タベノミー

食べたり飲んだりする日々の、あれこれ。
福岡を中心に、関西や関東の飲食店(主に飲み屋)紹介も。ゆるゆると。

エリア別・記事タイトル一覧

福岡県の店
九州で昼から飲める店
角打ち
関東の店
東海の店
関西の店
福岡以外の九州・沖縄の店

最近書いた記事


カテゴリ

あれやこれや (91)
食べ飲みした店 (934)
東京都千代田区 (19)
東京都中央区 (3)
東京都港区 (7)
東京都新宿区 (30)
東京都台東区 (20)
東京都墨田区 (5)
東京都江東区 (1)
東京都品川区 (1)
東京都大田区 (1)
東京都杉並区 (1)
東京都豊島区 (15)
東京都北区 (10)
東京都荒川区 (1)
東京都足立区 (2)
東京都葛飾区 (3)
東京都江戸川区 (1)
横浜市神奈川区 (2)
横浜市西区 (1)
横浜市中区 (12)
横浜市南区 (6)
神奈川県川崎市 (2)
千葉県船橋市 (3)
栃木県宇都宮市 (2)
名古屋市北区 (3)
名古屋市西区 (1)
名古屋市東区 (1)
名古屋市中村区 (3)
名古屋市中区 (5)
名古屋市熱田区 (1)
大阪市北区 (48)
大阪市都島区 (12)
大阪市福島区 (11)
大阪市此花区 (1)
大阪市中央区 (40)
大阪市西区 (6)
大阪市天王寺区 (7)
大阪市浪速区 (23)
大阪市淀川区 (17)
大阪市東淀川区 (4)
大阪市東成区 (3)
大阪市旭区 (1)
大阪市西成区 (14)
大阪府堺市 (4)
大阪府高槻市 (3)
大阪府東大阪市 (4)
大阪府岸和田市 (3)
大阪府泉佐野市 (2)
京都市中京区 (2)
兵庫県尼崎市 (5)
山口県下関市 (1)
北九州市門司区 (2)
北九州市小倉北区 (18)
北九州市八幡西区 (5)
福岡市東区 (11)
福岡市博多区 (119)
福岡市中央区 (201)
福岡市南区 (7)
福岡市城南区 (4)
福岡市早良区 (21)
福岡市西区 (1)
福岡県糟屋郡 (1)
福岡県春日市 (2)
福岡県大野城市 (1)
福岡県筑紫郡 (1)
福岡県久留米市 (19)
福岡県大牟田市 (20)
福岡県朝倉市 (2)
佐賀県 (1)
大分県別府市 (7)
大分県大分市 (6)
熊本市中央区 (62)
熊本市西区 (9)
熊本市東区 (8)
熊本県八代市 (3)
沖縄県那覇市 (13)
沖縄県浦添市 (1)
各地(チェーンとか多店舗) (16)
買ったり作ったり (71)
見たり読んだり (7)
ヒライ (16)
記事タイトル一覧 (7)
ウイスキー (0)

月別アーカイブ


プロフィール

どうも、割った鍋です。
食べたり飲んだり、飲んだり。
九州在住、大阪常駐。

大衆酒場、立ち飲み屋、酒屋の角打ちが好きです。

重度の喫煙者であり、昼酒を好むという、社会的にちょっとアレなオッサン。

2014年9月24日開設

割った鍋


STATEMENT

当ブログはInternet Explorerでの閲覧には対応しておりませんし、対応するつもりもありません。Internet Explorerをご使用の方は、今すぐ考えを改め、他の優れたブラウザをお使いになることを推奨します。自由なクリエイティビティの発展のために、Internet Explorerを使うことをやめましょう。


KEEP CALM AND DRINK ON

割った鍋へのメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


RSSリンクの表示

食べたり飲んだり、飲んだり。This is タベノミー。

【広告】Advertisement

これが思い描いたイメージに極めて近い豚丼なんだろうという満足感を得た「さとうのぶた丼 片江店」福岡市城南区片江

北海道の、豚丼。
北海道、十勝あるいは帯広の、ローカルグルメ的な豚丼。
肉厚な豚肉を甘辛いタレをからめて焼いた、見た目ガッツリで肉々しくも香ばしい……であろう豚丼を、いつか食べてみたいなぁとずっと思ってた。
そう、俺は北海道の豚丼を食べたことがない。

