タベノミー

食べたり飲んだりする日々の、あれこれ。
福岡を中心に、関西や関東の飲食店(主に飲み屋)紹介も。ゆるゆると。

エリア別・記事タイトル一覧

福岡県の店
九州で昼から飲める店
角打ち
関東の店
東海の店
関西の店
福岡以外の九州・沖縄の店

最近書いた記事


カテゴリ

あれやこれや (91)
食べ飲みした店 (919)
東京都千代田区 (19)
東京都中央区 (3)
東京都港区 (7)
東京都新宿区 (25)
東京都台東区 (20)
東京都墨田区 (5)
東京都品川区 (1)
東京都大田区 (1)
東京都杉並区 (1)
東京都豊島区 (10)
東京都北区 (10)
東京都荒川区 (1)
東京都足立区 (2)
東京都葛飾区 (3)
東京都江戸川区 (1)
横浜市神奈川区 (2)
横浜市西区 (1)
横浜市中区 (12)
横浜市南区 (6)
神奈川県川崎市 (2)
千葉県船橋市 (3)
栃木県宇都宮市 (2)
名古屋市北区 (3)
名古屋市西区 (1)
名古屋市東区 (1)
名古屋市中村区 (3)
名古屋市中区 (5)
名古屋市熱田区 (1)
大阪市北区 (48)
大阪市都島区 (11)
大阪市福島区 (11)
大阪市此花区 (1)
大阪市中央区 (38)
大阪市西区 (6)
大阪市天王寺区 (7)
大阪市浪速区 (22)
大阪市淀川区 (17)
大阪市東淀川区 (4)
大阪市東成区 (3)
大阪市旭区 (1)
大阪市西成区 (14)
大阪府堺市 (4)
大阪府高槻市 (3)
大阪府東大阪市 (4)
大阪府岸和田市 (3)
大阪府泉佐野市 (2)
京都市中京区 (2)
兵庫県尼崎市 (5)
山口県下関市 (1)
北九州市門司区 (2)
北九州市小倉北区 (18)
北九州市八幡西区 (5)
福岡市東区 (11)
福岡市博多区 (119)
福岡市中央区 (201)
福岡市南区 (7)
福岡市城南区 (4)
福岡市早良区 (21)
福岡市西区 (1)
福岡県糟屋郡 (1)
福岡県春日市 (2)
福岡県大野城市 (1)
福岡県筑紫郡 (1)
福岡県久留米市 (19)
福岡県大牟田市 (20)
福岡県朝倉市 (2)
佐賀県 (1)
大分県別府市 (7)
大分県大分市 (6)
熊本市中央区 (62)
熊本市西区 (9)
熊本市東区 (8)
熊本県八代市 (3)
沖縄県那覇市 (13)
沖縄県浦添市 (1)
各地(チェーンとか多店舗) (16)
買ったり作ったり (71)
見たり読んだり (7)
ヒライ (16)
記事タイトル一覧 (7)
ウイスキー (0)

月別アーカイブ


プロフィール

どうも、割った鍋です。
食べたり飲んだり、飲んだり。
九州在住、大阪常駐。

大衆酒場、立ち飲み屋、酒屋の角打ちが好きです。

重度の喫煙者であり、昼酒を好むという、社会的にちょっとアレなオッサン。

2014年9月24日開設

割った鍋


STATEMENT

当ブログはInternet Explorerでの閲覧には対応しておりませんし、対応するつもりもありません。Internet Explorerをご使用の方は、今すぐ考えを改め、他の優れたブラウザをお使いになることを推奨します。自由なクリエイティビティの発展のために、Internet Explorerを使うことをやめましょう。


KEEP CALM AND DRINK ON

割った鍋へのメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


RSSリンクの表示

食べたり飲んだり、飲んだり。This is タベノミー。

【広告】Advertisement

やっぱり悪くないかも「立呑み晩杯屋 四ツ谷しんみち通り」東京都新宿区四谷

更新をサボっていた時期の積み残し……この店に行ったのは2019年1月中旬。

もうちょい飲み足りないなと、22時台の四谷を徘徊していた。
土地勘はなく何処へ行けばいいのか判らないが、とにかく四谷は遅くまでやってる飲み屋は多くないと感じた。

立呑み晩杯屋 四ツ谷しんみち通り

あ、「晩杯屋」がある。
四谷にもあるのか、もはや都内あちこちに展開してるって感じなのか。

俺が初めて「晩杯屋」を利用したのは2015年だったか、そのときは悪い印象しかなかったから、もう二度とはないと思っていたが、とりあえず他に飲める店はなさそうに思えたので寄ってみた。

立呑み晩杯屋 四ツ谷しんみち通り

ああ、安い。
それだけは、やっぱり良い。

立呑み晩杯屋 四ツ谷しんみち通り立呑み晩杯屋 四ツ谷しんみち通り

この店舗は23:30閉店で、俺が店に入ったのは22時台後半。
もはや客もまばらで、閉店準備のムードが店内に漂っていた。
閉店時刻間際なのは承知の上なので、サッサと飲もう。

