タベノミー

食べたり飲んだりする日々の、あれこれ。
福岡を中心に、関西や関東の飲食店(主に飲み屋)紹介も。ゆるゆると。

エリア別・記事タイトル一覧

福岡県の店
九州で昼から飲める店
角打ち
関東の店
東海の店
関西の店
福岡以外の九州・沖縄の店

最近書いた記事


カテゴリ

あれやこれや (91)
食べ飲みした店 (920)
東京都千代田区 (19)
東京都中央区 (3)
東京都港区 (7)
東京都新宿区 (25)
東京都台東区 (20)
東京都墨田区 (5)
東京都品川区 (1)
東京都大田区 (1)
東京都杉並区 (1)
東京都豊島区 (11)
東京都北区 (10)
東京都荒川区 (1)
東京都足立区 (2)
東京都葛飾区 (3)
東京都江戸川区 (1)
横浜市神奈川区 (2)
横浜市西区 (1)
横浜市中区 (12)
横浜市南区 (6)
神奈川県川崎市 (2)
千葉県船橋市 (3)
栃木県宇都宮市 (2)
名古屋市北区 (3)
名古屋市西区 (1)
名古屋市東区 (1)
名古屋市中村区 (3)
名古屋市中区 (5)
名古屋市熱田区 (1)
大阪市北区 (48)
大阪市都島区 (11)
大阪市福島区 (11)
大阪市此花区 (1)
大阪市中央区 (38)
大阪市西区 (6)
大阪市天王寺区 (7)
大阪市浪速区 (22)
大阪市淀川区 (17)
大阪市東淀川区 (4)
大阪市東成区 (3)
大阪市旭区 (1)
大阪市西成区 (14)
大阪府堺市 (4)
大阪府高槻市 (3)
大阪府東大阪市 (4)
大阪府岸和田市 (3)
大阪府泉佐野市 (2)
京都市中京区 (2)
兵庫県尼崎市 (5)
山口県下関市 (1)
北九州市門司区 (2)
北九州市小倉北区 (18)
北九州市八幡西区 (5)
福岡市東区 (11)
福岡市博多区 (119)
福岡市中央区 (201)
福岡市南区 (7)
福岡市城南区 (4)
福岡市早良区 (21)
福岡市西区 (1)
福岡県糟屋郡 (1)
福岡県春日市 (2)
福岡県大野城市 (1)
福岡県筑紫郡 (1)
福岡県久留米市 (19)
福岡県大牟田市 (20)
福岡県朝倉市 (2)
佐賀県 (1)
大分県別府市 (7)
大分県大分市 (6)
熊本市中央区 (62)
熊本市西区 (9)
熊本市東区 (8)
熊本県八代市 (3)
沖縄県那覇市 (13)
沖縄県浦添市 (1)
各地(チェーンとか多店舗) (16)
買ったり作ったり (71)
見たり読んだり (7)
ヒライ (16)
記事タイトル一覧 (7)
ウイスキー (0)

月別アーカイブ


プロフィール

どうも、割った鍋です。
食べたり飲んだり、飲んだり。
九州在住、大阪常駐。

大衆酒場、立ち飲み屋、酒屋の角打ちが好きです。

重度の喫煙者であり、昼酒を好むという、社会的にちょっとアレなオッサン。

2014年9月24日開設

割った鍋


STATEMENT

当ブログはInternet Explorerでの閲覧には対応しておりませんし、対応するつもりもありません。Internet Explorerをご使用の方は、今すぐ考えを改め、他の優れたブラウザをお使いになることを推奨します。自由なクリエイティビティの発展のために、Internet Explorerを使うことをやめましょう。


KEEP CALM AND DRINK ON

割った鍋へのメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


RSSリンクの表示

食べたり飲んだり、飲んだり。This is タベノミー。

【広告】Advertisement

センタープラザから移転復活「ファミリーばんざい健康食堂」ほろ酔いセット健在

<追記:2016年01月05日>
昼飲み対応が驚くほどにすっごくレベルアップしていた!
熊本市で昼飲みするなら、今ここがイチオシかも!

