「吉野家」のタコライス沖縄限定だったのが福岡でも食えるようになったわけか「吉野家 天神サザン通り店」

えっ、「吉野家」にタコライスなんてあったっけ?!

吉野家 天神サザン通り店

福岡市中央区、天神の雑踏のなかで「吉野家」店頭のノボリが目にはいって、ナチュラルに“えっ?!”と思ったのさ。

「すき家」とか「松屋」に比べると展開するメニューの数が少ない印象の「吉野家」なわけだが、どえらい猛暑のなか思い切った新メニューを投入してきたのか?
牛丼屋でタコライスって、なんだか結びつかないよねぇとか思うよねぇ。
まぁタコミートに牛肉が使われてるといわれたらば、ぜんぜん関連性がないとも言えなくは……ない?
それはともかく、タコライスは嫌いじゃないし食いたいなぁと思った。

しかし買いものの後で荷物があるのが煩わしく、いったん帰宅。
とりえあえず「吉野家」公式サイトを閲覧してみた。
しかしタコライスは載ってないのだ、メニューのページにも吉野家ホールディングスのIR情報のページにも。

「吉野家」のタコライスって、公式には存在しない秘密のメニューなのか?

ググってみると、どうやら沖縄では普通に売られているようだった。
地域限定メニューなのかぁ。
ということは、全国での展開を見据えての一部地域での試験販売ってな感じで福岡で販売してるってことかな。
全国チェーン店の地域を限った試験販売って、九州ではだいたい大分とか熊本で行われる印象なんだけどね。

吉野家 天神サザン通り店

翌朝、あらためて天神の「吉野家」へ。
西鉄福岡天神駅に近く、またアジアの観光客が溢れんばかりで人の波が濁流のような西通りにも近い「吉野家 天神サザン通り店」。
朝早い時間帯だと人通りが少なくて快適だなぁ。

吉野家 天神サザン通り店

店頭にて、確かにタコライスを販売してると再確認。
前日に見かけたのは夢や幻ではなかったな。

では、さっそく「吉野家」のタコライスを食おう。
注文して待つことしばし、牛丼の提供よりだいぶ時間がかかってタコライスは現れた。

吉野家 天神サザン通り店

こちらが「吉野家」のタコライスになります。
緑、全面的に緑。
グリーングリーン♪丘の上にはララ緑がもえ〜る〜♪ってな感じに緑だ。

吉野家 天神サザン通り店

たっぷりのレタスの下には、ちゃんとタコミートとチーズが潜んでいますよ。
そして赤いサルサが別添えで。

吉野家 天神サザン通り店

で、サルサをかけて全体をまんべんなく混ぜて食うわけだ。
混ぜた画像はちょっと見た目がアレなんで割愛する。

食ってみると、わりとマイルドなんだね。
タコミートにもしっかり味がついていて、サルサは甘酸っぱさもあり、味が物足りないということはない。
辛さがマイルドだ。
子供にも食えるんじゃないかな。

全体的な印象として、これは確かにタコライスだなぁって納得感がある。
大食いの人間には量的に足りないかもだが、俺には普通に満足できる。
これだけレタスの分量があると、野菜を摂ってるなぁという嬉しさがある。
タコミートもチーズもサルサも過不足なく、白いゴハンだけ残っちゃうということもないだろう。
総じて、満足できる。
そしてこれが380円(税込)ってのは、納得のお値段ですよ。

野菜、米、肉、乳製品が摂取できるわけで、これって朝メシにも良いんじゃないかな。
その日の最初の食事として、いろいろな栄養を摂れるってのは嬉しいじゃないの。

「吉野家」のタコライス、これレギュラーメニューになったらいいのにね。
現状、俺は福岡市中央区の一店舗で存在を確認しただけで、他ではどうなのかわからない。
福岡市のどこの店舗でも食えるのか、福岡県の数店舗なのか九州の一部なのか、確認する術がない。

