タベノミー

食べたり飲んだりする日々の、あれこれ。
福岡を中心に、関西や関東の飲食店(主に飲み屋)紹介も。ゆるゆると。

エリア別・記事タイトル一覧

福岡県の店
九州で昼から飲める店
角打ち
関東の店
東海の店
関西の店
福岡以外の九州・沖縄の店

最近書いた記事


カテゴリ

あれやこれや (91)
食べ飲みした店 (927)
東京都千代田区 (19)
東京都中央区 (3)
東京都港区 (7)
東京都新宿区 (27)
東京都台東区 (20)
東京都墨田区 (5)
東京都江東区 (1)
東京都品川区 (1)
東京都大田区 (1)
東京都杉並区 (1)
東京都豊島区 (12)
東京都北区 (10)
東京都荒川区 (1)
東京都足立区 (2)
東京都葛飾区 (3)
東京都江戸川区 (1)
横浜市神奈川区 (2)
横浜市西区 (1)
横浜市中区 (12)
横浜市南区 (6)
神奈川県川崎市 (2)
千葉県船橋市 (3)
栃木県宇都宮市 (2)
名古屋市北区 (3)
名古屋市西区 (1)
名古屋市東区 (1)
名古屋市中村区 (3)
名古屋市中区 (5)
名古屋市熱田区 (1)
大阪市北区 (48)
大阪市都島区 (12)
大阪市福島区 (11)
大阪市此花区 (1)
大阪市中央区 (40)
大阪市西区 (6)
大阪市天王寺区 (7)
大阪市浪速区 (22)
大阪市淀川区 (17)
大阪市東淀川区 (4)
大阪市東成区 (3)
大阪市旭区 (1)
大阪市西成区 (14)
大阪府堺市 (4)
大阪府高槻市 (3)
大阪府東大阪市 (4)
大阪府岸和田市 (3)
大阪府泉佐野市 (2)
京都市中京区 (2)
兵庫県尼崎市 (5)
山口県下関市 (1)
北九州市門司区 (2)
北九州市小倉北区 (18)
北九州市八幡西区 (5)
福岡市東区 (11)
福岡市博多区 (119)
福岡市中央区 (201)
福岡市南区 (7)
福岡市城南区 (4)
福岡市早良区 (21)
福岡市西区 (1)
福岡県糟屋郡 (1)
福岡県春日市 (2)
福岡県大野城市 (1)
福岡県筑紫郡 (1)
福岡県久留米市 (19)
福岡県大牟田市 (20)
福岡県朝倉市 (2)
佐賀県 (1)
大分県別府市 (7)
大分県大分市 (6)
熊本市中央区 (62)
熊本市西区 (9)
熊本市東区 (8)
熊本県八代市 (3)
沖縄県那覇市 (13)
沖縄県浦添市 (1)
各地(チェーンとか多店舗) (16)
買ったり作ったり (71)
見たり読んだり (7)
ヒライ (16)
記事タイトル一覧 (7)
ウイスキー (0)

月別アーカイブ


プロフィール

どうも、割った鍋です。
食べたり飲んだり、飲んだり。
九州在住、大阪常駐。

大衆酒場、立ち飲み屋、酒屋の角打ちが好きです。

重度の喫煙者であり、昼酒を好むという、社会的にちょっとアレなオッサン。

2014年9月24日開設

割った鍋


STATEMENT

当ブログはInternet Explorerでの閲覧には対応しておりませんし、対応するつもりもありません。Internet Explorerをご使用の方は、今すぐ考えを改め、他の優れたブラウザをお使いになることを推奨します。自由なクリエイティビティの発展のために、Internet Explorerを使うことをやめましょう。


KEEP CALM AND DRINK ON

割った鍋へのメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


RSSリンクの表示

食べたり飲んだり、飲んだり。This is タベノミー。

【広告】Advertisement

昔からの憧れ「どん底」東京都新宿区新宿

ついに「どん底」に行った。
この店のことを知ったのは、どのくらい以前のことかもうわからない。

どん底どん底

この新宿3丁目にある「どん底」は……そう新宿3丁目というのが既に憧れの地なのであるが……作家の三島由紀夫や映画監督の黒澤明が通った飲み屋として有名な店だ。
そういう惹句に、俺はすごく惹かれる種類の人間なんです。

どん底どん底

店先にそういうことがアピールされていて、やや“あざとい”と思わなくもない。
だが、そういうことを目当てに俺が引き寄せられたのは間違いない。

いわゆる“文壇バー”的なものに俺は憧れがあって、だから観光地化したゴールデン街にもいまだに憧れを抱いたままだし、また新宿3丁目というのも作家や編集者や、映画に関わるスタッフが通った店があるとかで憧れは拭い去れない。
憧れのひとつの象徴が「どん底」だ。

