駅構内いきなり立ち飲み「まつ」大阪市天王寺区味原町

<追記:2021年11月21日>
かっきり1週間後に再訪。
やっぱり奥のスペースが気になって。

まつまつ

反対側の入り口を見つけて入ってみたら、想像したより広かった。
まぁウナギの寝床みたいではありつつも、表側の狭さと比べたらだいぶ広かった。
というか、奥のスペースってゆーか、こっちがメインの空間なのかもね。

まつまつ

こちらの空間も瓶ビールはなくて生だけだが、こちらは喫煙できるんだな。
そして串カツとおでん推しのようだった。

まつ

串カツって久しぶりに食ったかも。
豚、イカ、ウインナー、うずら卵。

こちらの空間のほうがパーソナルスペースを広くとれるしタバコが喫えて快適なのだが、改札側のほうが風情があって、そっちが好きかな。

<初回投稿:2021年11月11日>
桃谷の現場で仕事を終えても、桃谷では昼間から飲める酒場がないから面白くない。
だから寺田町か鶴橋へ歩いていことになるのよ、歩いて10分もかかんない。

どっちっつーと鶴橋へ向かうことが多いな、歩いていくと急に高架下の暗がりが現れるという景色の変化が好きで。
そんで暗がりの先は鶴橋駅なわけだが、千日前線に降りていく階段の傍にいきなり立ち飲み屋がある。

まつまつ

そのロケーションだけで、もう堪らなく好きって言いたくなる「まつ」。
シンプルに屋号だけが抜かれた藍色の暖簾も渋くてすごく良いね。

暖簾をくぐって立ち、まず瓶ビールを注文しようとしたが生しかないとのことで。
それでは、生ビール。
メニューらしいものが見当たらなかったので、アテはなにがあるか訊くと目の前のネタケースを示して“なんでも”と。
なるほどケースの中は寿司ネタであるが、それをアテでも出してくれるんだ。
それでは、まぐろアテ。

まつまつ

狭くって、立ってて背中に暖簾がはためく感触。
暖簾の向こうは人の往来。

まつまつ

店内から表を伺うと、写真のような感じ。
人の通りが途切れたタイミングを撮ってるが、実際にはひっきりなしに行き来がある。
だから、繊細な人にはもしかしたら“こんな状況で飲めない”ってなるかも。
それと、そんな風に公道場にいきなり立ち飲み屋がって状態なんで喫煙もできるとは思えなかったので、喫えるかどうかわざわざ訊かなかった。

まつ

外を伺うだけじゃなく中も伺うと、目の前はコンパクトな板場といった様相で、さらに奥には別のスペースがあるのが見えるんだけど、そちらは小綺麗な空間のようだった。

それで、寿司も食える店なんだよね。
立ちカウンターの土台部分に寿司の写真が貼ってあったし、それは判ってたし、むしろ寿司を食いたくて寄った。
暖簾には、よく見ると小さく“てっちり河庄より”とも添えてあって、それは「河庄」という店から暖簾が寄贈されたということなのか、「河庄」より出典してる立ち飲み業態ですよと意味なのか、しれは判らんけど料亭とかと同等の食材や技がある店なんだと期待させるものがあった。

まつ

鉄火巻きをお願いした。
俺は握りより細巻きが好きなのよ。

まつまつ

醤油は刷毛でちょちょいと塗る、大阪スタイルよ。
うん、昼酒で立ち食いで寿司、良いわ。

まつ

日本酒を召さないわけにはいかない。
握りより細巻きが好きなのは、酒のアテになりやすいからなのよ、まぁ握りでもいいんだろうけどさ。
たっぷりのガリも、また酒がすすむ。

いいなぁ、この店。
またフラっと寄りたいし、そしてやっぱ奥のスペースも気になるな。
再訪しよう。

この店に行ったのは2021年11月08日
↓「食べログ」での店舗情報

立ち呑み まつ立ち飲み居酒屋・バー / 鶴橋駅桃谷駅玉造駅(JR)

関連記事

ほろよひセット選択肢が多くて良いね「銀しゃり」大阪市中央区船場中央

博労町で仕事を終えたあとに「船場センタービル」で酒を飲むシリーズ。
いやもう、ちょっと通い詰めようかなと思うくらい「船場センタービル」飲食店街が気にいったのでシリーズにする。

