初めての高井田ラーメン「中華そば 光洋軒」大阪市東成区深江南

大阪には“地ラーメン”ってないよな、って思ってた。
その地に根ざした、昔からあって、そのエリアでずっと愛されているラーメンっていうやつ。

ごめん、今回だいぶ前置きが長くなる。

九州では、福岡には博多ラーメンがあって、さらにエリアを限定して長浜ラーメンがあって、博多ラーメンと長浜ラーメンは違うものだなという差異も確認できて、さらに福岡県内でも久留米のラーメンは別物で、隣県の熊本のラーメンもまた、博多や久留米のものとは違うなって独自性が見える。
九州北部だけでも“地ラーメン”と呼べるものは複数あるなって思えるのに、大阪には、ないよなぁ。
都市の規模の大きさの割には、大阪には“地ラーメン”ってないよなぁ……と、ずっと思っていた。

強いて言えば「神座」なのかな、って20年くらい前には思ってたが、あまり魅力を感じなくて食ったことはない。
また、Twitterで交流のあるネイティブ大阪人の方から“あれはルーツは奈良なんだよね”とサジェスチョンをいただいて、あぁ大阪のものじゃないんだなぁ、と。

ま、大阪は粉もの文化だし、うどん絶対勢力圏だし、ラーメンは別にどうでもいいのかな大阪の人は。
俺も別にラーメンというものにそれほど情熱はないし、大阪“地ラーメン”問題で真剣に悩んでいるわけでもない。
と、そこで前述のネイティブ大阪の方から“高井田ラーメン”という聞いたことのないタームが投げかけられたのだった。

高井田ラーメン、それこそが大阪の“地ラーメン”と呼べれるものなのか。
気になって、実際に食ってみたいなぁと高井田まで行ってみたね。

中華そば 光洋軒

初めて聞いた地名なので、遠かったりアクセスが悪いエリアだったら億劫だなぁと思ったが、なんのことはない近鉄布施駅から歩いてちょっとの場所だった。
布施は、何度か飲みに行って馴染みがあるし、好きな町だ。
千日前線の新深江からも遠くないロケーションで、そっちからアプローチした。

中華そば 光洋軒

前述のネイティブの方から高井田ラーメンの店として二軒を教えてもらっていて、そのうちの一軒「中華そば 光洋軒」へと訪れた。
老舗っぽい風格のある面構え。

中華そば 光洋軒中華そば 光洋軒

初めての高井田ラーメン、品書き的には中華そば、600円也。
まず、黒い、スープが黒い。
醤油の香りが鼻腔を刺激する。
肉、メンマ、多量のネギ、無骨なルックス。

中華そば 光洋軒

麺が太い、かなり太い、博多の細麺に慣れ親しんだ俺にとって、これは極太だ。
噛むのに苦労する、というファーストインプレッションを抱いたほどに、太くて反発力さえ感じた。
スープは直球で醤油味だな、まったくストレートに醤油濃い味、塩っぱさ。

かなり独自性を感じて、紛うことなき、これぞ大阪の地ラーメンだ、というものを味わえた。
行った甲斐があった、と大いに満足した。

もう一軒、この日は休みだった高井田ラーメンの店にも、いつか行ってみたいな。

この店に行ったのは2019年02月17日
↓「食べログ」での店舗情報

中華そば 光洋軒ラーメン / 布施駅新深江駅小路駅(大阪メトロ)

関連記事

なぜ熊本ラーメン「都そば 福島店」大阪市福島区福島

江戸堀で単発の仕事を終えて、昼メシなど食おうと飲食店を眺めながらぶらぶら歩いてたら福島。
福島にはオサレな店があるのかしらとうろうろしてたら、「都そば」。

都そば 福島店都そば 福島店

以前は“東京でいうところの「富士そば」的なポジションかな”って思ってたけど、大阪に常駐しはじめてから逆にあんまり見かけないなぁと感じていた「都そば」。
こちらの店舗は「都そば 福島店」。

都そば 福島店

せっかく通りすがったし、そばでも食うか……と思ったが、なぜかラーメンが推されていた。
しかも、熊本ラーメン。
関西の立ち食いそばチェーンで、なぜ熊本ラーメン……。

