博多の名店「寿久」福岡市博多区博多駅中央街

<追記:2020年07月02日>
再々開、「寿久」。

寿久

更新されてた貼り紙のアナウンス通り、2020年07月01日に店が開いた。

寿久寿久

その日に、さっそく飲んだ。

寿久寿久

まずはキリンラガー瓶、しめさばをアテに。

寿久寿久

追加でハムカツ。
カウンター席は大きく間隔をとったディスタンス。

寿久寿久

とじ玉子入りとうふの煮付け、これはポン酒が合う。

寿久

「寿久」が開いてると、嬉しい。

<追記:2020年06月27日>
早期再開(6/24)の可能性に期待しつつ、その日に寄ってみたが営業してなかった。

寿久

じゃあ6/30の再開か、と思ったら貼り紙が更新されてた。

寿久

うむ、7/1ね。
よし、その日に寄ってみる。
「寿久」で飲みたい。

<追記:2020年06月09日>
「寿久」、再びコロナ禍の影響による休業。

寿久

健在を確認して喜んだ1週間後、またもや福岡入りして喜び勇んで店の前へと行ってみたら、やってなかった。
まさか……と最悪の想像までしちゃったんだけど、ちゃんと貼り紙があったので一応は安堵した。

予定として、6月30日までの休業……早期再開の可能性も示唆しつつ。
店として何らかの判断があってのことだろう、ここは見守るしかないよね。

寿久

また、「寿久」で飲みたい。
「寿久」再びの休業を確認したのは20202年06月08日

<追記:2020年06月07日>
「寿久」、健在。
コロナ禍に起因する自粛明けに、店の安否を確認するシリーズ。

寿久

福岡は、およそ3ヶ月ぶりとなった。
大阪に常駐していて、通常なら少なくとも月に1度は福岡に戻るんだけど、自粛のアレで。
ずっと福岡に仕事が発生せず、でも仕事を絡めなくともたまには戻ろうとLCCを予約したが欠航になったりして。
そんなこんなで、ずいぶんと久しぶりの福岡。
自粛の影響で、閉めちゃってる店とかないかなと不安を抱えつつの福岡。

まず、「寿久」やってっかな、と新幹線を降りたその足で店の前に直行。
よかった、やってる。

寿久

客の入りは少なめだったが、営業してて嬉しかった。

寿久

オバチャンに訊くと、休業はしてたとのこと。
それも2月ほど……そりゃダメージ大きいだろうなぁ。
俺が立ち寄った、この日が再開だったとのことで、そういうタイミングに居合すことができて感無量。

寿久寿久

「寿久」の健在を確認したのは2020年06月01日

<追記:2018年07月15日>
過去に撮った写真を整理してたら、2017年の10月28日にもゴマカンパチと豆腐の煮込み(玉子いり)を注文した記録があって笑った。
俺って、いつも同じもの注文してるのか。

寿久寿久


<初回投稿:2018年07月11日>
こと福岡市において、これぞ大衆酒場といえる店は「寿久」。

寿久

これほどまでに、まさに大衆酒場だな、という店を福岡市では他には知らない。
昔から、好きだ。
だけど、そんなに頻繁に通っているわけではない。
というのは、開店間もなくすぐに満席になって入れないことが珍しくないからなんだ。
近隣の勤め人、たぶん合同庁舎とかの職員が、この店の開店17時を少し過ぎたタイミングで押し寄せて席はすぐに埋まってしまうんだろう。
俺は住居も仕事先も博多駅近辺ではないから開店ダッシュで行くことはできなくて、それで満席で利用できないということを何度も経験した。
小上がりの席なら2階と3階にあるから、そちらなら開いてると案内されることもあるが、「寿久」は1階でこそ。
その1階は、いつも客で溢れている光景ばかりを今まで見てきた。

そんな「寿久」の1階が、ガラガラだった様子を、たぶん初めて見た。

寿久寿久

これはちょっと、なかなか見られない光景だ。
全部の席が空いている。

この日は、西日本に甚大な被害を及ぼした大雨の日だった。
俺は大阪出張に前乗りする予定で博多駅に向かったが、山陽新幹線が運転を見合わせて博多から出られない状況で、それはどうしようもないことだから諦めて酒を飲もうと思った。
そこで、こんな日はもしかして「寿久」もガラガラかもしれないなと寄ってみたときのこと。
見事なほどに、思惑通りガラガラだった。

寿久寿久

ゴマカンパチと酒、そして利用できるときはだいたい注文する豆腐の煮込み(玉子いり)。
いつもと違う「寿久」を楽しんでるうちに、徐々に客が入り始めた。
ずっとガラガラじゃなくて良かった。

俺は生活圏も行動権もこの辺りじゃないから、開店ダッシュで飛び込む機会はそうそうなくて、入れないことが多い。
でもそれでもいいや、この近くで働いてる人たちの安息の地であって、近隣の人たちに愛される酒場であればそれで良いと思ってる。
そして、たまに利用できるだけで、福岡で大衆酒場といえば「寿久」だと心の中で讃え続ける。

