さすがのプリンおいしい「純喫茶ヒロ」大阪市中央区船場中央

酒場、大衆食堂に次いで好きなのが純喫茶だ。
いや“純”の冠がなくても喫茶店でも好きだ。

船場センタービルの「純喫茶 ヒロ」。
ここは以前から行きたいなとGoogleMapsに場所を保存していた。
船場センタービル10号館の、地下1階ね。

純喫茶ヒロ

店先からプリン推し。
とにかくプリンの定評の高さに揺らぎなし、というのがネットで拾っていた事前情報だ。
そして俺は、プリンとかそういう甘いもんが好きだ。
アルコールとニコチンとカフェインに依存しているダメな精神と身体の昭和のオッサンであるが、甘いもんが好きだ。

純喫茶ヒロ

是非もなくプリンを注文した。
この見た目、たっぷりのソース、添えられたバナナ、イチゴ、そしてアイス。

純喫茶ヒロ

しっかりとしたプリン、定評に違わず、うまい。
充分な満足感を得た。

純喫茶ヒロ

ドリンクとのセットにしていたのでコーヒーも飲める。
コーヒーを飲みながら、タバコが喫える。
プリン推しでプリンが推されているが、タバコを喫える、それでこその純喫茶というものだ。

純喫茶ヒロ

お客さんが多く、人気のある店だと実感した。
そして、プリンが人気でありつつ“映え”とかで集客を得ているのではない、とも判った。
ただ普通に“あそこの喫茶店、プリン美味しいよね”くらいの熱量で、人気の店なんだな。

大阪の喫茶店文化は、あらためて奥深いなと感じた。

この店に行ったのは2021年04月12日
↓「食べログ」での店舗情報

ヒロ喫茶店 / 本町駅堺筋本町駅心斎橋駅

関連記事

心斎橋のお気に入り喫茶「珈琲館 亜羅毘加」大阪市中央区久太郎町

純喫茶ですって言えるんだろうけど、ちょっと違う印象も持っていて、なんというか昭和のカフェーって感じがする。
好きです「珈琲館 亜羅毘加」。

珈琲館 亜羅毘加珈琲館 亜羅毘加

心斎橋の、あのやたら賑やかで派手な、一時期はインバウンド客で溢れていた心斎橋筋商店街じゃない方の、せんば心斎橋筋商店街に位置する。
そのこと自体も好きだなぁ“じゃない方の”っていうのが、なんか玄人好みって言うか(軽薄な感想)。

珈琲館 亜羅毘加珈琲館 亜羅毘加

屋号はコーヒーの品種から取ったに違いなく、まぁ同じ名前の喫茶店やカフェは全国にある気がするが、ここまで一音ずつ漢字を当てちゃった屋号は他にはちょっとないかも。
なんか字面からして仏教とかインド哲学の用語に“亜羅毘加”ってあるのかしら、とか少し思ったり。

それはそうと、店頭のケーキが気になる、ショーケースに陳列もされていて食いたいなと思った。
だが、この日は、夕方の打ち合わせ前に小腹を満たすための軽い食事を求めていた。

珈琲館 亜羅毘加珈琲館 亜羅毘加

もう17時台でまったくランチとかの時間帯じゃなかったが、ドリンクセット何種類かあって有難いなと思った。
ひっとしたら“ランチサービス”と銘打ってある方のメニューも、11時というサービス開始時刻しか明示してないことから夕方でも注文できたかもしれないね。

珈琲館 亜羅毘加珈琲館 亜羅毘加

コーヒーと、ポテトサラダが添えられたホットサンド、あぁこれくらいで丁度いいというやつ。
ポテトサラダがいかにも業務用でディッシャーで掬って盛りましたという様相で、それが妙に嬉しかった。

珈琲館 亜羅毘加珈琲館 亜羅毘加

店内は、けっこう広い。
画像に写っているのは喫煙のエリアで、そこだけでも広めの喫茶店だねという面積だが、同じくらいの広さかなっていう禁煙エリアもある。
入り口かた入ってすぐが禁煙で、奥が喫煙、2つのエリアは完全に仕切られていて、完璧な分煙だ。
だからまったく気兼ねせず喫えるから、嬉しい。

冒頭で“昭和のカフェー”って言い方をしたが、それは“女給さん”と呼びたくなるよな女性フロアスタッフがいるから。
制服が女給さんという雰囲気で、キビキビして明朗な接客もそうで、そしてベテランの方も若い方もと複数名がフロアを行き交っているので“カフェー”って気がするのよね。