そもそも北海道に行ったことがない。
だから豚丼を食ったことがない。
けっこう昔に、友人から帯広豚丼のタレをいただいたことがあって、それで自作してみたけど、それはなんか違うかもしれない。
そう、そして違うといえば、メシ系ファストフードで“豚丼”という名称で販売されているものは、あれは豚丼とはぜんぜん違うものだよなぁ。

と、まぁ前置きが長くなったが、豚丼に思い入れがあるということです。
そして、俺の食いたい豚丼に近いであろうものが、福岡市で食えるということを知った。
「さとうの豚丼」という店で。
それは行ってみねば。

店舗情報によると、店は七隈にあるとわかった。
城南区の七隈かぁ……遠いな。
実は、「さとうの豚丼」のことを最初に知ってから、けっこう時が流れた。
だって遠いから。
しかし、ある5月の晴れた日に、晴れているが気温はそう高くなく風の涼しい日に、意を決して七隈へと向かったよ。
チャリで。

チャリを漕ぎつつ、ときおり止まってiPhoneでGoogleMapsを確認しつつ、俺は七隈へと向かった。
うーん、ちょっと待てよ、ここまで無駄に話が長くなってるな……読んでくれてる人が飽きちゃいそうなので、ここで豚丼の画像を貼っておこう。
はい、豚丼。

さとうのぶた丼 片江店

豚丼画像、いかがだったでしょうか。
俺も豚丼のイメージを脳内に浮かべつつ、チャリを漕いでいたわけです。

もうだいぶチャリ漕いでるなぁ、そろそろ目的地に近づいてるよなぁ、そう思い地図を見ると、あともうちょっとって感じだなぁ……と、思っていたら。

さとうのぶた丼 片江店

うん? あれ? いま通り過ぎたのは……豚丼?
風にはためくノボリに、豚丼って文字が踊っていたような?

しかし地図を確認しても、そこは目的地ではなかった。
しかし、やっぱここって「さとうの豚丼」なんじゃない?
戻って確かめてみる。

さとうのぶた丼 片江店

おぅ、やっぱ「さとうの豚丼」だわ。
もうちょっと先だと思っていたら“急にたどりついてしまう”って感じだった(余談だが、そういうタイトルの映画があるのです)。
うん、なんか頭に疑問符が残ったままだが、ここなら入ろう。
とにかく店に入って、テーブル席に着いた。

さとうのぶた丼 片江店

卓上には豚丼のメニュー、そして屋号も記されているから間違いなくここは「さとうの豚丼」だ。
よし、安心した。
安心したので、まずは焼いた豚をアテにしてビールとか飲めるかな、とスタッフに声をかけた。
残念ながらビールは、まだ用意ができておらず、今の時間帯は焼酎しか出せないとのこと。
うーん、仕方ないね、まぁ昼(俺が立ち寄ったのは12時ちょい過ぎだった)だから仕方ないね。

では、豚丼だ。
注文してしばし、いよいよ豚丼が出てきた。

さとうのぶた丼 片江店

うわぁ〜。
これよ、これ。
こういうのが食いたかったのよ。

厚みもあり面積もある豚肉が、タレを絡めて焼かれており焦げ目なんかが魅惑的。
さっそく食うと、期待通りの、これが豚丼なんだなぁという満足感を得た。

ようやく豚丼を食って満足し、気持ちが落ち着いて、ふと気づいた。
俺が目指していたのは七隈にある「さとうの豚丼」だが、ここって兄弟店ってか二号店的なものか、と。
そう考えて店内を見渡すと、こう言うと失礼かもしれないが内装とか急いでカタチにしましたって感じがある。

