なんだか暖かい世界「キッチン あや」福岡市博多区奈良屋町

更新をサボっていた時期の積み残し……この店に行ったのは2018年11月26日。

客先を訪問しての、奈良屋町での昼メシどき。
ちょっと風情のある小道に、味わい深い存在感の「キッチン あや」という店があった。

キッチン あや

色褪せたテントの小さな店、こういう感じに惹かれる。
店先に張り紙が何枚かあって、どうやらカレーの店なのかな。

キッチン あやキッチン あや

ふむ、昼はカツカレー、そして夜は居酒屋っぽい営業か。
アピールされているカツカレー、コーヒー付きで650円って安いなと思った。

結構お歳のいった、ご夫婦であろうお二人が迎えてくれた。
カツカレーを注文し、しばし待つ。
ランチのピークをひと山超えたというタイミングだったか、ゴハンが切れたのだろうか、ちょっとお時間かかりますとのことだが俺は急いではいない。

キッチン あや

先にサラダが提供され、コーヒーも付いてきた。
たぶんコーヒーは本来なら食後に出してくれるのだろうが、カツカレーに時間がかかるので先にコーヒー飲んでてね、ってことだろう。
ご主人も女将さんも、しきりに待たせて申し訳ないと詫びてくださるのだが、急いでないし気にしない。

キッチン あや

待ってる間に店内を眺めると、なんというか装飾品などが店というより家って感じ。
じいちゃんとばあちゃんの家にメシを食いに寄った、ってな気分になる感じ。

待たせてすみません、とカツカレーが提供された。
しきりと恐縮されていらっしゃったが、店に入ってから20分も経たずに提供されたから、そこまですごく待たされたわけではないのよね。

キッチン あや

カツカレーは、盛り付けが雑然としていた。
それは、なにか微笑ましい感じの、拙い様子の、ちょっと笑ってしまうタイプの雑さだった。
不思議と“カワイイ”と思ってしまった。
そう感じたのは、お店のお二人の人柄、なんだか不思議に優しい空気のせいだろう。

キッチン あや

食べてみると、カレーは家庭料理の延長ってとこかな……と正直なところ感じた。
でも食べ進めると以外と奥行きのある、スパイシーでもある、創意工夫と手間暇を想像するような味……でありつつ良い意味で家庭料理の延長と感じたね。

ユニークだな、という感想。
そうそう、夜の居酒屋メニューも、昆布チップス、青じそとしょうがの天ぷら、などユニークな品が並んで、しかも安いんだよなぁ。
いつか夜に酒を飲みに寄りたい、と思いながらも機会をまだ得ていない。

↓「食べログ」での店舗情報

キッチンあや定食・食堂 / 呉服町駅中洲川端駅千代県庁口駅

関連記事

とんかつ丼とんかつカレー「こけし」大阪市浪速区日本橋

先だって「カレーや マドラス」に行ったとき、その近くで気になる看板があった。

こけし

どぎつい色使いでぐいぐいアピールする“とんかつ丼”と“とんかつカレー”の押しの強さ。
後日、その店「こけし」に行ってみた。
看板からして学生向け大衆食堂みたいな店舗かと思ったが、店内は予想より小綺麗だった。

さて“とんかつ丼”と“とんかつカレー”の二枚看板、どちらを食うか迷った。
店先の暖簾には“とんかつ丼”がより大きく記されていたから、そちらにした。

こけし

とんかつ丼790円。
グリーンピースがのってるのが昭和ノスタルジー感じて、いいね。
この店ではダブルエッグ、ダブルとんかつ、セパレーツ(カツとじとごはん別盛り)、ダブルとんかつダブルエッグ、ダブルエッグセパレーツスーパーなどなどバリエーションがいろいろあるのだが、俺が注文したのはノーマル仕様。

こけし

素直に美味しいカツ丼だった。
名称が“とんかつ丼”だからカツがすごいのかなと思っていたが、まぁ普通に、やや薄いかな、でもきちんと下味もっていう感じのカツだったな。

こけし

やっぱり“とんかつカレー”も気になるよなぁ、と後日再訪。
新世界東映で映画を見る前の腹ごしらえにと、利用しやすい場所でもあるので。

こけし

とんかつカレー990円。
カレーにはグリーンピースないのね。
玉子入りとかダブルとか、やはりカレーにもバリエーションがあるのだが俺が注文したのはノーマル仕様。

こけし

カレー、うまいな。
辛さ穏やかな欧風カレー、甘さや酸味、ほのかにほろ苦さなんかも感じる奥行きのある味わい。
正直、カツカレー990円って高くねぇかって思ってたんだけど、美味しかったから納得しちゃった。

