商店街の賑わい立ち飲み「小西酒店」大阪府東大阪市長堂

惜しまれつつ2020年2月29日に閉館した布施ラインシネマで映画を観たあとブランドーリ布施って商店街をぶらんぶらんしてたら、飲めそうな酒屋があった。

小西酒店小西酒店

角打ちできる酒屋の予感、「小西酒店」。
こういうの、立ち寄ってみらずにおれない。

小西酒店小西酒店

実際、飲めたね。
長いカウンターがあって、お客さんいっぱい。
月曜の14時台だったんだけど、おっちゃん客で盛況。
キリンラガー瓶と、アテにレーズンバター。

酒を小売りする店舗って部分は垣間見えなかったので、角打ちできる酒屋ってより、立ち飲み屋だなって感じ。
また、価格面でも、あまり角打ちって感じではなかったな。
でもまぁ、気軽に寄って気楽に飲める店。
女性スタッフが切り盛りする、穏やかに賑わう店だった。

この店に行ったのは2019年02月17日
↓「食べログ」での店舗情報

小西酒店立ち飲み居酒屋・バー / 布施駅小路駅(大阪メトロ)新深江駅

関連記事

熊本にも正しい角打ちが現存してたんだなって嬉しい「古賀酒店」

<追記:2020年02月10日>
年明け4日に立ち寄った。

古賀酒店古賀酒店

この店は2020年も健在だ。
店のオバチャンは、相変わらず朗らかで元気そうで良かった。

古賀酒店

三が日は過ぎたが、まぁ正月気分って感じで、ちょっと良い日本酒を飲んだ。
この店が在ってくれていて、嬉しい。

<追記:2019年01月10日>
2019年も「古賀酒店」は健在。

古賀酒店古賀酒店

嬉しい。

<追記:2017年02月07日>
2016年の年末と2017年が明けてから、立ち寄った。

古賀酒店

熊本では貴重な正しい角打ちできる酒屋、ここが健在だと嬉しい。
店内に変化があった。
業務用の冷蔵ショーケースが経年により退役し、代わりに家庭用冷蔵庫が投入されていた。

古賀酒店

これはこれで、なかなか趣があるな。
棚も変わってたな。

古賀酒店

古賀酒店古賀酒店

量り売りの酒は通常は「香露」だが、こちらも変化があった。
いつもと違うのが飲めるのも、嬉しいね。

この店に立ち寄ると、熊本まで来て良かったと思える。
まだまだ元気で営業を続けて欲しいなぁ。

<追記:2016年05月05日>
地震後の健在を確認。

店舗は古いんで、心配していた。
まぁ熊本市中央区は大きな被害があったという報道は見聞きしなかったし、そこまで深刻に心配はしてなかったが。
しかし以前に台風で看板が吹っ飛んだと聞いてたんで、また酷い目にあってはいないかと気を揉んだ。

古賀酒店

世間ではGWという連休中だったが、普通に営業していた。
店内は、棚の上の古いボトル、杯、樽などが被害を受けていて、お気の毒に思うと同時に歴史が失われて残念。
あ、テレビもなくなってる。

報道される規模ではなくとも、多くの人たちが被害にあったんだなぁ。

それでも営業していてくれて嬉しい。
特にここは、熊本でおそらく唯一の正しく角打ちできる酒屋だから思い入れが深い。
健在で良かった。

<追記:2015年09月21日>
はじめて立ち寄ったのち、ちょこちょこ寄ってる「古賀酒店」。
熊本で俺が確認している唯一の、昔ながらの正調角打ちできる酒屋。

古賀酒店:外観

初めては夕方に立ち寄ったので常連客が何人もあったが、以降は昼下がりの妙な時間帯に寄るので先客のないことも。
俺は気まぐれに行ってるが、そもそも店的には何時から角打ちOKなのか気になって訊いてみた。
オバチャンとしては昼過ぎからかなと想定していたそうだが、9時過ぎから角打ちをしに来る客があるそうだ。
ふむ、ならば昼下がりとかでも遠慮なく立ち寄れるってわけだ。

