歴史を感じる風情がありつつユルく角打ちできるし猫にも会える博多区上呉服町「吉武酒店」

<追記:2020年11月23日>
ひさしぶりに、ふらっと立ち寄ったのは2020年11月18日。

吉武酒店

ネット上で折尾の「宮原酒店」が近く店を畳むと知り、そうなると他の老舗酒屋も心配になって。
なかでもこの「吉武酒店」は、店のオバチャンはそこそこ歳がいっておいでだし、気になった。

吉武酒店

まず、店があって安堵した。
が、表のシャッターの半開きっぷりは普通じゃない様に見えて、開店休業状態かと訝しみつつ店の中へ。
営業中のようではあったがオバチャンの姿が見当たらず、こんちわ〜と大きめに声をかけると奥の方で椅子に腰掛けていたオバチャンが応じてくれた。
普通にやってた。

吉武酒店

量り売りの酒を一杯。
器のせいでワンカップに見えるが、オバチャンが注いでくれたやつ。
奥の椅子から俺のところまで来てくれる際、ちょっと歩行がしんどそうだったし、オバチャンはまた奥の椅子へ。
座ってないときついんだろうな。
遠距離会話で世間話し、コロナ的にも正しいな。

吉武酒店吉武酒店

歩くのがちょっと苦労してる様子だったが、お喋りは元気。
徒然に話していると、なんとまぁ息子さんは俺と同い年なんだってよ。
そんな家族の身辺事情まで(オバチャンが話すので)聞いちゃいながら、酒はすぐ飲み干してしまったので、各ハイボールの缶を2つ。
また量り売りの酒を頼むと、歩かせてしまうことになるからね。

猫は、すっかり数が減ってしまい、出入りしてるのは今はもう一匹になってしまったそうだ。
この日は猫に会えず、残念。

まだまだ店を畳む予定はないって聞いて、勝手ながら“あぁ良かった”と思った。
俺は足繁く通う常連でもないくせに、まだまだ続けて欲しいと願うのは身勝手だよなとは思うが、いや続けて欲しいんだよなぁ。

<追記:2016年08月22日>
たまに立ち寄ってる「吉武酒店」。
古き良き雑然とした個人商店という存在感が、あいかわらず素敵だ。

吉武酒店

ところで、最近まで知らなかったが、ここって喫煙できるのね。
いや喫えますかって訊くまでもなく、勝手に禁煙だと思い込んでたよ。
角打ちのできる酒屋って、売り場も兼ねてるわけだから禁煙であることは珍しくない。
おまけに「吉武酒店」は時の流れが刻まれた古い木造の建屋だから、火気厳禁だよねって気がしてたんだ。

が、ある日、灰皿の存在に気付いた。
喫っていいのか訊くと、あっさり許可された。

吉武酒店

角打ちは滞在時間が短いから禁煙でも我慢できるが、喫えればそれは嬉しい。

吉武酒店

あいかわらず猫が出入りしている。
ただ、猫メンバーには変動があるようだ。
どっか行っちゃった猫もいたり、フラっと現れる猫もあるとのこと。

タバコを喫いながら、猫を眺めながら角打ちできる「吉武酒店」、素敵な店だ。

<初回投稿:2015年10月24日>
角打ちできる酒屋って、福岡県では北九州市がメッカだって印象があるよね。
でも、福岡市にもそこそこあるんだよ。

また角打ちできる酒屋は、工場だとか港湾だとか交代制勤務で働く人が多いエリアに多い印象もある。
それとか交通量の多い駅の近くとか、またはオフィス街の片隅って感じかなぁ。
そういう印象をもっている俺にとっては、意外なロケーションにある酒屋を訪ねてきたよ。
博多区上呉服町にある「吉武酒店」。

吉武酒店:外観

趣きのある外観でございます。
そんでまたロケーションがね、寺が多い辺りで静かなところでね、店舗の住所的には上呉服町なんだけど御供所町辺りって感じ。
割と最近「ブラタモリ」のロケが行われて、すぐ近くの寺が番組に登場したね。

