新大阪にはあったアレを求めて「麺家鶴橋」大阪市天王寺区下味原町

<追記:2021年10月19日>
はい、コロッケそばのやつ。
きっかけは「麺家新大阪上り」でコロッケそばを食ったことで、それから各駅の「麺家」を巡ってコロッケそば食えなかったやつ、夏だったから。

巡ったのは以下となります。
「麺家大阪みどう」
「麺家鶴橋」
「麺家京橋外回り」
「麺家天王寺」
「麺家京橋東西線」
「麺家西九条」

もう夏じゃない、だからコロッケそばが食えるだろうと、各店舗を改めて廻るのよ。
上記に加えて「麺家みちくさ」でもコロッケそば食った。

さて「麺家鶴橋」なんだけど。

麺家鶴橋麺家鶴橋

店先の販促掲示物にコロッケそばの姿がなかったので“えっ、もしかして鶴橋はやってない?”と動揺した。
多少は店舗毎の独自性というのはあるだろうし、鶴橋はコロッケそば導入反対派かもしれないと思った。

麺家鶴橋

だが大丈夫だった。
券売機の目立つ場所、一等地にコロッケそば。

麺家鶴橋麺家鶴橋

注文して受け取るときに店の人が“天かすかけますか?”と案内してくれたので脊髄反射で“はい”と。
コロッケと天かすで、コロモとコロモがかぶってしまったが俺はコロモが好きなので問題ないしウエルカムだ。
いやまぁ進んでコロッケそばに天かすトッピングをとは思わないけど。

はい、鶴橋でもコロッケそば食えたよ。
イエス、コロッケそば。

<初回投稿:2021年05月10日>
本年度から行動圏が変わって(変えたんだけども)、JR大阪環状線の東側へ行くことが増えた。
そこで、ならば今までわざわざ行くほどでもないなぁと思っていたが、ついでに行っても良いよなぁと思った。
それは、環状線のいくつかの駅に展開している「麺家」だ。

何故かというと、以前「麺家新大阪上り」を利用したらコロッケそばがメニューにあって嬉しくなって。
じゃあ他の店舗にもコロッケそばあるのかなと「麺家大阪みどう」に行ったら、なくて。
これはもう、環状線の全ての店舗に行ってコロッケそばが食えるかどうか確認してみねばなるまい、と思ったからだ。

でもまぁ、わざわざ行くのもなと思っていたが、前述の理由で行ってみることにしたわけよ。
もっとも仕事先が鶴橋ってわけじゃないから、わざわざ途中で電車を降りはしたが。

麺家鶴橋

「麺家鶴橋」。
言うまでもないと思うが、JR鶴橋駅ホームにある。

麺家鶴橋麺家鶴橋

まず券売機を見た。
あぁ、ない。
コロッケそば、ない。

麺家鶴橋

フツーに肉そば食いましたね、440円。
コロッケそばがなくてガッカリはしたが、それでも“駅ホーム立ち食いそば”というものに俺はロマンと憧れを抱いているので、その点は楽しめたので良いです。

まだだ、まだ終わらんよ。
京橋と天王寺にも「麺家」あるのよね。

行くぜ。

この店に行ったのは2021年05月10日
↓「食べログ」での店舗情報

麺家 鶴橋店立ち食いそば / 鶴橋駅玉造駅(JR)桃谷駅

関連記事

居心地の良い酒場「十三村どたぬき」大阪市淀川区十三本町

前日に続いて十三、「第七藝術劇場」で映画を観て、映画のあとは酒だっつって立ち寄った店がちょっと思ぅてたんと違うなぁってなって、飲みなおそうと別の店に。

十三村どたぬき十三村どたぬき

「十三村どたぬき」という店。
なかなかに“昭和の居酒屋感”が漂っており、好きなタイプ。
タヌキのマスコットキャラクターが品書きなどにあしらわれているから、屋号は“どた・抜き”とかではなく“弩・たぬき”ということよね、弩級にスゴいタヌキなのか。

日本酒をお願いすると一合か二合か訊かれて、それ助かるのよ一合ずつより二合注文するのが好きなのよ。
あらかじめ、まずたっぷり手元に二合あるぞ、という安心感がいいの。
たまに、極たまにだけど一合ずつしか出してくれない店があるのよね。