古賀酒店:酒

この日は缶ビールと缶チューハイとチーズ1個。
俺の好きな銘柄のビールは500mlの缶しかなく350mlでは置いてない。
これからは500mlを飲むことにしよう。
あと生ビールがあることにも気づいたが、俺の好きな銘柄じゃないし角打ちでは缶とか瓶のほうが俺には気分だな。

古賀酒店:店内

ところで、この店にはタバコも売っている。
残念ながら俺が喫ってる銘柄は置いてないようだが、もうちょい常連度が増したら置いてもらおうかしらん。

古賀酒店:外観

外の看板にはタバコの注文承るって書いてあるしね。

あ……何時頃から角打ちできるかは訊いたが、何時までかは確認してないな。
次回、訊いてみよう。

<初回投稿:2015年04月24日>
角打ちが現存していたよ。
酒屋がやっている、本物の角打ち「古賀酒店」。

古賀酒店:外観

この、昔っから町角にありますよっていう古びた風情がたまんないね。
場所的にはJR新水前寺駅から遠くない。
駅から白山通りへ向かい、左折して白山通りに入ってしばらくすると左手にカギ屋さんがあり、その手前の角を左折すると見える。

角打ちは、熊本市内にはもう存在しないのかと思ってたよ。
繁華街にある「南酒店」や「堤酒店」は、ちょっと角打ちと呼ぶのは抵抗がある。
酒を売ってる店頭で、ついでのように飲めるのが角打ちだという認識だ。

古賀酒店:店内

店内は狭くて雑然としている。
ところどころに昭和の残像が見てとれる……ざっくりした表現でいうと古色蒼然で、それが懐かしさと居心地の良さを醸す。
オバチャンが一人でやっていて、店内には常連さんが3人、その人数で結構な人口密度。

冷蔵ショーケースから飲みたいものを取って、現金払いで飲むスタイル。
キリンラガー缶をいただく。

価格は店で売ってるそのままだ、うん正しく角打ちだ。
常連さんの会話にちょこっと混ぜてもらいつつ、グビグビとビールを飲む。
なんか、アウェイ感というものがないね、この角打ち。

店内のテレビではローカルニュース番組が流れていて、のんきな雰囲気。
この店はタバコも売ってるが、喫煙は店の外で。
店の外といっても、2歩も歩けばすぐ外だ。

ポン酒もあるとのことで、冷やでいただく。
香露280円也。

古賀酒店:ポン酒

コップにたっぷりで嬉しいねぇ。

駄菓子も売っていて、酒のアテにすることができる。
純粋に菓子を買いに来る子供も少なくないそうだ。
昼下がりに酔っぱらいと子供が錯綜する店なんだなぁ、社会ってそういうものだよなぁ。

なんかカワイイ魚の干物があったので、それをアテに。

古賀酒店:さかな

パッケージには「焼あじ」と表記してあるんだが、オバチャン手書きのPOPには「さかな」と書いてあって、それが可笑しいね。
オバチャン自身も、溌剌としてチャーミングである。

とても気に入った、嬉しくなった。
この店が良いなというのに加えて、熊本にも素敵な角打ちがあったんだということも嬉しいよ。
また、ちょっとした時間を見つけては立ち寄りたいと思った。

「古賀酒店」熊本市中央区白山

関連記事

朗らか角打ち「明昭屋」大阪府大阪市北区天神

南森町駅の近くで用事を済ませ、天満の商店街で酒屋の角打ち。
下調べをしていて行ってみたいなと思ってた「明昭屋」という店。

明昭屋

屋号は、明治も昭和もやってます、みたいな由来なのだろうか、いや違うかな。
間口が広く開放的ではあるが、ちょっとここで角打ちできるとは想像しにくい感じ。

明昭屋IMG_002324.jpg

ただ、店先を注意深く観察すると、奥で飲めますよと案内する看板がある。
ただ、それさえも普通に商店街を歩いてると見落とすかもねってくらいの存在感だから、そこに気づいた人たちが集う店なのかもしれない。
角打ちできるスペースは、独自に「SAKA BAR」と呼び名もあるようだ。
店内から外に向けて撮った画像で、だいぶ奥まってるんだな飲むところは……と、お判りいただけるだろうか。