ファミリーばんざい健康食堂:外観ファミリーばんざい健康食堂:外観

店の前を通りがかったら、なにやら店先の情報量が増えていた。
ほろ酔いセットは以前からあるが、その他にもなにやら……近づいてよく見ると“三酒の神器”だと。

ふむ、酒が3杯飲める晩酌セット的なものか。
これは試してみねばなるまいと、時刻は16時台で晩酌の時間帯ではなかったが店へ入ってみると既に先客が2組あり、どちらも酒を飲んでいた。
良いね、この店は熊本では珍しく昼酒ウェルカムな店だ。

席に着き、店のオヤッサンにとりあえず“三酒の神器”を注文したい旨を伝える。
改めてメニューを確認。

ファミリーばんざい健康食堂:メニュー

酒3杯、アテ3点で1,500円という内容。
選べる酒は生ビール、ハイボールやサワーなどの他に、キリンラガーって書いてあるな。
これは、もしかして瓶ビールっていうことか?
アテは惣菜メインというか、ほぼ揚げものというラインナップ。
トンカツ、カラアゲ、ミニめんちカツと、ここはいっそ揚げもの大好き男子高校生みたいなトリオで攻めてみようかと(いい歳こいたオッサンなのに)考えていたら、店のオヤッサンが別のメニューも持ってきて酒のアテっぽい惣菜もあるよと案内してくれた。

ファミリーばんざい健康食堂:メニュー

ああ、ポテサラとか、煮物とかいいねぇ。
こちらもセットに絡ませて良いとのことで、アテの選択肢が豊富になった。
よし、じっくり考えよう。
まずビールを注文し、飲みながらアテをセレクトすることに。

ファミリーばんざい健康食堂:酒

キリンラガー瓶だ、嬉しい!
1,500円のセットに、瓶ビールが含まれるなんて素敵じゃないか。
だって酒3杯、アテ3杯、計6アイテムとしてざっくり1,500円を6で割ると250円なわけじゃん?
だからキリンラガー瓶が250円で飲めちゃうって計算になるわけで、これは破格にお値打ちだ。
ビールは小瓶じゃなく中瓶だよ、中瓶1本で500円以上に設定してるクソみたいな店もあるってのに、250円よ。
この時点でもう、俺はすっかり嬉しくなっていた。

ファミリーばんざい健康食堂:料理

ワンプレートでトンカツとミニめんちカツが出てきた。
おお、野菜が添えられているしケチャップ味スパゲチーまで付いてる!
お子様ランチっぽくて楽しい。

揚げものだけってのもアレなんで、あと1アイテムは煮込みにした。

ファミリーばんざい健康食堂:料理

鶏皮の味噌煮ホルモン風。
これが、酒飲み的には“当たり”だったね。
白味噌で、味が濃く、これは酒が進む一品だった。

キリンラガー瓶と、トンカツとミニめんちカツのプレートと、鶏皮の味噌煮ホルモン風。
これらが揃ったテーブル上は、ちょっとしたパラダイスだった。
さらに酒を、あと2回おかわりできる。
これで1,500円なんだから、納得の満足感だよ。

店のオヤッサンに、すごい豪華なセットですねと声をかけると、うんサービスだから……という答え。
気のせいか、その声には少しの寂しさが感じられたんだが、そりゃそうだよなぁ利益出るのかなって出血サービスだろうなって判るもん。

ビールを飲み干し、揚げものがあるので2杯目と3杯目はハイボールにした。
そしてまだ、鶏皮の味噌煮ホルモン風は温存していた。
この味噌煮は、ポン酒と一緒に楽しみたいなと残しておいたのだ。
“三酒の神器”セットのメニューにはポン酒の記載はなかったが、セットとは別にポン酒が注文できるか訊いてみた。

ファミリーばんざい健康食堂:酒

ポン酒あったよ、熊本の酒「れいざん」
徳利と猪口ってのが気分いいね。
この頃には、味噌煮の鶏皮の脂が冷えて煮こごり状になっていた。
それが、ポン酒にとても合うんだ。
煮こごりのようでいて、中には鶏皮がしっかり存在していて、もとから味が濃かったので冷めても酒が進む味。
この味噌煮は、非常にアテとしてのポテンシャルが高い一品だったね。

