タベノミー

食べたり飲んだりする日々の、あれこれ。
福岡を中心に、関西や関東の飲食店(主に飲み屋)紹介も。ゆるゆると。

エリア別・記事タイトル一覧

福岡県の店
九州で昼から飲める店
角打ち
関東の店
東海の店
関西の店
福岡以外の九州・沖縄の店

最近書いた記事


カテゴリ

あれやこれや (91)
食べ飲みした店 (919)
東京都千代田区 (19)
東京都中央区 (3)
東京都港区 (7)
東京都新宿区 (25)
東京都台東区 (20)
東京都墨田区 (5)
東京都品川区 (1)
東京都大田区 (1)
東京都杉並区 (1)
東京都豊島区 (10)
東京都北区 (10)
東京都荒川区 (1)
東京都足立区 (2)
東京都葛飾区 (3)
東京都江戸川区 (1)
横浜市神奈川区 (2)
横浜市西区 (1)
横浜市中区 (12)
横浜市南区 (6)
神奈川県川崎市 (2)
千葉県船橋市 (3)
栃木県宇都宮市 (2)
名古屋市北区 (3)
名古屋市西区 (1)
名古屋市東区 (1)
名古屋市中村区 (3)
名古屋市中区 (5)
名古屋市熱田区 (1)
大阪市北区 (48)
大阪市都島区 (11)
大阪市福島区 (11)
大阪市此花区 (1)
大阪市中央区 (38)
大阪市西区 (6)
大阪市天王寺区 (7)
大阪市浪速区 (22)
大阪市淀川区 (17)
大阪市東淀川区 (4)
大阪市東成区 (3)
大阪市旭区 (1)
大阪市西成区 (14)
大阪府堺市 (4)
大阪府高槻市 (3)
大阪府東大阪市 (4)
大阪府岸和田市 (3)
大阪府泉佐野市 (2)
京都市中京区 (2)
兵庫県尼崎市 (5)
山口県下関市 (1)
北九州市門司区 (2)
北九州市小倉北区 (18)
北九州市八幡西区 (5)
福岡市東区 (11)
福岡市博多区 (119)
福岡市中央区 (201)
福岡市南区 (7)
福岡市城南区 (4)
福岡市早良区 (21)
福岡市西区 (1)
福岡県糟屋郡 (1)
福岡県春日市 (2)
福岡県大野城市 (1)
福岡県筑紫郡 (1)
福岡県久留米市 (19)
福岡県大牟田市 (20)
福岡県朝倉市 (2)
佐賀県 (1)
大分県別府市 (7)
大分県大分市 (6)
熊本市中央区 (62)
熊本市西区 (9)
熊本市東区 (8)
熊本県八代市 (3)
沖縄県那覇市 (13)
沖縄県浦添市 (1)
各地(チェーンとか多店舗) (16)
買ったり作ったり (71)
見たり読んだり (7)
ヒライ (16)
記事タイトル一覧 (7)
ウイスキー (0)

月別アーカイブ


プロフィール

どうも、割った鍋です。
食べたり飲んだり、飲んだり。
九州在住、大阪常駐。

大衆酒場、立ち飲み屋、酒屋の角打ちが好きです。

重度の喫煙者であり、昼酒を好むという、社会的にちょっとアレなオッサン。

2014年9月24日開設

割った鍋


STATEMENT

当ブログはInternet Explorerでの閲覧には対応しておりませんし、対応するつもりもありません。Internet Explorerをご使用の方は、今すぐ考えを改め、他の優れたブラウザをお使いになることを推奨します。自由なクリエイティビティの発展のために、Internet Explorerを使うことをやめましょう。


KEEP CALM AND DRINK ON

割った鍋へのメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


RSSリンクの表示

食べたり飲んだり、飲んだり。This is タベノミー。

【広告】Advertisement

電気街にある正しい角打ち「井上竹商店」大阪市浪速区日本橋

新世界で映画を観てから餃子をアテに一杯やって、もう一杯と日本橋へ流れた。
堺筋、アーケードのある電器街は、その名の通りの店かアニメショップかエロ映像ソフト屋ばかりのように見えて、実は角打ちできる酒屋があるのよね。