銀しゃり銀しゃり

今回は4号館地下2階の、「銀しゃり」。
外観から居酒屋としか認識できないが、寿司を出す店なんだね。

銀しゃり銀しゃり

とにかく“ほろよひセット”に惹かれたね。
セット内容がすごくて、『お好きな飲物+お好きな小料理二品+新鮮ミニお造盛』で980円って。
特に、『お好きな小料理』の選択肢がすごく多くて、選べる喜びで気持ちが盛り上がったね。
居酒屋定番から揚げ物、串焼き、海鮮に握り寿司まで選べるのってハッピーだよな。

銀しゃり銀しゃり

ビールは残念な銘柄のものだったが、仕事明けの一杯はとにかくビールにしたいの。
まず『新鮮ミニお造盛』が出てきて、三種盛りで“こういうので充分に嬉しいじゃない”というものだった。

銀しゃり銀しゃり

次いで『お好きな小料理』から選んだ、厚焼きすし玉子。
(ところで店先に掲示された品書きと卓上のもので同一メニューの表記揺れが大きく、卓上の品書きでは“寿司屋のアテたまご”みたいに書いてあったな)。

刺身と玉子焼きが並ぶ絵面には、ビールは似合わない。
早々に日本酒へ移行。
この時点でセット外の追加注文となるが、そんなことは気にならない。

銀しゃり

遅れて『お好きな小料理』から、ウナギの酢の物(いわゆる、うざく)。
これがね、もうこれ一品で500円くらいするでしょって満足度で、まぁ酒が進むのよ。
こういう逸品が選べるってだけで“ほろよひセット”素敵です。
酒、おかわり。

銀しゃり

せっかく寿司を出してるんだしと、締めにカッパと鉄火。
細巻きで酒を飲むのが好きなので、やっぱ寿司がつまめる飲み屋って良いね。

もっと“ほろよひセット”を深掘りするために、また寄りたいな。

この店に行ったのは2020年11月19日
↓「食べログ」での店舗情

和の御馳走 銀しゃり寿司 / 堺筋本町駅本町駅長堀橋駅

関連記事

締めに寿司が食える昼から飲める店「鮨金」福岡市中央区天神

<追記:2020年06月17日>
コロナ禍に起因する自粛明けに、店の安否を確認するシリーズ。

鮨金鮨金

「鮨金」健在。

鮨金鮨金

相変わらず俺は1階には目もくれず、そして相変わらず俺は寿司よりもまずおもむろに飲み始める。
清酒を冷やで、お通しで出てきたのはマダコの真子とのこと……苦手な部類だが意外にアリだった。

鮨金鮨金

それから、いつも1,200円の刺し盛り。
もはやルーティーン。

鮨金IMG_004659_20200617184546d99.jpg

そして、寿司。
日本湯、刺し盛り、寿司。
「鮨金」での黄金の流れ。

この店でまた、飲み食いできて嬉しい。
今も喫煙可なのも、嬉しい。

<初回投稿:2019年01月20日>
けっこう何度も行ってるのに、なぜだか書きそびれていた「鮨金」。

鮨金鮨金

この店、大好き。
どう好きかというと、たぶんこの店は新天町にある回転寿司の店として福岡市民に認識されていると思うんだが、俺にとってはそうではなく昼から飲めて美味しい寿司が食える酒場だ。

鮨金鮨金

店舗は3階まであって1階は回転寿司なんだが、そこには一度も立ち寄ったことはない。
2階で昼から飲めるんだよ、それこそがこの店を好きな点だ。
俺にとって「鮨金」は回転寿司屋じゃなく昼から飲める酒場なんだよね。