立呑み晩杯屋 四ツ谷しんみち通り

ホッピーとアテがありゃいいや。

立呑み晩杯屋 四ツ谷しんみち通り立呑み晩杯屋 四ツ谷しんみち通り

肉豆腐180円、マグロ山かけ200円、安い。
とにかくそれが「晩杯屋」。
ナカをおかわりして、とにかく“もうちょい飲み足りない”気分は整理できた。

やっぱり「晩杯屋」には存在価値があるんだな、と感じた。

↓「食べログ」での店舗情報

立呑み晩杯屋 四ツ谷しんみち通り立ち飲み居酒屋・バー / 四ツ谷駅四谷三丁目駅曙橋駅

東京【立ち飲み】

テーマ:立ち飲み - ジャンル:グルメ

ワクワクする洋食屋さんの予感があった「BAMBI」東京都新宿区四谷

更新をサボっていた時期の積み残し……この店に行ったのは2019年1月中旬。

正午過ぎの四谷で、「BAMIBI」という店に吸い寄せられた。

BAMIBI

業態としては洋食レストランになるのかな。
町角の洋食屋さんといった様子の、惹かれる存在感。

BAMIBIBAMIBI

外観に昭和っぽさを感じたが、店先に掲示されたメニューを眺めると、さらに昭和なテイスト。
ワンプレート洋食、グリル料理の数々が写真付きで紹介されて、これは子供の頃に親に連れてこられたらテンション上がっちゃうやつだな、と今はもうオッサンでありながらワクワクした。

食券マシーンで先払い、厨房を囲むカウンター席のみ。
すごく盛況で、席間は狭くてちょっと窮屈。

BAMIBI

先にコンソメスープが出されて、チビチビ飲みながら待つ。
カウンター内の厨房は、使い込まれたフライパンや鍋、寸胴、積み重ねられた鉄板を載せる木のプレートと、職人の仕事場という風格を感じるもので、眺めていて楽しかった。

BAMIBI

注文した「和牛ハンバーグスクランブルエッグピリ辛ソース」が提供された。
店先のメニューではライス付きとなっていたが、ライスはハンバーグやスクランブルエッグの下に潜んでいた。
なんなら野菜の下にも潜んでいたので、だいぶライスの量は多い。

だがしかし、そのライスが。
固かった。
そもそも俺は固めに炊いたゴハンが好みだが、そういうレベルじゃなく固かった。
水の量を間違えたのか、それとも炊飯器の底のほうで押しつぶされたのか、炊いてから時間が経って水分が抜けたのか……とにかく俺には美味しくなかった。
が、周囲の客を窺うとライスに不満そうな様子はなかった……この店ではこういうものなのか。

ワクワク感は消えてなくなった。

↓「食べログ」での店舗情報

バンビ 四谷店洋食 / 四ツ谷駅麹町駅四谷三丁目駅

東京【洋食】

テーマ:洋食屋 - ジャンル:グルメ

ゆったりした空間で寛げた「ルノアール 四谷店」東京都新宿区四谷

更新をサボっていた時期の積み残し……この店に行ったのは2019年1月中旬。

四谷で遅い朝食というか早いランチを「ルノアール 四谷店」で。

ルノアール四谷店

駅に近く、便利なロケーション。
でも中途半端な時間帯のせいか土曜日だったからか、人通りは少なかったね。

ルノアール四谷店

店内も空いていた。
ゆったりした空間、まったりできる。

ルノアール四谷店ルノアール四谷店

コーヒーとサンドウィッチ、スープ付き。

コーヒーを、タバコを喫いながら楽しめた……この時は。
もう寛ぎは得られない。

↓「食べログ」での店舗情報

喫茶室ルノアール 四谷店喫茶店 / 四ツ谷駅麹町駅四谷三丁目駅

東京【喫茶店】

テーマ:喫茶店 - ジャンル:グルメ

四谷の“よつや”だよ「四ツ屋」東京都新宿区四谷

更新をサボっていた時期の積み残し……この店に行ったのは2019年1月中旬。

四谷を徘徊してたら「四ツ屋」という居酒屋が目に止まった。
駄洒落かよ、と可笑しくて興味をもった。

四ツ屋四ツ屋

ただ屋号のネーミングセンスにクスっとしただけなら立ち寄らないところだが、もう一押しするものがあった。
店先で案内されてる品書きのなかに“名物 玉子のからあげ”と。
なんだそりゃ、気になる、と。

四ツ屋

昔ながらの、という風情がある店内。
木製のカウンターの、塗装が剥げた様子が、長く愛されてる居酒屋という趣きだなぁ。
まずビール、黒ラベル瓶、良いねぇ。

四ツ屋四ツ屋

さて、気になった“名物 玉子のからあげ”を注文だ、ついでにカツオのたたきも。
おぉ、こういうものか、という意外性があった。
玉子のからあげ、厚めにコロモをつけて揚げたゴロっとしたものかと予想してたが、違った。
コロモは薄く、千切りキャベツとともにツユに浸かっているものだった。
食ってみると、なんというかジュワっと、なにか滋味さえ感じるようなもので、これは美味しいと度肝を抜かれた。
ビールにも日本酒にも合う、ってきりイロモノかと思ってたが正にこれは名物と称するに相応しい逸品。

