想像より穏やかな味だった名物カツライス「大井」大阪市浪速区大国

新世界東映で映画を観るとき、大阪環状線新今宮駅で降りて劇場へと向かうことが多い。
気まぐれに、今宮駅で降りてみた。
いつもは利用しない駅で降りて、うろうろしてみるのは楽しい。

大井

ちんまりと、だが昔ながらの町角の食堂といった風情の店が目に止まった。
「大井」という店なんだな、こういう佇まいって惹かれるな。
このときは通りすがっただけで、あとでネットで情報を拾ってみると、カツライスの名店として有名らしい。
ほほぅ、カツライス。

大井

後日、訪れてみた。
ここのカツライスが名物なのかぁ、店も有名なのかぁ、そういう気配は見えないが。
むしろ、だからこそ気になるって部分もあるし、名物カツライス云々はさておき存在感そのものに魅力がある。

大井

ところで、俺は“カツライス”なるものを食ったことがあるのか、定かでない……たぶん食ったことないかも。
カツライスというのは全国的に洋食屋さんで出されるポピュラーなメニューかというと、そうでもないよな、見かけたことはないかもしれないぞ。
しかし、話はちょっと逸れるかもだが、かつて(昭和20年代かな)「大映」という映画会社が勝新太郎と市川雷蔵という二大看板スターを“カツライス”と称して売り出した、というような記述を映画に関する書籍とかネット上の記事なんかで何度も目にしている。
キャッチコピーに使うくらいだから“カツライス”というものは一般庶民に広く認知されていたのかと想像するわけだが、この2020年の現在にググってみると大阪や愛媛のローカルグルメであるように紹介する記事なんかが見つかって、あまり全国的なものとは思えないんだよね。
昭和の頃は全国区の知名度だったのかな、いや前述の「大映」も京都なんで関西圏ではポピュラーだったということなのかしら……
いや、話を戻そう。

大井

対峙したカツライスは、ソースたっぷり。
カツに縦横に包丁がはいっていて、この見た目が店のロゴマークみたいになってるわけね。
カットしてあるとスプーンだけで食うのが楽。

大井

食い進めると、茶色い見た目や、“カツがライスにのっててカツライス”っていう単純かつ気取らないネーミングからの印象よりも、あっさり目の味なんだな、と。
想像したより、穏やかな味付けなんだね。
でもまぁ胃もたれとか胸焼けの心配がいらないやつだね、これ。

大井

ノーマルのカツライス、580円也。
今日日、こんなにお安くていいのかしら、っていう嬉しい安さ。
気楽に、また来たいなって思える価格帯だよねぇ。
次はカツカレーを食いたいかもだが。

この店に行ったのは2020年02月14日
↓「食べログ」での店舗情報

大井洋食 / 今宮駅大国町駅今宮戎駅

関連記事

赤レンガの老舗洋食喫茶「MONACO」大阪市中央区谷町

更新をサボっていた時期の積み残し……この店に行ったのは2018年11月4日。

この頃はまだ、がっつり福岡市在住だった。
大阪に住処を借りようと不動産屋で手続きを済ませて、昼メシを求めて谷町3丁目。

MONACOMONACO

赤いレンガの外観が懐古的にロマンチックな「MONACO」という喫茶店。
喫茶店、なんだよね、洋食屋さんって趣きも感じるけどね。

MONACOMONACO

店頭のメニューサンプルがね、まさに洋食屋さんって感じでね。
スパゲッテイに惹かれるが、看板で案内されているランチも良さげに感じた。

MONACO

日曜の11時台終盤、既にランチタイムのピークは始まっていたのか1階は満席、2階へ案内された。
なんとなく上品な店内で、調度品などもどことなくハイソ。

MONACOMONACO

店名を冠したモナコランチ780円也を注文した。
ハンバーグ、そびえ立つエビフライ、そしてロースハム。
こういう洋食ランチを構成するアイテムでロースハムって珍しいなと感じたが、ハムが舶来のオシャレな食材だった時代の名残りだろうかと想いを馳せてみた。
創業1957年なら、たぶんその時代はレストランでの外食でもなければ、ハムを食うことってなかったの、かも。

MONACO

食後にコーヒー。
伝票にフロア案内があって、3階も店舗なのか、4階はレンタルルームか、ビル丸ごとモナコなんだなと知る。

なかなか良い感じに昼メシをいただけたんだが、ちょっと難点があって、狭い。
席間がすっごく狭くって、いったん座ったらもう身動きは困難と感じるほどに、狭い。
それ以外は好印象だったんだけどね。

