タベノミー

食べたり飲んだりする日々の、あれこれ。
福岡を中心に、関西や関東の飲食店(主に飲み屋)紹介も。ゆるゆると。

エリア別・記事タイトル一覧

福岡県の店
九州で昼から飲める店
角打ち
関東の店
東海の店
関西の店
福岡以外の九州・沖縄の店

最近書いた記事


カテゴリ

あれやこれや (91)
食べ飲みした店 (934)
東京都千代田区 (19)
東京都中央区 (3)
東京都港区 (7)
東京都新宿区 (30)
東京都台東区 (20)
東京都墨田区 (5)
東京都江東区 (1)
東京都品川区 (1)
東京都大田区 (1)
東京都杉並区 (1)
東京都豊島区 (15)
東京都北区 (10)
東京都荒川区 (1)
東京都足立区 (2)
東京都葛飾区 (3)
東京都江戸川区 (1)
横浜市神奈川区 (2)
横浜市西区 (1)
横浜市中区 (12)
横浜市南区 (6)
神奈川県川崎市 (2)
千葉県船橋市 (3)
栃木県宇都宮市 (2)
名古屋市北区 (3)
名古屋市西区 (1)
名古屋市東区 (1)
名古屋市中村区 (3)
名古屋市中区 (5)
名古屋市熱田区 (1)
大阪市北区 (48)
大阪市都島区 (12)
大阪市福島区 (11)
大阪市此花区 (1)
大阪市中央区 (40)
大阪市西区 (6)
大阪市天王寺区 (7)
大阪市浪速区 (23)
大阪市淀川区 (17)
大阪市東淀川区 (4)
大阪市東成区 (3)
大阪市旭区 (1)
大阪市西成区 (14)
大阪府堺市 (4)
大阪府高槻市 (3)
大阪府東大阪市 (4)
大阪府岸和田市 (3)
大阪府泉佐野市 (2)
京都市中京区 (2)
兵庫県尼崎市 (5)
山口県下関市 (1)
北九州市門司区 (2)
北九州市小倉北区 (18)
北九州市八幡西区 (5)
福岡市東区 (11)
福岡市博多区 (119)
福岡市中央区 (201)
福岡市南区 (7)
福岡市城南区 (4)
福岡市早良区 (21)
福岡市西区 (1)
福岡県糟屋郡 (1)
福岡県春日市 (2)
福岡県大野城市 (1)
福岡県筑紫郡 (1)
福岡県久留米市 (19)
福岡県大牟田市 (20)
福岡県朝倉市 (2)
佐賀県 (1)
大分県別府市 (7)
大分県大分市 (6)
熊本市中央区 (62)
熊本市西区 (9)
熊本市東区 (8)
熊本県八代市 (3)
沖縄県那覇市 (13)
沖縄県浦添市 (1)
各地(チェーンとか多店舗) (16)
買ったり作ったり (71)
見たり読んだり (7)
ヒライ (16)
記事タイトル一覧 (7)
ウイスキー (0)

月別アーカイブ


プロフィール

どうも、割った鍋です。
食べたり飲んだり、飲んだり。
九州在住、大阪常駐。

大衆酒場、立ち飲み屋、酒屋の角打ちが好きです。

重度の喫煙者であり、昼酒を好むという、社会的にちょっとアレなオッサン。

2014年9月24日開設

割った鍋


STATEMENT

当ブログはInternet Explorerでの閲覧には対応しておりませんし、対応するつもりもありません。Internet Explorerをご使用の方は、今すぐ考えを改め、他の優れたブラウザをお使いになることを推奨します。自由なクリエイティビティの発展のために、Internet Explorerを使うことをやめましょう。


KEEP CALM AND DRINK ON

割った鍋へのメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


RSSリンクの表示

食べたり飲んだり、飲んだり。This is タベノミー。

【広告】Advertisement

昔からの憧れ「どん底」東京都新宿区新宿

ついに「どん底」に行った。
この店のことを知ったのは、どのくらい以前のことかもうわからない。

どん底どん底

この新宿3丁目にある「どん底」は……そう新宿3丁目というのが既に憧れの地なのであるが……作家の三島由紀夫や映画監督の黒澤明が通った飲み屋として有名な店だ。
そういう惹句に、俺はすごく惹かれる種類の人間なんです。