井上竹商店

恵美須町駅から近い「井上竹商店」。
こちらの店、何度か近くまで来たが休業日だったり角打ちできる時間帯じゃなかったり、あるいは盛況過ぎたりで立ち寄るタイミングを逸していた。
ようやく立ち寄れて嬉しかった。

井上竹商店

店先の暖簾に萌えキャラ……日本橋ならではだな。
あとで店の人に訊いたら、これは既存のアニメとかマンガとかゲームのキャラではなく、日本橋のキャラだそうな。

井上竹商店

けっこう雑然とした店内。
先客として、おそらく大陸から観光の女性二人組が酒を購入していた。
ふむ、酒を小売りしてるんだ。
あとで店の人に訊いたら、「山崎」などジャパニーズウイスキーを買い求める観光客が少なくないそうな。
で、それはそうと、酒を小売りしてる店で酒を飲めるのだから、これは正しく“角打ち”だな。

で、さっきから“店の人”と書いてたのは、そこまで愛想の良いわけでもないが一見の変なオッサンである俺にもフランクに接してくれる女性の人だ。
この店の主人の娘さん、といった感じか。

井上竹商店

とにかく酒を一杯。
冷蔵庫からビールとか缶チューハイということもできたが、カウンター上にあった封の開いてそうな酒を。
なんていうことのない、日本盛。
そういうのを飲むのが、角打ちの流儀なんだ、俺にとって。

井上竹商店井上竹商店

アテは乾き物以外は冷蔵庫からと案内されて、6Pチーズを。

うん、しみじみ、正しく角打ちだ。

灰皿がカウンター上にあったのでタバコが喫えるのかと訊くと、それを外に持って出て喫ってもらうためのものだと。
なるほど、酒屋の角打ちでは店内は禁煙なことは珍しくないので、納得。
商品を陳列してて、不特定多数の客が訪れる小売り店の中でタバコってのは……と重度の喫煙者である俺でさえ思う。

いろいろと、正しい。
なんでヲタクタウンに、こんなに正しい角打ちできる酒屋が、と思うほど正しい。
いや、この店が先にあって、いつのまにか周囲がヲタクタウンになったんだろうけどね。

↓「食べログ」での店舗情報

井上竹商店立ち飲み居酒屋・バー / 恵美須町駅今宮戎駅大国町駅

大阪【角打ち】

テーマ:角打ち - ジャンル:グルメ

ビールと餃子で楽しい「餃子とお酒の店屋 全包」大阪市浪速区恵美須東

新世界で映画を観てからの飲酒、というのが最近の週末のレジャー。

餃子とお酒の店屋 全包

なるべく韓国客まみれではないエリアで、予備知識のない店にフラっと寄ってみた。
これは穴場かもって予感のあった「餃子とお酒の店屋 全包」。

餃子とお酒の店屋 全包餃子とお酒の店屋 全包

予備知識がなくても、店先に品書きが貼ってあると何が飲めて会計はどれほどか計れるのでとても助かる。
餃子は300円と手頃で、ほかに居酒屋メニューもいろいろあるから腰を落ち着けて飲めそう。
おっ、ビールのラインナップが良いな、生はサッポロ、瓶はキリンラガーと赤星があるじゃないか。
これはビール好きには最高だ、この店で飲もう。

餃子とお酒の店屋 全包

やっぱ赤星はいいな、キリンラガーもいいがサッポロラガーもいいよ。
餃子にビールはベストマッチな関係なわけだが、そのビールが自分の好みのものだと最高だ。

餃子とお酒の店屋 全包餃子とお酒の店屋 全包

餃子を、ひとまず一皿お願いした。
あまり、なんというか、綺麗な見た目ではない焼き餃子。
ギョーザのタレは用意されていたが、それとは別に酢と醤油もあって、またブラックペッパーも出してくれた。
店のお兄さん的には、酢とブラックペッパーがオススメですとのこと。

