【残念ながら閉店】期待値を軽々と上回った中華風カツ丼「一心亭」大阪市浪速区難波中

<追記:20202年09月11日>
コロナ禍の影響による営業自粛かなぁ……まだ自粛かなぁ……いつ再開するんだろう……
あっ、店をたたんだのか。

一心亭跡地

「一心亭」があった場所に、まったく別の店がオープンしていたから、閉店していたんだなぁ。
もう、あの“広東風カツ丼”は食えないんだな。
残念。

<初回投稿:20202年03月10日>
そもそも“中華風カツ丼”というものの存在を知ったのは、TwitterのTL上だった。
在大阪暦の長いフォロアーさんがつぶやいていて、すごく惹かれて、それはどこで食えるのか訊いた。

一心亭

その店は難波中の「一心亭」だった。
この店の存在は、仕事先のひとつの近隣なので、見かけて知っていた。
ここに“中華風カツ丼”なるものがあるとは、ぜんぜん意識していなかったが。

一心亭一心亭

店先はけっこう派手な印象だが、店内は思いのほかシックな町中華の風情。
メニューを眺めるとなかなか豊富な品揃えであるようだが、ここは中華風カツ丼一択だ。

一心亭

現れた皿は、この前日に食ったものより、配色が豊かで彩度高めのものだった。
人参の赤がアクセントになっていて、視覚的にもおいしい。

一心亭

食ってみると、重奏的に奥行きのある味わい。
やわらかい甘みのある中華餡、だけには支配されずに和風のダシも感じつつ、玉子のまろやかさもあって。
中華テイストでありながら和のカツ丼の風味もある、ハイブリッドな旨味を楽しめた。
これはクオリティ高いと思うんだ、まだ“中華風カツ丼”を食ったの二度目なんだけど、もうこれが理想形かもしれないと思っちゃったね。

一心亭

ちなみにメニューでは“広東風カツ丼”って表記になってるね。
なにが広東風なのかわかんないけど、730円で深い満足感を得た。
腹も満ちたし、素敵だね。

この店に行ったのは2020年02月13日
↓「食べログ」での店舗情報

一心亭中華料理 / 大阪難波駅なんば駅(大阪メトロ)JR難波駅

関連記事

お目当の品ではないものに惹かれた「中華菜館 一番」大阪市浪速区大国

何年か後に自分でこのブログを読み返すと、2020年の2月は“中華風カツ丼”にご執心だったんだなぁと思い返すのだろう。
最初に桜川の「北京料理 龍」、翌日に難波の「一心亭」、5日空いてこちら大国の「中華菜館 一番」で“中華風カツ丼”を食った。

中華菜館 一番

看板の配色が派手であることを除けば、意外と町角の喫茶店といった佇まいの店である。

中華菜館 一番中華菜館 一番

店先の情報量が多くて、それはそれで楽しくはあるのだが、俺が確認したいのは“中華風カツ丼”が提供されるかどうか。
路上置き看板では“中華風トンカツ”なる品がアピールされており、それが提供できるのなら“中華風カツ丼”もできるに違いないだろうし、よしんばメニューにはなくとも注文すれば作ってくれるかもと思えた。

中華菜館 一番

店内の様子は、うん喫茶店っぽい。
想像したよりキャパがある店舗なんだね、って感想。

中華菜館 一番中華菜館 一番

待つことしばしで現れたものは、第一印象が“黒い”というものだった。
餡が、醤油の色合いが強いものであるのに加えて、カツのコロモが揚げ過ぎで黒い。
相乗効果的に、黒い。
それはそうと具材にマッシュルームって、“中華風カツ丼”では珍しいのかもって思った。

見た目に違わず味付けが強めで、男の子が好きな時っていうやつ。
カツのコロモが剥がれがちで、そのクリスピー過ぎるカリカリ(もうすぐガリガリ)食感は、アクセントになるといえば、なる。

中華菜館 一番

品書きでの表記は“中華風カツ丼”、お得感のある700円。
写真では、そこまで黒くないな。

中華菜館 一番

ところで、店としては餃子と、肉味噌を使った料理を推しているように感じられた。
肉味噌定食、肉味噌丼とあって、丼のほうにだいぶ惹かれたなぁ。
この店に再訪するとしたら“中華風カツ丼”じゃなくて肉味噌丼を注文するな、きっと。

この店に行ったのは2019年02月19日
↓「食べログ」での店舗情報

中華菜館 一番中華料理 / 大国町駅今宮駅今宮戎駅

関連記事

初めての中華風カツ丼「北京料理 龍」大阪市浪速区桜川

大阪の中華料理屋さんには、カツ丼があるという。
九州に住んでいて、カツ丼がある中華料理屋に遭遇したことはかつてなかった。
そして、大阪の中華料理屋さんのカツ丼は“中華風カツ丼”と呼ばれるものであり、一般的にカツ丼として知られているものとは違うものだという。
それは是非、食ってみたいのだ。

北京料理 龍北京料理 龍

事前にネットで拾っていた情報をもとに、大阪メトロ千日前線桜川駅で降りた。
目的の店は「北京料理 龍」、“龍”は“ロン”って読むのね。
昔ながらの、町の庶民中華って風情、好きな感じの店構え。

北京料理 龍北京料理 龍

いろいろメニューが掲示されてるけど、俺の心は中華風カツ丼一択なのよ。
というか、中華風カツ丼は一切アピールされてない。
事前に情報を得ていなければ、この店に中華風カツ丼が存在するのかさえ不明なのよね。

北京料理 龍

カツ丼が提供された。
餡がかかっている、初めて対面した“中華風カツ丼”。
とろりと、黒い見た目。

北京料理 龍

実際に食べてみると、見た目の黒さから予想されたより、甘めの味付けという印象。
食べ進めると、だいぶ甘さでいっぱいって気持ちになって、添えられたスープに救いを求めた。
カツは、トンカツ一枚ってんじゃなくて、ひとくちカツって感じ。
なるほど、こういうものか、という“中華風カツ丼”初体験。

北京料理 龍

こちらの店では、メニュー上の表記は“カツ丼”となってるね。
“中華風カツ丼”と書いてないことで、“大阪の中華料理屋さんではちょっと変わったカツ丼が出てくる”というのをまさに体験したなぁという満足感があった。

これを機に、俺はしばらく“中華風カツ丼”に執着することとなった。

この店に行ったのは2020年02月12日
↓「食べログ」での店舗情報

北京料理 / 汐見橋駅桜川駅西長堀駅

関連記事

最近書いた記事


プロフィール

どうも、割った鍋です。
食べたり飲んだり、飲んだり。
九州在住、大阪常駐。

大衆酒場、立ち飲み屋、酒屋の角打ちが好きです。

重度の喫煙者であり、昼酒を好むという、社会的にちょっとアレなオッサン。

2014年9月24日開設


割った鍋へのメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索