ファミリーばんざい健康食堂:メニュー

“三酒の神器”のセットの他に、なます、玉子焼き、角煮などなど酒のアテになる一品がいろいろあった。
俺は1,500円セットの価値の高さにすっかり気分よくなってたし、1,500円セットだけ注文されると店は赤字っぽいよなという気持ちもあったので、角煮を追加注文した。

ファミリーばんざい健康食堂:料理

ふぁー、立派な角煮じゃん。
そして、添えられたショウガがね、これ単体でも酒のアテになるような甘辛くピリリとしたもので。
これもまた満足度の高い品だったのよ。

そんなこんなで、素晴らしく充実した昼酒を楽しめた。
店に入るときは1,500円だけで済ませておこうと思っていたが、味噌煮が素晴らしかったのをきっかけにセットの他に追加注文してしまった。
それでも会計2,330円で、すごく納得価格。

店は、そもそもは食堂っぽくて、定食やカレーなんかがメインとしている。
だが間違いなく以前より酒を飲む客を意欲的に取り込もうとしているし、昼酒に対しても積極的な姿勢を感じる。
移転前のセンタープラザ時代からある“ほろ酔いセット”でサクっと飲むのもいいだろう、“三酒の神器”で腰を据えて飲むのもいいだろう。
またあるいは、セットでなく酒とアテを単品で注文して楽しむってのもアリだよな。
セットにしろ単品にしろ、昼間っから注文できるってのが、まず大きなベネフィットである点も強調しておきたい。
どんどん、酒飲み向けの店へと進化しているようで、俺はとても嬉しい。

この店は、昼酒砂漠熊本の、今もっとも熱い昼酒スポットだって気がするよ。

<初回投稿:2015年05月09日>
2015年3月末に惜しまれつつ閉鎖されたセンタープラザ
熊本のバス交通のハブ、交通センターの地下にあったショッピングプラザで、飲食店も何店舗かあった。
昼から注文できる「ほろ酔いセット」がある「ファミリーばんざい健康食堂」が、ちょっと好きだったんだよ。

センタープラザ閉鎖にともない閉店する際、別の場所で復活する予定だと店の人が言っていたので待っていた。
できれば4月下旬にとの話だったが、ようやく5月に入って復活してくれたよ。

ファミリーばんざい健康食堂:外観ファミリーばんざい健康食堂:外観

場所は、栄通り、観光地として有名になったキャサリン's BARの並び、隣の隣だな。

ファミリーばんざい健康食堂:外観

確かにセンタープラザにあった店だとわかるね。

店内は明るく新しく、センタープラザ地下だったときより広くてゆったり。

ファミリーばんざい健康食堂:店内

さっそく「ほろ酔いセット」はあるのかメニューをチェックする。

ファミリーばんざい健康食堂:メニュー

が、ちょっと見当たらない。
それはそうと以前よりアルコールが充実してるかな、とか思いつつ店の人に「ほろ酔いセット」あるか訊く。
あります、と嬉しい返答。

ファミリーばんざい健康食堂:ビールファミリーばんざい健康食堂:ほろ酔いセット

うん、これだ、以前と変わらぬ「ほろ酔いセット」だ。
生ビールと、枝豆と唐揚げで600円。
また会えて嬉しいよ。

熊本市繁華街で、昼からビールを飲みたくなったら「ほろ酔いセット」だ。
ちょっと小腹も満たせるし、なんならカツカレーとかガッツリ食ってもいいだろう。
移転復活が嬉しいぜ。