どん底どん底

店先にそういうことがアピールされていて、やや“あざとい”と思わなくもない。
だが、そういうことを目当てに俺が引き寄せられたのは間違いない。

いわゆる“文壇バー”的なものに俺は憧れがあって、だから観光地化したゴールデン街にもいまだに憧れを抱いたままだし、また新宿3丁目というのも作家や編集者や、映画に関わるスタッフが通った店があるとかで憧れは拭い去れない。
憧れのひとつの象徴が「どん底」だ。

新宿とかゴールデン街で飲むことは今まで何度もあったが、どうにも「どん底」には行けずにいた。
行ってみたガッカリしたら、という恐れもあって行けないでいたという部分もある。
が、店というのは、いつか無くなっても不思議ではないから、いよいよ行ってみる決心をした。

どん底どん底

週末の夜だから、すっごい客入り。
ドアを開けた瞬間に、とても入れそうにない様相だと判った。
が、入り口そばキャッシャーの人がフロアスタッフに確認して地下に席があると案内してくれた。
狭い暗い階段へ地下へと降りて“どん底”感が増すね。

店内は、いい感じに穴蔵というか倉庫というか、地下だけど屋根裏部屋って雰囲気もあり、良い。
ちなみに画像は客の入れ替わりの狭間の一瞬で撮ったもので、終始満席状態だった。

どん底どん底

ちょっとカウンター席は窮屈だが、座れてよかった。
まずビール、サッポロラガーがあって嬉しい。
スタッフにビールは何があるか訊いての注文だったが、あらためてメニューを見ると生はプレミアムモルツか。
赤星を注文してよかった。

どん底

突き出しが出てきた、いわゆるカナッペって言っていいやつかな。
これが、昭和気分を高めてくれる。
パーティーでカナッペを軽くつまむなんてのが、昭和世代の憧れのひとつだった。

どん底どん底

小腹が空いてたんでチリンコンカンを注文、600円だったかな。
辛さマイルドな、とがってない味。
これをお供にデュワーズをハイボールで。

創業1951年(昭和26年)という大変な老舗だが、若い世代で賑わっていた。
懐古趣味の老人ばかりが、昔を懐かしんで集う店ではない。
そこが良い。
いつの時代も、若者が集まって賑わう熱気が、人を惹きつけるんだと思うなぁ。
文士や映画人も、そういう熱気に魅せられて通ったんだと思う、たぶんね。

今も良い店だね「どん底」。

↓「食べログ」での店舗情報

どん底ダイニングバー / 新宿三丁目駅新宿御苑前駅新宿駅

関連記事
東京【バー】【飲み屋・居酒屋】

テーマ:バー - ジャンル:グルメ

半額を売りにしなくていいんじゃないかな「平八亭 京橋別館店」大阪市都島区東野田町

京橋で安く寿司を食えるのかな、と気になっている店があった。

平八亭 京橋別館店平八亭 京橋別館店

それは「平八亭 京橋別館店」という店なんだけど。そもそも別館とか本館とかの違いさえ認識してなかった。
とりあえず店の前を通りがかって、特定の曜日に寿司が半額なんだ、という情報だけがずっと脳裏にあった。

平八亭 京橋別館店

店先で“半額”がアピールされていて、そこに表記されている価格から半額かとうっかり思っちゃいそうだが既に半額になった金額が記載されている。
まぁ、なにはともかく半額ならばと釣られて店に入ってみた。

平八亭 京橋別館店平八亭 京橋別館店

なかなかゴージャス和風なエントランス、このとき日曜の昼過ぎだったが“只今の時間は2階へ”との案内があったから、夜しかフル稼働にならない店なのかな。

平八亭 京橋別館店平八亭 京橋別館店

上階へ上がってみると、実際のところ空いていた。
席に案内されてメニューを眺め、エビスマイスターなるビールを瓶で。
ちょっと、お高い。

平八亭 京橋別館店平八亭 京橋別館店

寿司のほか、一品もいろいろある。
あまり価格帯は安くなく感じて、必死に安いものを探した。

平八亭 京橋別館店

ひらまさお造り、450円也。
ちょっと、量的に寂しい。

平八亭 京橋別館店平八亭 京橋別館店

刺身には日本酒だなと思うも、どうも酒は高い。
そう思ったが、それは卓上に置かれたメニューでは高めのものが紹介されているだけだった。
安い日本酒もあったし、エビスマイスターのほかにビールもあるのだと判った。
そこで、安い日本酒を注文。