さとうのぶた丼 片江店

そこでググってみたら、なるほどこちらは片方店ということなんだ。
うむ、そういうことか。
本店を目指していて、予期せず二号店に先に辿り着いたというわけか。

店内の壁には、豚丼以外の品書きがいろいろ貼ってある。
夜は居酒屋っぽい使い方も、ちょっとはできそうだね。

それにしても豚丼ってうまいなぁ。
俺が食いたいと思ってたのってこれだよね、っていう満足感を得たよ。

↓「食べログ」での店舗情報

さとうのぶた丼 片江店豚丼 / 七隈駅福大前駅金山駅

関連記事
福岡

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

俺の甘いもん好きはガチだから独りスイパラも平気だぜ「スイーツパラダイス 福岡パルコ店」福岡市中央区天神

俺は酒とタバコとコーヒーが大好きっていう、まさに昭和のオッサンっていう嗜好をもっているのだが。
そして実際のところ昭和生まれのヒゲ面の冴えないオッサンなわけだが。
こう見えて甘いもんが好きです。

ケーキを思うがままに食らいたい……そういう発作が、たまに起きる。
ケーキバイキング的なものって、福岡にどれくらいあるんだろうとググってみた。
おっ、けっこう手軽な料金だなぁ行ってみようかな、と思ったのが「スイーツパラダイス 福岡パルコ店」だ。

スイーツパラダイス 福岡パルコ店

いやしかし、パルコに店舗があるのか……パルコってオサレな若者ばっかりたむろしているオサレなスポットだろ?
と、敷居の高さを感じた。
というか、そもそもケーキバイキング的なものってカワイイ女の子ばっかりたむろしているカワイイスポットだろ?
と、根源的な敷居の高さも感じた。
そういうところに俺みたいなヒゲのオッサンが行ったら、軽く威力営業妨害になったりしないかしら……。

だがしかし、俺の甘いもん欲のボルテージはマックスだったので、推して参いったね。

スイーツパラダイス 福岡パルコ店

まず入り口の自販機でチケットを買うシステムで、大人通常1,530円(税込)ね、スイーツ食べ放題でドリンク飲み放題、スイーツの他にパスタやカレーもあるのか、なになに有料オプションでハーゲンダッツも食えるのね、ふむふむ。
などと、自販機の前にしばし佇み料金システムを深く理解した。
……しばし佇んだのは実は、やはりちょっと店に入るのに勇気がいって、店員さんが“お一人でもどうぞ(はぁと)”とか“オッサンでもどうぞ(はぁと)”とかって優しく声をかけてくれて背中を押してくれないかな、と思ったからである。

もういい、もう入るしかない。
意を決して店内へ。

スイーツパラダイス 福岡パルコ店スイーツパラダイス 福岡パルコ店

わぁー、パラダイスやー。
店内へ入ってしまえば、もう躊躇などない。
わぁー、これ全部食っていいんかー、パラダイスやー。

スイーツパラダイス 福岡パルコ店スイーツパラダイス 福岡パルコ店

とにかく甘いもんを貪りました。
もう一品ごとの名称など覚えておりません。
おかわりして貪りました。

スイーツパラダイス 福岡パルコ店

このあと帰宅して翌朝に目覚めるまで食欲を感じないほどに、甘いもんを貪りました。
血糖値の急激な上昇による重篤な事態に陥るんじゃなかろうか、というほど甘いもんを貪りました。

スイーツパラダイス 福岡パルコ店

店内のオサレカワイイ空気も、もはや気にならず。
オサレカワイイ……っていうかキッチュよね、ピンクというよりマゼンタ100%って色調で統一された店内は、カワイイ通り越してアグレッシブにキッチュだと感じた。
嫌いじゃない。
あ、このときは「文豪ストレイドッグス(だっけ)」ってアニメとのコラボ期間だったので、そこかしこにアニメキャラの絵が飾ってあって妙な雰囲気だったな。