うん、うまいよ餃子、酢とブラックペッパーってのも、いいよ。

餃子とお酒の店屋 全包

白菜の漬物をサービスで出してくれた。
浅く、塩気の控えめなやつ。
餃子の口直しにもなるし、なんなら白菜をつついて飲めるよね。

IMG_000807.jpg

餃子を追加した。
画像の奥が味噌ギョーザ、手前が鶏ギョーザ。
味噌のほうは味がしっかりついているので、タレなどつけずそのまま。
鶏のほうは、あっさり目の鶏ミンチに軟骨がアクセントになって、これは酢とブラックペッパーが合うね。
どちらも美味しく、酒に合う。

IMG_000808.jpg

プレーンチューハイは、たっぷり。

店先は開け放たれて、この日は気持ちのいい風が通り抜けた。
喫煙できるので、のんびり寛ぎながら飲めた。
厨房を囲むL字カウンターだけの店で、お兄さんと母上でやっているようだ。
客は常連しか来ないって感じがあったが、一見の俺でも気分良く飲めた。

この店はアタリだな、と感じた。

「餃子とお酒の店屋 全包」大阪市浪速区恵美須東2-8-7

テーマ:餃子 - ジャンル:グルメ

前回は1号で今回は寿司1号へ「やまと屋 寿司1号店」大阪市浪速区恵美須東

ちょっと前に「やまと屋 1号店」を利用して“いいじゃん”と思った流れで、今回は「やまと屋 寿司1号店」。

やまと屋 寿司1号店やまと屋 寿司1号店

新世界で映画を観ての、平日の14時台で、通りはそこまで観光客まみれではない。
先客はカウンターに一人、テーブル席に一組、空いてて快適。

やまと屋 寿司1号店やまと屋 寿司1号店

まずビール、キリンラガー瓶があって嬉しい。
メニューを見ると、ビールはキリンで揃えてるのね、素晴らしいぞ。

やまと屋 寿司1号店やまと屋 寿司1号店

まずアテを、う巻突き出し600円。
200円台、300円台の一品があって懐に優しいね。

やまと屋 寿司1号店やまと屋 寿司1号店

ビールを飲み干したら日本酒。
二合で注文すると一合おまけでついてくる「やまと屋」システムでたっぷり飲める。
これって「やまと屋」全店でやってるのかな。

やまと屋 寿司1号店やまと屋 寿司1号店

寿司を食おう。
日替サービスってのがあるのね、サーモンユッケが一皿100円か。
その下の貼り紙には、シャリはデフォルトで1ヶ20gだよ多め少なめ対応するよ、って案内されてる。
また、ガリが欲しい人は言ってねといったアナウンスもあったり、いろいろと“as you wish”なサービス姿勢なんだなぁと感心した。

サービス品のサーモンユッケ、さば、づけにぎり、と酒のお供になりそうなものを注文した。
うん、シャリが大きくないから腹が満ちすぎなくて良い。

ちなみに、大阪の寿司屋では刷毛で醤油をネタに塗るってスタイルが多い印象だが、こちらは小皿に醤油を注してっていうスタイルだった。

やまと屋 寿司1号店やまと屋 寿司1号店

寿司屋ではだいたい締めに鉄火巻とカッパ巻を食うことが多いんだけど、この店には鉄火とカッパと同時に食えるソリューション“鉄胡”というものがあった。
うな胡ってのはよく見かける気がするが、意外に鉄胡って珍しいんじゃないかな。

やまと屋 寿司1号店やまと屋 寿司1号店

赤だし、150円。
えらく安いな、と注文した。
トーフ・あら150円、あさり・玉子200円、スタミナスープ300円、はまぐり(3コ入)600円という豊富な赤だしラインナプが嬉しい。

安いし気軽だし、良いね。
観光客はあまり来ないし、来ても定食的なものだけ注文して食ってすぐ帰って、騒がしくなくて良い。
キリンラガーがあって、タバコも喫えるし良い。