十三村どたぬき十三村どたぬき

この日に観た映画で、おでんを食う印象的なシーンがあったんだよ。
だから、おでん。
大根、厚揚げ、玉子、この組み合わせが俺のゴールデントライアングルなのだ。

十三村どたぬき十三村どたぬき

う巻き、想像したより立派に調理されたものが来た。
ちょっと見惚れるくらい、そして添えられたガリだけでも酒がいけそうな嬉しさ。
実際うまかったんだが、リーズナブル価格だったよいくらだったか覚えてないんだけど……高っけぇな、と感じたら恨みがましく記憶に刻まれるだろうから安かったってことよ。

十三村どたぬき

店の大将と常連客氏とのトークも和む。
フロアを仕切るオバサマはチャキチャキした仕事ぶりで漢字が良くて、また彼女のハスキーボイスも味わい深かった。
なんかねぇ、居心地のいい酒場だったよ。
また行くと思う。

この店に行ったのは2020年10月14日
↓「食べログ」での店舗情報

どたぬき居酒屋 / 十三駅

関連記事

別の店になってたのね「立ち呑み Luck Heaven」大阪市淀川区十三本町

前日に続いて十三、「第七藝術劇場」で映画を観ようと。
そして、映画のあとは酒だ。

確か100円酒場って立ち飲み屋さんあったよなぁ、もうだいぶ前に立ち寄ったなぁ。
そんな記憶が浮かんで、この辺だったよなぁと思い当たる場所へ行ってみた。

立ち呑み Luck Heaven立ち呑み Luck Heaven

そこには違うお店がありました。
「立ち呑み Luck Heaven」、でもまぁ立ち飲み屋であることには変わりないので、入ってみるかと。

立ち呑み Luck Heaven立ち呑み Luck Heaven

ガールズバー的なお店でした。
瓶ビールはないとのことで、生ビール。
タバコは喫えるから助かった。

若い女の子がカウンターに入っているので“ガールズバー的”としたが、ガールズバーのように酒が高かったり“いっぱいいただいていいですかぁ〜”ムーブなどはなかった。

立ち呑み Luck Heaven立ち呑み Luck Heaven

チーズとクラッカー盛り、ハイボール。

あぁ100円酒場さん店をたたんじゃったのかぁ、って少し残念。
足繁く通うようなこともしなかったから、俺に残念がる資格なんか無いんだけどね。

この店に行ったのは2020年10月14日
↓「食べログ」での店舗情報

立ち呑み ラックヘヴン 十三波平通り店立ち飲み居酒屋・バー / 十三駅

関連記事

憩いの公園前喫茶「喫茶パーク」大阪市淀川区十三元今里

仕事を終えて電車を乗り継いで久しぶりの十三、「第七藝術劇場」で映画を観ようと。
まだ時間に余裕があったし、鑑賞中に腹が減るとイヤだから小腹を満たそうと喫茶店を求めてみた。

喫茶パーク喫茶パーク

十三バイパスをくぐった先、十三公園の目の前に「喫茶パーク」。
確かに公園の前の前にあって、屋号に偽りなしだね。

喫茶パーク喫茶パーク

なんかちょっと、経年で色褪せてはいるけどファンシーなテイストを感じる外観。
可愛らしいお婆ちゃんマダムの喫茶店かしら、だとしたら薄汚いジジィである俺は場違いだよなぁと不安。
だがそんなことはなかったぜ、店内は落ち着いた内装だし壮年のマスターが迎えてくれた。

喫茶パーク喫茶パーク

小腹を満たしたかったのでケーキセットとかあれば注文しようと思ったが、そういうのはなかった。
ただフードメニューはドリンクと一緒に注文すると100円引きとのことで、実質それはセットだね。
コーヒーとホットケーキをお願いした。

喫茶パーク喫茶パーク

ほぼ同時にコーヒーもホットケーキも提供されて、タイミングを図った嬉しい配慮。
食器もシンプルで落ち着いてる、外観のファンシーな印象は気のせいだったのかもしれない。

喫茶パーク喫茶パーク

そしてまた、ホットケーキがね。
クラシカルだよね、パンケーキじゃないよホットケーキだよ、っていう。
無骨、とさえ言っちゃってもいいかなって面構えで、こういうの好きだ。

なんか、正しく喫茶店だなぁって感じで和んだし、嬉しい喫煙可能店だから快適に寛げた。

この店に行ったのは2020年10月13日
「喫茶パーク」大阪府大阪市淀川区十三元今里1-2

関連記事

ちょっと他とスタンスが違うようだ「麺家みちくさ」大阪市天王寺区悲田院町

駅の立ち食いそば屋でのコロッケそば生存確認シリーズ。

そんなシリーズいつ始まったんだよと思われるかもしれないが、2021年10月04日11時24分、「麺家京橋外回り」においてコロッケそばの存在を確認した時点で、それは始まっていたのだ。

