ほろよひセット選択肢が多くて良いね「銀しゃり」大阪市中央区船場中央

博労町で仕事を終えたあとに「船場センタービル」で酒を飲むシリーズ。
いやもう、ちょっと通い詰めようかなと思うくらい「船場センタービル」飲食店街が気にいったのでシリーズにする。

銀しゃり銀しゃり

今回は4号館地下2階の、「銀しゃり」。
外観から居酒屋としか認識できないが、寿司を出す店なんだね。

銀しゃり銀しゃり

とにかく“ほろよひセット”に惹かれたね。
セット内容がすごくて、『お好きな飲物+お好きな小料理二品+新鮮ミニお造盛』で980円って。
特に、『お好きな小料理』の選択肢がすごく多くて、選べる喜びで気持ちが盛り上がったね。
居酒屋定番から揚げ物、串焼き、海鮮に握り寿司まで選べるのってハッピーだよな。

銀しゃり銀しゃり

ビールは残念な銘柄のものだったが、仕事明けの一杯はとにかくビールにしたいの。
まず『新鮮ミニお造盛』が出てきて、三種盛りで“こういうので充分に嬉しいじゃない”というものだった。

銀しゃり銀しゃり

次いで『お好きな小料理』から選んだ、厚焼きすし玉子。
(ところで店先に掲示された品書きと卓上のもので同一メニューの表記揺れが大きく、卓上の品書きでは“寿司屋のアテたまご”みたいに書いてあったな)。

刺身と玉子焼きが並ぶ絵面には、ビールは似合わない。
早々に日本酒へ移行。
この時点でセット外の追加注文となるが、そんなことは気にならない。

銀しゃり

遅れて『お好きな小料理』から、ウナギの酢の物(いわゆる、うざく)。
これがね、もうこれ一品で500円くらいするでしょって満足度で、まぁ酒が進むのよ。
こういう逸品が選べるってだけで“ほろよひセット”素敵です。
酒、おかわり。

銀しゃり

せっかく寿司を出してるんだしと、締めにカッパと鉄火。
細巻きで酒を飲むのが好きなので、やっぱ寿司がつまめる飲み屋って良いね。

もっと“ほろよひセット”を深掘りするために、また寄りたいな。

この店に行ったのは2020年11月19日
↓「食べログ」での店舗情

和の御馳走 銀しゃり寿司 / 堺筋本町駅本町駅長堀橋駅

歴史を感じる風情がありつつユルく角打ちできるし猫にも会える博多区上呉服町「吉武酒店」

<追記:2020年11月23日>
ひさしぶりに、ふらっと立ち寄ったのは2020年11月18日。

吉武酒店

ネット上で折尾の「宮原酒店」が近く店を畳むと知り、そうなると他の老舗酒屋も心配になって。
なかでもこの「吉武酒店」は、店のオバチャンはそこそこ歳がいっておいでだし、気になった。

吉武酒店

まず、店があって安堵した。
が、表のシャッターの半開きっぷりは普通じゃない様に見えて、開店休業状態かと訝しみつつ店の中へ。
営業中のようではあったがオバチャンの姿が見当たらず、こんちわ〜と大きめに声をかけると奥の方で椅子に腰掛けていたオバチャンが応じてくれた。
普通にやってた。

吉武酒店

量り売りの酒を一杯。
器のせいでワンカップに見えるが、オバチャンが注いでくれたやつ。
奥の椅子から俺のところまで来てくれる際、ちょっと歩行がしんどそうだったし、オバチャンはまた奥の椅子へ。
座ってないときついんだろうな。
遠距離会話で世間話し、コロナ的にも正しいな。

吉武酒店吉武酒店

歩くのがちょっと苦労してる様子だったが、お喋りは元気。
徒然に話していると、なんとまぁ息子さんは俺と同い年なんだってよ。
そんな家族の身辺事情まで(オバチャンが話すので)聞いちゃいながら、酒はすぐ飲み干してしまったので、各ハイボールの缶を2つ。
また量り売りの酒を頼むと、歩かせてしまうことになるからね。

