タベノミー

食べたり飲んだりする日々の、あれこれ。
福岡を中心に、関西や関東の飲食店(主に飲み屋)紹介も。ゆるゆると。

エリア別・記事タイトル一覧

福岡県の店
九州で昼から飲める店
角打ち
関東の店
東海の店
関西の店
福岡以外の九州・沖縄の店

最近書いた記事


カテゴリ

あれやこれや (91)
食べ飲みした店 (919)
東京都千代田区 (19)
東京都中央区 (3)
東京都港区 (7)
東京都新宿区 (25)
東京都台東区 (20)
東京都墨田区 (5)
東京都品川区 (1)
東京都大田区 (1)
東京都杉並区 (1)
東京都豊島区 (10)
東京都北区 (10)
東京都荒川区 (1)
東京都足立区 (2)
東京都葛飾区 (3)
東京都江戸川区 (1)
横浜市神奈川区 (2)
横浜市西区 (1)
横浜市中区 (12)
横浜市南区 (6)
神奈川県川崎市 (2)
千葉県船橋市 (3)
栃木県宇都宮市 (2)
名古屋市北区 (3)
名古屋市西区 (1)
名古屋市東区 (1)
名古屋市中村区 (3)
名古屋市中区 (5)
名古屋市熱田区 (1)
大阪市北区 (48)
大阪市都島区 (11)
大阪市福島区 (11)
大阪市此花区 (1)
大阪市中央区 (38)
大阪市西区 (6)
大阪市天王寺区 (7)
大阪市浪速区 (22)
大阪市淀川区 (17)
大阪市東淀川区 (4)
大阪市東成区 (3)
大阪市旭区 (1)
大阪市西成区 (14)
大阪府堺市 (4)
大阪府高槻市 (3)
大阪府東大阪市 (4)
大阪府岸和田市 (3)
大阪府泉佐野市 (2)
京都市中京区 (2)
兵庫県尼崎市 (5)
山口県下関市 (1)
北九州市門司区 (2)
北九州市小倉北区 (18)
北九州市八幡西区 (5)
福岡市東区 (11)
福岡市博多区 (119)
福岡市中央区 (201)
福岡市南区 (7)
福岡市城南区 (4)
福岡市早良区 (21)
福岡市西区 (1)
福岡県糟屋郡 (1)
福岡県春日市 (2)
福岡県大野城市 (1)
福岡県筑紫郡 (1)
福岡県久留米市 (19)
福岡県大牟田市 (20)
福岡県朝倉市 (2)
佐賀県 (1)
大分県別府市 (7)
大分県大分市 (6)
熊本市中央区 (62)
熊本市西区 (9)
熊本市東区 (8)
熊本県八代市 (3)
沖縄県那覇市 (13)
沖縄県浦添市 (1)
各地(チェーンとか多店舗) (16)
買ったり作ったり (71)
見たり読んだり (7)
ヒライ (16)
記事タイトル一覧 (7)
ウイスキー (0)

月別アーカイブ


プロフィール

どうも、割った鍋です。
食べたり飲んだり、飲んだり。
九州在住、大阪常駐。

大衆酒場、立ち飲み屋、酒屋の角打ちが好きです。

重度の喫煙者であり、昼酒を好むという、社会的にちょっとアレなオッサン。

2014年9月24日開設

割った鍋


STATEMENT

当ブログはInternet Explorerでの閲覧には対応しておりませんし、対応するつもりもありません。Internet Explorerをご使用の方は、今すぐ考えを改め、他の優れたブラウザをお使いになることを推奨します。自由なクリエイティビティの発展のために、Internet Explorerを使うことをやめましょう。


KEEP CALM AND DRINK ON

割った鍋へのメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


RSSリンクの表示

食べたり飲んだり、飲んだり。This is タベノミー。

【広告】Advertisement

かなり玄人好みな感じの立ち飲み「ウエダ商店」大阪市北区梅田

大阪駅前第1ビルに、飲める酒屋があることは知っていたが、なかなか立ち寄る機会を得られずにいた。
土日祝が休みだから、在住地の福岡から大阪を訪ねる際には利用しにくかった。
だが、大阪に常駐してる今なら行ける。

ウエダ商店

こちらが目的の「ウエダ商店」入り口。
大阪駅前第1〜4ビルは地下にたくさんの飲食店があるが、こちらは地上1階。
この入り口はビルの外、ビルの中にも入り口がある。

ウエダ商店ウエダ商店

ビルの中の入り口は雑然として、たぶん酒屋なんだけど店内での小売りより、発注を受けての飲食店への配達が主な業務なのかなと思わせる様子。
札が下がってて、立ち飲みできるのは15時半からだと判った。
よし、もう飲める時間だ。