鮨金鮨金

アルコールは各種揃う。
キリンラガー瓶があって嬉しいが、季節によって秋味とかになっちゃうのは少し残念。
日本酒は各地の地酒がけっこう揃っていて楽しい。

鮨金

席に通されるとお通しが出るが、それが牡蠣というのが小料理屋っぽくていいかもだが、個人的に牡蠣は苦手だから替えてもらっちゃうのよね。

鮨金鮨金

一品料理、刺身などメニューは豊富。
出汁巻き玉子、ゴマサバ、酢鶏、アナゴ天なんか好きで注文するなぁ。
フロアの主っぽいオバサマが、なかなか押しが強く、いつも1,200円の刺し盛りの注文を促されるので従う。
ま、今では促されるまでもなく注文するようになったし、実際のところお値段に見合う満足感がある。

鮨金鮨金

刺し盛りは一品料理でグイグイと日本酒を飲んだら、当然ながら寿司を食う。
寿司屋だもんね。

鮨金鮨金

というか、寿司を注文しても飲み続けるんだけどね。
握りをお好みで頼むのも酔いが、だいたい細巻きをお願いする。
俺はカッパ巻、鉄火巻をアテにして日本酒をやるのが好きなのだ。

鮨金鮨金

興が乗ると細巻き以外も注文するね、まぁだいたい光りものだけどね。
事前に刺し盛りを味わってると、もう握りはあれこれとは思わない……思わなくて済むという面があるんだ。
特に好きなのだけを、と。

たぶん1階の回転寿司はけっこう忙しいんだろう、知らないが。
2階はまったり、注文が落ち着いた合間にオヤジサンがテーブルで新聞読んでたり、夕方からのスタッフが出勤してきたり、オバサマが我々に話しかけてきたりと、なんというか…ざっくばらん?
このような接客スタイル(?)を嫌う方もいるだろうと想像できるが、俺には逆に“テキトーに飲み食いするんでお構いなく”という感じで、心地よい。
昼間っからダラダラと酒くらう、というのに適した環境だ。
もちろん、オーダー等で声をかけると迅速に対応してくれる、放置ではない。

そんなこんなで、締めに寿司を食える昼から飲める大衆酒場みたいな気分で使わせてもらっている。
それが許される懐の深さも感じて、やっぱり好きだな「鮨金」。

「鮨金」福岡県福岡市中央区天神2-8-222

関連記事

最近書いた記事


カテゴリ


プロフィール

どうも、割った鍋です。
食べたり飲んだり、飲んだり。
九州在住、大阪常駐。

大衆酒場、立ち飲み屋、酒屋の角打ちが好きです。

重度の喫煙者であり、昼酒を好むという、社会的にちょっとアレなオッサン。

2014年9月24日開設


割った鍋へのメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索


リンク

各地の飲み屋情報を発信しているサイトをリンクさせてもらってます

<全国>
「立ち呑み@酒店」
全国の酒屋の角打ち、立ち飲み屋についての情報がエリア別に掲載されている
「激渋食堂メモ」
日本あちこちに今も残る、渋くて味わい深い大衆食堂を地域別に紹介しているサイト

<関東>
「居酒屋礼賛」
東京の情報には限らないのだが都内の味のある酒場の情報が豊富で魅惑的かつ地域別インデックス便利
「酔(すい)のどうでしょう?」
東京都内の居酒屋・大衆酒場・古典酒場・立ち飲み・センベロ酒場を飲み巡るブログ

<東海>
立飲み人生劇場
更新が停止していて残念だけど名古屋の魅力的な立ち飲み、角打ちできる酒屋の情報が

<関西>
「日本全国B級グルメぐるぐる紀行」
関西各地の味のある酒場を詳しく紹介してくれる指針になる情報量
「関西女のプチ日記」
他のどこにも載ってないような素敵なディープ飲み屋情報満載の関西酒場ガイダンス
「やまでらのぶらりグルメ&ぶらり日記」
行きたくなる飲み屋がたくさん紹介されてる関西飲み屋巡りの強い味方
「カンクロが行く」
大阪府のローカルなとこまで行く。日記のような数行のセンテンスに静逸なセンスを感じる
「関西安酒場」
更新が止まっているようで残念。バス路線沿いの酒屋などまで簡潔ながら貴重な情報

<九州>
「黒崎~小倉@北九州の居酒屋&BARを制覇せよ!」
ネット上に情報の少ない北九州の酒場を紹介してくれる有り難いサイト

このブログをリンクに追加する
リンクフリーでございます(^ヮ^)

【広告】Advertisement