店のスタッフにタコライスのことをあれこれ訊きたかったが、フロアにいたのは東南アジア系かなって女の子だったので、もうひとつ要領を得なかった。
これいつからやってんのと訊いてきたら、はにかんだ微笑みで2ヶ月くらいですと答えてくれた。
そんなに前からやってたら、もっと早くタコライスに気付いた気がする。
もしかして、その女の子がそこで働き始めて2ヶ月くらいってこと?
そう思ってタコライスのことだよ、と言い添えたが笑顔でハイという答えが。
うーむ、もうひとつ信憑性がアレなんだけど、まぁ笑顔がかわいかったので良しとする。

まとめると、「吉野家」のタコライスは、俺的にはアリだな。
最寄の店舗で販売してたら食べてみるといいよ、と推奨したい。
全国の店舗で食べられるようになるといいね、と思うよ。

【広告】Advertisement


↓「食べログ」での店舗情報

吉野家 天神サザン通り店牛丼 / 天神駅西鉄福岡駅(天神)天神南駅

関連記事

生き残れ「牛心」そんなに混まないのも好きだぜソラリアステージ地下「牛心 天神店」

ローカル牛丼チェーン「牛心」に、ちょっと思い入れがある。
が、うーむ今はもう“チェーン”と言ってもいいものか、という程度の店舗数になっちゃったねぇ。

昔は、もっといっぱい店あったよね?
今ではソラリアステージ地下の飲食フロアにある「天神店」と、「駅前店」だけになったのかな。
「駅前店」のほうは、そのネーミングの割には駅前から逸れた地味なロケーションだが、牛丼を食うより肉豆腐とビールってな楽しみ方を、よくしていたかな。

今回は「天神店」へと立ち寄りました。

牛心天神店

この地下2階飲食フロアには行列を作ってる店が何店もあるが、だいたい「牛心」はそんなに混んでないので好きです。
行列なんかないけど閑古鳥ではない、という良い具合の客入りなのよね。

さて、店頭に掲示されたメニューサンプルを眺める。
「牛心」では、スタンダードに牛丼を食うということは、あまりない。
今回も、ちょっと妙なメニューに惹きつけられた。

牛心天神店

カレーかつ丼540円(税込)、なるもの。
いいねぇ、ジャンクでいいねぇ。
こういうメニューがある洗練されてない感じも、俺にとっての「牛心」の魅力だ。

注文し、しばし待つ。
こちらの店舗はU字の、東京とかの大衆酒場や立ち飲み屋で見かける感じのカウンター席がふたつ、テーブル席、壁を向いたカウンター席と、そこそこのキャパがある。

牛心天神店

客層としては、俺のようにショボくれた独りメシのオッサンが目立つ印象だ。
若者とか女子とかカップルは行列ができてる店に並ぶんだろうなぁ。

はい、カレーかつ丼きました。

牛心天神店

うむ。
カレーにネギかよ。
カツ丼に福神漬けかよ。
というダブル違和感が胸に去来しつつも、カツ丼とカツカレーがユナイテッドしているという楽しさがある。

カツは、あまり“肉を食ってる!”という満足感を得られない業務用冷食と思われる、つなぎを感じるやわいものだ。
だがそれでいいよ、チープなのも「牛心」らしくていいよ。

すっかり衰退した感があり、福岡ネイティブでも若い世代には知名度も低いんじゃないかなって気がする「牛心」だが、まだまだ地味に存続して欲しいなぁ。
メシ系ファストフードは大手全国チェーンばかりでなく、ローカルなチェーンも頑張ってるんだよ地味に、というのをいつまでの体現していて欲しいです、「牛心」さん。

【広告】Advertisement


↓「食べログ」での店舗情報

牛心 天神店牛丼 / 天神駅西鉄福岡駅(天神)天神南駅

関連記事

最近書いた記事


プロフィール

どうも、割った鍋です。
食べたり飲んだり、飲んだり。
九州在住、大阪常駐。

大衆酒場、立ち飲み屋、酒屋の角打ちが好きです。

重度の喫煙者であり、昼酒を好むという、社会的にちょっとアレなオッサン。

2014年9月24日開設


割った鍋へのメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索