鄙びた趣きがありつつ賑わってます「名代 駅前うどん」大阪市生野区生野西

2021年度から行動権が変わって、メシ食うエリアも変わって。
JR大阪環状線寺田町駅は過去に一度しか利用したことがなかったが、今はちょくちょく乗降している駅だ。

その駅の、北側改札を出て徒歩すぐの「名代 駅前うどん」。

名代 駅前うどん名代 駅前うどん

まさに“駅前”なのよ、駅からの近さ的には。
でもちょっと脇に逸れた路地にあるってロケーションだから、改札を出た人々の視界にはスッと入るという立地ではないのが、なんかちょっと穴場感。
あと店そのものの佇まいも、玄人っぽい気がせんでもない(黒で渋くキメてるので)。

名代 駅前うどん名代 駅前うどん

店先のメニューサンプルを眺めると、まぁ潔い感じで品数を絞ってるんだなって様子。
そして、安いね価格設定が低めだね、まさに“駅前うどん”って感じ。

名代 駅前うどん

店内は賑わっていた。
お店の方もご高齢なら、主な客層もご高齢という様相だが、なんつーか和やかに活気があったね。
駅の利用客よりも近所の人たちに好かれてるんだろうなって思える雰囲気があったな。

名代 駅前うどん名代 駅前うどん

ざるそば、いただきました。
提供される前に“玉子いれとく? ”って訊かれて、ざるそば注文した他のお客さんも訊かれてたんで、この店ではざるそばに玉子がデフォルト(でありつつ確認する)なのだろうと思われた。
俺は世間知らずなのか“玉子? ざるそばに? そば盛った頂上に玉子ON?”とか見当違いな想像をしてしまったが、ツユに落とされてました、うずらの玉子が。

そばは。ちょい太め、期待値よりも蕎麦って感触のものだった。
“駅前”とか“安め”という要素から、ふにゃふにゃしてほとんどうどんだけど色はいちおう……くらいのものを予想したのだが失礼なことでした、意外とちゃんと、そばでした。

小腹を満たしたいとき、また寄るかも。

この店に行ったのは2021年06月21日
↓「食べログ」での店舗情報

名代 駅前うどん 寺田町店うどん / 寺田町駅河堀口駅天王寺駅

関連記事

俺にとって天満の原点「銀座屋」大阪市北区天神橋

<初回投稿:2021年06月21日>
大阪の緊急事態宣言があけて、およそ2ヶ月近くぶり酒場へ行けるとなったとき、どこへと考えるまでもなく足が向いたのが、ここだ。

銀座屋

部屋で晩酌をするばかりの日々は長かった。
外で飲めることは嬉しかった。

銀座屋銀座屋

酒場で飲む瓶ビールは、最高だ。

<初回投稿:2020年11月23日>
けっこう久しぶりに「銀座屋」へ。

銀座屋

このブログに「銀座屋」のことを書くのが前回は2015年のことなので、5年ぶり……ってことはない。
何度か足を運んでいるが、撮影禁止とされていたので画像がないから更新してなかったのね、

銀座屋

現在は、撮影禁止の貼り紙は見当たらないが、まぁ控えめに。
瓶ビールは、相変わらず380円、嬉しい。
タバコも相変わらず喫える、嬉しい。

銀座屋

一時の“大衆酒場ブーム”というか“酒場放浪記”ブームみたいなもんは去って、物珍しさだけで訪れる層は淘汰されたように感じる。
そのほうが良い。
そういう層って、狭い立ち飲みなのとかお構いなしに団体で群がって、煩いからな。
立ち飲みとか酒場ってさぁ、独りで楽しめよ、と言いたい。

銀座屋

居心地の良い「銀座屋」が戻ってきた、って感じ。
翌週また、立ち寄った。

銀座屋

しばらく中崎町の現場が定期的にあるので、天満に足を延ばすことになるだろう。
そしたら「銀座屋」に寄ることになるだろう。

銀座屋銀座屋

俺にとって天満の原点で、やっぱり最初に好きになったものって、ずっと好きだなぁと再確認した。
やっぱ良いよねぇ「銀座屋」。

この店に直近で行ったのは2020年11月18日

<初回投稿:2015年11月29日>
もう10年ちょい……15年くらいかなぁ、それくらい前に初めて天満で酒を飲んだと思う。
それより以前は新梅田食道街が気に入っていて、だからほとんど梅田近辺でしか飲んでなかったと思う大阪で。

福岡から大阪へ引っ越した仲の良かった女子と、俺が大阪に遊びに行ったとき会って、連れてってくれたのが天満。
とにかく安いし面白い飲み屋がいっぱいあるんだ、と。
そうして「銀座屋」にも連れてってくれたわけだ。