スイーツパラダイス 福岡パルコ店

けども、いろんなフルーツの色味がキレイなフレーバードウォーターはカワイイね。
俺はコーヒーしか飲まんかったけど。

カレーの香りが店内に軽く漂っていて、実際カレー食ってる客も少なくなかったようだが、眼中になかった。
俺はケーキを食いに来ているのだ、いまカレーには用が無い。

おかわり3回して、もうギブアップ。
こういうとこって、独りで行っちゃうとただひたすら食うしかないので、ギブアプまで早くなっちゃうな。
やっぱ誰かを伴って、喋ったりしつつじわじわと食い進めるほうが良いよな。
まぁだいたいの客はカップルだったわな。
独りで来てるオッサンなんか俺の他にはいませんでした。
プリンロールおいしかったです。

というわけでオッサン独りスイパラを断行したわけですが、とにかく甘いもんを欲望に任せて貪ることができたので良かったです。
でもできればカワイイ女の子といっしょに行きたいです。

↓「食べログ」での店舗情報

スイーツパラダイス 福岡パルコ店ケーキ / 天神駅西鉄福岡駅(天神)天神南駅

関連記事
福岡【カフェ・喫茶店】

テーマ:スイーツ - ジャンル:グルメ

そもそもスターバックスが好きじゃないが特にこの店舗は避けたい「スターバックス・コーヒー 天神西通り店」福岡市中央区大名

スターバックス・コーヒーが好きじゃなくて云々というのは既に何度か言及しているので重ねて何度も好きじゃないというのも大人気のないことだし、そもそも好きじゃないならブログに書かなきゃいいじゃないかとも思うのだけど、同じ嗜好をもつ同士のために警鐘を鳴らすべく(大袈裟だな)、わざわざ書くわけです。

結論を先に書くと、とにかく喫煙できる空間が狭い。

スターバックス・コーヒー 天神西通り店

天神西通り店は、その名の通り西通りに面した路面店だ。

スターバックス・コーヒー 天神西通り店

角に位置しており、大名方面へ入る路地に面して店外に喫煙エリアがある。
そのスペースは狭く、席数も少ない。
空席はなく、埋まっていた。

ただでさえ喫煙者には嬉しくないスターバックスにあって、ことさら店外喫煙席が少ないんじゃないかな、この店舗。

スターバックス・コーヒー 天神西通り店スターバックス・コーヒー 天神西通り店

なんちゃらフラペーチノとか、なんちゃらドーナツとか、そういうのいいから喫煙席を増せよ。
重度の喫煙者には、そういう想いしか湧かない。
非喫煙者にとってはオサレで楽しい店なのかもしれないが、俺にはそうじゃない。

スターバックス・コーヒー 天神西通り店

それにしても、コーヒーはマズいとは思ってなかったが、アイスだとぜんぜん美味しくないなぁ。

社会人としてどうかとは思うが、これから打ち合わせ場所にスターバックスを指定されたら、せめてこの天神西通り店だけは拒否させていただきたく思う。

スターバックス・コーヒー 天神西通り店カフェ / 西鉄福岡駅(天神)赤坂駅天神駅

関連記事
福岡【チェーン展開カフェ】

テーマ:カフェ - ジャンル:グルメ

企業系チェーン店だけど俺はけっこう好きだよ「や台ずし 箱崎駅前」福岡市東区箱崎

チェーン展開の企業系だが、俺は庶民寿司屋として評価してるよ。
居酒屋業態「ニパチ」って“なんでも280円”を売りにしてる店は、お通しも280円かよ! しかも280円つっても税別かよ! って少しも評価してないんだが、その「ニパチ」などを運営する「株式会社ヨシックス」の寿司業態「や台すし」は、けっこう好きだよ。

や台ずし 箱崎駅前

「や台ずし 箱崎駅前」へ。
福岡市に9軒の店舗があるようで、その中で駅から近そうなのが、この店だった。
実際、JR箱崎駅を出てスグってロケーションだから、行きやすいね。

16時の開店から19時まではタイムサービスで酒が半額だから、その時間帯に行くという選択しかない。
ジャスト16時に訪ねたら、すでに先客があったのでなんだか笑っちゃうね。