珈琲館 亜羅毘加珈琲館 亜羅毘加

この近く、本町に得意先があってそこでの打ち合わせの前とかに、たまに利用している。
直近では2021年05月31日に寄ったな。
コーヒーとサンドウィッチ、いい具合に小腹が満たせて打ち合わせ中に空腹で気が散るということがなくて助かる。
また行くよ、という好きな店。

この店に初めて行ったのは2020年12月17日
↓「食べログ」での店舗情報

亜羅毘加コーヒー専門店 / 本町駅堺筋本町駅心斎橋駅

関連記事

ちゃんと別れていない「カフェ 英國屋 なんばウォーク2番街南通り」大阪市中央区難波

俺はタバコが大好きです依存してますニコチンに。
だから喫茶店は喫煙可能でなければならない。

俺にとってはね。
タバコが無理だ、嫌いだ、という人がいることも判っている。
そういう方には、こちら「カフェ 英國屋 なんばウォーク2番街南通り」はおすすめできない。

カフェ 英國屋 なんばウォーク2番街南通りカフェ 英國屋 なんばウォーク2番街南通り

喫煙は可能であり、分煙という建前とはなっているようだ。
でも、分煙がザルなのよ。

カフェ 英國屋 なんばウォーク2番街南通り

喫煙可の席、そうでない席、いちおうエリアは別れているんだが、いちおう仕切りもあるんだが。
目線を隠す程度の高さの仕切りで、空間を隔てるようにはまったく機能していない。
それじゃあタバコの煙は喫煙不可の席へと余裕で流入してしまう。

そうなると、こっちとしても気兼ねしてしまうのよ。
空間が隔てられていれば、気兼ねしなくて済むのよ。
あるいはまた、全席喫煙可能すなわち喫煙オンリーというスタンスであれば、そもそもタバコが無理な客層は来ないだろうからいいのよ。
いちおう分煙となっていながら機能してないってのが、なんかいちばん困るって思うわ。

カフェ 英國屋 なんばウォーク2番街南通りカフェ 英國屋 なんばウォーク2番街南通り

それはそうとして、コーヒーとホットサンドはおいしかったです。
この日の遅い昼食であった。

カフェ 英國屋 なんばウォーク2番街南通り

まぁ「英國屋」は好きで、これまでなんばウォーク1番街の店舗3番街南通りNAMBAなんなん、それぞれ利用したなぁ。
そっちを利用すればいいので、なんばウォーク2番街南通りは、次はないかなぁ。

この店に行ったのは2021年06月08日
↓「食べログ」での店舗情報

英國屋 なんばウォーク2番街南通り喫茶店 / 大阪難波駅難波駅(南海)日本橋駅

関連記事

最近書いた記事


カテゴリ


プロフィール

どうも、割った鍋です。
食べたり飲んだり、飲んだり。
九州在住、大阪常駐。

大衆酒場、立ち飲み屋、酒屋の角打ちが好きです。

重度の喫煙者であり、昼酒を好むという、社会的にちょっとアレなオッサン。

2014年9月24日開設


割った鍋へのメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索


リンク

各地の飲み屋情報を発信しているサイトをリンクさせてもらってます

<全国>
「立ち呑み@酒店」
全国の酒屋の角打ち、立ち飲み屋についての情報がエリア別に掲載されている
「激渋食堂メモ」
日本あちこちに今も残る、渋くて味わい深い大衆食堂を地域別に紹介しているサイト

<関東>
「居酒屋礼賛」
東京の情報には限らないのだが都内の味のある酒場の情報が豊富で魅惑的かつ地域別インデックス便利
「酔(すい)のどうでしょう?」
東京都内の居酒屋・大衆酒場・古典酒場・立ち飲み・センベロ酒場を飲み巡るブログ

<東海>
立飲み人生劇場
更新が停止していて残念だけど名古屋の魅力的な立ち飲み、角打ちできる酒屋の情報が

<関西>
「日本全国B級グルメぐるぐる紀行」
関西各地の味のある酒場を詳しく紹介してくれる指針になる情報量
「関西女のプチ日記」
他のどこにも載ってないような素敵なディープ飲み屋情報満載の関西酒場ガイダンス
「やまでらのぶらりグルメ&ぶらり日記」
行きたくなる飲み屋がたくさん紹介されてる関西飲み屋巡りの強い味方
「カンクロが行く」
大阪府のローカルなとこまで行く。日記のような数行のセンテンスに静逸なセンスを感じる
「関西安酒場」
更新が止まっているようで残念。バス路線沿いの酒屋などまで簡潔ながら貴重な情報

<九州>
「黒崎~小倉@北九州の居酒屋&BARを制覇せよ!」
ネット上に情報の少ない北九州の酒場を紹介してくれる有り難いサイト

このブログをリンクに追加する
リンクフリーでございます(^ヮ^)

【広告】Advertisement