吉武酒店:外観

俺が立ち寄ったのは平日の16時ちょい前、近所の常連と思われる先客1名あり。
まずは、ビールを。

吉武酒店:酒

キリンラガーがあって嬉しい。
店内を見渡すと、すごく雑然としていて、そして古い。

吉武酒店:店内吉武酒店:店内

コンクリートの土間で、いくつもの木製の棚に様々な商品が並び、その様子は商品のラインナップは別として昭和の頃から変わってないのだろうっていうかもしかしたら大正頃から変わってないのかも?

吉武酒店:店内

純然たる酒を小売りする店であって飲食店じゃないよみたいな断り書きにあるように、調理したアテはないようだ、椅子はあったけども。
乾きものや缶詰などが売られていて、あと九州で言うところの“天ぷら”すなわち揚げられた練り物が、紙の上に並べて用意されていた。
紙ってのが、角打ちの風情でいいね。

店のオバチャンは、なかなか話好きで。
博多の角打ち事情とか他県ではどうだとか、そういう話をしてくれて、こちらの話にも付き合ってくれた。
一見の怪しいオッサンである俺に警戒はあまりしていないようで、話を聞いてるとなるほど他所からもいろんな角打ちマニア的な客が訪ねてくるそうだから慣れているのかな。

由緒ある地域の酒屋のようだから、缶ビールでは味気ないかなと酒を一杯。
地元の酒で量り売りしてるのがあればと注文すると、萬年亀を出してくれた。
グレードとか確認しなかったが、久留米の酒だね。

吉武酒店:酒

飲んでいたら、猫が現れた。

吉武酒店:猫

おお、この猫は!
実はこちらの酒屋、この日の一月前にも訪れたが店が閉まっていて空振りしていたのだ。
まぁ大きな台風が来てた日だったんで臨時休業も止む無しと納得したわけだが、店は閉まってても猫とは戯れることができてたんだよ。
人間を警戒しない猫だったから酒屋に飼われてるのかなと思ったその猫、それが今また現れたのだ。

吉武酒店:猫吉武酒店:猫

上の画像が、台風が来てた日のもの。
猫との再開、嬉しいな。

歴史を感じる店だが、敷居は高くなく、猫とも会える酒屋。
敷居は高くないとはいえ、ロケーション的に事前に情報を拾ってないと辿り着けなそうでもあるし、角打ちできると知っていないと入ってみるのに躊躇もするかもね。
でも、なんだかほっこり過ごせる酒屋だから、わざわざでも行ってみて欲しいね。

↓「食べログ」での店舗情報

吉武商店バー・お酒(その他) / 呉服町駅千代県庁口駅祇園駅

関連記事

俺にとって天満の原点「銀座屋」大阪市北区天神橋

けっこう久しぶりに「銀座屋」へ。

銀座屋

このブログに「銀座屋」のことを書くのが前回は2015年のことなので、5年ぶり……ってことはない。
何度か足を運んでいるが、撮影禁止とされていたので画像がないから更新してなかったのね、

銀座屋

現在は、撮影禁止の貼り紙は見当たらないが、まぁ控えめに。
瓶ビールは、相変わらず380円、嬉しい。
タバコも相変わらず喫える、嬉しい。

銀座屋

一時の“大衆酒場ブーム”というか“酒場放浪記”ブームみたいなもんは去って、物珍しさだけで訪れる層は淘汰されたように感じる。
そのほうが良い。
そういう層って、狭い立ち飲みなのとかお構いなしに団体で群がって、煩いからな。
立ち飲みとか酒場ってさぁ、独りで楽しめよ、と言いたい。

