とってもカレー推し「力餅食堂 中崎店」大阪市北区中崎

どうなんだろう、他の店舗ではそうではないという気がする。
たぶん「力餅食堂 中崎店」だけが、特にカレーを推してる気がする。

力餅食堂 中崎店

大阪府下そこそこあちこちにある「力餅食堂」、天五中崎通り商店街の「力餅食堂 中崎店」で昼メシ。
すっごく“昔ながらの食堂”って風情の外観が素敵……でありつつ、やけに目を引く“カレー麺”のノボリ。

力餅食堂 中崎店力餅食堂 中崎店

ノボリだけじゃない、店先には“大阪発 自家特製 元祖 カレー麺”とか“カレー麺ざる”とか“カレー皿うどん”など、とにかくアピールされまくっている。
麺にカレーが練りこまれている、それがカレー麺のようである。
今までに「力餅食堂」は福島区吉野の店舗、難波中の店舗(あ、こっちはまだ書いてないな……)を利用したことがあるが、カレー麺というものがプッシュされていた印象はないんだよなぁ。
うどん、丼もの、おはぎ……そういう印象なんだよね「力餅食堂」って。
だから、この中崎店だけなのかも、カレー麺を出してるのって。

力餅食堂 中崎店力餅食堂 中崎店

それにしても、外観だけじゃなく店の中も、正しく“昔ながらの食堂”って佇まいで素敵。
ご夫婦で店を切り盛りしてらっしゃるのであろう、厨房のオッチャンとフロアのオバチャンのやりとりも、悪い意味でなく飲食業じゃなく家庭の延長のようで、ほっこりする。

力餅食堂 中崎店力餅食堂 中崎店

カレー皿うどん500円也を注文。
皿うどん、っていうと肉や野菜と麺が炒めてあるものを想像するが、茹でたカレー麺にカレーがたっぷりというもの。
とっぷりとしたカレーは、思いのほかスパイシーさもあり、麺を食べ終えてからライスを追加注文したくなった。
あ、カレー麺そのもののカレー風味は、よく判らなかったな、まず麺のみを食ってみるべきだった。

力餅食堂 中崎店

しかし、麺よりライスと合わせたいなぁと思ったな、カレー。
次の機会があればカレーライスを食おうかな、なんて思った。

力餅食堂 中崎店

割とすぐに、再訪。
この店がある商店街は他にも利用したい飲食店は多いが、またここを訪れたい吸引力があった。

力餅食堂 中崎店力餅食堂 中崎店

今度は、カツカレー600円也。
なんかこう、楕円形の皿とかペーパーナプキンが巻かれたスプーンとか見た目が懐かしい感じがして、愛おしい。

しかしなんだろう、カレー皿うどんの時より、カレーは薄まってるように感じた。
麺ではなくゴハンに合わせるなら薄めのほうが、カツものってるし、といったバランスを考慮してのことかな。
たまたま、かな。
いやまぁ、美味しくいただいたんだけどね。

次の機会には、親子丼とか食いたいかも。

この店に最初に行ったのは2020年11月20日
↓「食べログ」での店舗情報

力餅食堂 中崎店そば・うどん・麺類(その他) / 中崎町駅天神橋筋六丁目駅天満駅

関連記事

食堂飲みのポテンシャルにときめく「二葉食堂」福岡市博多区祇園町

いつか行きたいとGoogleMapsに場所をマークしていた「二葉食堂」に、ようやく行けた。
福岡市ではめっきり少なくなってる、昔ながらの食堂って外観が、まず魅力的。

二葉食堂二葉食堂

看板には“そば・うどん・丼物”の文字、のぼりにはラーメン、提灯には定食と、なんでもある食堂といった様子。
それだけでなく、看板には“呑み処”とも書き添えてあるから、これは“飲める食堂”だなと期待が高まる。

もっとも、この日は午後に仕事を控えての早めの昼メシをという利用なので、酒は飲めないのだが。

二葉食堂二葉食堂

店頭で日替定食なるものが案内されているが、これが情報不足でね。
文字情報によってミニソースカツ丼と麺類の組み合わせだということは判るが、展示されてる食品サンプルがラーメンとうどんだから麺と麺のコンボかと誤解しなくもないし、ミニソースカツ丼がどういうものか視覚的に伝わらない(まぁ想像できるんだけどさ)。
また“めん全てOK”とあるが、全てって何だろうって思う……まぁ食品サンプルからして豚骨ラーメンとうどんは選択肢にあるようだが……他は何があるのか不明。
そして、値段の記載がない。

店内はテーブル席もいくつかあって外観からの印象より広いが、俺は独りなのでカウンターへ。
席につくと店のオバチャンが、日替わりの説明をしてくれた。
麺は、うどん、そば、豚骨ラーメン、和風ラーメンから選べるとのこと。
そして日替わりの値段を740円なのだと卓上のメニューで確認できた。

二葉食堂二葉食堂

和風ラーメンで日替わりをお願いした。
ミニ丼は特筆すべきところはないが、和風ラーメンは期待値を上回って美味しかった。
西日本のうどん、といった透明でダシの効いたスープが旨味たっぷり。
これは難波の立ち食いうどん店、たとえば「なんばうどん」の和風ラーメンを思い出したが、それより味は濃いめ。