↓「食べログ」での店舗情報

ファミリーばんざい健康食堂定食・食堂 / 熊本城・市役所前駅花畑町駅通町筋駅

熊本【飲み屋・居酒屋】【昼酒】

テーマ:昼酒 - ジャンル:グルメ

下通りアーケード内の「カラオケ館」下通り本店で1曲も歌わず甘いものを

新年会的な集まりの流れで、カラオケ屋に。

その前に、熊本に腐るほどあるってゆーか、そういう店しか熊本にはねぇのかよと辟易する個室完備時間制飲み食べ放題居酒屋へ付き合いで行ったのではあるが、ぜんぜん良いところのないクソみたいな店なので、まぁだいたい個室完備居酒屋ってのはクソみたいな店しかないし利用する客も酒の飲み方を知らないし群れないと酒も飲めない独りで飲むこともできないようなクソばっかりなわけだが、まぁそういうわけで当ブログ的には黙殺する。

下通りアーケード内、銀座通りと交差する辺りにある「カラオケ館」。
なんでカラオケ屋かというのは、酒を飲まない人がメンバーに多くいたからです。
カラオケ屋って、ソフトドリンクが充実してるんだねぇ。
ファミレスのドリンクバー的なものは勿論あって、それに加えてジャスミン茶とかマテ茶とか黒豆茶なんてものも、ガラス製のティーポットでサーブされるんだねぇ。
ラインナップが豊富だから、なるほど酒を飲まない人にも楽しいよねと納得。
まぁ俺はノンアルコールの人たちに囲まれてハイボールを飲んでいたのだが。

カラオケ館:酒

カラオケ屋って、追加オーダーするのにいちいち電話しなくちゃいけないのがメンドくて、普通の角ハイボールを何杯かおかわりしていたが途中でドデカ角ハイボールというものにシフトした。
最初からドデカにしときゃ良かった。

で、ソフトドリンクがあり酒がありなんだけど、それだけじゃないよねカラオケ屋って。
いわゆるスイーツ的なものが、いろいろあるのよね。
カラオケ屋といえば、九州には店舗がないけども、「パセラ」のハニトーが思い浮かぶわけですよ?
「パセラ」以外のカラオケ屋でも、ハニートースト置いてる店が今は多いよね。
そして俺は意外とこう見えて甘いものが好きなので、こちら「カラオケ館」にはどういう甘いものがあるかメニューをチェックいたしましたよ。

カラオケ館:メニュー

とりあえず複数人で来ているので、まずは個体数が多くて皆でシェアできそうなものを注文してみた。

カラオケ館:料理カラオケ館:料理

ポッキーは、これは費用対効果的に失敗だったなと思いました。
だが、グラスに盛られた茶色い丸いものはミニアメリカンドックというものなんだけど(※ドッグじゃなくドックなのは原文ママというかメニューに記載された通りに表記)、これはなかなか良かったね。
魚肉ハムを丸め込んだフリッターみたいな感じで、ハイボールのアテにちょいとつまむのに適していたし、チープな味わいが楽しくもあった。

そして次に、自分だけで食べるために本格的に甘いものを注文した。

カラオケ館:料理

フォンダンショコラです。
これねー、美味しかったよ、温かてドロリとしたチョコソースがケーキ生地の中にふんだんに潜んでいて、ふんだんショコラだったよ。
また周囲に添えられたベリー類がね、まぁ冷凍食品だろうけど、たっぷりあって嬉しかった。
冷たく甘酸っぱいベリーだけでもハイボールのお供になるって感じ。

思うのだが、カラオケ屋ってのは俺みたいなオッサンが人目を忍んで甘いものを食うのにも良いんじゃない?
もう数年前から昼間の子連れママ友会などに利用されてるよね、子どもが騒いでも泣いても周囲に気兼ねせずに済むというメリットが周知されて。
夜はママは出歩けない事情もあるだろうから、昼間に開いてるというのもベネフィットだろうし、店舗によっては持ち込みもオーケーなところあるからコスト面でも助かるわな。
そのようにカラオケ屋は、カラオケを歌う以外の利用法が開拓されていってて、面白いなぁと思っている。
楽器の練習だってできるよなぁ、芝居の練習もできるだろうし。
そういう柔軟な利用の仕方のひとつとして、オッサンが周囲の目を気にせず甘いものを食うというのも、アリだよね。