平八亭 京橋別館店

一品料理も同様で、卓上に置かれた品書きの他に安いものがあった。
サーモンのハラス焼きを。
じっくり焼かれていて、とても酒のアテになったから酒をおかわり。

平八亭 京橋別館店

なんというか、単価の高いメニューに誘導しようとするのは、得策ではないかと。
曜日限定の寿司半額で釣るのではなく、安くない品も安い品もありますと、ありていに示せばいいんじゃないかな。
そのほうが客が来るのでは。

平八亭 京橋別館店

カッパ巻きと、ねぎとろを。
寿司半額だからって、注文した寿司はこれだけだ。
支払いは3,800円ほどだったか、まぁそれなりには使った範疇ではないかな。

結局のところ酒飲みは、半額になっているものだけを執拗に注文という使い方はしない、と思う。
だから、半額どうこうでなく普通に営業したらいいんじゃないかな。

↓「食べログ」での店舗情報

平八亭 京橋別館店居酒屋 / 京橋駅大阪ビジネスパーク駅大阪城北詰駅

関連記事
大阪【寿司】【飲み屋・居酒屋】

テーマ:寿司 - ジャンル:グルメ

懐かしい感じがした「立呑み処 くら」東京都江東区亀戸

更新をサボっていた時期の積み残し……この店に行ったのは2019年3月半ばの木曜の夜。

亀戸へ、初めて訪れた。
どこかで飲もうと、店を物色。

立呑み処 くら

なんだか手頃に飲めそうだなと「立呑み処 くら」という店に立ち寄った。
チケット制とのことで、とりあえず1,000円分を購入。

立呑み処 くら

ビールは缶ビール。
一番搾りなのはちょっと残念だが、缶ってのは気安くて嫌いじゃない。

立呑み処 くら

けっこう店舗は広く、立ち飲みテーブルの配置もゆったりとしたレイアウトで、他者に干渉されず黙々と飲める感じ。
テレビがあるので、特に関心もない番組を眺めながらぼんやり飲める。

立呑み処 くら立呑み処 くら

チケットを消費するため、アテを2品。
品物の提供は、ちょっと待ったかな。
席数に対してスタッフは、やや足りてないかも。

立呑み処 くら

プレーンのチューハイを1杯。
チケットが1枚残ってしまった。

チケット制の立ち飲みというのが、懐かしいなと感じた。
一時期、そのシステムが流行った気がするが、今はあんまりそういう店に遭遇しない気がする。
改めてチケット制というのは、あんまり金を使いすぎなくていいかもしれないと思った。

↓「食べログ」での店舗情報

立呑み処 くら 亀戸店立ち飲み居酒屋・バー / 亀戸駅亀戸水神駅

東京【立ち飲み】【飲み屋・居酒屋】

テーマ:立ち飲み - ジャンル:グルメ

前の記事«  | ホーム |  »次の記事

食べ飲みした店の分類

ブログ内検索


リンク

各地の飲み屋情報を発信しているサイトをリンクさせてもらってます

<全国>
「立ち呑み@酒店」
全国の酒屋の角打ち、立ち飲み屋についての情報がエリア別に掲載されている
「激渋食堂メモ」
日本あちこちに今も残る、渋くて味わい深い大衆食堂を地域別に紹介しているサイト

<関東>
「居酒屋礼賛」
東京の情報には限らないのだが都内の味のある酒場の情報が豊富で魅惑的かつ地域別インデックス便利
「酔(すい)のどうでしょう?」
東京都内の居酒屋・大衆酒場・古典酒場・立ち飲み・センベロ酒場を飲み巡るブログ

<東海>
立飲み人生劇場
更新が停止していて残念だけど名古屋の魅力的な立ち飲み、角打ちできる酒屋の情報が

<関西>
「日本全国B級グルメぐるぐる紀行」
関西各地の味のある酒場を詳しく紹介してくれる指針になる情報量
「関西女のプチ日記」
他のどこにも載ってないような素敵なディープ飲み屋情報満載の関西酒場ガイダンス
「やまでらのぶらりグルメ&ぶらり日記」
行きたくなる飲み屋がたくさん紹介されてる関西飲み屋巡りの強い味方
「カンクロが行く」
大阪府のローカルなとこまで行く。日記のような数行のセンテンスに静逸なセンスを感じる
「関西安酒場」
更新が止まっているようで残念。バス路線沿いの酒屋などまで簡潔ながら貴重な情報

<九州>
「黒崎~小倉@北九州の居酒屋&BARを制覇せよ!」
ネット上に情報の少ない北九州の酒場を紹介してくれる有り難いサイト

このブログをリンクに追加する
リンクフリーでございます(^ヮ^)

【広告】Advertisement