そろそろ再開できそう、あともう少しで、たぶん。

すっかり更新が止まっている「タベノミー」です、こんにちは。
かれこれ3ヶ月近く、ってとこか。

COVID-19にやられてたとか、積年のアルコールやニコチンやカフェイン、糖分の摂取により身体を壊したとか、そういうのではありません。
まぁ年齢なりにガタはきてるんだけど、わたしは元気です。

引っ越し、このブログの引っ越し。
ダメだこりゃ、もう使えねぇなって、ブログ作成サービスに依存するのはやめよう。
WordPressに移行しようと決意して、引っ越しの作業をしていたわけなんです。
しかしこれが、なかなか大変だったんですね。

ブログの引っ越しはボタンひとつで楽々カンタン、とはいかなかった。
すべての記事、1,200記事くらいをエクスポートして、移転先にインポートして。
けっこうな数の画像、サムネイル含めて20,000点ほどを、まずダウンロードして、移転先にアップロードして。
内部リンクを書き換えて。
すべての記事のスラッグ(URLの一部となる文字列)を書き換えて。
そんなこんなの作業量が、なかなか膨大で。
そりゃあねぇ、このブログって気づけばかれこれ7年だか8年だかやってるんだもん、それなりの蓄積があったわけで、それらを移し替えるのは簡単ではなかったね。

これは大変だなぁ、面倒だなぁ、と2ヶ月ほど放置しちゃったりしてね。
でもなんとか、やる気を取り戻してね。
今ようやく、終わりが見えてきたような気がするなぁ、という状態です。

そろそろ、再開できそう、あともう少しで……たぶん。
そうだなぁ……今月中? 2022年の8月中に再開できそう、な気がする。

もうちょっと待っててね。
関連記事

今日の進捗20220528

拙ブログの、引っ越しを決意いたわけです。
こらがなかなか、面倒な作業なわけです。

さて進捗です。
インポートした記事のスラッグ書き換え:11/79
画像のエクスポート:99/207

これら手作業で、気が遠くなりまする……。
これ以外の作業も発生するだろうと、心の準備はしている。

小さなことからコツコツと、なろうなろう明日はひのきになろう。
関連記事

もうダメだ、使えねぇ。

引っ越しを、しようと思う。

たぶんちょっと面倒なんで、しばらく更新が滞るかと存じます。
まぁ、今までも予告なく更新が滞ることは、しばしばあったが。

今回は予告してるだけ、まし、かも。
そういった生暖かい眼差しで、見守っていていただけると嬉しく思います。
関連記事

喫煙者歓迎喫茶「ジャック&豆の木」大阪市北区角田町

正しい、喫煙者歓迎の喫茶店というのは、実に正しい。
何故ならば、もうこのブログでしつこいほど何度も主張していることだがコーヒーとタバコは切っても切れない関係にあるものだ。
個人の感想です。
まぁ喫茶店にクリームソーダとホットケーキを求めている人にとっては、ぜんぜん喫煙は必須ではないだろう。


ジャック&豆の木ジャック&豆の木

阪急メンズの地下にある「ジャック&豆の木」、この店をGoogleMapsで見ると、わざわざ“喫煙者歓迎のカフェ”って説明が添えてあるんだよね。
重度の喫煙者である俺に良し。
客の来店時に“灰皿のあるお席どうぞ〜”との声がけが、必ずあった。
それは、客はすべからく喫煙者であろうという前提によるのだろう、徹底しているな。

ジャック&豆の木ジャック&豆の木

TOHOシネマズ梅田で映画を観ようとしていて、その前に小腹を満たすのに絶好の場所だった。
店内は、シックで落ち着いた感じ。
平日の、やがてランチタイムという時間帯だったが、単独客が多かったおかげか静かで良かった。