新宿とかゴールデン街で飲むことは今まで何度もあったが、どうにも「どん底」には行けずにいた。
行ってみたガッカリしたら、という恐れもあって行けないでいたという部分もある。
が、店というのは、いつか無くなっても不思議ではないから、いよいよ行ってみる決心をした。

どん底どん底

週末の夜だから、すっごい客入り。
ドアを開けた瞬間に、とても入れそうにない様相だと判った。
が、入り口そばキャッシャーの人がフロアスタッフに確認して地下に席があると案内してくれた。
狭い暗い階段へ地下へと降りて“どん底”感が増すね。

店内は、いい感じに穴蔵というか倉庫というか、地下だけど屋根裏部屋って雰囲気もあり、良い。
ちなみに画像は客の入れ替わりの狭間の一瞬で撮ったもので、終始満席状態だった。

どん底どん底

ちょっとカウンター席は窮屈だが、座れてよかった。
まずビール、サッポロラガーがあって嬉しい。
スタッフにビールは何があるか訊いての注文だったが、あらためてメニューを見ると生はプレミアムモルツか。
赤星を注文してよかった。

どん底

突き出しが出てきた、いわゆるカナッペって言っていいやつかな。
これが、昭和気分を高めてくれる。
パーティーでカナッペを軽くつまむなんてのが、昭和世代の憧れのひとつだった。

どん底どん底

小腹が空いてたんでチリンコンカンを注文、600円だったかな。
辛さマイルドな、とがってない味。
これをお供にデュワーズをハイボールで。

創業1951年(昭和26年)という大変な老舗だが、若い世代で賑わっていた。
懐古趣味の老人ばかりが、昔を懐かしんで集う店ではない。
そこが良い。
いつの時代も、若者が集まって賑わう熱気が、人を惹きつけるんだと思うなぁ。
文士や映画人も、そういう熱気に魅せられて通ったんだと思う、たぶんね。

今も良い店だね「どん底」。

↓「食べログ」での店舗情報

どん底ダイニングバー / 新宿三丁目駅新宿御苑前駅新宿駅

関連記事
東京【バー】【飲み屋・居酒屋】

テーマ:バー - ジャンル:グルメ

鴨南蛮うまいじゃん「小諸そば 新宿一丁目店」東京都新宿区新宿

初めて「小諸そば」を利用した。
なにしろ関東圏にしか、というかほとんど23区内にしか展開してなから立ち寄る機会がなかった。
それに俺ときたら“東京といえば「富士そば」”って想いが強いもんだから、それ以外のチェーン展開そば屋に行ったことがなかったってわけでね。

小諸そば 新宿一丁目店

新宿御苑駅からちょっと歩いて「小諸そば 新宿一丁目店」。
外観の印象は、あっさり控えめだね。

小諸そば 新宿一丁目店

店先にメニューが貼ってあって、ああ、かき揚げいいな、暑いから冷やしたぬきいいな、天丼とのセットなんてのもいいな、などと目移りしちゃうんだけど、鴨南蛮そば一択。
とにかく「小諸そば」は鴨南蛮がうまいんだと、お知り合いから聞いていたのだ。

平日の13時台、まだまだ混み合う店内、行列はなかったが少し待ってなんとか座れた。
食券を提示して、しばし待った。

小諸そば 新宿一丁目店

待望の鴨南蛮そば、ファーストインプレッションは“雑だな“というものだった。
鴨肉とかネギとか、散らかっちゃってる盛り付け具合。
ま、厨房内フル稼働みたいな忙しさだったし、もともと立ち食いの(この店舗は椅子完備)安いチェーンなんだから、見てくれは気にしないとする。

小諸そば 新宿一丁目店

ポテン、ポテンと柚子胡椒が盛ってあった辺りに、卓上に用意されたネギを盛る。
さて食ってみたら、麺は柔目で、ツユは見た目より塩っぱくなくアッサリ。
そして、鴨が味わい深いね、噛み締めてじっくり旨味があるね。

うん、いいじゃん「小諸そば」。
これを機に、「富士そば」以外のチェーン展開そば屋にいろいろ行ってみたいなと思った。

↓「食べログ」での店舗情報

小諸そば 新宿一丁目店そば(蕎麦) / 新宿御苑前駅新宿三丁目駅四谷三丁目駅

関連記事
東京【そば・うどん】

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

名物メニュー銀座巻は安くてうまかった「銀座鮨」大阪市中央区宗右衛門町

ともかく“銀座巻”ってのを食おうと思った。
そのきっかけはTwitterで知り合った、ミナミで何年か働いていて飲み歩いてもいた人物のレコメンドだった。

銀座鮨銀座鮨

道頓堀川沿い、宗右衛門町のベタといえばあまりにベタなロケーション。
こういう店は、大阪ネイティブじゃない俺には立ち寄るのにちょっと勇気が要る。
あまりにカリカチュアされた大阪、という気がするから。