衝撃を受けたね、いろいろな要素に。
こんな立ち飲みが、JRの駅を出てすぐのところにあって、すげぇ混んでて、雑然として味がある。
そして、こういう低価格帯の立ち飲みで、てっさ食えるのかというのも俺には驚愕だった。
ふぐなんてもんは高級な店でしか食えないもんで、そんなもん年に一度もお目にかかるもんじゃないというのが俺の認識だったんだけど、ここでは極めてカジュアルに扱われている。
一皿300円台だったと記憶してるが、そりゃ小皿に数切れしかなかったんだけど湯引きした皮も添えられていたのを覚えていて、感激しつつ味わった記憶もいまだに確かだ。

この「銀座屋」という店は、「銀座屋」がある天満ってのはスゲぇな。
件の女子には「七福神」「春駒」にも連れてってもらい、それでもう俺は天満が大好きになったんだよ。

それから何度か行ってるが、ここ何年かは足を運んでなかった「銀座屋」へ、ひさしぶりに。

銀座屋:外観

昔はそんなルールなかったはずだが撮影は禁止されてるから外観の画像しかないよ。
いつものように混んでたが、なんとか喫煙エリアの片隅に滑り込めた。
フロアを仕切ってるオバチャンに、まずはハイボール280円也を注文。

このオバチャン、懸命に業務に取り組んでいるがさほど心に余裕がないようで、注文するにはタイミングを計らねばならなかった。
間を見計らって6Pチーズ1個100円也を注文。
店内の盛況な様子やテレビの放送を眺めつつ独り酒を楽しむ。
そしてサッサと撤収。
しんみり飲むような店ではないからね。
ついでに言えば、ホスピタリティどうこうって店でもないよ、大阪駅前第一ビルの「銀座屋」のノリを求めちゃダメだよ。
雑然として殺風景な酒場だよ。

久しぶりだったが、やっぱ好きだな「銀座屋」。

↓「食べログ」での店舗情報

銀座屋立ち飲み居酒屋・バー / 天満駅扇町駅天神橋筋六丁目駅

関連記事

商業施設の中になっちゃったのもそれはそれで良いかもと「明治屋」大阪市阿倍野区阿倍野筋

これを書いているのは2021年06月20日、俺がいま過ごしている大阪は緊急事態宣言下にあって飲食店での種類の提供ができない状況であるが、今日がそのリミットで明日からは店で酒が飲めるようになるというのを記念して“飲めていた頃”に立ち寄った店のことを振り返って書く。

それはもう名店として有名な、「明治屋」。

明治屋

今は「あべのキューズタウン」という施設の、「ViaあべのWalk」というエリアにある。

これがなんかややこしいんだが、俺は「あべのキューズモール」というショッピングモール内に「明治屋」があるのかと思っていたがキューズモールが入っている施設であるキューズタウン内にキューズモールと並んでViaあべのWalkがあり、そこに「明治屋」があるということになる(めっちゃ早口で言ってる感)。
まぁとにかく“今は”ViaあべのWalkにあるということは、以前は別の場所にあったわけだ。

さておき、今はこういう光景です。

明治屋

現代のなかに過去が混入している、といった違和感。
もしかしたら画像だけで見ると、レトロっぽく作ったんだよねって感じるかもしれない、質感まで伝わらないから。
実際に見ると、経年が見てとれる材質感とかから“作られたレトロ”なんかじゃない、って判る。
だから現在に過去が混入しているようで違和感があって、それが面白い。

明治屋明治屋

ViaあべのWalkというのが、そもそも『地元権利者ゾーン』とのことで(公式の表記による)、つまり以前から阿倍野で営業していたが再開発で立ち退きを余儀なくされた店に入居してもらうための場所ってことだよね。
それでそこに「明治屋」は移転して、以前の建屋ほぼそのまま移築したみたいなことだったと思う、そういう話をどこかで見たか聞いたかした覚えがある。

あぁ、過去を経て現在へ、時を経て……みたいな意味で“Via”って付いてんのかViaあべのWalkって……とか思ってみたりしたが、英語のVia(ヒコーキとか経由便を意味する単語として使われるよね)じゃなくてイタリア語のVia(街路、通り)なんだってさ(公式に書いてありました)。

まぁ今に至る「明治屋」の経緯とかネット上にいくつも記述があるだろうから、別にもう俺が書くことないね。
ビール、焼きとり、楽しみました。
でも写真はないよ、撮影禁止の店なので。