銀座屋

居心地の良い「銀座屋」が戻ってきた、って感じ。
翌週また、立ち寄った。

銀座屋

しばらく中崎町の現場が定期的にあるので、天満に足を延ばすことになるだろう。
そしたら「銀座屋」に寄ることになるだろう。

銀座屋銀座屋

俺にとって天満の原点で、やっぱり最初に好きになったものって、ずっと好きだなぁと再確認した。
やっぱ良いよねぇ「銀座屋」。

この店に直近で行ったのは2020年11月18日

<初回投稿:2015年11月29日>
もう10年ちょい……15年くらいかなぁ、それくらい前に初めて天満で酒を飲んだと思う。
それより以前は新梅田食道街が気に入っていて、だからほとんど梅田近辺でしか飲んでなかったと思う大阪で。

福岡から大阪へ引っ越した仲の良かった女子と、俺が大阪に遊びに行ったとき会って、連れてってくれたのが天満。
とにかく安いし面白い飲み屋がいっぱいあるんだ、と。
そうして「銀座屋」にも連れてってくれたわけだ。

衝撃を受けたね、いろいろな要素に。
こんな立ち飲みが、JRの駅を出てすぐのところにあって、すげぇ混んでて、雑然として味がある。
そして、こういう低価格帯の立ち飲みで、てっさ食えるのかというのも俺には驚愕だった。
ふぐなんてもんは高級な店でしか食えないもんで、そんなもん年に一度もお目にかかるもんじゃないというのが俺の認識だったんだけど、ここでは極めてカジュアルに扱われている。
一皿300円台だったと記憶してるが、そりゃ小皿に数切れしかなかったんだけど湯引きした皮も添えられていたのを覚えていて、感激しつつ味わった記憶もいまだに確かだ。

この「銀座屋」という店は、「銀座屋」がある天満ってのはスゲぇな。
件の女子には「七福神」「春駒」にも連れてってもらい、それでもう俺は天満が大好きになったんだよ。

それから何度か行ってるが、ここ何年かは足を運んでなかった「銀座屋」へ、ひさしぶりに。

銀座屋:外観

昔はそんなルールなかったはずだが撮影は禁止されてるから外観の画像しかないよ。
いつものように混んでたが、なんとか喫煙エリアの片隅に滑り込めた。
フロアを仕切ってるオバチャンに、まずはハイボール280円也を注文。

このオバチャン、懸命に業務に取り組んでいるがさほど心に余裕がないようで、注文するにはタイミングを計らねばならなかった。
間を見計らって6Pチーズ1個100円也を注文。
店内の盛況な様子やテレビの放送を眺めつつ独り酒を楽しむ。
そしてサッサと撤収。
しんみり飲むような店ではないからね。
ついでに言えば、ホスピタリティどうこうって店でもないよ、大阪駅前第一ビルの「銀座屋」のノリを求めちゃダメだよ。
雑然として殺風景な酒場だよ。

久しぶりだったが、やっぱ好きだな「銀座屋」。

↓「食べログ」での店舗情報

銀座屋立ち飲み居酒屋・バー / 天満駅扇町駅天神橋筋六丁目駅

関連記事

平日朝から常連が集う福岡市中央区赤坂駅近く「長酒店」で朝ビール

<追記:2020年11月15日>
改装リニュアルが完了し、営業再開してらっしゃった。

長酒店

もしかして業態チェンジして角打ちできなくなるんじゃないかと、実は少しだけ不安だったんだけど、杞憂だった。

長酒店

まずはビール、ここではサッポロ黒ラベル缶。
コップを出してくれるの嬉しいね。

長酒店長酒店

黒ラベル缶は大きな冷蔵ショーケースからセルフで出して、店のオバチャンに“これもらいます”と声をかけて。
改装前と同じスタイル。

店内は、すっきりキレイになってる。
いい按配に、変わり過ぎることなく面影を残して、快適さは増したって感じ。
前と同様、酒類の小売りもやってて、正しく酒屋の角打ちだ。

長酒店長酒店

調理したアテを提供するためのカウンターはレイアウトが変わって、以前は入り口から見て突き当たり奥だったが、左サイドになってるね。
そのカウンターには大皿の惣菜が並び、そこから肉じゃがを頼んだ。
レンチンで温められた肉じゃがで、タカラの焼酎ハイボール缶を飲んだ。