都そば 福島店

注文してみたよね。
食ってみたら、まぁ熊本ラーメンっぽいよね、焦がしマー油もね、それっぽい……が、なにかが違う。

都そば 福島店

違和感は、具だな。
メンマって熊本ラーメンに乗ってる印象がないんだよなぁ……きくらげ、きくらげ乗ってないなぁ。
スライスした茹で玉子、きくらげ。
それらが乗ってないと、あんまり熊本ラーメンって感じしないね。

この店に行ったのは2020年02月08日
↓「食べログ」での店舗情報

都そば 福島店そば(蕎麦) / 福島駅新福島駅中之島駅

関連記事

ラーメンもアリだよねぇ「なんばうどん」大阪市中央区難波

難波での夕方からの仕事にはいる前に、うどんを食うことがルーティーンになりつつある。
せっかくだから、界隈にある全部の立ち食いうどん店に行ってみたいなというノリになりつつある。

なんばうどん

なんば南海通、アーケード内の「なんばうどん」へ。
看板のダイナミックな古臭いデザインが味わい深いねぇ。
店内の様子を窺うと椅子が見えるね、立ち食いじゃないんだね。

なんばうどん

最低価格帯170円、立派な激安だね「松屋」レベルだね。
会計は食券制、券売機に掲示された品書きのラインナップを見ると、ラーメンがあるんだねぇ。
屋号でも看板でも“うどん”の店であることが主張されているんだから、ここでラーメンという選択は邪道な気はした。

なんばうどん

だが、あえてのラーメン320円也。
もやし、ネギ、チャーシュー、ゆで玉子がのった、透明なスープの、和風ラーメンという感じ。
これ320円って、安いよねと素直に思った。

なんばうどん

この澄んだスープは、なんだろうね、うどんスープ流用の和風だしスープってことかね。
豚とか鶏とか、畜肉の旨味は足されてないような、それでいてラーメンとして物足りなくは感じないスープ……なのは、化学調味料のチカラなのだろうか……それからまぁ結構なコショー風味でもあったな。

なんだか今ひとつよく判らなかったんだけど、このラーメン320円で食えるんならアリかナシかで言えばアリアリのアリだろう、俺は評価するなぁ。

それはそうと、次の機会には、うどん食おう。

この店に行ったのは2019年12月26日
↓「食べログ」での店舗情報

なんばうどんうどん / 難波駅(南海)大阪難波駅近鉄日本橋駅

関連記事

最近書いた記事


カテゴリ


プロフィール

どうも、割った鍋です。
食べたり飲んだり、飲んだり。
九州在住、大阪常駐。

大衆酒場、立ち飲み屋、酒屋の角打ちが好きです。

重度の喫煙者であり、昼酒を好むという、社会的にちょっとアレなオッサン。

2014年9月24日開設


割った鍋へのメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索


リンク

各地の飲み屋情報を発信しているサイトをリンクさせてもらってます

<全国>
「立ち呑み@酒店」
全国の酒屋の角打ち、立ち飲み屋についての情報がエリア別に掲載されている
「激渋食堂メモ」
日本あちこちに今も残る、渋くて味わい深い大衆食堂を地域別に紹介しているサイト

<関東>
「居酒屋礼賛」
東京の情報には限らないのだが都内の味のある酒場の情報が豊富で魅惑的かつ地域別インデックス便利
「酔(すい)のどうでしょう?」
東京都内の居酒屋・大衆酒場・古典酒場・立ち飲み・センベロ酒場を飲み巡るブログ

<東海>
立飲み人生劇場
更新が停止していて残念だけど名古屋の魅力的な立ち飲み、角打ちできる酒屋の情報が

<関西>
「日本全国B級グルメぐるぐる紀行」
関西各地の味のある酒場を詳しく紹介してくれる指針になる情報量
「関西女のプチ日記」
他のどこにも載ってないような素敵なディープ飲み屋情報満載の関西酒場ガイダンス
「やまでらのぶらりグルメ&ぶらり日記」
行きたくなる飲み屋がたくさん紹介されてる関西飲み屋巡りの強い味方
「カンクロが行く」
大阪府のローカルなとこまで行く。日記のような数行のセンテンスに静逸なセンスを感じる
「関西安酒場」
更新が止まっているようで残念。バス路線沿いの酒屋などまで簡潔ながら貴重な情報

<九州>
「黒崎~小倉@北九州の居酒屋&BARを制覇せよ!」
ネット上に情報の少ない北九州の酒場を紹介してくれる有り難いサイト

このブログをリンクに追加する
リンクフリーでございます(^ヮ^)

【広告】Advertisement