてもらってます

<全国>
「立ち呑み@酒店」
全国の酒屋の角打ち、立ち飲み屋についての情報がエリア別に掲載されている
「激渋食堂メモ」
日本あちこちに今も残る、渋くて味わい深い大衆食堂を地域別に紹介しているサイト

<関東>
「居酒屋礼賛」
東京の情報には限らないのだが都内の味のある酒場の情報が豊富で魅惑的かつ地域別インデックス便利
「酔(すい)のどうでしょう?」
東京都内の居酒屋・大衆酒場・古典酒場・立ち飲み・センベロ酒場を飲み巡るブログ

<東海>
立飲み人生劇場
更新が停止していて残念だけど名古屋の魅力的な立ち飲み、角打ちできる酒屋の情報が

<関西>
「日本全国B級グルメぐるぐる紀行」
関西各地の味のある酒場を詳しく紹介してくれる指針になる情報量
「関西女のプチ日記」
他のどこにも載ってないような素敵なディープ飲み屋情報満載の関西酒場ガイダンス
「やまでらのぶらりグルメ&ぶらり日記」
行きたくなる飲み屋がたくさん紹介されてる関西飲み屋巡りの強い味方
「カンクロが行く」
大阪府のローカルなとこまで行く。日記のような数行のセンテンスに静逸なセンスを感じる
「関西安酒場」
更新が止まっているようで残念。バス路線沿いの酒屋などまで簡潔ながら貴重な情報

<九州>
「黒崎~小倉@北九州の居酒屋&BARを制覇せよ!」
ネット上に情報の少ない北九州の酒場を紹介してくれる有り難いサイト

このブログをリンクに追加する
リンクフリーでございます(^ヮ^)

【広告】Advertisement