麺家みちくさ

今回はJR天王寺駅「麺家みちくさ」、ここは初めて。
以前に「麺家天王寺」は利用したが、そちらは阪和線ホームなので、大坂環状線を使うことが多い俺にはこちら「麺家みちくさ」のほうが利用し易いのであった。
それでも「麺家天王寺」を優先して利用したのは、ホームからひとつ上がったフロア(改札内)にある「麺家みちくさ」より、駅ホームに位置する店舗のほうがロマンを感じるからだ。

麺家みちくさ麺家みちくさ

店外にポスターが貼ってあり、券売機のタッチパネルメニューにも写真付きで。
うむ、コロッコそば、ある。
実は9月のうちに様子を窺いに寄ったときには、掲示物にもタッチパネルにもコロッケそばの姿はなかった。

麺家みちくさ麺家みちくさ

コロッケそば350円也。
なんかクーポンもらいましたよ、おにぎり、生玉子が無料になる的なやつが。

麺家みちくさ麺家みちくさ

基本は立ち食いだが、座りの席もある。
まぁ他の「麺家」もそうだったりして、それは珍しいことじゃないんだが、珍しいことに喫煙ブースがあった。
これには、素で“えっ、なんでなん?”って思った。
立ち食いそば屋の中に喫煙ブースがあるなんて珍しいってか、そもそも喫煙ブースが必要かよ、だってサッと寄ってサッと食ってサッと出る店じゃん、そんなタッチアンドゴー的な使い方をする店に喫煙ブースってのは重度の喫煙者である俺でさえ、さすがに要らないだろうと思った。

ま、せっかくだからと喫煙キメてから店を出たが。

そんでまぁ、今これを書いている最中に、あぁアルコールメニューが他の同ブランド店舗より多めで“夜は立ち飲み屋としてもご利用ください”っぽく運営会社が位置づけしているんだろうね、ここ。
だから喫煙ブースがあるのだと考えれば、納得できなくはない。
「吉野家」が“吉飲み”って言い始めた頃、喫煙ブースのある店舗が散見されたもんね、あれと同じ考え方ね。

この店に行ったのは2020年10月11日
↓「食べログ」での店舗情報

麺家 みちくさそば(蕎麦) / 天王寺駅大阪阿部野橋駅天王寺駅前駅

関連記事

最近書いた記事


カテゴリ


プロフィール

どうも、割った鍋です。
食べたり飲んだり、飲んだり。
九州在住、大阪常駐。

大衆酒場、立ち飲み屋、酒屋の角打ちが好きです。

重度の喫煙者であり、昼酒を好むという、社会的にちょっとアレなオッサン。

2014年9月24日開設


割った鍋へのメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索


リンク

各地の飲み屋情報を発信しているサイトをリンクさせてもらってます

<全国>
「立ち呑み@酒店」
全国の酒屋の角打ち、立ち飲み屋についての情報がエリア別に掲載されている
「激渋食堂メモ」
日本あちこちに今も残る、渋くて味わい深い大衆食堂を地域別に紹介しているサイト

<関東>
「居酒屋礼賛」
東京の情報には限らないのだが都内の味のある酒場の情報が豊富で魅惑的かつ地域別インデックス便利
「酔(すい)のどうでしょう?」
東京都内の居酒屋・大衆酒場・古典酒場・立ち飲み・センベロ酒場を飲み巡るブログ

<東海>
立飲み人生劇場
更新が停止していて残念だけど名古屋の魅力的な立ち飲み、角打ちできる酒屋の情報が

<関西>
「日本全国B級グルメぐるぐる紀行」
関西各地の味のある酒場を詳しく紹介してくれる指針になる情報量
「関西女のプチ日記」
他のどこにも載ってないような素敵なディープ飲み屋情報満載の関西酒場ガイダンス
「やまでらのぶらりグルメ&ぶらり日記」
行きたくなる飲み屋がたくさん紹介されてる関西飲み屋巡りの強い味方
「カンクロが行く」
大阪府のローカルなとこまで行く。日記のような数行のセンテンスに静逸なセンスを感じる
「関西安酒場」
更新が止まっているようで残念。バス路線沿いの酒屋などまで簡潔ながら貴重な情報

<九州>
「黒崎~小倉@北九州の居酒屋&BARを制覇せよ!」
ネット上に情報の少ない北九州の酒場を紹介してくれる有り難いサイト

このブログをリンクに追加する
リンクフリーでございます(^ヮ^)

【広告】Advertisement