夏のカオマンガイ納めとなったが来シーズンにまたぜひ「博多カオマンガイ 万国屋」福岡市中央区大名

2017年08月下旬は集中的にカオマンガイを食っていた。
大名の「ガムランディー」「ラーンガンエーン」、西新の「アイヤラー」と、GoogleMapsでカオマンガイが食える店を探して、短期間に3軒で食った。

なんでそんなに集中して食ったかというと、それ以前にカオマンガイというものを食ったことがなかったから、“カオマンガイとはこういう食べものだ”というベンチマークを自分の中に形成したかったからだ。
ただ1軒で1度だけ食ってみだけという体験では、ベンチマークたりえない。
それにしても3軒で食えばもうだいたいカオマンガイがどういうものか把握できたと言って良いだろって気分だが、ダメ押し的にもう1軒「博多カオマンガイ 万国屋」へ。

博多カオマンガイ 万国屋

この大名紺屋町通り裏手の小さな路地にある小さな店は、最後に行こうと思っていた、という側面もあるが営業は平日のみで夜にはやってないし平日の昼間に行っても臨時休業しててフラれたなど利用するのが容易でなかった面もあってカオマンガイ巡りの大トリとなった。

博多カオマンガイ 万国屋博多カオマンガイ 万国屋

だいぶ店舗の外まで看板などを出してあるが、店舗そのものは軽く驚くほどに小さい。
店先にも小さな席が用意されてるが、店内には確か4席ほどしかなかったんじゃないかな、カウンターに2席と2人掛けテーブルひとつって感じだったな。
この日は幸い、カウンターが空いていた。

博多カオマンガイ 万国屋

モニターやタブレットでタイのテレビ番組っぽいもの、CMとかが流れていて、注文した料理が提供されるまで眺めていたが、面白い。

博多カオマンガイ 万国屋博多カオマンガイ 万国屋

カオマンガイは美しく盛り付けられていた。
ソースが2種添えられて、別に2種の唐辛子も。
この唐辛子が辛くって、これはヤバいと感じながらも、もうちょっとだけと欲してしまう魔の魅力があった。
茹でられた鶏、そのスープで炊かれたジャスミンライス、どちらもたっぷり満腹になるボリュームがあった。

博多カオマンガイ 万国屋

ところで、今はこの店、営業してないんだよ。
ブログの更新が滞ってたせいで恐縮なんだが、ようやく掲載したこの冬の時期は、やっていない。
だいたい11月まで営業して、冬になると長野県の白馬村での営業という、シーズンで場所を移して活動してる。
たぶんゴールデンウィークを過ぎた頃に、また大名に戻ってくると思うよ。
そしたら、また行きたいな。

この店には、茹でた鶏のカオマンガイの他に、揚げた鶏のカオマンガイ・トートというメニューもあるんだよ。
次回は、それを食べてみたい。

博多カオマンガイ 万国屋

そんなこんなで、これが短期集中カオマンガイ巡りの締めとなった。
満足した。
カオマンガイ、うまい。

↓「食べログ」での店舗情報

万国屋タイ料理 / 赤坂駅西鉄福岡駅(天神)天神駅

関連記事

土日のランチにほっこりカオマンガイという気分「アイヤラー」福岡市早良区西新

2017年08月下旬は集中的にカオマンガイを食っていた。
まずは手近な場所でと、大名の「ガムランディー」「ラーンガンエーン」で食ってみて、なるほどカオマンガイとはこういうものかと認識を得た(それまで食ったことなかったのよね)。