あぁ変わっちまった、なんて悲嘆に暮れることにならず、嬉しい。
そして重度の喫煙者である俺には、このご時世にリニュアルを経てもなお、以前の通りに堂々たる喫煙可能店であることが、とても嬉しい。

リニュアル後に行ったのは2020年11月10日

<追記:2020年9月03日>
気付いたら、お休みしてらっしゃる。

長酒店

いつからだろう、俺が気付いたのは2020年09月01日の朝なんだけど、もしかしてけっこう前から休んでたのかな。
店舗改装のため休業、とのこと。

長酒店

コロナのアレで廃業とか、じゃなくて良かった。
どんな姿で復活するのか、楽しみにしていよう。

<追記:2017年11月12日>
最近なんだか頻繁に立ち寄っている。
で、いろいろアテを注文したので、この店にはこういう食べ物があるんだよと紹介するため画像を載っけてみる。

長酒店長酒店

ベビーハムは、よく注文する。
辛子高菜を豆腐に乗せたのは、なかなか酒がすすむ。
画像はないがポテトサラダも良い。

こちらの角打ちは調理したものを出せるので、料理に関してはちょっとした立ち飲み屋レベルにメニュー豊富だ。

長酒店長酒店

〆鯖は、さすがに自家製ではないと思うが、良い塩梅に浅い〆加減。
そして冬になったんで、おでんが始まっていた。

夜は連日、近所の勤め人で賑わっている。
ここが人気があって嬉しいな、長く商売を続けてくれそうだから。
これからも立ち寄りたい店だよ。

<追記:2016年08月31日>
こちらは禁煙だと、ずっと思ってたんだが。
ようやく知ったよ、喫っていいんだ。

角打ちできる酒屋というのは、あくまで飲み屋ではなく小売店であるので売り場が禁煙でも不思議には思わない。
何軒も角打ちできる酒屋に立ち寄ってきて、禁煙である店も少なくないという実感もある。
だからこちらも、タバコ屋でもありつつも、店内は禁煙だと思い込んでた。
店頭に灰皿が設置してあるのも中は禁煙だろうと思わせたし、最初に立ち寄ったとき角打ちエリアに灰皿は見当たらなかったしね。

長酒店

16時台に立ち寄って黒ラベルを飲んで。
小腹が空いてたんでベビーハムを焼いてもらって。

長酒店

やがて17時が近くなると、店のオバチャンが角打ちテーブルの上に箸とか調味料なんかをセッティングし始めた。
これからピークタイムで、その準備ということだね。
で、灰皿も各テーブルに置き始めたのだった。
あっ、喫えるんだ!?

訊いてみると、早い時間帯には灰皿を出してないけど喫煙可なんだと。
そうだったのかぁ。
これは良い。

長酒店

タカラ焼酎ハイボール500ml缶を飲みながらタバコを喫いながら、まったり過ごす。
ちなみに缶ビールにも冷えたグラスを貸してくれるが、焼酎ハイボールには冷えたグラスと氷を提供してくれる。
しっかりした氷が満載のタッパーを出してくれて、好きなだけトングでグラスへ。
これは嬉しいサービスだな。
前回の投稿でも触れているが、こちらの店で角打ちする場合は小売価格に色のついた値段設定になっていて黒ラベル250ml缶は290円、タカラ焼酎ハイボール500ml缶250円。
それは冷えたグラスとたっぷりの氷のサービス料と思えば納得だ。
これからこちらではビール以外のものを飲もうかな。

【広告】Advertisement


<初回投稿:2015年09月13日>
角打ちできる酒屋を巡って福岡市中央区。
地下鉄赤坂駅に近く、やたら銀行が密集してる法務局前交差点に近い昭和通り沿いの「長酒店」へ。

