ガチの中華の店なんだね「螢 中華居酒屋」大阪市天王寺区上本町

上本町の「ハイハイタウン」には、しばしば立ち寄るわけですが。
それでもまだ全然、一度も利用したことのない飲食店がけっこうある。

螢 中華居酒屋螢 中華居酒屋

そういう流れで、ハイハイタウン地下1階の奥地にある「螢 中華居酒屋」。
店先のケバケバしい装飾から発せられる熱量から、正直ちょっと敬遠していた店ではあるが、好奇心を奮い立たせて入ってみようと決意した。
その決意の背中を押したのは置き看板に書かれた“ハイボール99円”という安さでもあったが、それより“喫煙OK!!!”のほうが俺には有効打だった。

螢 中華居酒屋螢 中華居酒屋

さっき“店先“と書いたが、違った。
実際の店先は、暗い通路の奥だった。
こういう路地裏っぽい暗さが商業ビル内にあるって良いね、こういうの好き。
一方、店内は普通というか飾りっ気がない。

螢 中華居酒屋

まずビール、黒ラベル瓶。
ピルスナーっぽいグラスじゃなくて、コップだったら嬉しかったなぁ。

螢 中華居酒屋螢 中華居酒屋

食べものメニューを眺めると、なんだか読み方がわからない漢字が使われたものが多い。
日本で使う漢字じゃないね、中国の漢字だね……読めん。
読めんが写真が添えてあるので、だいたいどういうものかは判る。
食ったことはないが、いつか機会があればと思っていた豆腐皮(トウフーピーと読むらしい)があったので、それを注文してみようと思ったが“麻辣”って付いてるんだけど大丈夫なのかヤバいんじゃないのか、と少し不安に。

悶絶するほど辛かったら怖いなと、大陸系であるらしい若い男子スタッフに訊いてみた。
シュッとした男子は、丁寧な日本語で大丈夫ですといった返答を返してくれた。

そんでまぁ、実際に食ってみたら大丈夫でしたよ。
でも、不意に“麻”が襲来したり“辣”が現れたりしたんだけど、それが良いアクセントになったし、“麻”はむしろ爽やかささえ感じさせた。

螢 中華居酒屋

豆腐皮が激辛だった場合に備えて、緩衝材的な役目をしてもらおうと枝豆も注文していた。
枝豆はどっさりあって、なかなか減らないのがビールはもう飲み干していたのでハイボールを注文。
このハイボール、思わず“ふふっ”って笑ってしまうほど、濃かった。
こんなに濃くて、採算はどうなの、つーか99円なんだよねハイボール、赤字じゃないのか。

結局のところ、良い感じの店だった。
何を言っているのかまったく判らない言語が飛び交うが、それもまったく気にならない緩さがあった。
そして、店にとっては全然良いことじゃないだろうが、空いてたので良かった。
ハイハイタウンの店は、おっさんリーマングループがギャーギャー騒いで不快な雰囲気の店も散見されるわけだが、そういうの苦手なんだよね俺。
この「螢 中華居酒屋」はハイハイのオアシスなのかもしれない(でもちゃんと客が入って長続きして欲しい)。

この店に行ったのは2022月05月13日
↓「食べログ」での店舗情報

中華居酒屋 螢中華料理 / 大阪上本町駅谷町九丁目駅四天王寺前夕陽ケ丘駅

関連記事

庶民感が心地よい飲める町中華「味悟空 三国店」大阪市淀川区西宮原

俺にとって東三国の印象は、町中華が充実してるよねぇというものだった。
以前、「大養軒」という店に“中華屋さんのオムライス”を食いに行って、そのついでに町を徘徊してみたら中華料理の店が多いなぁって思ったんだよね、それも全国チェーンとかローカルチェーンでもなく地元感の強い店が。

味悟空 三国店味悟空 三国店

看板のケバケバしさが強い存在感を主張する「味悟空 三国店」。
以前に東三国をウロついた際にも、かなり惹かれて、いつか訪れようと思ってた。

味悟空 三国店味悟空 三国店

店先のメニューサンプルを見ると、かなりフードメニューが充実しているようだ(そりゃそうだよな中華料理屋さんだし)。
店内は素敵な庶民感、なによりテーブル席の天板の、朱色がいいんだよなぁ。