ところで、カレーにもタクワン付いてくるんだよね、カツ丼にタクワンはいたって自然だけどカレーにも? って思ったんだけど、まぁこのタクワンが大ぶりで厚くてなかなかうまいんだけど、フロアスタッフが隙あらばタクワンおかわりを有無を言わさず断行するので、もう十分だと思ったら気配でおかわりを察知して“もういいです”と言わなければならないというのは事前知識として知っておいたほうがいいかもだ。

この店に二度目に行ったのは2019年10月13日
↓「食べログ」での店舗情報

こけしかつ丼・かつ重 / 恵美須町駅難波駅(南海)今宮戎駅

関連記事

大阪のカレー「カレーや マドラス」大阪市浪速区日本橋

大阪に定期的に通い始めた頃、あちこちで見かける気がするな、大阪のローカルチェーンかな、と「上等カレー」「インデアンカレー」が気になっていた。
そのどちらも行ってみて、もう気が済んだが、まだ他に気になるカレー屋さんがあった。
難波辺りが行動圏である人らに根強い人気があるらしい「マドラス」。

カレー マドラス

難波元町や千日前に店舗があるが、総本山であるらしい日本橋の「カレーや マドラス」へ。
もう20年ほど営業してて老舗と言えると思うが、店の外観は肩の力が抜けた感じの、ありふれた店って感じ。
それが逆に、穴場って感じもするんだなこれが。

カレー マドラス

小600円、トッピングにカツ200円。
美しく盛り付けようとかって意識はなさそうに、ありのままに出てきたカレー。
ひとくち食べると“甘っ?!”という衝撃、そしてやがて訪れる辛さ。
これは「インデアンカレー」でも感じたことで、どうやらこの“まず甘くてやがて辛い”ってのが大阪のカレーなんだろうな、と思った。

スパイスカレーの大流行とは別に、大阪ならではのカレーがあるんだなと見識が広がった気がして満足した。

この店に行ったのは2019年9月26日
↓「食べログ」での店舗情報

カレー マドラスカレーライス / 恵美須町駅難波駅(南海)四天王寺前夕陽ケ丘駅

関連記事

最近書いた記事


カテゴリ


プロフィール

どうも、割った鍋です。
食べたり飲んだり、飲んだり。
九州在住、大阪常駐。

大衆酒場、立ち飲み屋、酒屋の角打ちが好きです。

重度の喫煙者であり、昼酒を好むという、社会的にちょっとアレなオッサン。

2014年9月24日開設


割った鍋へのメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索


リンク

各地の飲み屋情報を発信しているサイトをリンクさせてもらってます

<全国>
「立ち呑み@酒店」
全国の酒屋の角打ち、立ち飲み屋についての情報がエリア別に掲載されている
「激渋食堂メモ」
日本あちこちに今も残る、渋くて味わい深い大衆食堂を地域別に紹介しているサイト

<関東>
「居酒屋礼賛」
東京の情報には限らないのだが都内の味のある酒場の情報が豊富で魅惑的かつ地域別インデックス便利
「酔(すい)のどうでしょう?」
東京都内の居酒屋・大衆酒場・古典酒場・立ち飲み・センベロ酒場を飲み巡るブログ

<東海>
立飲み人生劇場
更新が停止していて残念だけど名古屋の魅力的な立ち飲み、角打ちできる酒屋の情報が

<関西>
「日本全国B級グルメぐるぐる紀行」
関西各地の味のある酒場を詳しく紹介してくれる指針になる情報量
「関西女のプチ日記」
他のどこにも載ってないような素敵なディープ飲み屋情報満載の関西酒場ガイダンス
「やまでらのぶらりグルメ&ぶらり日記」
行きたくなる飲み屋がたくさん紹介されてる関西飲み屋巡りの強い味方
「カンクロが行く」
大阪府のローカルなとこまで行く。日記のような数行のセンテンスに静逸なセンスを感じる
「関西安酒場」
更新が止まっているようで残念。バス路線沿いの酒屋などまで簡潔ながら貴重な情報

<九州>
「黒崎~小倉@北九州の居酒屋&BARを制覇せよ!」
ネット上に情報の少ない北九州の酒場を紹介してくれる有り難いサイト

このブログをリンクに追加する
リンクフリーでございます(^ヮ^)

【広告】Advertisement