ウエダ商店ウエダ商店

店内は酒屋という様子はなく、年季のはいった立ち飲み屋という風情。
ごちゃごちゃしていて、それが良い。
奥には広めのフロアもあるが、そちらは退勤後の勤め人グループが大挙して押し寄せるスペースだろうから、独りの俺はカウンターへ。
年季のはいった女性スタッフ数名で切り盛りされていて、そのうちの一人が“社長”と呼ばれてたんだけど実際に社長なのかしら。

ウエダ商店

こちらは日本酒がいろいろ飲めるようだった。
まず「櫻正宗 純米 焼稀」ってのをいただいた。
飾り気のないコップで、表面張力いっぱいに、330円。

ウエダ商店

調理されたアテも豊富に揃う。
あなきゅう280円也、これはだいぶ砂糖甘いね。

月曜の16時台、まだ客はまばらで静かな時間が流れる。
ここはロケーション的にキタの一等地なんだろうが、ぜんぜんそんな気がしないのが面白い。
どこかの下町のようだ。
また夜になれば満員盛況で、違う空気になるんだろう。

もう一杯、「魚沼」の純米300円をいただいて、満足して撤収。
立ち飲み、角打ちっていうのもだいぶ若い世代にも浸透してきたと思うが、ここはちょっと敷居が高く感じるかもね、若い人には。
ずっとそういう空気であって欲しいと、わがままにも思った。

↓「食べログ」での店舗情報

ウエダ商店立ち飲み居酒屋・バー / 西梅田駅北新地駅梅田駅(阪神)

関連記事
大阪【立ち飲み】【角打ち】

テーマ:立ち飲み - ジャンル:グルメ

電気街にある正しい角打ち「井上竹商店」大阪市浪速区日本橋

新世界で映画を観てから餃子をアテに一杯やって、もう一杯と日本橋へ流れた。
堺筋、アーケードのある電器街は、その名の通りの店かアニメショップかエロ映像ソフト屋ばかりのように見えて、実は角打ちできる酒屋があるのよね。

井上竹商店

恵美須町駅から近い「井上竹商店」。
こちらの店、何度か近くまで来たが休業日だったり角打ちできる時間帯じゃなかったり、あるいは盛況過ぎたりで立ち寄るタイミングを逸していた。
ようやく立ち寄れて嬉しかった。

井上竹商店

店先の暖簾に萌えキャラ……日本橋ならではだな。
あとで店の人に訊いたら、これは既存のアニメとかマンガとかゲームのキャラではなく、日本橋のキャラだそうな。

井上竹商店

けっこう雑然とした店内。
先客として、おそらく大陸から観光の女性二人組が酒を購入していた。
ふむ、酒を小売りしてるんだ。
あとで店の人に訊いたら、「山崎」などジャパニーズウイスキーを買い求める観光客が少なくないそうな。
で、それはそうと、酒を小売りしてる店で酒を飲めるのだから、これは正しく“角打ち”だな。

で、さっきから“店の人”と書いてたのは、そこまで愛想の良いわけでもないが一見の変なオッサンである俺にもフランクに接してくれる女性の人だ。
この店の主人の娘さん、といった感じか。

井上竹商店

とにかく酒を一杯。
冷蔵庫からビールとか缶チューハイということもできたが、カウンター上にあった封の開いてそうな酒を。
なんていうことのない、日本盛。
そういうのを飲むのが、角打ちの流儀なんだ、俺にとって。

井上竹商店井上竹商店

アテは乾き物以外は冷蔵庫からと案内されて、6Pチーズを。

うん、しみじみ、正しく角打ちだ。

灰皿がカウンター上にあったのでタバコが喫えるのかと訊くと、それを外に持って出て喫ってもらうためのものだと。
なるほど、酒屋の角打ちでは店内は禁煙なことは珍しくないので、納得。
商品を陳列してて、不特定多数の客が訪れる小売り店の中でタバコってのは……と重度の喫煙者である俺でさえ思う。

いろいろと、正しい。
なんでヲタクタウンに、こんなに正しい角打ちできる酒屋が、と思うほど正しい。
いや、この店が先にあって、いつのまにか周囲がヲタクタウンになったんだろうけどね。

