また始めよう

なんだか飽きちゃってしばらく放置してしまっていたが、のらりくらりと始めようかな、また。

書くリソースを節約するため、もうなるべく客観的に簡潔に、したい。
よっぽど思うところがあったら別だが。

悲しいことだ。もう「ルノアール」には行かない。

俺は「ルノアール」を支持してた、好きだったんだが。
それは、もう終わる。
とても悲しいニュースを目にしたからだ。

「銀座ルノアール、紙巻きタバコ禁止」

詳細は上記リンク先に。
いやネット上の記事は不意に消えることもあるから、以下に引用しとこう。

銀座ルノアール、紙巻きタバコ禁止 20年4月から
直営店全店で 喫煙ブース設けず
2019/5/30 15:40

「喫茶室ルノアール」などを運営する銀座ルノアールは30日、2020年4月から、グループの直営店全店での紙巻きたばこの喫煙を禁止すると発表した。飲食店での喫煙原則禁煙を定めた改正健康増進法が20年4月に全面施行されることに対応する。20年4月以降は、喫煙席では加熱式たばこのみが利用可能になる。



銀座ルノアールは現在一部の全面禁煙店舗をのぞき、禁煙・喫煙の完全分煙化を進めている。20年4月以降は飲食店で紙巻きたばこを吸う場合には飲食禁止の喫煙ブースが必要になるが、銀座ルノアールは飲食スペース確保のため喫煙ブースを設けないという。20年4月以降は喫煙席での喫煙は加熱式たばこのみとする。



「ルノアール」ともあろうものが、というのが最初の気持ちだ。

飲食店が禁煙となる風潮ではあり、まぁ仕方ないなと思いもする。
タバコが嫌いな人々もたくさんいるわけで、そういう人たちも快適に飲食店を利用できるべきだ、とも思う。
だから、禁煙になる店には俺は行かなければ済む、住み分けをすればいいと考えてもいる。

でも、どうして「ルノアール」がそうなるかな。
正しく昭和の喫茶店、良くも悪くも昭和を引きずった喫茶店であるのが「ルノアール」の身上じゃないのか。
そういうところ好きだったから、コーヒーが安くもないのに「ルノアール」が好きだった。
でも禁煙になるんじゃ、もう好きでいることはできない。

加熱式たばこはオーケィというのも、みっともない。
ぜんぶ駄目にしろよ。

2020年3月まではタバコが喫えるから、それまでは行くという気持ちは俺にはない。
禁煙にすると表明した時点で、もう好きじゃなくなった。

もっとも俺は東京在住じゃないし、東京へ行く機会も多くはないから、俺が「ルノアール」に行くのをやめても何ら影響はないだろうけどね。
だからこれは不買運動的に物申すというものではない。
ただ、俺の気持ちの問題に過ぎない。

正しい喫茶店という矜持はないのか「ルノアール」。


たしかに猫がいた「BAR 猫」東京都台東区上野

仕事絡みで上野あたりに泊まってて、夜。
どこかに飲みに行こうとGoogleMapsで検索すると「BAR 猫」という店が上野御徒町駅の近くにあって、猫がいるらしいという情報も拾った。
猫は好きなので行ってみようと思った。

BAR 猫BAR 猫

雑居ビルの上階にあるから、一見さんがフラっと立ち寄りそうにないロケーション。
でもビルの袖看板にも入り口の看板にも“女性お一人でも安心”とあるが、いやまぁ女性お一人ではハードルが高いかなって思った……が、猫がいる店との情報を拾った人が目指して行く店なんだろう。

BAR 猫BAR 猫

ところどころカワイイ部分もあるが、全体的に雑然とした場末の飲み屋という雰囲気。
このときカウンター席は満席に近い感じで、ほぼ常連さんで埋まっている様子だった。
なので、猫がいるとのことだったが猫は見当たらなかった。
が、カウンター周りの画像で本が立っている辺りの向こうに、猫の所定的の場所的な空間があり、そこに猫が寛いでいる様子がしばらく経って判った。

BAR 猫

猫とは触れ合えなかった。
そもそも“女性お一人でも安心”なので、オッサン独りな俺は店自体にそぐわないよなと思った。
まぁ、この店に俺は馴染めないなと思った。
でもそんなことより、そこに猫がいて健やかなら、それでいいやと思った。

↓「食べログ」での店舗情報

バー / 上野御徒町駅上野広小路駅京成上野駅

近況

生きてます。
今月……というのは2018年11月の、下旬からいっぱい更新したい所存です。
たぶん。

紺屋町通りの人気スポットになるかもね「ちょろいぜとくちゃん」福岡市中央区大名

最初に言っとくと、この店に立ち寄ったのは2017年08月23日のことなので(ブログ更新のタイムラグが大きくてスマン)、もしかしたらもう業態が変わってたりするかもしれん。