二葉食堂

ところで、ここは嬉しい喫煙可能店だった。
昼メシを食うぐらいの短い滞在時間だとタバコは喫わなくて平気だが、腰を落ち着けて飲むとなると喫えると嬉しい。
つまり、ここは飲むのに良い環境ということだ。

二葉食堂二葉食堂

酒のアテになる一品メニューも豊富にあるんだよなぁ。
しかも、お得な晩酌セットというのも設定されてる。
アルコールと日替わりおつまみ、小鉢、枝豆で740円って安いね(ちなみに日替り定食と同じ価格設定だな)。
これは、飲めるなぁ。
この日は実際には飲んでないので、そのポテンシャルだけを感じた。

この店に行ったのは2020年11月10日
↓「食べログ」での店舗情報

二葉食堂定食・食堂 / 祇園駅呉服町駅博多駅

関連記事

半チャンラーメン400円という歓び「中華食堂 十八番」大阪市北区天神橋

最近ようやく念願かなって「天六うどん」に行けたわけだが、実際に行けるまではGoogleMapsで看板やメニューの画像を眺めてニマニマしていた。
地図を眺めているわけだから、おのずと「天六うどん」の隣に「中華食堂 十八番」という店があるんだと気づく。
そうなると当然のように同店の画像も見ちゃうわけなんだけど、見たらもう凄いのよ、メニューの豊富さと驚くほどの激安っぷりが。

中華食堂 十八番中華食堂 十八番

現地に行くと判るが、隣というか、もう一緒だよね。
たぶんこれ、経営も一緒なんだよね。

ちなみに、この画像は店の利用客や行き交う人々が切れるタイミングを辛抱強く待って撮ったもので、実際は盛況だし周囲も賑やかだよ。

中華食堂 十八番中華食堂 十八番

店に入るなり、半チャンラーメンを注文。
これが、“必ず、かの激安驚愕のメニューを食わなければならぬ”と決意したメニューだ。
半チャンラーメン、400円。
半炒飯とラーメンが、400円で食えるんだよ。
しかも、400円+消費税じゃないぞ、正しく400円ポッキリ。

中華食堂 十八番中華食堂 十八番

半炒飯とラーメンが400円で食えるなんてスゲぇよなぁ、という歓喜。
ラーメンは、こういうので充分じゃん、というラーメン。
炒飯は、いやいやこれ400円のセットの炒飯って代物じゃねぇだろ、ってほどうまい。
また半チャンって量じゃねぇだろ、ってほど量がある。
調理したてで熱々。

激しく満足した。
もう、天六に住みたい。
天六に住んで食生活は「天六うどん」「十八番」延々とローテーション組みたい。

この店に行ったのは2020年10月30日
↓「食べログ」での店舗情報

十八番 本店中華料理 / 天神橋筋六丁目駅天満駅中崎町駅

関連記事

最近書いた記事


カテゴリ


プロフィール

どうも、割った鍋です。
食べたり飲んだり、飲んだり。
九州在住、大阪常駐。

大衆酒場、立ち飲み屋、酒屋の角打ちが好きです。

重度の喫煙者であり、昼酒を好むという、社会的にちょっとアレなオッサン。

2014年9月24日開設


割った鍋へのメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索


リンク

各地の飲み屋情報を発信しているサイトをリンクさせてもらってます

<全国>
「立ち呑み@酒店」
全国の酒屋の角打ち、立ち飲み屋についての情報がエリア別に掲載されている
「激渋食堂メモ」
日本あちこちに今も残る、渋くて味わい深い大衆食堂を地域別に紹介しているサイト

<関東>
「居酒屋礼賛」
東京の情報には限らないのだが都内の味のある酒場の情報が豊富で魅惑的かつ地域別インデックス便利
「酔(すい)のどうでしょう?」
東京都内の居酒屋・大衆酒場・古典酒場・立ち飲み・センベロ酒場を飲み巡るブログ

<東海>
立飲み人生劇場
更新が停止していて残念だけど名古屋の魅力的な立ち飲み、角打ちできる酒屋の情報が

<関西>
「日本全国B級グルメぐるぐる紀行」
関西各地の味のある酒場を詳しく紹介してくれる指針になる情報量
「関西女のプチ日記」
他のどこにも載ってないような素敵なディープ飲み屋情報満載の関西酒場ガイダンス
「やまでらのぶらりグルメ&ぶらり日記」
行きたくなる飲み屋がたくさん紹介されてる関西飲み屋巡りの強い味方
「カンクロが行く」
大阪府のローカルなとこまで行く。日記のような数行のセンテンスに静逸なセンスを感じる
「関西安酒場」
更新が止まっているようで残念。バス路線沿いの酒屋などまで簡潔ながら貴重な情報

<九州>
「黒崎~小倉@北九州の居酒屋&BARを制覇せよ!」
ネット上に情報の少ない北九州の酒場を紹介してくれる有り難いサイト

このブログをリンクに追加する
リンクフリーでございます(^ヮ^)

【広告】Advertisement