味悟空 三国店味悟空 三国店

多くの中華料理屋さんがそうであるように、一品料理にはハーフがある、小盆ってやつね。
だからなにかハーフの一品をアテに飲むのもいいかと思ったし、ハーフどれでも3品で1,300円というのも豪華に楽しめそうだと思ったが、ハーフとはいえ3品というのは育ち盛りじゃないどころか衰え盛りの俺にはトゥーマッチだ。
そもそも、1軒寄ってるからね、ここの前に。
それで腹はぜんぜん空いてない。

味悟空 三国店味悟空 三国店

丁度いい、と思えるものがあった。
ミニ冷菜盛り合わせ、キムチ、焼き豚、蒸し鶏がセットになって650円、いいねぇ。
これでウーロンハイ400円也を飲もう。
冷菜のセットはいい感じに酒を進ませ、またウーロンハイはジョッキとかじゃなく控えめなグラスだったもんでグイグイ空けてしまって結局3杯だったか飲んだっけ。

味悟空 三国店味悟空 三国店

タバコが喫えるし、まったりダラダラ楽しんだ。
出前の対応に忙しそうだったが店内はけっこう空いていた、けど17時台も後半って頃にはポツポツと席が埋まり始めたので、そろそろお暇の頃合いか。
店を出ると看板の電飾が灯っていて、これから飲める中華屋として本気出す、って面構えになってた。
飲める町中華、いいね。

この店に行ったのは2022月03月29日
↓「食べログ」での店舗情報

味悟空 三国店中華料理 / 東三国駅新大阪駅三国駅

関連記事

庶民ゴージャスですね「中華料理 大福」大阪市浪速区難波中

更新をサボっていた時期の積み残し、2020年の春、そろそろ桜の見頃も終わる頃。
この時期に通ってた難波中の現場周辺あちこちで昼メシを食っていた時期。

中華料理 大福中華料理 大福

難波中の、ちょっと入り込んで店舗より住宅が多い通りで、強めの存在感。
サイネージとか張り出した袖看板とか屋根の意匠とか、主張が強めの「中華料理 大福」。

中華料理 大福

ランチがいろいろあって値段は強気ではない、どころか定食は“ごはんとスープおかわり自由”で650円からあるんだから腰が低い価格設定だね。

中華料理 大福中華料理 大福

店内が、良い。
飾り付けが、強い。
もう過剰でしょう、飾らずにはおれないのですか……と言いたいほどなんだよね、話しを逸らすけどグラフィックデザインの世界では積極的に余白を設けるべきとの考え方があり、それは“余ってしまった空間”という余白デハナク“ホワイトスペース”と呼ぶんだけども、話しを戻すとこちらの店内の装飾は“ホワイトスペース? そんなのダメです、そんなの死んでしまいます”っていうような追い立てられているような感じさえある。
でもまぁ、ゴチャゴチャして楽しいとも思える、ゴージャスなんだよね、洗練はされてない庶民感あふれるゴージャス。

中華料理 大福中華料理 大福

調味料なんかもいっぱい並べてさぁ、それらひとつひとつに絵が入っててねぇ。
湯呑みにも絵が入っていてねぇ。
徹底してる。

中華料理 大福

でもメシは普通だったよ。
たんたん麺セット850円也。
普通にうまかっ……うん、ちょっと大人しかったかな。

つーか、仕事の合間の昼メシで行く店ってより、仲間とガハハと会食するのに良い店だと思ったわ。

この店に行ったのは2020年04月10日
↓「食べログ」での店舗情報

中華料理 大福中華料理 / 難波駅(南海)大阪難波駅なんば駅(大阪メトロ)

関連記事

最近書いた記事


カテゴリ

プロフィール

どうも、割った鍋です。
食べたり飲んだり、飲んだり。
九州在住、大阪常駐。

大衆酒場、立ち飲み屋、酒屋の角打ちが好きです。

重度の喫煙者であり、昼酒を好むという、社会的にちょっとアレなオッサン。

2014年9月24日開設


割った鍋へのメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索