銀座鮨

年中無休で朝までやってんだ、というのもカロリーが高過ぎる。
いつもミナミで朝まで遊んでまんねや、という人種しか行ってはいけない店のように感じる。

銀座鮨

自分の背中を押して店内へ踏み込んでみると、鮮やか過ぎる朱色のカウンターに、豆絞りをキリっと巻いた男ぶりの職人さんというトゥーマッチな世界観。
あっ、でも目の間にガリを盛った葉蘭が置かれるの嬉しいな。

銀座鮨

目当ては銀座巻なんだけど、まずはメニューを眺めて“ねぎさば巻き”って細巻きを注文してみた。
ああ、うん、酒のアテになるやつ。

銀座鮨銀座鮨

それから、本命の銀座巻。
ああ、なるほど海鮮巻きなんだな。
食ってみると、コリコリとしたゲソとマヨネーズとのマリーアジュが、というものか。
うん、チープで良い、ゲソもマヨネーズもチープなもので、そのほかに薄焼き卵とレタス。
失礼な言い方をすれば、安っぽい美味しさがある。
実際これは400円と安く、その値段では得難い不思議な満足感がある。
良いな、銀座巻。

銀座鮨銀座鮨

だがしかし。
ここは寿司が安くてうまい店だなと思ったが、酒が高い。
日本酒一合が、しかも白鶴が、600円もする。
寿司食いでなく酒飲みな俺には、これはきつい。

銀座鮨

酒を飲まない人には、安く寿司を食える店だな。
また寿司が安いだけに、酒で利益を上げなければというのも判る話でもある、地価の高いロケーションだしね。
俺は、嫌いじゃないなこの店、ステロタイプなギラギラしたミナミの雰囲気を味わえるという付加価値もあるし。
その付加価値は、きっと深夜とか明け方近くに訪れたら何倍もの楽しみになるんだろうな。
俺としても、ぼちぼちハシゴしたあげくに立ち寄ったほうが酒に払う額が抑えられていいだろう。

ミナミならではの庶民寿司屋、というのを味わったように思う。

↓「食べログ」での店舗情報

すし処 銀座鮨寿司 / 日本橋駅近鉄日本橋駅大阪難波駅

関連記事
大阪【寿司】

テーマ:寿司 - ジャンル:グルメ

半額を売りにしなくていいんじゃないかな「平八亭 京橋別館店」大阪市都島区東野田町

京橋で安く寿司を食えるのかな、と気になっている店があった。

平八亭 京橋別館店平八亭 京橋別館店

それは「平八亭 京橋別館店」という店なんだけど。そもそも別館とか本館とかの違いさえ認識してなかった。
とりあえず店の前を通りがかって、特定の曜日に寿司が半額なんだ、という情報だけがずっと脳裏にあった。

平八亭 京橋別館店

店先で“半額”がアピールされていて、そこに表記されている価格から半額かとうっかり思っちゃいそうだが既に半額になった金額が記載されている。
まぁ、なにはともかく半額ならばと釣られて店に入ってみた。

平八亭 京橋別館店平八亭 京橋別館店

なかなかゴージャス和風なエントランス、このとき日曜の昼過ぎだったが“只今の時間は2階へ”との案内があったから、夜しかフル稼働にならない店なのかな。

平八亭 京橋別館店平八亭 京橋別館店

上階へ上がってみると、実際のところ空いていた。
席に案内されてメニューを眺め、エビスマイスターなるビールを瓶で。
ちょっと、お高い。

平八亭 京橋別館店平八亭 京橋別館店

寿司のほか、一品もいろいろある。
あまり価格帯は安くなく感じて、必死に安いものを探した。

平八亭 京橋別館店

ひらまさお造り、450円也。
ちょっと、量的に寂しい。

平八亭 京橋別館店平八亭 京橋別館店

刺身には日本酒だなと思うも、どうも酒は高い。
そう思ったが、それは卓上に置かれたメニューでは高めのものが紹介されているだけだった。
安い日本酒もあったし、エビスマイスターのほかにビールもあるのだと判った。
そこで、安い日本酒を注文。