店内の造作なども、写真はないよ。
でもね、素敵なんだよ、ああ以前のままなのは店先だけじゃないんだ、徹底してるな、って感慨。

で、昔の話。
路面電車が走る阿倍野筋に面して「明治屋」はあった。
実はその頃に、行ったことがある。
当時は九州で暮らしていたんだけど、わざわざ行きたいなってくらい名店として知られていたのよね。

明治屋明治屋

そのとき、2010年03月15日の「明治屋」の画像を貼っておこう。
撮影禁止ってまだ知らなかったんで、ビールとだしまきの写真を撮っちゃってる。
すごく感激したなぁ、憧れの酒場に来れたって。

明治屋

ついでに路面電車の写真も貼っとく。

実は、ショッピングモールなんかに移転しちゃって、昔の良さは失われちゃったんだろうな、行ってみてガッカリしたら嫌だなと、立ち寄るのを避けてたって気持ちもあった。
もう長いこと、行こうか行くまいかって逡巡してもいた。
でも行っていて、今の存在感も、それはそれで良いかもなぁって思えた。

行ってみて良かったな。

この店に直近で行ったのは2021年04月07日
↓「食べログ」での店舗情報

明治屋居酒屋 / 天王寺駅前駅大阪阿部野橋駅阿倍野駅

関連記事

ほっとする酒場……からのリニューアル「酒房 半田屋」大阪市浪速区恵美須東

<追記:2021年06月20日>
天王寺の「半田屋 アベノ地下センター店」のことを書いたとき、昔の「酒房 半田屋」どんなだっけと思いを馳せて写真データを掘り返してみたら改装前の画像が出てきたので貼っておく。

酒房 半田屋酒房 半田屋

店内の雰囲気とかばっちり判る写真は見つかんなくて残念。
これは2010年03月15日に撮ったもので、この頃はまだガラケー使ってたね。
ついでにまったく余談だが、今はMacBook Pro 2020を主に使っているが、この頃はiBook G4使ってたんだよね。
懐かしい(iBook G4はまだ生きてる)。

<追記:2019年10月01日>
久々に行ってみたらリニューアルしてた。
2019年9月29日のこと、新世界東映で映画を観たあと、ふらりと。

半田屋

えっ、半田屋だよね、と面喰らうほど様子が変わってた。
なかば呆気にとられつつ大将に改装したのですかと訊ねると、8月のあたまにリニューアルオープンとのこと。

半田屋半田屋

えらいキレイになったし、10席ほど席数は減ったとのこと。

半田屋半田屋

ビールはスーパードライしか置いてないのは変わらず、喫煙できるのも変わらず。
料理は、品数が少なくなった気がする。

半田屋

チロリが、真新しかった。

ずっと変わらないと思っていたものが、がらりと変わるものなんだねぇ。

<初回投稿:2019年05月09日>
この店のこと書いてなかったんだ、俺……と自分で意外に思ってしまった。
新世界の「酒房 半田屋」。

酒房 半田屋

今みたいに大阪に常駐する以前から好きで、ちょこちょこ立ち寄っている。
最初に行ったのは、たぶん10年ちょっと前かな。

酒房 半田屋

ビールはスーパードライしかなくって残念だが、もうそれも仕方ないって心境になってきてる。
大阪では、ビールはスーパードライの大瓶しかないよって飲み屋が多過ぎるよな。
大阪が好きなんだけど、そこだけ残念だ(……仕方ないって心境になりきれてないな)。

酒房 半田屋

居酒屋にありそうなメニューはたいていあるよね、という感じにメニュー豊富。
そのときの気分で酒とアテを組み立てられるので助かる。

酒房 半田屋

日本酒はちろりで出してくれるのも嬉しい。
コップもかわいい。

酒房 半田屋

店の構造的に大きなコの字カウンターで、中で働くおばちゃんとかがチャッチャっとしてるのも良い。
タバコも喫えるし良い。
いろんな良いところがあるが、なにより新世界がどんだけ観光地化しても、ここだけは憩えるってのが良い。

もちろん他にも観光客相手ではないって酒場はあって、 たとえば「酒の穴」もそうだが、そっちはだいぶハードコアな酒飲みが集ってる感じがある、それも好きなんだけど。
「酒房 半田屋」は、ゆったり憩えるんだよなぁ。

↓「食べログ」での店舗情報

酒房 半田屋 新世界店居酒屋 / 新今宮駅前駅動物園前駅新今宮駅

関連記事

天王寺にもあったのね「半田屋 アベノ地下センター店」大阪市天王寺区堀越町

これを書いているのは2021年06月20日、俺がいま過ごしている大阪は緊急事態宣言下にあって飲食店での種類の提供ができない状況であるが、今日がそのリミットで明日からは店で酒が飲めるようになるというのを記念して“飲めていた頃”に立ち寄った店のことを振り返って書く。