紺屋町通りを通りすがったら、なんか立ち飲み屋っぽい店があるなと目に止まった。

ちょろいぜとくちゃん ちょろいぜとくちゃん

「ちょろいぜとくちゃん」って、変わった屋号だなぁ。
店先の案内を見ると、確かに立ち飲みができるようで、加えて屋号に“ちょろい”って付いてるのか説明するコピーもあった。
なんだか面白げなので立ち寄ってみた。

ちょろいぜとくちゃん ちょろいぜとくちゃん

外からも窺えるが、店に入ってすぐのところで弁当、おにぎり、惣菜などを売っている。
それがメインなんだろうというのは、ここの経営母体が「峠の玄氣屋」だとアナウンスされていることから想像できる。
それプラスのイートインということで、一種のアンテナショップ的な位置付けなのかもしれないね、今後の他業種展開のためのフィールドワーク的な。
ま、そういうことは、俺は酒が飲めればどうでもいいのだが。

ちょろいぜとくちゃん ちょろいぜとくちゃん

酒とアテが、いろいろ用意されている。
ビールは赤星を置いてて、ウイスキーにマルスを用意したところが面白いな。
酒好きの、妙なツボを突いてくるねぇ。

ちょろいぜとくちゃん ちょろいぜとくちゃん

まずは赤星と鶏皮ポン酢(メニュー表記は“ちょろ皮ポン酢”)を、それからマルスのハイボールをいただいた。
店内にはテーブル席もあったが、俺は壁を向いた立ち飲みカウンターで。
若い店長が、ウェルカムに迎えてくれて気持ちよく飲めた。
ただ禁煙なので俺には残念だったんだが、狭い店内は弁当などの物販スペースでもあるから禁煙なのは納得できる。
実際、俺が飲んでる間に弁当や惣菜を買い求める若いOLさんとか何組かの客があったし禁煙で然るべきだよなと思ったよ。

ちょろいぜとくちゃん 

カウンターでは冷たい茶をサーブするサービスもあって、一杯いただいたが美味しかったな。

さて、最初に買いたが2017年08月に立ち寄って、それから利用してないんだが今はどうなってるかな。
立ち飲み方向に振ってるか、買い物客で賑わっているか。
どちらに転んでも、人気店になってるだろうという気はするよ。


最近書いた記事


カテゴリ


プロフィール

どうも、割った鍋です。
食べたり飲んだり、飲んだり。
九州在住、大阪常駐。

大衆酒場、立ち飲み屋、酒屋の角打ちが好きです。

重度の喫煙者であり、昼酒を好むという、社会的にちょっとアレなオッサン。

2014年9月24日開設


割った鍋へのメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索


リンク

各地の飲み屋情報を発信しているサイトをリンクさせてもらってます

<全国>
「立ち呑み@酒店」
全国の酒屋の角打ち、立ち飲み屋についての情報がエリア別に掲載されている
「激渋食堂メモ」
日本あちこちに今も残る、渋くて味わい深い大衆食堂を地域別に紹介しているサイト

<関東>
「居酒屋礼賛」
東京の情報には限らないのだが都内の味のある酒場の情報が豊富で魅惑的かつ地域別インデックス便利
「酔(すい)のどうでしょう?」
東京都内の居酒屋・大衆酒場・古典酒場・立ち飲み・センベロ酒場を飲み巡るブログ

<東海>
立飲み人生劇場
更新が停止していて残念だけど名古屋の魅力的な立ち飲み、角打ちできる酒屋の情報が

<関西>
「日本全国B級グルメぐるぐる紀行」
関西各地の味のある酒場を詳しく紹介してくれる指針になる情報量
「関西女のプチ日記」
他のどこにも載ってないような素敵なディープ飲み屋情報満載の関西酒場ガイダンス
「やまでらのぶらりグルメ&ぶらり日記」
行きたくなる飲み屋がたくさん紹介されてる関西飲み屋巡りの強い味方
「カンクロが行く」
大阪府のローカルなとこまで行く。日記のような数行のセンテンスに静逸なセンスを感じる
「関西安酒場」
更新が止まっているようで残念。バス路線沿いの酒屋などまで簡潔ながら貴重な情報

<九州>
「黒崎~小倉@北九州の居酒屋&BARを制覇せよ!」
ネット上に情報の少ない北九州の酒場を紹介してくれる有り難いサイト

このブログをリンクに追加する
リンクフリーでございます(^ヮ^)

【広告】Advertisement