明昭屋

まずはビール、残念ながら好きじゃない銘柄のものだったが、生ビールもあるんだな。
酒屋なんだからキリンやサッポロも、もしかしたら出してくれたかもしれないがメニューにはアサヒのみ。

明昭屋明昭屋

なるほど、メニューをよく見ると“缶ビール(中略)などはプラス30円〜100円程度”で店内のものを飲めるとのことだから、キリンやサッポロの缶ビールを飲むことも可能だったわけだな。

明昭屋明昭屋

生ビールを注文した流れで、アテにフライドポテト150円也をお願いした。
冷凍食品だが、注文後にわざわざ揚げてくれるのが嬉しい。
けっこうアテは豊富で、日本酒やワインに合わせられるものもあり、そしてどれも安い。

IMG_002323.jpg

エンシェント・クラン、酒販店で1,000円前後の安いブレンデッド・スコッチ(たまに家飲みに買う)のハイボール、ジョッキで量たっぷり350円。
酒の小売りスペースと角打ちエリアが同じ空間にあるタイプの店では禁煙なのが珍しくないが、ここは珍しくタバコが喫えて有り難い。
それと、角打ちエリアを切り盛りする大将なのか店主なのか、オッチャンが常に笑顔で接してくれて、なんだか店内が朗らかな空気で良いね。
角打ちビギナーにも、きっと楽しいと思う。

この店に行ったのは2019年11月27日
↓「食べログ」での店舗情報

明昭屋立ち飲み居酒屋・バー / 南森町駅大阪天満宮駅扇町駅

関連記事

最近書いた記事


カテゴリ


プロフィール

どうも、割った鍋です。
食べたり飲んだり、飲んだり。
九州在住、大阪常駐。

大衆酒場、立ち飲み屋、酒屋の角打ちが好きです。

重度の喫煙者であり、昼酒を好むという、社会的にちょっとアレなオッサン。

2014年9月24日開設


割った鍋へのメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索


リンク

各地の飲み屋情報を発信しているサイトをリンクさせてもらってます

<全国>
「立ち呑み@酒店」
全国の酒屋の角打ち、立ち飲み屋についての情報がエリア別に掲載されている
「激渋食堂メモ」
日本あちこちに今も残る、渋くて味わい深い大衆食堂を地域別に紹介しているサイト

<関東>
「居酒屋礼賛」
東京の情報には限らないのだが都内の味のある酒場の情報が豊富で魅惑的かつ地域別インデックス便利
「酔(すい)のどうでしょう?」
東京都内の居酒屋・大衆酒場・古典酒場・立ち飲み・センベロ酒場を飲み巡るブログ

<東海>
立飲み人生劇場
更新が停止していて残念だけど名古屋の魅力的な立ち飲み、角打ちできる酒屋の情報が

<関西>
「日本全国B級グルメぐるぐる紀行」
関西各地の味のある酒場を詳しく紹介してくれる指針になる情報量
「関西女のプチ日記」
他のどこにも載ってないような素敵なディープ飲み屋情報満載の関西酒場ガイダンス
「やまでらのぶらりグルメ&ぶらり日記」
行きたくなる飲み屋がたくさん紹介されてる関西飲み屋巡りの強い味方
「カンクロが行く」
大阪府のローカルなとこまで行く。日記のような数行のセンテンスに静逸なセンスを感じる
「関西安酒場」
更新が止まっているようで残念。バス路線沿いの酒屋などまで簡潔ながら貴重な情報

<九州>
「黒崎~小倉@北九州の居酒屋&BARを制覇せよ!」
ネット上に情報の少ない北九州の酒場を紹介してくれる有り難いサイト

このブログをリンクに追加する
リンクフリーでございます(^ヮ^)

【広告】Advertisement