猫は、すっかり数が減ってしまい、出入りしてるのは今はもう一匹になってしまったそうだ。
この日は猫に会えず、残念。

まだまだ店を畳む予定はないって聞いて、勝手ながら“あぁ良かった”と思った。
俺は足繁く通う常連でもないくせに、まだまだ続けて欲しいと願うのは身勝手だよなとは思うが、いや続けて欲しいんだよなぁ。

<追記:2016年08月22日>
たまに立ち寄ってる「吉武酒店」。
古き良き雑然とした個人商店という存在感が、あいかわらず素敵だ。

吉武酒店

ところで、最近まで知らなかったが、ここって喫煙できるのね。
いや喫えますかって訊くまでもなく、勝手に禁煙だと思い込んでたよ。
角打ちのできる酒屋って、売り場も兼ねてるわけだから禁煙であることは珍しくない。
おまけに「吉武酒店」は時の流れが刻まれた古い木造の建屋だから、火気厳禁だよねって気がしてたんだ。

が、ある日、灰皿の存在に気付いた。
喫っていいのか訊くと、あっさり許可された。

吉武酒店

角打ちは滞在時間が短いから禁煙でも我慢できるが、喫えればそれは嬉しい。

吉武酒店

あいかわらず猫が出入りしている。
ただ、猫メンバーには変動があるようだ。
どっか行っちゃった猫もいたり、フラっと現れる猫もあるとのこと。

タバコを喫いながら、猫を眺めながら角打ちできる「吉武酒店」、素敵な店だ。

<初回投稿:2015年10月24日>
角打ちできる酒屋って、福岡県では北九州市がメッカだって印象があるよね。
でも、福岡市にもそこそこあるんだよ。

また角打ちできる酒屋は、工場だとか港湾だとか交代制勤務で働く人が多いエリアに多い印象もある。
それとか交通量の多い駅の近くとか、またはオフィス街の片隅って感じかなぁ。
そういう印象をもっている俺にとっては、意外なロケーションにある酒屋を訪ねてきたよ。
博多区上呉服町にある「吉武酒店」。

吉武酒店:外観

趣きのある外観でございます。
そんでまたロケーションがね、寺が多い辺りで静かなところでね、店舗の住所的には上呉服町なんだけど御供所町辺りって感じ。
割と最近「ブラタモリ」のロケが行われて、すぐ近くの寺が番組に登場したね。

吉武酒店:外観

俺が立ち寄ったのは平日の16時ちょい前、近所の常連と思われる先客1名あり。
まずは、ビールを。

吉武酒店:酒

キリンラガーがあって嬉しい。
店内を見渡すと、すごく雑然としていて、そして古い。

吉武酒店:店内吉武酒店:店内

コンクリートの土間で、いくつもの木製の棚に様々な商品が並び、その様子は商品のラインナップは別として昭和の頃から変わってないのだろうっていうかもしかしたら大正頃から変わってないのかも?

吉武酒店:店内

純然たる酒を小売りする店であって飲食店じゃないよみたいな断り書きにあるように、調理したアテはないようだ、椅子はあったけども。
乾きものや缶詰などが売られていて、あと九州で言うところの“天ぷら”すなわち揚げられた練り物が、紙の上に並べて用意されていた。
紙ってのが、角打ちの風情でいいね。

店のオバチャンは、なかなか話好きで。
博多の角打ち事情とか他県ではどうだとか、そういう話をしてくれて、こちらの話にも付き合ってくれた。
一見の怪しいオッサンである俺に警戒はあまりしていないようで、話を聞いてるとなるほど他所からもいろんな角打ちマニア的な客が訪ねてくるそうだから慣れているのかな。

由緒ある地域の酒屋のようだから、缶ビールでは味気ないかなと酒を一杯。
地元の酒で量り売りしてるのがあればと注文すると、萬年亀を出してくれた。
グレードとか確認しなかったが、久留米の酒だね。