カラオケ屋の多様性の発展を、今後も楽しみに思う。

↓「食べログ」での店舗情報

カラオケ館 下通り本店その他 / 花畑町駅熊本城・市役所前駅通町筋駅

熊本【飲み屋・居酒屋】

テーマ:スイーツ - ジャンル:グルメ

昼酒砂漠熊本では珍しく14時から飲める中央区の並木坂「トリッパ」

並木坂を歩いていたら、昼飲みできる店を見つけた。
酒飲み文化がプアな熊本では、昼から飲める店というのは珍しいのだ。

屋号からしてイタリアンな店であろうと思われる「トリッパ」。

トリッパ:外観トリッパ:外観

ワイン酒場とのことだが、けっこう前向きに昼飲みをプッシュしていて好感が持てるね。
なんだか若者向けのオサレな店っぽくて、俺には入るのに勇気が要るのだが昼酒が飲めるのなら立ち寄ってみねば。

トリッパ:店内

ナチュラルにウッディな店内、割と広めのフロアにテーブル席、カウンターの向こうはオープンキッチン。
キッチンに若い男性が2人、フロアに若い女の子、いずれもシャレた格好の若者なので、むさ苦しいオッサンである俺としては場違いでスマンという気持ちになる。

トリッパ:メニュートリッパ:メニュー

メニューを眺めると、ほほぅ2時間1,500円でワイン飲み放題か。
昼の時間帯14時から18時まではチャージなしで、安価なアテもいくつかあるな。
屋号にしているトリッパは昼の時間帯には出さないようだが、まぁ俺は内臓が苦手なので要らない。
これは、気軽に飲むのに良いじゃないかと思った。

そこまでガブガブ飲もうってテンションじゃなかったから、ワイン飲み放題じゃなくビールを。

トリッパ:酒

アテに、豚バラ肉のリエット380円也を注文した。

トリッパ:料理

380円で、こんなに? というほどリエットたっぷり。
なめらかで、豚の脂の甘みと旨味とが楽しめて、これはお値打ちだなぁと思ったね。
ただ添えられたバゲットが、カリカリってかバリバリなのがちょっとね、もっとシットリのほうがリエットと絡んで良いと思うんだけどね。

さてところで、この店に入ってみようと思ったのは昼酒ができるってだけでなく、表の黒板に自家製リモンチェッロがあると書いてあったからでもあった。
俺は、大衆酒場とか立ち飲み屋が好きだからリモンチェッロなどという飲み物を知らないと思えるだろうが、こう見えてリモンチェッロが好きだ。
まぁ滅多に行くことはないが、イタリアンな店に行って飲み食いをしたら、〆にエスプレッソかリモンチェッロが飲めないと不機嫌になる。
ちなみにエスプレッソにグラッパを垂らしてくれるような店に当たると、すごく上機嫌になる。
まぁそんなわけで、リモンチェッロしかも自家製があるとなれば、それはとても飲んでみたいってことなのよ。

トリッパ:店内トリッパ:店内

写真がボケボケで恐縮だが、自家製リモンチェッロは水俣産の無農薬レモンを使っているそうだ。
自家製を裏付けするように、漬け込んである瓶が店内に飾られていた。
ソーダ割り、ロック、ストレートでとのことだが、やっぱストレートだろ。

トリッパ:酒

リキュールを飲むサイズのチューリップグラスで出してくれたら嬉しかったが、まぁいいや。
レモンの酸味の爽やかさと、濃厚な甘さが、グイグイ迫ってくるリモンチェッロだった。
美味しいです、満足。

オシャレな店だなぁと物怖じしたが、なかなか良い店じゃないかと思った。
俺が立ち寄った月曜の15時台、先客も後客もなかったが、頑張って昼営業を続けてくれると嬉しいな。
昼から酒を飲むという文化が田舎町熊本に根づくまで、負けないで欲しい。

