ようやく行けた高井田ラーメン「中華そば 住吉」大阪市東成区深江南

高井田ラーメンという存在を知って、それは食ってみたいものだと「中華そば 光洋軒」で初めて高井田ラーメンを経験したのだが、それから1年半以上を経て、ようやく「中華そば 住吉」へ。

中華そば 住吉

高井田ラーメンを知った時点で「中華そば 光洋軒」と「中華そば 住吉」の2店が正統で象徴でって立ち位置だと認識したから、どちらの店でも食ってみたいと思った。
片方だけで食って“なるほど高井田ラーメン”と解った気になってはいかんだろう、両方とも食ってみねばと思った。
俺が熱心なラーメンマニアだったなら、最初に高井田へ向かった日にハシゴして両方とも食ったかもしれない。
そして仮に、博多ラーメンのように麺が細くて替え玉前提のコンパクトなボリュームであったなら、ハシゴは容易だったかもしれない。
だが高井田ラーメンは、そうじゃない。

中華そば 住吉

狭いながらも和める店内。
立ち寄ったのが13時過ぎだったから、たぶん昼メシ利用のピークは過ぎてたんだよね。
なかなか利用できずにいたのは、営業が14時までという情報があって、他に品切れ次第終了というのもあって、実際のところ夕方に店の前を通りがかっても閉まってたりして。
それで午後の早い時間に行けるタイミングを待ってたら1年半以上もかかったんだよね行けるまで。

中華そば 住吉中華そば 住吉

さぁ中華そば、並600円。
見た目は、当たり前のことだが“これぞ高井田ラーメンだ”というものだ。
そして、食う前から醤油の香り。

麺の太さと、噛み応えが身上だ……ごわっ……ごあっ、という感触というのは言い過ぎか、それに美味しくなさそうかもしれないが、うまく言えないけど“手強い”という感覚はある。
ネギ、焼豚、メンマが、それぞれ違う噛み応えの変化を楽しませる。

スープは、恐る恐る啜ると、深い醤油の風味。
ズズっと啜る、くらいに留めておきたい、ズビズバーとスープを啜ってしまうと塩気がやはり強くってね。
いやまぁ、言うてもそこまで塩っぱいわけでもな……いえ塩っぱいです。

さてこうして「中華そば 光洋軒」と「中華そば 住吉」の2店で食ったので、俺の中に高井田ラーメンのベンチマークができた気がする。
こうなると、派生系の店にも行ってみたくなるね。

この店に行ったのは2020年11月16日
↓「食べログ」での店舗情報

中華そば 住吉ラーメン / 布施駅新深江駅小路駅(大阪メトロ)

関連記事

高井田で高井田じゃなく豚骨「天下第一」大阪府東大阪市高井田西

大阪には“高井田ラーメン”というものがあって、それは食ってみたいものだなぁと「中華そば 光洋軒」に行ったのは、もう一年上も前のことだな。
すぐ近くに「中華そば 住吉」という店もあり、「光洋軒」と「住吉」が高井田ラーメンの両雄であるようなので、どっちも行ってみたいよなぁと思いつつ機会を得られずにいた。

以来、布施のほう行けそうなタイミングのときにGoogleMapsを眺めては「住吉」の情報を確認し“やっぱダメだ”と落胆することが幾度か……営業時間がネックなんだよ、閉まるの早いんだよ14時までだよ、それで行けないんだよ。
いやまぁ「食べログ」には18時って記載があるけど、どうも営業が何時までなのかは諸説あるようで、そもそも売り切れ次第終了というのが基本方針のようで、そうであれば14時くらいなんだろうなと思っていたほうが間違いないよなぁって。

そんなこんなで「住吉」に行くことのないままGoogleMapsを眺めることが何度かあったんだが、そのうちに気づいた。
あれ、近くに豚骨ラーメンの店があるんだ、と。
高井田ラーメン二大巨頭が並び立つ通りで、その並びに豚骨ラーメンの店を出すとは野心的なチャレンジャー魂よの、と興味が湧いたのですよ。
と、まぁ、はいここまでが長い前置きとなります。

天下第一天下第一

こちらが「天下第一」。
看板に“豚骨”の文字。
ただ、スープが豚骨だよというだけで、博多ラーメンとか九州ラーメンとかは謳ってないのね。

天下第一天下第一

そしてメニューを見ると豚骨オンリーではないと判った。
フレキシブルに対応するけど、デフォルトは豚骨だよというスタンスかな。
品名がシンプルに「ラーメン(並)」である商品のスープが豚骨であることから、やはりデフォルトが豚骨なのでしょう。

天下第一天下第一

「ラーメン(並)」を注文した。
見た目はシンプルで、ネギ、チャーシュー、モヤシが乗っている。
麺は博多ラーメンのような細さではなく、やや太めって感じ。

食べてみると麺の茹で加減は柔らかめで、ツルリとした表面の舌触り。
スープは、ちょっとポタージュみたいなクリーミィさで、表面には脂が張っていて。
うん、これって久留米ラーメン系でしょう。