吉武酒店:酒

飲んでいたら、猫が現れた。

吉武酒店:猫

おお、この猫は!
実はこちらの酒屋、この日の一月前にも訪れたが店が閉まっていて空振りしていたのだ。
まぁ大きな台風が来てた日だったんで臨時休業も止む無しと納得したわけだが、店は閉まってても猫とは戯れることができてたんだよ。
人間を警戒しない猫だったから酒屋に飼われてるのかなと思ったその猫、それが今また現れたのだ。

吉武酒店:猫吉武酒店:猫

上の画像が、台風が来てた日のもの。
猫との再開、嬉しいな。

歴史を感じる店だが、敷居は高くなく、猫とも会える酒屋。
敷居は高くないとはいえ、ロケーション的に事前に情報を拾ってないと辿り着けなそうでもあるし、角打ちできると知っていないと入ってみるのに躊躇もするかもね。
でも、なんだかほっこり過ごせる酒屋だから、わざわざでも行ってみて欲しいね。

↓「食べログ」での店舗情報

吉武商店バー・お酒(その他) / 呉服町駅千代県庁口駅祇園駅

存在そのものが味わい深い「静香」福岡県福岡市東区箱崎

筥崎宮の参道に通じる鳥居(二之鳥居というらしい)の傍に、ポツンと店の灯りが。

静香静香

看板の灯りは頼りなく明滅して、真っ暗になったり中途半端に点いたりで写真を撮るのに苦労したが、ラーメン、焼きとり、定食と酒を出す店で、屋号は「静香」っていうんだと判る。
飲み屋だな、うん、片田舎の街道筋にでもありそうな飲み屋だ。
すごく懐かしい感じの、現在ではなかなかお目にかかれないタイプの佇まいだ。
こういう店には、とにかく惹かれる。

静香

まずビール、キリンラガー瓶があって嬉しい。
おまけにタバコも喫えるから嬉しい。

静香静香

年季の入った外観と女性名である屋号から、オバアチャンが細々と続けてる店ってのを想像したが、若いオニーサンがやってる店だった。
もしかして“静香”さんの、息子さんかもしれんねぇ。

静香静香

ビールのお供に、ニラとじ。
これが絶妙の火加減で、モヤシしゃっきり玉子はとろり、うまかった。

メニューをしげしげと眺めると、そう安くはないと感じる、とくにビール大瓶630円ってのはね。
でもまぁ、福岡市の居酒屋水準では、そう高いとまでは言えないというところか。
俺が大阪の安さに染まっちゃってるっていうのもあるかもね。
うーん、というか参道の鳥居んとこ、っていうロケーションだからねって価格設定かもしれないな。
祭りの日なんかめちゃくちゃ賑わうだろうから、地価が高いかも。

静香静香

おでんが、カウンター内の厨房、俺の目の前あたりでクツクツと煮えていたので、食いたくなった。
大根、厚揚げ。
それぞれが、デカい。
そして美味しかった。
おでん、酒、至福。

今のままの姿で、末長く営業してくれたら嬉しいなと思った。

この店に行ったのは2020年11月16日
↓「食べログ」での店舗情報

静香定食・食堂 / 箱崎宮前駅馬出九大病院前駅箱崎駅

メニュー豊富で安く穏やかに飲める「民食軒」大阪市西成区萩之茶屋

<追記:2020年11月23日>
寒くなって、再訪。
前回、ここって一人鍋があるんだな、寒くなったら食いたいなって思ってたから。

民食軒

寒くなっても、やっぱり始めはビール。

民食軒民食軒

塩とり鍋、490円也。
一見、ほとんど豆腐とうどん、しか入ってないように見えるかも。
鶏肉、ちょっとだけに見えるかも。
でも潜んでたよ、底のほうに鶏肉、つくね、そこそこ入ってたよ。

民食軒

鍋には日本酒だぁね。
良いねぇ。

<初回投稿:2020年11月09日>
新世界東映で映画を観てから酒を飲む、週に一度のお楽しみ。

民食軒民食軒

今回は堺筋に面した「スーパー玉出 天下茶屋店」の裏手に佇む「民食軒」で飲んだ。
通りすがりに、なんとなく惹かれたので。
店先にメニューが掲示してあって、品書きが豊富で値段がリーズナブルだと惹かれるよね。