さらに経験値を積むために、カオマンガイが食える店をGoogleMapsで探して西新まで行ってみた。

アイヤラー

明治通りからちょっと横道に入ると、おむむろに静かな住宅地っぽい景色になるね。
この通りに、こぢんまりと目当ての店はあった。

アイヤラー

「アイヤラー」というタイ料理店。
間口が狭く、小さな喫茶店といった佇まいだなぁ。
店に入ると、店内もコンパクトだが、狭苦しいという感じはしない。

アイヤラー

カウンター席に着くと、お冷ではなくジャスミンティー(だったかなぁ)を出してくれた。
暑い日だったので、その清涼感が嬉しかった。

アイヤラーアイヤラー

この店のカオマンガイは、土日祝限定ランチとなる。
730円は安価だなぁと思うね。
カオマンガイは土日祝だけ出してますという店を、これで「ガムランディー」に次いで2軒経験した。
提供日を限るのは、手間を想像すると納得できる。
鶏を茹でて、そのスープでジャスミンライスを炊いて、という事前準備が要るもんね。
それを毎日やって、今日は一皿もカオマンガイのオーダーがなかったって日があれば、けっこうなダメージだろう。
そこまで人気メニューってわけじゃないと思うもんねタイ料理の中で、注文がない日はある気がする。

料理が提供されるのを待つ間にメニューを眺めると、タイ料理で使われる香草などの紹介があって期待が高まるね。

アイヤラー

シンプルに盛り付けられたカオマンガイ。
鶏肉の盛り付けは、ちょっと乱れてるかなと感じもしたが、考えようによって“もうちょっと肉を乗せておきますよ”という風にも見えて嬉しい気もするのだ。

じんわい美味しいカオマンガイだった。
添えられたソースは辛味は穏やかで、スープの旨味が深かった記憶があるな。

雰囲気の良い小さな店で、近くに行ったら立ち寄りたいと思うタイプだね。

↓「食べログ」での店舗情報

アイヤラータイ料理 / 西新駅唐人町駅

関連記事

リーズナブルなカオマンガイのランチ「ラーンガンエーン」福岡市中央区大名

2017年08月下旬は集中的にカオマンガイを食っていた。
きっかけは、これはどうかな? というものを食ったことだ。

カオマンガイが食える店をGoogleMapsで探して、大名の「ラーンガンエーン」という店に行ってみた。

ラーンガンエーン

なんというか、賑々しいというか華々しい外観だね。
タイっぽいということか。

ラーンガンエーン

入り口周辺は、さらに賑々しいというか、もはやゴチャゴチャしてるね。
タイっぽいということか。
俺はタイに行ったことないしわからんけど。

ラーンガンエーンラーンガンエーン

店内は、もはや装飾過多とは感じないね、入り口に較べればもう落ち着いた感じに思える。
床置きの扇風機を無理くり壁に設置してるのはおもしろいな。

外観、内装のインパクトで頭がいっぱいになっているうちに、注文したカオマンガイが提供された。

ラーンガンエーン

パッと見、鶏肉が少ないかなという印象をもったが、飾り切りのキュウリに大根の薄切り(……大根じゃなく青パパイヤかもしれなかったな)が美しく、デザートが付いて嬉しい構成。
これで750円、お値打ちだなと感じるランチだ。

うん、カオマンガイだ、という味だった。
この時点で、カオマンガイを食うのは「ガムランディー」に次いでの二度目なので、まだまだ“カオマンガイというのはこういう味なのだな”と確認作業というか自分の中にカオマンガイの物差しを形成している段階ではある。
そのうえで、うんカオマンガイだと感じた。

カオマンガイとは“じわっと美味しい”ものだなと思うが、添えられたソースを使うと地味に辛いので、ヨーグルトテイストのデザートが付くのは嬉しいね、口腔に残る辛さを和らげてくれる。

大名というロケーション、カオマンガイがレギュラーランチメニューであるという点で、気軽に昼メシにカオマンガイって使い方ができて良いなと思った。

↓「食べログ」での店舗情報

ラーンガンエーンタイ料理 / 赤坂駅西鉄福岡駅(天神)天神駅

関連記事

最近書いた記事


カテゴリ

プロフィール

どうも、割った鍋です。
食べたり飲んだり、飲んだり。
九州在住、大阪常駐。

大衆酒場、立ち飲み屋、酒屋の角打ちが好きです。

重度の喫煙者であり、昼酒を好むという、社会的にちょっとアレなオッサン。

2014年9月24日開設


割った鍋へのメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索