天下第一天下第一

北部九州のラーメンには紅ショウガが欲しいでしょ、って思ったんだが見当たらず。
おろしニンニク、辛子高菜ならぬ辛子ニラがフリートッピング要因として用意されていた。
紅ショウガがないしゴマもないし、これはもう久留米ラーメンどころか福岡県とか熊本県でもないどころか北部九州のラーメンじゃないんだよ、ってことかもしれないね。
スープは豚骨だけど、まぁこの店独自のラーメンですわ、ということかも。

で、それが、美味しかったのよね。
俺は長いこと九州で暮らしていたわけだが、これはこれで美味しい豚骨ラーメンじゃん、と思ったよ。

この店に行ったのは2020年10月21日
↓「食べログ」での店舗情報

天下第一ラーメン / 布施駅新深江駅小路駅(大阪メトロ)

関連記事

なるほどガンナガだね「元祖ラーメン長浜 たま屋」大阪市天王寺区生玉町

上町台地を日本橋のほうへ下って谷町九丁目駅を過ぎてちょっと行ったところに長浜ラーメンの店があるな、と。
九州で育って福岡市に何年も住んでいたので、まぁちょっと気になってはいた。

でも、先に言っておくと、福岡に居た頃から元祖長浜屋だか長浜家だかは、ほんの数回しか利用してない。
でも大阪で過ごしてる今だと、ああ元祖長浜か、ガンナガかぁって、ちょっと気になるという気持ち。

元祖ラーメン長浜 たま屋

そんなこんなで「元祖ラーメン長浜 たま屋」に寄ってみた。
ああ、外観の殺風景さ、ガンナガっぽいね。

元祖ラーメン長浜 たま屋

食券制なのもガンナガだね。
ラーメン550円、安いじゃんって感じるよ大阪にあるガンナガ系の店として。
本家が……本家ってどれだよ……分裂だかクーデターだか知らんが“屋”と“家”があって、どっちがどっちだっけって判別できてないんだけど、まぁどっちもラーメンどんどん値上げして、屋だか家だかどっちかは600円くらいだよね。
それからすると、長浜から遠く離れた大阪でガンナガ系を550円で提供してるのは安いって思える。

元祖ラーメン長浜 たま屋元祖ラーメン長浜 たま屋

見た目、ばっちりガンナガだね。
ゴマがあって紅生姜があって、うんうん。

麺の硬さは“ふつう”で頼んだけど“カタ”だったね。
スープが塩っぱいね、もっと薄味でいいと思うんだけどね。
肉が、クズ肉っぽくてガンナガっぽいんだけど、ガンナガよりクズっぽくなくて多い気がするね。

なるほどガンナガだね、という満足感は得た。
それはそうと店はワンオペで大変そうだったんだが大丈夫か。

この店に行ったのは2021年10月05日
↓「食べログ」での店舗情報

元祖ラーメン長浜 たま屋ラーメン / 谷町九丁目駅大阪上本町駅近鉄日本橋駅

関連記事

最近書いた記事


カテゴリ


プロフィール

どうも、割った鍋です。
食べたり飲んだり、飲んだり。
九州在住、大阪常駐。

大衆酒場、立ち飲み屋、酒屋の角打ちが好きです。

重度の喫煙者であり、昼酒を好むという、社会的にちょっとアレなオッサン。

2014年9月24日開設


割った鍋へのメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索


リンク

各地の飲み屋情報を発信しているサイトをリンクさせてもらってます

<全国>
「立ち呑み@酒店」
全国の酒屋の角打ち、立ち飲み屋についての情報がエリア別に掲載されている
「激渋食堂メモ」
日本あちこちに今も残る、渋くて味わい深い大衆食堂を地域別に紹介しているサイト

<関東>
「居酒屋礼賛」
東京の情報には限らないのだが都内の味のある酒場の情報が豊富で魅惑的かつ地域別インデックス便利
「酔(すい)のどうでしょう?」
東京都内の居酒屋・大衆酒場・古典酒場・立ち飲み・センベロ酒場を飲み巡るブログ

<東海>
立飲み人生劇場
更新が停止していて残念だけど名古屋の魅力的な立ち飲み、角打ちできる酒屋の情報が

<関西>
「日本全国B級グルメぐるぐる紀行」
関西各地の味のある酒場を詳しく紹介してくれる指針になる情報量
「関西女のプチ日記」
他のどこにも載ってないような素敵なディープ飲み屋情報満載の関西酒場ガイダンス
「やまでらのぶらりグルメ&ぶらり日記」
行きたくなる飲み屋がたくさん紹介されてる関西飲み屋巡りの強い味方
「カンクロが行く」
大阪府のローカルなとこまで行く。日記のような数行のセンテンスに静逸なセンスを感じる
「関西安酒場」
更新が止まっているようで残念。バス路線沿いの酒屋などまで簡潔ながら貴重な情報

<九州>
「黒崎~小倉@北九州の居酒屋&BARを制覇せよ!」
ネット上に情報の少ない北九州の酒場を紹介してくれる有り難いサイト

このブログをリンクに追加する
リンクフリーでございます(^ヮ^)

【広告】Advertisement