↓「食べログ」での店舗情報

トリッパイタリアン / 藤崎宮前駅通町筋駅水道町駅

熊本【昼酒】【飲み屋・居酒屋】

テーマ:昼酒 - ジャンル:グルメ

熊本市中央区クラブ通「ちょい酒」その名の通りポン酒をチョイスして飲める

とても久しぶりに熊本市の繁華街を歩いていたら、なんか新しい飲み屋ができてるなと。

ちょい酒:外観

ちょいしゅ? ちょいさけ?
ちょいす、と読む。

ちょい酒:外観

ポン酒が揃う店か。
焼酎ばっか飲むオッサンが多い熊本にあっては、珍しいコンセプトだな。
ちょっと立ち寄ってみようと思った。

店内は小ぢんまり、カウンターと、壁に向いたテーブルが少し。
スツールが用意されおり立ち飲みではないが、カウンターは立ったほうが良い按配の高さなので立つ。
ラフな格好の若めの男性店主が一人で運営しており、俺が立ち寄ったときは先客なし。

ちょい酒:店内

カウンターの向こうの冷蔵ショーケースにポン酒がぎっしり。
なかなか揃ってるなーって感じ。
獺祭が何種かあるのが目にとまったので、注文。

ちょい酒:酒ちょい酒:酒

獺祭は3種あって、磨き三割九分をもらった。
これは一杯500円で、他に300円、400円のものも。

ちょい酒:店内

最も安いラインは300円で、つまり一杯300円から好きなポン酒をチョイスして飲めるわけだね。
チャージ料などは、ない。

ちょい酒:メニュー

どの酒を飲めばいいか……と迷うようなら銘柄ごとにコメントを添えてあるメニューを見ると良い。
このメニューは、とても気が利いてるなと感心した。

俺は注文しなかったが、なにかアテも用意されてたと思う。

この店、17時から29時までやってるそうで。
なんでそんな明け方までやってんのと訊くと、この辺は夜の街だから、と。
飲食業の人間が、店を閉めてから寄るそうで、なるほどねと納得。
だが俺としては、こういう店は昼から開けて欲しいんだが、店主もそれは考えてはいるが昼間の人通りが少なくて無理っぽいと思っているそうだ。
そうだなぁ、熊本市民は飲酒文化において未成熟ってーかレベルが低くて昼酒も楽しめねぇ奴が多いもんな。
どうせ多人数で群れて、飲み食べ放題個室居酒屋みたいなとこでしか飲めねぇ幼稚な奴ばかりって感じだしな。
プアな熊本市民が成長して、この店が昼から開けるようになることを願うよ。

↓「食べログ」での店舗情報

ちょい酒バー / 熊本城・市役所前駅花畑町駅通町筋駅

熊本【飲み屋・居酒屋】

テーマ:日本酒 - ジャンル:グルメ

移転した熊本市中央区下通「二代め 鮨 浪花」俺は移転前が好きだったな

もうすっかり熊本市では酒を飲まなくなっている。
大阪や東京で飲むほどに、どんどん熊本で飲むのが嫌になっているんだよ。
飲み屋事情がプアだから、熊本では飲まず節約しておいて大阪や東京で飲んだほうが幸せになれるからな。

それでも限られた数軒の店には、たまに行く。
それで久しぶりに夜の熊本市の繁華街を歩いていて、久しぶりに「二代め 鮨 浪花」で寿司つまむかと思ったら。

なくなってた。
と思ったら、ああ移転したのか。

二代め 鮨 浪花:外観

あら、辰巳苑ビルから道路挟んで向かいのビル、たそがれ東館に移ったんだね。
今年の9月上旬に移転してたのかぁ、いかに俺が熊本市の繁華街に足を運んでないかわかるな。
ではちょっと覗いてみるかと、移転後の店舗へ。

二代め 鮨 浪花:外観二代め 鮨 浪花:外観

うーん、なんか、派手になったっつーか……
そして店内は、

二代め 鮨 浪花:店内

うっわぁ……なんかモロに、いかにも“作られた昭和レトロ”って感じになっちゃったな。

カウンター席に通された。
全部で6席だったかな、先客が4人あって、その狭間の席に案内された。
さて俺はコートを着ており、日本酒を1本ぶらさげていたのだが。
ハンガーの案内も、荷物置き場の案内もなかった。
しかたなく、脱いだコートは膝の上に、日本酒は目の前に置いておくしかなかった。
なんとも落ち着かねぇな。
とりあえず入り口近くにハンガーが下がってるのを見つけ、そちらにコートはかけた。