や台ずし 箱崎駅前や台ずし 箱崎駅前

さっそく浅ましく半額で飲める酒のチェック。
ビールはファッキンスーパードライなのが残念だが、まぁ半額なら飲んでやらんこともない。
どうせすぐ、アテを楽しむためポン酒にシフトする。
だからまず、ポン酒に合いそうなアテを注文。

や台ずし 箱崎駅前や台ずし 箱崎駅前

クリームチーズやっこ風219円(+Tax)、鰆西京焼き499円(+Tax)。
居酒屋メニューがそこそこ揃って、アイテムに見合った価格設定がされている。
クリームチーズやっこ風が280円(+Tax)だったら納得できないし、鰆西京焼き499円(+Tax)は高いと思わないってことだよ、だから「ニパチ」の方針を見直したらどうなんだ株式会社ヨシックス。

や台ずし 箱崎駅前

値段を忘れたが、キビナゴの天ぷらも良かったな。

や台ずし 箱崎駅前

広めのカウンター席のほか、いい感じに囲われたテーブルもそこそこ席数があって、ちらほらと寛げる密度で客が入っている。
まだ明るい時間帯に、混みすぎず閑古鳥でもないという店内で酒を飲むのは、和む。

いい具合にポン酒を何度かおかわりして、締めに寿司つまもう。

や台ずし 箱崎駅前

うめしそ159円(+Tax)、うなきゅう円199(+Tax)など、細巻き(+100円)で。
俺は寿司屋の細巻きが好きで、たとえ手巻きより高くなろうと細巻きを食う。
素人にも作れそうな手巻きだと、寿司屋って気分が削がれるので嫌いなんだ。

お手軽に飲み食いして満足した。
やはり俺は「や台すし」好きだな。
低価格居酒屋の空気でも、ちゃんと寿司屋って気分はあるのがいいな。

福岡市内の他の店舗にも行ってみたくなるね。

↓「食べログ」での店舗情報

や台ずし 箱崎駅前寿司 / 箱崎駅箱崎九大前駅箱崎宮前駅

関連記事
福岡【飲み屋・居酒屋】【寿司】

テーマ:寿司 - ジャンル:グルメ

【残念ながら閉店】ビールと肉でガッツリでも良し魚介を楽しむも良し普通に居酒屋使いだって「HANEUMA」福岡市大名

<追記:2017年05月29日>
残念ながら閉店していた。

HANEUMA

店の前を通りすがったら張り紙が。
そうかぁ前月に撤退してたんだなぁ。

足繁く通ってたわけでもないのに、こう言うのも憚れるが、残念だなぁ。

<初回投稿:2016年04月10日>
若者の街である大名にある、アメリカンな外観の店「HANEUMA」。

HANEUMA

内装もアメリカンであるが、実は多様な使い方ができる飲み屋なんだな。
世界のビールをいっぱい品揃えしてあってビアバーのようであり、市場直送の魚介や牡蠣も楽しめて、ダイナーと居酒屋の良いとこ取りみたいな店だ。

とりあえずビールの品揃えが“売り”みたいだから、ビールを飲もうとメニューを眺めた。

HANEUMAHANEUMA

しかしまぁ、いっぱいあり過ぎて選ぶのが大変だな。
サッサと一杯目を飲みたくなって、選択を放棄して生ビールを注文しちゃったダメな俺。

HANEUMA

独りなのでカウンター席に座ったが、楽しくゴチャゴチャとアメリカンテイストだ。
“男の子ってこういうの好きなんでしょ”って感じで、俺はもう男の子じゃなくてオッサンだが、こういうの好きだ。