↓「食べログ」での店舗情報

モナコ喫茶店 / 谷町四丁目駅天満橋駅谷町六丁目駅

関連記事

ワクワクする洋食屋さんの予感があった「BAMBI」東京都新宿区四谷

更新をサボっていた時期の積み残し……この店に行ったのは2019年1月中旬。

正午過ぎの四谷で、「BAMIBI」という店に吸い寄せられた。

BAMIBI

業態としては洋食レストランになるのかな。
町角の洋食屋さんといった様子の、惹かれる存在感。

BAMIBIBAMIBI

外観に昭和っぽさを感じたが、店先に掲示されたメニューを眺めると、さらに昭和なテイスト。
ワンプレート洋食、グリル料理の数々が写真付きで紹介されて、これは子供の頃に親に連れてこられたらテンション上がっちゃうやつだな、と今はもうオッサンでありながらワクワクした。

食券マシーンで先払い、厨房を囲むカウンター席のみ。
すごく盛況で、席間は狭くてちょっと窮屈。

BAMIBI

先にコンソメスープが出されて、チビチビ飲みながら待つ。
カウンター内の厨房は、使い込まれたフライパンや鍋、寸胴、積み重ねられた鉄板を載せる木のプレートと、職人の仕事場という風格を感じるもので、眺めていて楽しかった。

BAMIBI

注文した「和牛ハンバーグスクランブルエッグピリ辛ソース」が提供された。
店先のメニューではライス付きとなっていたが、ライスはハンバーグやスクランブルエッグの下に潜んでいた。
なんなら野菜の下にも潜んでいたので、だいぶライスの量は多い。

だがしかし、そのライスが。
固かった。
そもそも俺は固めに炊いたゴハンが好みだが、そういうレベルじゃなく固かった。
水の量を間違えたのか、それとも炊飯器の底のほうで押しつぶされたのか、炊いてから時間が経って水分が抜けたのか……とにかく俺には美味しくなかった。
が、周囲の客を窺うとライスに不満そうな様子はなかった……この店ではこういうものなのか。

ワクワク感は消えてなくなった。

↓「食べログ」での店舗情報

バンビ 四谷店洋食 / 四ツ谷駅麹町駅四谷三丁目駅

関連記事

最近書いた記事


カテゴリ


プロフィール

どうも、割った鍋です。
食べたり飲んだり、飲んだり。
九州在住、大阪常駐。

大衆酒場、立ち飲み屋、酒屋の角打ちが好きです。

重度の喫煙者であり、昼酒を好むという、社会的にちょっとアレなオッサン。

2014年9月24日開設


割った鍋へのメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索


リンク

各地の飲み屋情報を発信しているサイトをリンクさせてもらってます

<全国>
「立ち呑み@酒店」
全国の酒屋の角打ち、立ち飲み屋についての情報がエリア別に掲載されている
「激渋食堂メモ」
日本あちこちに今も残る、渋くて味わい深い大衆食堂を地域別に紹介しているサイト

<関東>
「居酒屋礼賛」
東京の情報には限らないのだが都内の味のある酒場の情報が豊富で魅惑的かつ地域別インデックス便利
「酔(すい)のどうでしょう?」
東京都内の居酒屋・大衆酒場・古典酒場・立ち飲み・センベロ酒場を飲み巡るブログ

<東海>
立飲み人生劇場
更新が停止していて残念だけど名古屋の魅力的な立ち飲み、角打ちできる酒屋の情報が

<関西>
「日本全国B級グルメぐるぐる紀行」
関西各地の味のある酒場を詳しく紹介してくれる指針になる情報量
「関西女のプチ日記」
他のどこにも載ってないような素敵なディープ飲み屋情報満載の関西酒場ガイダンス
「やまでらのぶらりグルメ&ぶらり日記」
行きたくなる飲み屋がたくさん紹介されてる関西飲み屋巡りの強い味方
「カンクロが行く」
大阪府のローカルなとこまで行く。日記のような数行のセンテンスに静逸なセンスを感じる
「関西安酒場」
更新が止まっているようで残念。バス路線沿いの酒屋などまで簡潔ながら貴重な情報

<九州>
「黒崎~小倉@北九州の居酒屋&BARを制覇せよ!」
ネット上に情報の少ない北九州の酒場を紹介してくれる有り難いサイト

このブログをリンクに追加する
リンクフリーでございます(^ヮ^)

【広告】Advertisement