民食軒

まずビール、キリンラガー瓶があって嬉しい。
そして、喫煙可能店で嬉しい。

民食軒民食軒

入り口のサッシ引戸に“酒飲みの卵焼き”と貼り紙があって、それは食べてみねばなるまい俺は酒飲みだし玉子料理が好きだし、ってノリで注文した酒飲みの卵焼き250円也。
あー、こりゃいいね、濃い味でいいねって感じ。
注文を受けてから玉子を割るところから始まる作業工程を眺めてたら、マヨネーズとかなんか投入されてたな。

それはそうとこの店、“やわらかいハンバーグ”“焼きあらびきハンバーグ”とか“赤ウインナーと卵炒め”とか“チーズポテト”とか、なんだか子供が好きそうなメニューが目に留まるね酒場なのに。
もしかしてファミリーユースも少なくないタイプの店かな、親が子を連れてきて晩メシ食わすとか。

民食軒民食軒

酒を常温で頼んで、とり肉味噌焼き390円也をお供に。
いい感じに焼けてて、うまい。

IMG00_6675.jpeg

店は、推定大陸出身の、推定ご夫婦の二人で切り盛りされていた。
店先のボードに書かれた品書きに“福建焼き”ってあったから、そちらご出身ってことかな。
厨房を囲むカウンターメインで客層は常連中心のようだが、アウェイ感なく穏やかに飲めた。

メニューに一人鍋もいくつかあったから、寒くなったら再訪したいかも。

この店に行ったのは2020年11月01日
↓「食べログ」での店舗情報

民食軒居酒屋 / 今池駅萩ノ茶屋駅今船駅

俺にとって天満の原点「銀座屋」大阪市北区天神橋

けっこう久しぶりに「銀座屋」へ。

銀座屋

このブログに「銀座屋」のことを書くのが前回は2015年のことなので、5年ぶり……ってことはない。
何度か足を運んでいるが、撮影禁止とされていたので画像がないから更新してなかったのね、

銀座屋

現在は、撮影禁止の貼り紙は見当たらないが、まぁ控えめに。
瓶ビールは、相変わらず380円、嬉しい。
タバコも相変わらず喫える、嬉しい。

銀座屋

一時の“大衆酒場ブーム”というか“酒場放浪記”ブームみたいなもんは去って、物珍しさだけで訪れる層は淘汰されたように感じる。
そのほうが良い。
そういう層って、狭い立ち飲みなのとかお構いなしに団体で群がって、煩いからな。
立ち飲みとか酒場ってさぁ、独りで楽しめよ、と言いたい。

銀座屋

居心地の良い「銀座屋」が戻ってきた、って感じ。
翌週また、立ち寄った。

銀座屋

しばらく中崎町の現場が定期的にあるので、天満に足を延ばすことになるだろう。
そしたら「銀座屋」に寄ることになるだろう。

銀座屋銀座屋

俺にとって天満の原点で、やっぱり最初に好きになったものって、ずっと好きだなぁと再確認した。
やっぱ良いよねぇ「銀座屋」。

この店に直近で行ったのは2020年11月18日

<初回投稿:2015年11月29日>
もう10年ちょい……15年くらいかなぁ、それくらい前に初めて天満で酒を飲んだと思う。
それより以前は新梅田食道街が気に入っていて、だからほとんど梅田近辺でしか飲んでなかったと思う大阪で。

福岡から大阪へ引っ越した仲の良かった女子と、俺が大阪に遊びに行ったとき会って、連れてってくれたのが天満。
とにかく安いし面白い飲み屋がいっぱいあるんだ、と。
そうして「銀座屋」にも連れてってくれたわけだ。