いいじゃん「やまと屋」。

↓「食べログ」での店舗情報

やまと屋 寿司1号店寿司 / 新今宮駅前駅新今宮駅動物園前駅

大阪【寿司】【昼酒】

テーマ:寿司・鮨・すし - ジャンル:グルメ

俺にとって理想の寿司屋のひとつかもしれない「すし処 賛志郎」大阪市浪速区難波中

なんば楽座を抜けて、阪神高速高架下のバスターミナルも過ぎた先の交差点あたりに、寿司屋があった。

すし処 賛志郎すし処 賛志郎

それほど目立たない、間口の狭い、通りから少し奥まった寿司屋だが、なんだか存在感があった。
「すし処 賛志郎」という店。

すし処 賛志郎すし処 賛志郎

店先に品書きの案内があって、見ると安い。
寿司屋さんの価格帯を判断する俺の基準は、細巻と日本酒の値段。
こちらは十分に俺にも払える庶民価格だ。

そしてまた、暖簾のかかった引き戸のガラス越しに店内を窺うと、初老の先客氏がタバコを喫っていた。
いいね、喫煙できる寿司屋だ。
細巻が安くてタバコが喫える寿司屋は、俺にとって良い寿司屋だ。

暖簾をくぐると元気な大将が迎えてくれた。
カウンター席のみで、先客はお一人。
先客氏とふたつほど空けて席に着いたら、まずは飲み物を訊ねられた。

すし処 賛志郎

日本酒を冷やでとお願いすると、どんな酒が良いかとのことでサッパリ辛口を所望。
涼しげな透明の徳利と猪口で酒が出された。

すし処 賛志郎すし処 賛志郎

「厳選辛口 吉乃川」、新潟の酒だ。
すっきり、うまかった。
ラベルを撮らせてくれるよう大将に言うと、どうせなら裏も撮るよう促された。
先客の常連氏によると、大将は自らは酒を飲まないそうだが、酒の吟味だけはしっかりしているとのこと。

すし処 賛志郎すし処 賛志郎

ガリをのせた葉蘭が敷かれ、それじゃなにか握ろうかという流れに。
いまはそう腹は減ってないしアテが欲しいと言うと、お造りを少なめで出そうかと提案してくれた。
本当に、少なめで、でも種類が多く盛られていて酒飲みにはこういうのがすごく嬉しい。
こういうので、二合は軽く飲める。

大将は、とてもよくしゃべる。
先客氏が先に帰られて、残る俺は一見の見知らぬ客だから会話は途切れるかと思いきや、まったくとめどなく大将はしゃべるので、それを肴に酒がすすむという様相を呈してきた。
これちょっとおしゃべりが苦手な人には苦痛かもってレベルのトークの連鎖。
しかしまぁ、話題が豊富で俺には愉快だった。

すし処 賛志郎

締めに鉄火とカッパ巻き。
あまり寿司を食わずに申し訳ないなと思ったが、べつに大将は気にしていない風だった。

安くて、酒飲みに寛容で、タバコが喫えて、飽きない寿司屋。
ここは、俺にとっての寿司屋の理想郷のひとつかもしれない。

↓「食べログ」での店舗情報

賛志郎寿司 / 大阪難波駅なんば駅(大阪メトロ)JR難波駅

大阪【寿司】

テーマ:寿司 - ジャンル:グルメ

巡ってみようかなと思った「やまと屋 1号店」大阪市浪速区恵美須東

新世界で映画を楽しんだあと、酒を求めてうろうろ。
観光客の往来が少ないほうへと歩を進めたらギラギラした店があった。

やまと屋 1号店やまと屋 1号店

あとで確認したところ、こちらは「やまと屋 寿司1号店」だったのだが、最初に目にした時点では「やまと屋」って店なんだなとしか認識しなかった。
それでもとにかく、店先で案内されてる“酒W1本にS1本”というシステムは大きなインパクトがあった。
日本酒を二合注文するとオマケで一合ついてくるってわけだよな、これはすごいねと。

じゃあここで飲もうか、と思ったが、もうちょい他の店を物色したい気分だった。
すこし歩くと、またギラギラした店が。

やまと屋 1号店

また「やまと屋」だ。
いままで気にしたことがなかったが、この「やまと屋」というのは新世界の狭いエリアだけに何店舗もあるんだな。
うん、こうなったらもう「やまと屋」で飲むしかないかな、って流れか。
そんなこんなで、こちらの「やまと屋 1号店」に寄ってみた。