まずビール、サッポロラガーがあったので注文。

二代め 鮨 浪花:酒

赤星、いいよねぇ。
でもね、コップがカップ酒の空き瓶みたいで、あと無駄に冷えてるのが気に入らない。
瓶ビールを飲むコップの適温ってものが、あるだろう?
中瓶580円、安くないな。

カウンター内は、移転前からいる大将と、一代目だろうか?もう一人職人さんがいらした。
あとフロアを担当する女性が一人。
このフロアの人が、ハンガーを案内してくれる役割だと思うんだがなぁ。

以前の店は4坪くらいしかないかなっていう、ものすごく狭い店で大将一人でやっていた。
そういう店ではハンガーがどうのと案内されることを期待しないのだが。
広くなって人手も増えているなら、ホスピタリティも期待してしまうんだけどなぁ。
そういや職人さんとも注文以外に言葉を交わしてないな。

二代め 鮨 浪花:料理

だし巻き380円也を注文、美味しかった。

二代め 鮨 浪花:料理

鉄火巻き、美味しかった。
細巻で300円、良心的価格だ。
寿司屋で細巻の鉄火は700円くらいするのも珍しくないが、300円という価格設定で、なおかつ美味しい。

寿司は安くて美味しいだけに、他の要素がなんだか残念だ。
たまたまだろうが、隣は80歳くらいの老害ジジィ二人で、職人を“おいちょっと”呼ばわりしたりクチャクチャチューチュー不快な音をたててブチ切れそうに腹立たしかった。
移転して、客層が悪くなっちゃったんじゃないのと、思ってしまう。

妙な昭和レトロとかやめて、今からでも軌道修正してくれねぇかなぁ。

移転前のエントリーはこちら

↓「食べログ」での店舗情報

二代め 鮨 浪花寿司 / 熊本城・市役所前駅通町筋駅花畑町駅

熊本【飲み屋・居酒屋】【寿司】

テーマ:日本料理・寿し・割烹料理 - ジャンル:グルメ

前の記事«  | ホーム |  »次の記事

食べ飲みした店の分類

ブログ内検索


リンク

各地の飲み屋情報を発信しているサイトをリンクさせてもらってます

<全国>
「立ち呑み@酒店」
全国の酒屋の角打ち、立ち飲み屋についての情報がエリア別に掲載されている
「激渋食堂メモ」
日本あちこちに今も残る、渋くて味わい深い大衆食堂を地域別に紹介しているサイト

<関東>
「居酒屋礼賛」
東京の情報には限らないのだが都内の味のある酒場の情報が豊富で魅惑的かつ地域別インデックス便利
「酔(すい)のどうでしょう?」
東京都内の居酒屋・大衆酒場・古典酒場・立ち飲み・センベロ酒場を飲み巡るブログ

<東海>
立飲み人生劇場
更新が停止していて残念だけど名古屋の魅力的な立ち飲み、角打ちできる酒屋の情報が

<関西>
「日本全国B級グルメぐるぐる紀行」
関西各地の味のある酒場を詳しく紹介してくれる指針になる情報量
「関西女のプチ日記」
他のどこにも載ってないような素敵なディープ飲み屋情報満載の関西酒場ガイダンス
「やまでらのぶらりグルメ&ぶらり日記」
行きたくなる飲み屋がたくさん紹介されてる関西飲み屋巡りの強い味方
「カンクロが行く」
大阪府のローカルなとこまで行く。日記のような数行のセンテンスに静逸なセンスを感じる
「関西安酒場」
更新が止まっているようで残念。バス路線沿いの酒屋などまで簡潔ながら貴重な情報

<九州>
「黒崎~小倉@北九州の居酒屋&BARを制覇せよ!」
ネット上に情報の少ない北九州の酒場を紹介してくれる有り難いサイト

このブログをリンクに追加する
リンクフリーでございます(^ヮ^)

【広告】Advertisement