四ツ屋

日本酒を頼むと立派な枡で出され、おまけに潮が添えられて。
ぐぅ、こりゃ渋い、たまらん。

店は穏やかに賑わっていて、気分良く飲めて、なぜか隣席の常連氏と盛り上がってしまい成り行きで二人で別の店にハシゴをかけてしまった(その店は屋号を覚えていないのでブログに書けない)。
なんだか、オープンマインドな空気のある居酒屋という印象が残っている。

↓「食べログ」での店舗情報

居酒や 四ツ屋居酒屋 / 四ツ谷駅四谷三丁目駅麹町駅

東京【飲み屋・居酒屋】

テーマ:居酒屋 - ジャンル:グルメ

酒屋併設の賑やかな立ち飲み「鈴傳」東京都新宿区四谷

更新をサボっていた時期の積み残し……この店に行ったのは2019年1月中旬。

四谷の「鈴傳」という店は、まずその外観が良かった。
古めかしくも品のある、酒造メーカーの重厚な看板が居並ぶ様子が壮観だった。

鈴傳鈴傳

照明に照らされた金文字が、威厳さえ漂わせていた。

IMG_008884.jpg

看板は、翌日の昼間に改めて眺めにいった。
それくらい惹かれた。

こちらは酒屋に併設された立ち飲み屋さん。
酒を小売するスペースの片隅で飲むのではないから角打ちとは言えないが、まぁそれはいい。
そんなことより、賑やかでいて風情のある立ち飲みだった。

鈴傳鈴傳

厨房を囲むカウンターが立ち飲みのメインで、そこの人口密度は高い。
立ち飲みテーブルもあり、その空間は空いているが俺は独り客なので利用するのは気が引けた。
そんなわけでカウンター周りの空間に潜り込んだ。

鈴傳

日本酒を一杯、自分メモによると「〆張鶴」だったな、420円。
味気ないコップで酒を出されるのが、逆に風情があるって気持ちは共感いただけるだろうか。
なんつーか、飾り気のなさが心地よいって気持ち。

鈴傳鈴傳

酒のアテはいろいろある。
角打ちだと乾き物だけというのが多いが、こちらは煮物や揚げ物など豊富。
刺身の三点盛り450円ってのが今日のオススメみただったので、それを。
立ち飲みに適した、多すぎない量なのがいいね。

酒をもう一杯、自分メモによると富山の「満寿泉」400円、水みたいにスルっと飲めるが美味しかった。

賑やかに混んでるから、ゆったりパーソナルスペースを確保できなかったが、こちらの客は立ち飲み慣れしているようで互いに狭い空間を譲り合って、意外に快適だった。
ただ、喫煙可の店なのだが隣との距離がすごく近いから遠慮しちゃうね。

風情があって日本酒の品揃えが良くて、素敵な立ち飲みだった。

↓「食べログ」での店舗情報

鈴傳 四ツ谷日本酒バー / 四ツ谷駅四谷三丁目駅麹町駅

東京【角打ち】【立ち飲み】

テーマ:角打ち - ジャンル:グルメ

 | ホーム |  »次の記事

食べ飲みした店の分類

ブログ内検索


リンク

各地の飲み屋情報を発信しているサイトをリンクさせてもらってます

<全国>
「立ち呑み@酒店」
全国の酒屋の角打ち、立ち飲み屋についての情報がエリア別に掲載されている
「激渋食堂メモ」
日本あちこちに今も残る、渋くて味わい深い大衆食堂を地域別に紹介しているサイト

<関東>
「居酒屋礼賛」
東京の情報には限らないのだが都内の味のある酒場の情報が豊富で魅惑的かつ地域別インデックス便利
「酔(すい)のどうでしょう?」
東京都内の居酒屋・大衆酒場・古典酒場・立ち飲み・センベロ酒場を飲み巡るブログ

<東海>
立飲み人生劇場
更新が停止していて残念だけど名古屋の魅力的な立ち飲み、角打ちできる酒屋の情報が

<関西>
「日本全国B級グルメぐるぐる紀行」
関西各地の味のある酒場を詳しく紹介してくれる指針になる情報量
「関西女のプチ日記」
他のどこにも載ってないような素敵なディープ飲み屋情報満載の関西酒場ガイダンス
「やまでらのぶらりグルメ&ぶらり日記」
行きたくなる飲み屋がたくさん紹介されてる関西飲み屋巡りの強い味方
「カンクロが行く」
大阪府のローカルなとこまで行く。日記のような数行のセンテンスに静逸なセンスを感じる
「関西安酒場」
更新が止まっているようで残念。バス路線沿いの酒屋などまで簡潔ながら貴重な情報

<九州>
「黒崎~小倉@北九州の居酒屋&BARを制覇せよ!」
ネット上に情報の少ない北九州の酒場を紹介してくれる有り難いサイト

このブログをリンクに追加する
リンクフリーでございます(^ヮ^)

【広告】Advertisement