衝撃を受けたね、いろいろな要素に。
こんな立ち飲みが、JRの駅を出てすぐのところにあって、すげぇ混んでて、雑然として味がある。
そして、こういう低価格帯の立ち飲みで、てっさ食えるのかというのも俺には驚愕だった。
ふぐなんてもんは高級な店でしか食えないもんで、そんなもん年に一度もお目にかかるもんじゃないというのが俺の認識だったんだけど、ここでは極めてカジュアルに扱われている。
一皿300円台だったと記憶してるが、そりゃ小皿に数切れしかなかったんだけど湯引きした皮も添えられていたのを覚えていて、感激しつつ味わった記憶もいまだに確かだ。

この「銀座屋」という店は、「銀座屋」がある天満ってのはスゲぇな。
件の女子には「七福神」「春駒」にも連れてってもらい、それでもう俺は天満が大好きになったんだよ。

それから何度か行ってるが、ここ何年かは足を運んでなかった「銀座屋」へ、ひさしぶりに。

銀座屋:外観

昔はそんなルールなかったはずだが撮影は禁止されてるから外観の画像しかないよ。
いつものように混んでたが、なんとか喫煙エリアの片隅に滑り込めた。
フロアを仕切ってるオバチャンに、まずはハイボール280円也を注文。

このオバチャン、懸命に業務に取り組んでいるがさほど心に余裕がないようで、注文するにはタイミングを計らねばならなかった。
間を見計らって6Pチーズ1個100円也を注文。
店内の盛況な様子やテレビの放送を眺めつつ独り酒を楽しむ。
そしてサッサと撤収。
しんみり飲むような店ではないからね。
ついでに言えば、ホスピタリティどうこうって店でもないよ、大阪駅前第一ビルの「銀座屋」のノリを求めちゃダメだよ。
雑然として殺風景な酒場だよ。

久しぶりだったが、やっぱ好きだな「銀座屋」。

↓「食べログ」での店舗情報

銀座屋立ち飲み居酒屋・バー / 天満駅扇町駅天神橋筋六丁目駅

最近書いた記事


カテゴリ


プロフィール

どうも、割った鍋です。
食べたり飲んだり、飲んだり。
九州在住、大阪常駐。

大衆酒場、立ち飲み屋、酒屋の角打ちが好きです。

重度の喫煙者であり、昼酒を好むという、社会的にちょっとアレなオッサン。

2014年9月24日開設


割った鍋へのメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索


リンク

各地の飲み屋情報を発信しているサイトをリンクさせてもらってます

<全国>
「立ち呑み@酒店」
全国の酒屋の角打ち、立ち飲み屋についての情報がエリア別に掲載されている
「激渋食堂メモ」
日本あちこちに今も残る、渋くて味わい深い大衆食堂を地域別に紹介しているサイト

<関東>
「居酒屋礼賛」
東京の情報には限らないのだが都内の味のある酒場の情報が豊富で魅惑的かつ地域別インデックス便利
「酔(すい)のどうでしょう?」
東京都内の居酒屋・大衆酒場・古典酒場・立ち飲み・センベロ酒場を飲み巡るブログ

<東海>
立飲み人生劇場
更新が停止していて残念だけど名古屋の魅力的な立ち飲み、角打ちできる酒屋の情報が

<関西>
「日本全国B級グルメぐるぐる紀行」
関西各地の味のある酒場を詳しく紹介してくれる指針になる情報量
「関西女のプチ日記」
他のどこにも載ってないような素敵なディープ飲み屋情報満載の関西酒場ガイダンス
「やまでらのぶらりグルメ&ぶらり日記」
行きたくなる飲み屋がたくさん紹介されてる関西飲み屋巡りの強い味方
「カンクロが行く」
大阪府のローカルなとこまで行く。日記のような数行のセンテンスに静逸なセンスを感じる
「関西安酒場」
更新が止まっているようで残念。バス路線沿いの酒屋などまで簡潔ながら貴重な情報

<九州>
「黒崎~小倉@北九州の居酒屋&BARを制覇せよ!」
ネット上に情報の少ない北九州の酒場を紹介してくれる有り難いサイト

このブログをリンクに追加する
リンクフリーでございます(^ヮ^)

【広告】Advertisement