↓「食べログ」での店舗情報

大衆割烹 寿久居酒屋 / 博多駅祇園駅東比恵駅

関連記事

締めに寿司が食える昼から飲める店「鮨金」福岡市中央区天神

<追記:2020年06月17日>
コロナ禍に起因する自粛明けに、店の安否を確認するシリーズ。

鮨金鮨金

「鮨金」健在。

鮨金鮨金

相変わらず俺は1階には目もくれず、そして相変わらず俺は寿司よりもまずおもむろに飲み始める。
清酒を冷やで、お通しで出てきたのはマダコの真子とのこと……苦手な部類だが意外にアリだった。

鮨金鮨金

それから、いつも1,200円の刺し盛り。
もはやルーティーン。

鮨金IMG_004659_20200617184546d99.jpg

そして、寿司。
日本湯、刺し盛り、寿司。
「鮨金」での黄金の流れ。

この店でまた、飲み食いできて嬉しい。
今も喫煙可なのも、嬉しい。

<初回投稿:2019年01月20日>
けっこう何度も行ってるのに、なぜだか書きそびれていた「鮨金」。

鮨金鮨金

この店、大好き。
どう好きかというと、たぶんこの店は新天町にある回転寿司の店として福岡市民に認識されていると思うんだが、俺にとってはそうではなく昼から飲めて美味しい寿司が食える酒場だ。

鮨金鮨金

店舗は3階まであって1階は回転寿司なんだが、そこには一度も立ち寄ったことはない。
2階で昼から飲めるんだよ、それこそがこの店を好きな点だ。
俺にとって「鮨金」は回転寿司屋じゃなく昼から飲める酒場なんだよね。

鮨金鮨金

アルコールは各種揃う。
キリンラガー瓶があって嬉しいが、季節によって秋味とかになっちゃうのは少し残念。
日本酒は各地の地酒がけっこう揃っていて楽しい。

鮨金

席に通されるとお通しが出るが、それが牡蠣というのが小料理屋っぽくていいかもだが、個人的に牡蠣は苦手だから替えてもらっちゃうのよね。

鮨金鮨金

一品料理、刺身などメニューは豊富。
出汁巻き玉子、ゴマサバ、酢鶏、アナゴ天なんか好きで注文するなぁ。
フロアの主っぽいオバサマが、なかなか押しが強く、いつも1,200円の刺し盛りの注文を促されるので従う。
ま、今では促されるまでもなく注文するようになったし、実際のところお値段に見合う満足感がある。

鮨金鮨金

刺し盛りは一品料理でグイグイと日本酒を飲んだら、当然ながら寿司を食う。
寿司屋だもんね。

鮨金鮨金

というか、寿司を注文しても飲み続けるんだけどね。
握りをお好みで頼むのも酔いが、だいたい細巻きをお願いする。
俺はカッパ巻、鉄火巻をアテにして日本酒をやるのが好きなのだ。

鮨金鮨金

興が乗ると細巻き以外も注文するね、まぁだいたい光りものだけどね。
事前に刺し盛りを味わってると、もう握りはあれこれとは思わない……思わなくて済むという面があるんだ。
特に好きなのだけを、と。

たぶん1階の回転寿司はけっこう忙しいんだろう、知らないが。
2階はまったり、注文が落ち着いた合間にオヤジサンがテーブルで新聞読んでたり、夕方からのスタッフが出勤してきたり、オバサマが我々に話しかけてきたりと、なんというか…ざっくばらん?
このような接客スタイル(?)を嫌う方もいるだろうと想像できるが、俺には逆に“テキトーに飲み食いするんでお構いなく”という感じで、心地よい。
昼間っからダラダラと酒くらう、というのに適した環境だ。
もちろん、オーダー等で声をかけると迅速に対応してくれる、放置ではない。

そんなこんなで、締めに寿司を食える昼から飲める大衆酒場みたいな気分で使わせてもらっている。
それが許される懐の深さも感じて、やっぱり好きだな「鮨金」。

「鮨金」福岡県福岡市中央区天神2-8-222

関連記事

福岡の中心部で昼酒なら言わずと知れた天神「角屋」

<追記:20202年06月14日>
コロナ禍に起因する自粛明けに、店の安否を確認するシリーズ。

角屋

「角屋」、健在。
まぁ、ここはあんまり心配してなかったって部分もあるんだが思い入れも薄いし、とはいえ天神には欠くべからざる存在ではあるので営業してて良かったって気持ちも勿論ある。

角屋

ビール飲んで。
あいかわらず喫煙できるのは、とても良い。

<初回投稿:2015年01月12日>
もはや安全パイであって、失敗しないセレクトである「角屋」だ。
何処のどういう店だかは、福岡市に住んでる酒飲みならば知ってなきゃおかしいくらいなんで、説明は省く。