長酒店:外観

屋号は“ちょうさけてん”ね。
店先にタバコの自販機がありタバコを手売りする小窓もあり、一見するとタバコ屋かと思ってしまうかもね。

長酒店:外観

だが“立飲みコーナー”と看板が出ていて、ここは角打ちできる酒屋なんだと判るのだ。
こんな風に看板があると助かるわー、安心して入れる。

長酒店:店内

店に入ってすぐは販売カウンターがあり、その奥が少し広くなって立ち飲みコーナーになっている。
そこそこゆったりした立ちテーブルが2つあり、さらに奥の突き当たりには飲み屋っぽいカウンター。

長酒店:店内

冷奴、枝豆、ポテサラなどなど調理するアテもいろいろあるようだ。

営業時間は21:00まで、土曜は20:00までと掲示があったが開店時間は記載してなかった。
俺が立ち寄ったのは平日の10時台、既に近所のオッサンと思われる先客が2名あった。

長酒店:酒

サッポロ黒ラベルの缶をいただく。
黒ラベルもいいよねぇ。
ただ、290円だったのよね会計が。
酒屋の角打ちにしちゃ高いね。

女主人が、ときおり常連客と言葉を交わしつつ店を運営している。
あとから、やはり常連らしい若い女性客が一人でやってきた。
今日は雨が凄くなりそうだから車で来たので酒は飲まないと常連のオッサンと会話しつつ缶コーヒーを飲んでいた。
この日は台風15号が暴れまくった日なんだよ、まだこの店にいる時点では雨も風もたいしたことなかったけどね。

常連が集うサロン的な感じで、かといって一見の俺が疎外感を感じるでもない雰囲気。
朝から客が来る酒屋っていいなぁ。
きっと夕方は、この辺で勤務してる勤め人がたくさん集うんだろうね。

↓「食べログ」での店舗情報

長酒店バー・お酒(その他) / 赤坂駅天神駅西鉄福岡駅(天神)

関連記事

最近書いた記事


カテゴリ


プロフィール

どうも、割った鍋です。
食べたり飲んだり、飲んだり。
九州在住、大阪常駐。

大衆酒場、立ち飲み屋、酒屋の角打ちが好きです。

重度の喫煙者であり、昼酒を好むという、社会的にちょっとアレなオッサン。

2014年9月24日開設


割った鍋へのメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索


リンク

各地の飲み屋情報を発信しているサイトをリンクさせてもらってます

<全国>
「立ち呑み@酒店」
全国の酒屋の角打ち、立ち飲み屋についての情報がエリア別に掲載されている
「激渋食堂メモ」
日本あちこちに今も残る、渋くて味わい深い大衆食堂を地域別に紹介しているサイト

<関東>
「居酒屋礼賛」
東京の情報には限らないのだが都内の味のある酒場の情報が豊富で魅惑的かつ地域別インデックス便利
「酔(すい)のどうでしょう?」
東京都内の居酒屋・大衆酒場・古典酒場・立ち飲み・センベロ酒場を飲み巡るブログ

<東海>
立飲み人生劇場
更新が停止していて残念だけど名古屋の魅力的な立ち飲み、角打ちできる酒屋の情報が

<関西>
「日本全国B級グルメぐるぐる紀行」
関西各地の味のある酒場を詳しく紹介してくれる指針になる情報量
「関西女のプチ日記」
他のどこにも載ってないような素敵なディープ飲み屋情報満載の関西酒場ガイダンス
「やまでらのぶらりグルメ&ぶらり日記」
行きたくなる飲み屋がたくさん紹介されてる関西飲み屋巡りの強い味方
「カンクロが行く」
大阪府のローカルなとこまで行く。日記のような数行のセンテンスに静逸なセンスを感じる
「関西安酒場」
更新が止まっているようで残念。バス路線沿いの酒屋などまで簡潔ながら貴重な情報

<九州>
「黒崎~小倉@北九州の居酒屋&BARを制覇せよ!」
ネット上に情報の少ない北九州の酒場を紹介してくれる有り難いサイト

このブログをリンクに追加する
リンクフリーでございます(^ヮ^)

【広告】Advertisement