↓「食べログ」での店舗情報

井上竹商店立ち飲み居酒屋・バー / 恵美須町駅今宮戎駅大国町駅

関連記事
大阪【角打ち】

テーマ:角打ち - ジャンル:グルメ

酒屋併設の賑やかな立ち飲み「鈴傳」東京都新宿区四谷

更新をサボっていた時期の積み残し……この店に行ったのは2019年1月中旬。

四谷の「鈴傳」という店は、まずその外観が良かった。
古めかしくも品のある、酒造メーカーの重厚な看板が居並ぶ様子が壮観だった。

鈴傳鈴傳

照明に照らされた金文字が、威厳さえ漂わせていた。

IMG_008884.jpg

看板は、翌日の昼間に改めて眺めにいった。
それくらい惹かれた。

こちらは酒屋に併設された立ち飲み屋さん。
酒を小売するスペースの片隅で飲むのではないから角打ちとは言えないが、まぁそれはいい。
そんなことより、賑やかでいて風情のある立ち飲みだった。

鈴傳鈴傳

厨房を囲むカウンターが立ち飲みのメインで、そこの人口密度は高い。
立ち飲みテーブルもあり、その空間は空いているが俺は独り客なので利用するのは気が引けた。
そんなわけでカウンター周りの空間に潜り込んだ。

鈴傳

日本酒を一杯、自分メモによると「〆張鶴」だったな、420円。
味気ないコップで酒を出されるのが、逆に風情があるって気持ちは共感いただけるだろうか。
なんつーか、飾り気のなさが心地よいって気持ち。

鈴傳鈴傳

酒のアテはいろいろある。
角打ちだと乾き物だけというのが多いが、こちらは煮物や揚げ物など豊富。
刺身の三点盛り450円ってのが今日のオススメみただったので、それを。
立ち飲みに適した、多すぎない量なのがいいね。

酒をもう一杯、自分メモによると富山の「満寿泉」400円、水みたいにスルっと飲めるが美味しかった。

賑やかに混んでるから、ゆったりパーソナルスペースを確保できなかったが、こちらの客は立ち飲み慣れしているようで互いに狭い空間を譲り合って、意外に快適だった。
ただ、喫煙可の店なのだが隣との距離がすごく近いから遠慮しちゃうね。

風情があって日本酒の品揃えが良くて、素敵な立ち飲みだった。

↓「食べログ」での店舗情報

鈴傳 四ツ谷日本酒バー / 四ツ谷駅四谷三丁目駅麹町駅

関連記事
東京【角打ち】【立ち飲み】

テーマ:角打ち - ジャンル:グルメ

 | ホーム |  »次の記事

食べ飲みした店の分類

ブログ内検索


リンク

各地の飲み屋情報を発信しているサイトをリンクさせてもらってます

<全国>
「立ち呑み@酒店」
全国の酒屋の角打ち、立ち飲み屋についての情報がエリア別に掲載されている
「激渋食堂メモ」
日本あちこちに今も残る、渋くて味わい深い大衆食堂を地域別に紹介しているサイト

<関東>
「居酒屋礼賛」
東京の情報には限らないのだが都内の味のある酒場の情報が豊富で魅惑的かつ地域別インデックス便利
「酔(すい)のどうでしょう?」
東京都内の居酒屋・大衆酒場・古典酒場・立ち飲み・センベロ酒場を飲み巡るブログ

<東海>
立飲み人生劇場
更新が停止していて残念だけど名古屋の魅力的な立ち飲み、角打ちできる酒屋の情報が

<関西>
「日本全国B級グルメぐるぐる紀行」
関西各地の味のある酒場を詳しく紹介してくれる指針になる情報量
「関西女のプチ日記」
他のどこにも載ってないような素敵なディープ飲み屋情報満載の関西酒場ガイダンス
「やまでらのぶらりグルメ&ぶらり日記」
行きたくなる飲み屋がたくさん紹介されてる関西飲み屋巡りの強い味方
「カンクロが行く」
大阪府のローカルなとこまで行く。日記のような数行のセンテンスに静逸なセンスを感じる
「関西安酒場」
更新が止まっているようで残念。バス路線沿いの酒屋などまで簡潔ながら貴重な情報

<九州>
「黒崎~小倉@北九州の居酒屋&BARを制覇せよ!」
ネット上に情報の少ない北九州の酒場を紹介してくれる有り難いサイト

このブログをリンクに追加する
リンクフリーでございます(^ヮ^)

【広告】Advertisement