と思ったが、日本各地の人が福岡で昼から酒が飲める店の情報を探すかもしれないな。
福岡市の中心部、天神というエリアに渡辺通りっていう大きな通りがあって、そこに面して西鉄福岡駅やらバスセンターやら三越とかが固まってるのね。
その辺りの、ちょい裏手にある午前中から開いてる立ち飲み、それが「角屋」。
他県からの酒飲みにもアクセス至便だね。

角屋:外観
角屋:外観

むしろ、福岡市で酒飲みを自認してて「角屋」を知らなきゃ、モグリだ。
ま、それは昼間っから酒を飲むようなアレな人間としてはモグリなだけで、良識ある一般的な市民としては知らなくても全然オーケィだ。

角屋:ラガー瓶
角屋:券売機

とはいえ、良識ある市民にもけっこう浸透してる気もするよ、昔に比べると。
昔、屋号が確か「紅丸」だった頃って、マジで社会的にアレなオッサンしか利用しないような空気だったと記憶している。
が、屋号が「角屋」になって、そのとき経営も変わったのかね?(「牛心」の会社だよね) それからしばらくして近くにVIOROができたあたりから、普通の人も昼メシに利用するようになって、小奇麗な若い客も見かけるようになったと記憶している。
もっとも、長年の習慣的飲酒で脳がアレしている俺の記憶はあてにならない。

角屋:店内
角屋:店内

でまぁ、俺は性格が歪んでるんで、一階を一瞥もせずスルーして地下へ降りていく客を見かけると勝手に失望したりする。
なんだよ、昼酒じゃねぇのかよ、地下で座ってランチかよ、と。
いや、近くで働いてて貴重な昼休みにサッとメシを済ませようって客なんだろうけどね、多くは。

だがもし、酒を求めて来たのなら。
角屋に来たら昼間っから立ち飲みしろ、と。
まぁ夜に立ち飲みしても良い。
だが昼に立ち飲みしてこその、角屋よ。
だって昼から開いてるんだから。

角屋:ショーケース
角屋

つってもまぁ、そんなに殺伐とした店じゃないよ。
のんびりしてるよ。
ベロベロに酔って知らない客にクダを巻くような奴は見かけないよ、少なくとも昼は。
また、立ち飲みなのに椅子を求めるような下衆い客も見かけず、ちゃんと立って飲んでる。
酒飲みの矜持は失われていない(その意味で、地下で座って飲もうとする者は俺は好きじゃない…健康上その他の理由があれば別だが)。

このエントリーの文章がなんだか殺伐としているのは、角屋があるのが羨ましいという気持ちが拗れて顕われちゃってるの。
ああ、なんで俺の住んでる近所に角屋がないんだ、ってね。
角屋はオアシスだよ。

関連記事

最近書いた記事


カテゴリ


プロフィール

どうも、割った鍋です。
食べたり飲んだり、飲んだり。
九州在住、大阪常駐。

大衆酒場、立ち飲み屋、酒屋の角打ちが好きです。

重度の喫煙者であり、昼酒を好むという、社会的にちょっとアレなオッサン。

2014年9月24日開設


割った鍋へのメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索


リンク

各地の飲み屋情報を発信しているサイトをリンクさせてもらってます

<全国>
「立ち呑み@酒店」
全国の酒屋の角打ち、立ち飲み屋についての情報がエリア別に掲載されている
「激渋食堂メモ」
日本あちこちに今も残る、渋くて味わい深い大衆食堂を地域別に紹介しているサイト

<関東>
「居酒屋礼賛」
東京の情報には限らないのだが都内の味のある酒場の情報が豊富で魅惑的かつ地域別インデックス便利
「酔(すい)のどうでしょう?」
東京都内の居酒屋・大衆酒場・古典酒場・立ち飲み・センベロ酒場を飲み巡るブログ

<東海>
立飲み人生劇場
更新が停止していて残念だけど名古屋の魅力的な立ち飲み、角打ちできる酒屋の情報が

<関西>
「日本全国B級グルメぐるぐる紀行」
関西各地の味のある酒場を詳しく紹介してくれる指針になる情報量
「関西女のプチ日記」
他のどこにも載ってないような素敵なディープ飲み屋情報満載の関西酒場ガイダンス
「やまでらのぶらりグルメ&ぶらり日記」
行きたくなる飲み屋がたくさん紹介されてる関西飲み屋巡りの強い味方
「カンクロが行く」
大阪府のローカルなとこまで行く。日記のような数行のセンテンスに静逸なセンスを感じる
「関西安酒場」
更新が止まっているようで残念。バス路線沿いの酒屋などまで簡潔ながら貴重な情報

<九州>
「黒崎~小倉@北九州の居酒屋&BARを制覇せよ!」
ネット上に情報の少ない北九州の酒場を紹介してくれる有り難いサイト

このブログをリンクに追加する
リンクフリーでございます(^ヮ^)

【広告】Advertisement