平八亭 京橋別館店

一品料理も同様で、卓上に置かれた品書きの他に安いものがあった。
サーモンのハラス焼きを。
じっくり焼かれていて、とても酒のアテになったから酒をおかわり。

平八亭 京橋別館店

なんというか、単価の高いメニューに誘導しようとするのは、得策ではないかと。
曜日限定の寿司半額で釣るのではなく、安くない品も安い品もありますと、ありていに示せばいいんじゃないかな。
そのほうが客が来るのでは。

平八亭 京橋別館店

カッパ巻きと、ねぎとろを。
寿司半額だからって、注文した寿司はこれだけだ。
支払いは3,800円ほどだったか、まぁそれなりには使った範疇ではないかな。

結局のところ酒飲みは、半額になっているものだけを執拗に注文という使い方はしない、と思う。
だから、半額どうこうでなく普通に営業したらいいんじゃないかな。

↓「食べログ」での店舗情報

平八亭 京橋別館店居酒屋 / 京橋駅大阪ビジネスパーク駅大阪城北詰駅

関連記事
大阪【寿司】【飲み屋・居酒屋】

テーマ:寿司 - ジャンル:グルメ

陽が暮れる前から飲める街角のバー「SAKA BAR」大阪市中央区難波

なんば楽座というエリアには、バーが数件あるようだ。
その中に、気になっていた店がある。

SAKA BARSAKA BAR

街角のバーといった佇まいの「SAKA BAR」。
クラシカルなような、カワイイような、なんだか気になる外観。
まだ17時台なのに看板に灯りが入ってる、早い時間から営業するバーなんだね。

店内は、古めかしく重厚で、そして狭い造りだった。
初老のマスターが静かに迎えてくれた。

SAKA BAR

まずはビールを一杯。

早い時間帯なのに既に先客が数名あり、いずれも常連のよう。
年齢層は高めで、にぎやかで、寡黙なマスターとは対照的。

SAKA BARSAKA BAR

カウンター上の手描きPOPでウッドフォードリザーブが推されていたので飲んでみることにした。
名前さえ知らなかったんだけど、スモールバッチで43度あるバーボン。
飲んでみたら、すごくふくやかに香り、どっしりした味わいがあった。

短い木のマドラーが添えられ、それを置くための猫のカトラリーレストがかわいかった。

SAKA BAR

最初はマスターだけだったが、あとからマダムもご出勤。
老夫婦が営む街場のバーって感じか。
なんとなく外観からの想像で、古い建物を引き継いだ若者がカフェっぽくやってるのかなとか思ってたが、正真正銘クラシカルなバーだったんだね。

バーといえば20時頃から開くという印象だが、早くから飲めるのはありがたいね。

↓「食べログ」での店舗情報

サカバーバー / 大阪難波駅なんば駅(大阪メトロ)JR難波駅

関連記事
大阪【バー】

テーマ:バー - ジャンル:グルメ

 | ホーム |  »次の記事

食べ飲みした店の分類

ブログ内検索


リンク

各地の飲み屋情報を発信しているサイトをリンクさせてもらってます

<全国>
「立ち呑み@酒店」
全国の酒屋の角打ち、立ち飲み屋についての情報がエリア別に掲載されている
「激渋食堂メモ」
日本あちこちに今も残る、渋くて味わい深い大衆食堂を地域別に紹介しているサイト

<関東>
「居酒屋礼賛」
東京の情報には限らないのだが都内の味のある酒場の情報が豊富で魅惑的かつ地域別インデックス便利
「酔(すい)のどうでしょう?」
東京都内の居酒屋・大衆酒場・古典酒場・立ち飲み・センベロ酒場を飲み巡るブログ

<東海>
立飲み人生劇場
更新が停止していて残念だけど名古屋の魅力的な立ち飲み、角打ちできる酒屋の情報が

<関西>
「日本全国B級グルメぐるぐる紀行」
関西各地の味のある酒場を詳しく紹介してくれる指針になる情報量
「関西女のプチ日記」
他のどこにも載ってないような素敵なディープ飲み屋情報満載の関西酒場ガイダンス
「やまでらのぶらりグルメ&ぶらり日記」
行きたくなる飲み屋がたくさん紹介されてる関西飲み屋巡りの強い味方
「カンクロが行く」
大阪府のローカルなとこまで行く。日記のような数行のセンテンスに静逸なセンスを感じる
「関西安酒場」
更新が止まっているようで残念。バス路線沿いの酒屋などまで簡潔ながら貴重な情報

<九州>
「黒崎~小倉@北九州の居酒屋&BARを制覇せよ!」
ネット上に情報の少ない北九州の酒場を紹介してくれる有り難いサイト

このブログをリンクに追加する
リンクフリーでございます(^ヮ^)

【広告】Advertisement