ネイティブ大阪人ではないので、やはり大阪の酒場の歴史とかを知らんというのは否めない。
「半田屋」といえば新世界だし、あそこ一軒だけしかないと思ってた。
天王寺にもあったんだねぇ。

半田屋 アベノ地下センター店半田屋 アベノ地下センター店

“あべちか”という愛称で呼ばれる地下街にある「半田屋 アベノ地下センター店」。
あぁ、暖簾が良いなぁ。
通路に面してダァっと丸椅子が並んでいる様子も良い。

半田屋 アベノ地下センター店

瓶ビールと、わかさぎ南蛮漬をアテに。
ビールは好きじゃない銘柄しかなく残念だったが、喫煙可能店で嬉しかった。

半田屋 アベノ地下センター店半田屋 アベノ地下センター店

大衆酒場らしい品書きが並ぶ。
やや渋め、本当に酒飲み向けのアテだけ揃えたという印象。
一方、串カツもあり、こちらちょっと高めな値段設定と感じた。

立ち寄ったのは平日の14時台、さすがに空いていた。
けっこうお歳のいったお姉さんによるオペレーション、常連とおぼしきおじさんがポツリポツリと。
閑散、とは言わない心地よい静かさ。

半田屋 アベノ地下センター店

のんびりチューハイ飲んで、ぼんやり過ごす時間が楽しい。
どうも俺は、賑やかな酒場より静かなほうが好きかな。

半田屋 アベノ地下センター店

店先に、ムックの拡大コピーらしきものが貼られていて、それによると「半田屋」というのはもともと道頓堀にあった老舗店がオリジンであり、といったルーツを知ることができた。
そこから天王寺と新世界の店舗に名前が受け継がれてるってことかしら。

こういうところが大阪の魅力のひとつだね、と思う。
酒場の文化や歴史が“受け継がれている”という感じは、好きだな。
もっとも、新世界のほうはキレイに改装されて、以前の面影は薄くなっちゃったけどね。

この店に行ったのは2021年04月07日
↓「食べログ」での店舗情報

半田屋 アベノ地下センター店 居酒屋 / 天王寺駅天王寺駅前駅大阪阿部野橋駅

関連記事

最近書いた記事


カテゴリ


プロフィール

どうも、割った鍋です。
食べたり飲んだり、飲んだり。
九州在住、大阪常駐。

大衆酒場、立ち飲み屋、酒屋の角打ちが好きです。

重度の喫煙者であり、昼酒を好むという、社会的にちょっとアレなオッサン。

2014年9月24日開設


割った鍋へのメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索


リンク

各地の飲み屋情報を発信しているサイトをリンクさせてもらってます

<全国>
「立ち呑み@酒店」
全国の酒屋の角打ち、立ち飲み屋についての情報がエリア別に掲載されている
「激渋食堂メモ」
日本あちこちに今も残る、渋くて味わい深い大衆食堂を地域別に紹介しているサイト

<関東>
「居酒屋礼賛」
東京の情報には限らないのだが都内の味のある酒場の情報が豊富で魅惑的かつ地域別インデックス便利
「酔(すい)のどうでしょう?」
東京都内の居酒屋・大衆酒場・古典酒場・立ち飲み・センベロ酒場を飲み巡るブログ

<東海>
立飲み人生劇場
更新が停止していて残念だけど名古屋の魅力的な立ち飲み、角打ちできる酒屋の情報が

<関西>
「日本全国B級グルメぐるぐる紀行」
関西各地の味のある酒場を詳しく紹介してくれる指針になる情報量
「関西女のプチ日記」
他のどこにも載ってないような素敵なディープ飲み屋情報満載の関西酒場ガイダンス
「やまでらのぶらりグルメ&ぶらり日記」
行きたくなる飲み屋がたくさん紹介されてる関西飲み屋巡りの強い味方
「カンクロが行く」
大阪府のローカルなとこまで行く。日記のような数行のセンテンスに静逸なセンスを感じる
「関西安酒場」
更新が止まっているようで残念。バス路線沿いの酒屋などまで簡潔ながら貴重な情報

<九州>
「黒崎~小倉@北九州の居酒屋&BARを制覇せよ!」
ネット上に情報の少ない北九州の酒場を紹介してくれる有り難いサイト

このブログをリンクに追加する
リンクフリーでございます(^ヮ^)

【広告】Advertisement