ジャック&豆の木

価格帯としては、そんなに安くはないな。
いや、これぐらいが普通の価格帯なのかもね、俺が貧乏人だから安くないと感じるのだろう。

ジャック&豆の木ジャック&豆の木

コーヒーとミックスサンドで、会計は1,000円は超えなかった。
サンドウィッチに塩が添えられて、ああ昭和の喫茶店だなって嬉しくなった。
喫煙者歓迎というか、喫茶店の客はタバコを喫うもんだ、というのも昭和の残滓のような考え方とも言える。
だが逆に、これだけ喫煙という文化が敵視されている令和においては、昭和のレガシーは、矜恃とも言えなくなはないか、なんて思ったりした。

この店に行ったのは2022月05月18日
↓「食べログ」での店舗情報

ジャック&豆の木 HEPナビオ店カフェ / 梅田駅東梅田駅大阪梅田駅(阪急)

関連記事

このラーメンすごく好き「揚子江ラーメン 日本橋店」大阪市浪速区日本橋

けっこう最近、TwitterのTLに流れてきたネット記事で大阪に何店舗か展開している「揚子江ラーメン」を知った。
そのラーメンは、とても美味しそうだった。

ぜひ食ってみたいと、行きやすい店舗はどこかなとGoogle mapsで調べた。
割とキタのほうに店舗が多いみたいね、と見ていくうちに、あぁ堂山町の店舗は何度も店の前を通りすがったわと気づいたり、“名門”と“林記”とふたつのレーベル(?)があるんだ、ラーメンの値段って店舗によって違うなぁ、などなど気づいていった。

揚子江ラーメン 日本橋店揚子江ラーメン 日本橋店

それでまぁ何処の店舗に行こうかなぁと思案したが、ミナミに用事ができたので日本橋が近いなと。
そんなわけで「揚子江ラーメン 日本橋店」。
ここは“名門”でも“林記”でもないのかな。

揚子江ラーメン 日本橋店揚子江ラーメン 日本橋店

あんまりラーメン屋っぽくないというか、最近のラーメン屋っぽというか、な店内。
そして券売機。
なんか昭和な個人経営町のラーメン屋って感じが俺は好きなんだけどなぁ、まぁいいか。

ラーメンへの期待を胸に秘めつつも、まずビールセットってのを注文してみた。
“生ビール+餃子(1人前)+とり唐揚げ”パターンと“生ビール+餃子(1人前)+豚バラ肉煮込み”の2パターンから選べるのだが券売機では“とり唐揚げ”パターンのボタンしかなかったので戸惑ったが、店員さんに訊いて解決した。
オーダー時にどっちのパターンか言えばいいのね。

揚子江ラーメン 日本橋店揚子江ラーメン 日本橋店

豚バラ肉煮込み、いわゆる排骨ね。
なかなかたっぷり、柔らかくプルプル、これは費用対効果に優れていて、ビールもすすむ。

揚子江ラーメン 日本橋店揚子江ラーメン 日本橋店

そしてラーメン。
おぉ、澄んだスープ。
だが味が薄いということはなく、塩味がくっきりとしつつ、旨味もしっかり。
それにくわえて、細麺が良い。
だいぶ細い、極細って勢いで細麺が、とても食感が良いしスープとの相性も素晴らしい。
このラーメン、うまいなぁ。

澄んだスープのラーメンといえば、「なんばうどん」とかで出される和風ラーメンだ。
それは、これって大阪独自の大阪のラーメンだなぁ、って気にいってるんだよね俺。
「揚子江」のは、それとは違う種類の、大阪のラーメンだなぁと感じた。
そして、とても気にいった。

ちょっと「揚子江ラーメン」巡りをしてみたい、と思う。

この店に行ったのは2022月05月17日
↓「食べログ」での店舗情報

揚子江ラーメン 日本橋店ラーメン / 恵美須町駅今宮戎駅大国町駅

関連記事

最近書いた記事


カテゴリ

プロフィール

どうも、割った鍋です。
食べたり飲んだり、飲んだり。
九州在住、大阪常駐。

大衆酒場、立ち飲み屋、酒屋の角打ちが好きです。

重度の喫煙者であり、昼酒を好むという、社会的にちょっとアレなオッサン。

2014年9月24日開設


割った鍋へのメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索