やまと屋 1号店

まずはビール、キリンラガー瓶があって嬉しい。
もちろん“酒W1本にS1本”が念頭にあったが、まずはビール。

やまと屋 1号店

そして、アジお造り。
これを日本酒のアテにしようという構え。

やまと屋 1号店

いよいよ日本酒を注文。
看板に偽りなしで、二合注文したら一合ついてきたぞ。
いいね。

酒が十分にあるので、アテを追加しようと品書きを眺めたら。
あら、ここは寿司の店……でもないのか。

やまと屋 1号店

初めに見かけたのが「やまと屋 寿司1号店」で、“ああ寿司の店だ”と思って、同じ系列なんだからこちら“やまと屋 1号店”も寿司の店と思い込んでいたけど違うね。
寿司もあるけど、串カツとか居酒屋料理の店って感じ。
そもそもの「やまと屋」はデフォルトで串カツ推しの居酒屋ってことなのかな。

やまと屋 1号店

そんなこんなで注文に悩み、出し巻300円にした。
安いけど、あと見た目がちょっと家庭の玉子焼きみたいだったけど、食ったらちゃんと出汁巻だった。
うまかった。

やまと屋 1号店

寿司もあるんだから、細巻きで締めようかと鉄火巻き。
イカの握りもついていた。
これは“酒W1本にS1本”みたいに、細巻きに握りがついてくるシステムか、と思ったが間違いだった。
ホールを仕切るオバチャンに、間違いだったゴメンと笑って説明された。
笑ってるけど、イカの握りも会計にプラスされるんだよなぁ、まぁいいけど。

やまと屋 1号店

カッパ巻きも食って、おいとま。

ざっくりした感じで、混み過ぎず、タバコも喫えてゆっくり飲めた。
うん、悪くないね「やまと屋」……うん、ここが1号店で、何号店まであるのかな……すべての「やまと屋」を巡ってみようかな、と思ってしまった。

↓「食べログ」での店舗情報

やまと屋 1号店鍋(その他) / 新今宮駅前駅恵美須町駅新今宮駅

大阪【飲み屋・居酒屋】

テーマ:居酒屋 - ジャンル:グルメ

 | ホーム |  »次の記事

食べ飲みした店の分類

ブログ内検索


リンク

各地の飲み屋情報を発信しているサイトをリンクさせてもらってます

<全国>
「立ち呑み@酒店」
全国の酒屋の角打ち、立ち飲み屋についての情報がエリア別に掲載されている
「激渋食堂メモ」
日本あちこちに今も残る、渋くて味わい深い大衆食堂を地域別に紹介しているサイト

<関東>
「居酒屋礼賛」
東京の情報には限らないのだが都内の味のある酒場の情報が豊富で魅惑的かつ地域別インデックス便利
「酔(すい)のどうでしょう?」
東京都内の居酒屋・大衆酒場・古典酒場・立ち飲み・センベロ酒場を飲み巡るブログ

<東海>
立飲み人生劇場
更新が停止していて残念だけど名古屋の魅力的な立ち飲み、角打ちできる酒屋の情報が

<関西>
「日本全国B級グルメぐるぐる紀行」
関西各地の味のある酒場を詳しく紹介してくれる指針になる情報量
「関西女のプチ日記」
他のどこにも載ってないような素敵なディープ飲み屋情報満載の関西酒場ガイダンス
「やまでらのぶらりグルメ&ぶらり日記」
行きたくなる飲み屋がたくさん紹介されてる関西飲み屋巡りの強い味方
「カンクロが行く」
大阪府のローカルなとこまで行く。日記のような数行のセンテンスに静逸なセンスを感じる
「関西安酒場」
更新が止まっているようで残念。バス路線沿いの酒屋などまで簡潔ながら貴重な情報

<九州>
「黒崎~小倉@北九州の居酒屋&BARを制覇せよ!」
ネット上に情報の少ない北九州の酒場を紹介してくれる有り難いサイト

このブログをリンクに追加する
リンクフリーでございます(^ヮ^)

【広告】Advertisement