HANEUMA

一方、居酒屋チックな掘りごたつ席も用意されていて、そのコントラストが面白い。
団体でガヤガヤ飲むには良いだろうね。

HANEUMA

ビールだけじゃなく、いかにも居酒屋っぽい焼酎なんかも用意してあるから多様なニーズに応えられるだろう。

HANEUMA


魚介は牡蠣やロブスターなど、洋風に楽しむことができる。

HANEUMAHANEUMA

加えて和風に刺身なんかもある。
店主はもともと居酒屋経験があって、アメリカンな中にも居酒屋機能もしっかり持たせるコンセプトのようだ。

つーか、店主のことは昔からちょっと知ってるんでね、それで立ち寄ったんだ。
春吉と住吉をつなぐ赤い橋の近くのカフェバー、高砂だったか白金の鉄板焼き飲み屋、春吉のゴージャスなバーと遍歴があって大名に店を出したっていう流れを知っていた。
だがどうも若者の街である大名には足が向かずに不義理をしていたんだが、今回ようやく立ち寄ることができた。
常に変わっていき前進する店主は、応援したくなる人当たりの良いナイスガイなのよね。

ビールの後はジャックのハイボールを。

HANEUMA

そこそこ席数のある店だが、カウンターに座るとパーソナルなバーのように居心地よく過ごせる。
カウンターに無料の柿ピーが置いてあるのが、なんかカワイイな。

HANEUMA

その柿ピーを齧りながら飲んでも良かったが、アメリカンな内装なのでアメリカンなものが食いたくなった。
ステーキも良いなぁと思ったが、「厚切り!炙りベーコン」というメニューに惹かれた。

HANEUMA

じっくり焼かれて出てきたそれは、すごいシズル感でソソる。
画像でもベーコンの厚さ、美味しそうな焼け具合が伝わるんじゃないかと思うが、これ600円ってお値打ちじゃないかな。

あ、ガッツリな食いものばっかじゃなくて枝豆とか冷奴、だし巻き玉子なんかのホッとする居酒屋メニューもありますよ。

もしかしたら、外観からイカついオニーチャンがやってる店を想像して敬遠する人もいるかもしれないが、優しげな店主の店なんで安心して、どうぞ。

俺も以前ほど大名が心理的に遠くなくなったから、また独りでフラっと立寄ろう。

↓「食べログ」での店舗情報

HANEUMA居酒屋 / 赤坂駅西鉄福岡駅(天神)天神駅

関連記事
福岡【飲み屋・居酒屋】

テーマ:居酒屋 - ジャンル:グルメ

 | ホーム |  »次の記事

食べ飲みした店の分類

ブログ内検索


リンク

各地の飲み屋情報を発信しているサイトをリンクさせてもらってます

<全国>
「立ち呑み@酒店」
全国の酒屋の角打ち、立ち飲み屋についての情報がエリア別に掲載されている
「激渋食堂メモ」
日本あちこちに今も残る、渋くて味わい深い大衆食堂を地域別に紹介しているサイト

<関東>
「居酒屋礼賛」
東京の情報には限らないのだが都内の味のある酒場の情報が豊富で魅惑的かつ地域別インデックス便利
「酔(すい)のどうでしょう?」
東京都内の居酒屋・大衆酒場・古典酒場・立ち飲み・センベロ酒場を飲み巡るブログ

<東海>
立飲み人生劇場
更新が停止していて残念だけど名古屋の魅力的な立ち飲み、角打ちできる酒屋の情報が

<関西>
「日本全国B級グルメぐるぐる紀行」
関西各地の味のある酒場を詳しく紹介してくれる指針になる情報量
「関西女のプチ日記」
他のどこにも載ってないような素敵なディープ飲み屋情報満載の関西酒場ガイダンス
「やまでらのぶらりグルメ&ぶらり日記」
行きたくなる飲み屋がたくさん紹介されてる関西飲み屋巡りの強い味方
「カンクロが行く」
大阪府のローカルなとこまで行く。日記のような数行のセンテンスに静逸なセンスを感じる
「関西安酒場」
更新が止まっているようで残念。バス路線沿いの酒屋などまで簡潔ながら貴重な情報

<九州>
「黒崎~小倉@北九州の居酒屋&BARを制覇せよ!」
ネット上に情報の少ない北九州の酒場を紹介してくれる有り難いサイト

このブログをリンクに追加する
リンクフリーでございます(^ヮ^)

【広告】Advertisement